テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月16日(金)は、加藤諦三&大原敬子。41歳女性から、2ヶ月の勉強で社会人枠で看護師専門学校を受験するも不合格。年齢から挑むのはこれで終わりと思っていたが、夫からもう一年チャレンジしてみたらと言われる。諦めるべきか、チャレンジするべきか、自分の生き方に迷っている。
加藤諦三氏の〆の言葉『自分が自分を分かっている人は、相手が分かっています』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:41歳女性 夫42歳 長女2歳半

もしもし?(加藤諦三)

あ、もしもし?(相談者)
はいテレフォン人生相談です。(加藤諦三)
あ、どうも。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい・・えっと41歳・・(相談者)
40・・1歳・・結婚してます?(加藤諦三)
はい、してます。(相談者)
え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

えっと・・42歳・・(相談者)
40・・2歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えっとひとりでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
女の子 2歳半・・(相談者)

あ、2歳半・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
はぁい、わかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっとですねぇ・・わたしあの、今回・・(相談者)

将来の視野も・・入れましてぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

仕事のことで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

看護師の専門学校を・・受験したんですけども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そのぅ・・社会人・・入試を受けましてぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、その結果でぇ・・あのぅ・・やっぱずっと駄目だったんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、えっとちょっと、年齢のこともあって・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
環境のこともあって、ちょっと、もう今回切り・・の、つもりで挑んでたんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇまぁ、結果的にダメだったんですけど・・(相談者)

旦那はですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ちょっとわたしも・・これに挑む・・って言うのが、二ヶ月・・ぐらい前の話だ・・やったんでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

もう、ちょっと今回は・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

これで諦めずに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう1年、まぁじっくり・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

勉強して・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あと1年・・後にもう一回トライして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

それから諦めてもいいんじゃないか・・って言ってくれてるんですけれども。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

ちょっとわたしも・・どうしてもうちょっとこの・・(相談者)

年齢・・のことと、このちょっと勢いに乗りたかったって言うのは・・あり、ありましてぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ちょっといいアドバイスくれてるんですけども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ちょっと決めるに決めかねてましてぇ。(相談者)
はぁ、はぁ、はぁ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ・・(加藤諦三)

今まで・・は、お仕事は・・何かはして・・していたわけですか?(加藤諦三)

はい、今まではあのぅ・・(相談者)

物品販売だったり・・(相談者)
はいはい・・でぇ、何年ぐらい続けてるの?結婚してからずーっと・・(加藤諦三)

仕事はしてたわけですね?(加藤諦三)

あ、はぁい、結婚してからも暫くしてて、この2年はちょっと、出産で止めてたんですけども、出産、育児で・・(相談者)
ぁ、はぁい・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

それまではずっと、約15年ぐらいは・・(相談者)

はぁい・・(加藤諦三)
あの、仕事、2、3は・・変わってますけども。(相談者)

この時はとにかく仕事は続けてたんですね?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

そいでぇ・・まぁ、看護師になろうと思ったのは・・(加藤諦三)

動機はなんですか?(加藤諦三)

動機はですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)
・・
ちょっと身近な人が・・あのぅ、その道を・・(相談者)

行って・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
すごい頑張ってるのを・・見ましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、今までわたしちょっと、こういう医療とか・・看護師系っていうのは・・(相談者)

自分とはもう別世界のものだと思ってたんですけども。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

その頃からちょっとこう・・(相談者)

親近感持ってというか、興味もって見るようになりましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、自分もちょっと今、子育て・・が、今子供ちょうど・・(相談者)

あのぅ・・預けれるような環境になりましたので・・(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)
保育園に・・(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤諦三)

でぇ、ちょっとじっくりこう・・将来のことを考えた時に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

えっとわたしも今までの・・(相談者)

どうりの仕事じゃなくてぇ・・もうちょっとこう、長く付き合える仕事をしたいなぁ・・と思って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・この仕事を選んで。(相談者)
うんうん。(加藤諦三)

あのぅ・・いろいろ・・自分なりに・・本読んだりして調べてみて・・(相談者)
うんうん・・(加藤諦三)
興味持ったんですけども。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

でぇ、ちょっと2か月・・(相談者)

頑張って勉強してみたんですけども。(相談者)
はぁはぁ・・いや、僕、その、看護師の学校の・・その試験っていうの、よく知らないんですけど、先ほどあなた・・(加藤諦三)

社会人入試・・(加藤諦三)

っていうふうに・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
おっしゃって・・(加藤諦三)

社会人・・(加藤諦三)

へ・・に対する・・(加藤諦三)

特別な配慮みたいなのがあるんですか?(加藤諦三)

そうですね、社会人入試っていうのは、この社会経験何年・・してる人で・・っていう・・ことで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あとは、それを受けることによって、あのぅ・・受験項目が1科目減ったりとか・・(相談者)

ああ・・なるほどねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はぁい、はぁい。(加藤諦三)
っていうのがありましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、来年・・えっと、ほん・・1年・・こう・・ちょっと、じっくり、勉強と向き合って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ほんでもう一回チャレンジ・・(相談者)

したらどうよ・・とは、言うてくれてるんですけど。(相談者)
うん・・だ・・いいご主人だねぇ・・(加藤諦三)

ええ・・ちょっとねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そこら辺は、すごい、おう・・応援もしてくれてたんでぇ・・(相談者)
・・
応援もしてくれる、なんか・・(加藤諦三)

もう・・人柄が滲み出てるような・・(加藤諦三)

えへへへへ・・(相談者)

ねえ?(加藤諦三)

ええ・・でも、なんかねぇ・・(相談者)
でぇ・・2ヶ月・・前からって言って・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

も、それでぇ・・(加藤諦三)

合格しなかったって言って・・(加藤諦三)

勉強のほう、期間が少し、短・・いんじゃない?普通から考えると?(加藤諦三)
うふふふ・・はぁい、それもちょっと主人からは言われたんです。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
やっぱり、みんな結構・・何年もトライしてる人もおるし・・(相談者)
おやぁ・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

そのぅ・・たった2か月しかしてないのに、それでアカンくって、なんやねんとは言われたんですけど。(相談者)
ああ・・いい事、言ってくれるねぇ・・ご主人・・(加藤諦三)

ええ、でも、わたしからすると・・ちょっと、この年齢も・・もう・・ギリギリだな・・っていうのがあって・・(相談者)
20歳(はたち)の頃から・・(加藤諦三)

考える年齢と、やっぱり・・(加藤諦三)

それぞれ違うから・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

それ社会人入試で・・受かってる人も・・随分いるんでしょう?(加藤諦三)
はぁい、い・・ますね・・もちろんあのぅ・・クラス・・単位で言うと・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

えーっと、3割ぐらいは・・(相談者)
うーん・・うーん・・(加藤諦三)
社会人入試ですかね。(相談者)
・・
でぇ、今日の・・相談っていうのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

もう一回ご主人は、「やってみろ」と言ってる・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

でぇ・・(加藤諦三)

将来のこと考えて、もう一回やるのか、それともこの・・(加藤諦三)

他の道を考えるか迷ってる・・ということですね?(加藤諦三)
・・
そうですね、今なら・・まだこう、傷つく・・(相談者)
う、うん(咳払い)・・(大原敬子)
傷口も浅く済むんじゃないかなぁと思っててぇ(苦笑)・・(相談者)
傷口なんてそんな・・もんじゃないよ、傷なんか全然ついてないですよ。(加藤諦三)
えへへ・・(相談者)

そうですかねぇ・・(相談者)
うん・・はぁぁ・・あのぅ・・もう、ホントに・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

傷口なんて・・ないですけど、要するに、ま・・迷ってるけれども、どうしたらいいでしょうか?ってことねぇ?(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そうですねぇ。(相談者)
わかりました、今日はあのスタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるのでぇ・・(加藤諦三)
あぁ・・はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 女性の社会進出っていうと聞こえは良いけれど、それで悩む女性もいるし、それで壊れる家庭もあるんだよな。
    だからなに?って言い返されると困るんだけどさ。

  2. 子供がまだ2歳半でしょ?看護師って不規則勤務だし、その辺を夫も判って後押ししてるのかなあ?出産年齢的にもちょっと遅いしねぇ・・・
    金銭的にもそれなりに掛かると思いますが。
    何か色々見通しが甘過ぎる気がしますけどね。
    確かに資格職だし需要は有りますけど。
    身近な人って誰なんでしょうねぇ、気になります(笑)

この記事にはコメントできません。