テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年4月22日(月)は、加藤諦三・マドモアゼル愛。65歳女性から、一年前に婚活パーティで知り合った男性と結婚した娘31歳。すぐ激昂する夫のDVに離婚も考えている。先日、初めて押し倒され怪我をした娘。被害妄想が激しく、そうでなければ落ち込む娘の夫。夫婦共にナルシスト、お互いに褒めてもらいたい。

目次

スポンサーリンク

アドバイスされ激昂する娘の夫はナルシスト

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル・愛(エッセイスト)
相談者:65歳女性 夫69歳 長男30歳 一年前に結婚した長女31歳

もしもし?(加藤諦)
あ、もしもし?(相談者)
はいテレフォン人生相談です。(加藤諦)

はいよろしくお願い致します。(相談者)
はぁい、最初に、年齢を教えてください。(加藤諦)

65歳です。(相談者)
60・・5歳・・結婚してます?(加藤諦)

はい、おります。(相談者)
はい、ご主人何歳ですか?(加藤諦)

60・・9歳です。(相談者)
60・・9歳・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

お子さんは?(加藤諦)

結婚した娘が30・・1歳で・・(相談者)
はぁい・・はぁい・・(加藤諦)
息子が30歳です。(相談者)

はぁいわかりました。(加藤諦)
はい。(相談者)
で、どんな相談ですか?(加藤諦)
はい・・(相談者)

一年前に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
結婚した娘の・・(相談者)

夫から・・(相談者)
はぁい、この31歳のお嬢さんねぇ?(加藤諦)
はぁい・・(相談者)
はい。(加藤諦)

夫からの、DVの・・件で・・(相談者)

はぁい。(加藤諦)
相談・・したいんですけれども。(相談者)
はぁい・・(加藤諦)
はい。(相談者)
夫から・・のDVっていうのは、これはあのぅ・・肉体的な暴力?それともそれ以外の・・言葉の・・(加藤諦)
まぁ・・あのぅ・・(相談者)

もう・・前から・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
あのぅ、まぁ・・ちょっと・・激昂する・・ところがありましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
言葉の暴力も・・あった・・みたいなんですけれども。(相談者)
は、はぁい、はい。(加藤諦)
二週間ぐらい・・前でしょうか?(相談者)

ちょっと、押し・・倒されてぇ・・(相談者)

膝に・・(相談者)

ちょっと怪我したんですねぇ。(相談者)

それぇ・・が、まぁ、体への・・(相談者)
うん。(加藤諦)
あの、暴力は初めてなんですがぁ・・(相談者)
ああ・・そうですか、はぁい。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

そっすとあのぅ・・(加藤諦)
まぁ、性格・・(相談者)
言葉の暴力っていうのは、例えば、どういう言葉ですか?(加藤諦)

・・

うーーん・・そうですねぇ・・言葉の暴力っていうか、あのぅ・・(相談者)

まぁちょっと、仕事が・・(相談者)

忙しくてぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)
上手くいかなくてぇ・・まぁ、日々あのぅ・・大変な思い・・してる、らしいんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

愚痴なんかを言ってきたりしますのでぇ、アドバイスをしたり・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
慰めたりいろいろ・・あのぅ・・すると・・(相談者)

それをあのぅ・・(相談者)

悪く・・受け取るというか、被害妄想に受け取ってぇ。(相談者)
ああ・・(加藤諦)

最初は大人しく(苦笑)・・してるんですけど・・だんだん、だんだん、あのぅ・・顔が真っ赤になってぇ・・(相談者)

激昂・・になってくる?(相談者)
うん・・(加藤諦)

そういう感じなんですねぇ。(相談者)
うん・・うん・・(加藤諦)

・・

DVと言われるものは・・頻度、どのぐらいですか?月に・・一回とか、もう毎週、そんなようなもんだとか・・(加藤諦)

いや、年にいち・・(加藤諦)
もうあのぅ・・(相談者)
いち・・(加藤諦)
平日は・・ですねぇ。(相談者)
ええ・・(加藤諦)
朝・・(相談者)

お互いに、仕事に早く・・(相談者)

行って、会話もあまり・・出来ない状態ですし・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)
でぇ、夜は・・結構、遅く帰って来るのでぇ、夫が・・(相談者)
はぁい・・はぁい・・(加藤諦)
平日はあまり・・こう・・(相談者)

会話も、少なく・・(相談者)
うん。(加藤諦)
あのぅ・・喧嘩することないようなんですね。(相談者)
うん。(加藤諦)
でもあのぅ・・お休み・・でぇ、接触が(苦笑)・・する時間が多いと・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

どうしても喧嘩になるみたいでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

結婚前にも・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
いろいろ・・(相談者)

トラブルがありましてぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)
やっぱり、喧嘩ばかりしててぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
結婚、迷ったんですね。(相談者)
うん・・(加藤諦)
ま、ちょっと様子を見ていて、結婚に踏み切ったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)
これで一年・・経って・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
やっぱり、あのぅ・・(相談者)

喧嘩が多いし・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
激昂したり、落ち込んだり・・家(うち)、出て行っちゃったり・・(相談者)

でぇ・・もう、ほんとに、いつもいつも・・あの、不安定?(相談者)

うん・・(加藤諦)
心が不安定でぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

被害妄想が、ちょっと激しくてぇ・・(相談者)
被害妄想って言うと、具体的にはどういうことですか?(加藤諦)

うーん・・そうですねぇ・・(相談者)

相談を受けるので、仕事の。(相談者)
ええ・・(加藤諦)
アドバイスをすると・・(相談者)
ええ・・(加藤諦)

「俺がこういうことだからか?!」って、悪い方へとる・・らしいんですね。(相談者)
ああ、ああ・・そういう被害・・意味での、被害妄想っていうことですねぇ?(加藤諦)
うーーん、なんでも・・(相談者)

なんでも・・そのぅ・・悪い方へ取ってしまう。(相談者)
うーん・・(加藤諦)

もうなんか・・もう、前から・・わたし達も・・こういうこと、聞いているのでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

これは治らないんじゃないかっ・・(相談者)

なのでぇ・・(相談者)

離婚・・(相談者)
・・
が・・(相談者)
を、考えるっていうこと・・(加藤諦)
離婚・・(相談者)
そもそも・・そもそも二人の出会いは・・(加藤諦)

は(わ)・・(相談者)
どういう出会いだったんですか?(加藤諦)
婚活パーティーです。(相談者)

あっ、婚活パーティーでぇ?(加藤諦)
はぁい。(相談者)
ああ・・んでぇ・・婚活パーティー会ってから・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)

実際に、結婚するまでどのぐらいの期間ですか?(加藤諦)
一年間です。(相談者)
一年間?(加藤諦)
はぁい。(相談者)

それで、おわ・・おわ・・(加藤諦)
ささいなことで・・(相談者)
うん。(加藤諦)

すぐに・・喧嘩になっていくようなんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)

話題・・っていうのは、どういう話題にな・・(相談者)

だいたいそのぅ・・(加藤諦)
あのぅ・・(相談者)

彼の・・(加藤諦)
まぁ・・(相談者)

仕事の話ですか? (加藤諦)

そうですね。(相談者)

仕事が、大変なのでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

結構やっぱり、他に・・あのぅ・・聞いてもらう人がいないので。(相談者)
うん・・(加藤諦)
あのぅ・・娘に言うみたいなんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)

「あなたが悪い」と言うと・・やっぱり怒ると思うから。(相談者)
うん・・(加藤諦)
まぁ、アドバイスしたり・・慰め・・ちょっと娘もキツイところがあるのでぇ・・(相談者)

男っぽい・・(相談者)
でしょうねぇ、先ほどからアドバイスという言葉がねぇ・・(加藤諦)
ええ・・(相談者)
何回も出てくるんですけれども・・(加藤諦)
ええ・・(相談者)

ご主人、夫のほうは別にあの、アドバイスを求めてるわけじゃないですからねぇ。(加藤諦)

そうですねぇ・・(相談者)
仕事・・の・・こと、話してる時に・・(加藤諦)
うん・・うん、うーーん・・(相談者)

褒めてもらいたいから、仕事の話をしてるわけ・・(加藤諦)
はぁぁぁ・・(相談者)
「あ、そんなに大変なのにあなた・・」(加藤諦)

「そ、それやったの、さすがねぇ・・」・・(加藤諦)
はぁぁぁ・・(相談者)
って、言ってもらいたい・・って、要するに。(加藤諦)
ええ。(相談者)

賞賛を求めて話をしたら。(加藤諦)
ええ。(相談者)

「こうしたらいいんじゃないの」っていう・・(加藤諦)

逆に言えば、上から出られちゃった。(加藤諦)

ああ、ああ・・(相談者)

・・

そう・・ですねぇ・・(相談者)

でぇ・・ま、激昂しちゃうんでしょうねぇ・・(加藤諦)
ええ、ええ・・(相談者)
そいで・・もう一つ特徴は、さっきね、激昂しない場合には・・落ち込んじゃうんですよ。(加藤諦)
そうです。(相談者)

おそらくねぇ・・(加藤諦)

ご主人ものすごいナルシストなんだ思いますよ。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

だから自分が褒めてもらいたい。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

褒めてもらえない。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

傷ついて怒る。(加藤諦)

はい。(相談者)
怒らないときには憂鬱になる。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

・・

でぇ、さっきあなたの言葉で言うと、その、まさに不安定なんでしょうねぇ。(加藤諦)
ウーーン・・(相談者)
でぇ、今日の相談とっていうのは・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
婚活パーティーで知り合って、一年でもって。(加藤諦)
ええ。(相談者)
結婚に踏み切ったと。(加藤諦)
ええ。(相談者)

だけどもまぁ・・あなたの相談の中には・・(加藤諦)

離婚まで含めて相談したいっていうようなことなんですか?(加藤諦)

あのぅ・・娘と・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
あのぅ、わたし達・・家族は・・(相談者)

相手の・・性格は、変わらないんじゃないか・・っていうふうにおも・・(相談者)

っている(思っている)んですね、今の・・(相談者)
うん、うん。(加藤諦)
今の時点で。(相談者)
うん。(加藤諦)

なのでぇ・・一緒にやっていくのは・・(相談者)

難しいんじゃないか・・って・・(相談者)

離婚をさせた方が・・いいんじゃないかっていう、本人も・・(相談者)

離婚・・も、したぁ・・方がいいんじゃないか・・って、本人も・・(相談者)

娘も思・・って・・(相談者)
いるということですねぇ。(加藤諦)
ええ、ええ。(相談者)
はぁい、わかりました。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
今日はスタジオにですねぇ・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みのマドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
いろいろと・・いいアドバイスいただけると思います。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 加藤先生がいくら質問しても暴言の具体例が出てきませんでしたね。
    となると、実際のありさまがどういうふうなのかは、娘とその旦那の双方から話を聞かない限りわからない。
    回答者もウカツには回答できないということですね。
    愚痴を言いたいだけ、共感してほしいだけ、アドバイスなんかいらない、ってことはよくあることです。愚痴を聞かされる側にとっては迷惑なことですけどね。

この記事にはコメントできません。