テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月24日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。40歳の男性から、姉の娘17歳に母子家庭で同い年、無職の彼氏ができ、高校を辞めてしまう。彼の母親は彼を捨て、婚約者の元へ。行き場をなくした彼は友達の家を転々。姪は姉夫婦の忠告に反発し祖父の家に転がり込むことに。そこへ夜な夜な出入りする彼。どうすればいいか?
加藤諦三氏の〆の言葉『血縁につけ込まれるな』デヴィッド・シーベリー

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:40歳男性 妻46歳 一人娘9歳 姉の娘(姪)17歳 姪の彼氏17歳(高校へ行かず無職)

もしもし?(加藤諦三)
あ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ、よろしくお願いします。(相談者)

最初に、年齢を教えて下さい。(加藤諦三)

えーっと、わたしが40歳です。(相談者)
40歳・・結婚してます?(加藤諦三)

あっ、してます。(相談者)
え・・奥さん何歳ですか?(加藤諦三)
えーっと、46歳です。(相談者)

はい、お子さんは?(加藤諦三)

一人います。(相談者)
何歳ですか?(加藤諦三)
9歳です。(相談者)
9歳・・男の子、女の子?・・どっちです・・(加藤諦三)
えっと、女の子です。(相談者)
女の子・・はぁいわかりました、それでどんな、相談ですか?(加藤諦三)

えーっと、わたしの姉の、娘になるんですけど・・10・・7歳の・・(相談者)
ぁ、はぁい。(加藤諦三)
姪に・・なるんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
彼氏が出来てぇ・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇ、学校に行かなくなって・・(相談者)

そのぅ・・彼氏というのが。(加藤諦三)

はい。(相談者)
何歳ぐらいの人?(加藤諦三)

えっと、17歳の・・(相談者)
あっ、ど・・(加藤諦三)
同い年ですね。(相談者)
同い年ですか?(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)

でぇ、今・・(加藤諦三)

17歳、高校生・・かなんか?(加藤諦三)
高校・・ですけど、辞めてしまったんです。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

退学・・(相談者)
退学したわけですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ・・その相手の男性も・・(加藤諦三)

あの、同じ高等学校?(加藤諦三)
は(わ)、えっと・・(相談者)

学校には、行ってなかったんです。(相談者)
あ、もう既に学校行ってなかったの?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

はい。(相談者)
それで学校に行ってないけど、どっか勤めて働いてたの?それとも・・(加藤諦三)
いや・・(相談者)
ブラブラし・・(加藤諦三)
ええっと、働いてもなくてぇ・・(相談者)

ずーっと・・遊んでる感じですねぇ。(相談者)

遊んでいるだけですか?それともいわゆる非行少年というような感じで・・(加藤諦三)
うーーん・・(相談者)
要するに、警察の補導の対象になるような・・
うーーん・・(相談者)

ん、では、ないと思うんですけど・・(相談者)
うんじゃあ、ではない?(加藤諦三)
はぁい、うん。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
でぇ、彼の家に、その姪っ子が転がり込んで・・(相談者)

まぁ・・(相談者)
彼の家に?(加藤諦三)

彼はなに?まぁ・・この17歳の男性は、両親と暮らしてんの?(加藤諦三)

えっと・・母親と・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
二人で暮らしてて。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そこに・・(相談者)

姪が、転がり込んで・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
でぇもう・・学校も行かなくなってぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
辞めてしまって。(相談者)
はい。(加藤諦三)

その・・(相談者)

彼のお母さんが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

なんか再婚相手をみつけて・・(相談者)

ど・・どっかへ引っ越してしまったんで、その家を引き払って、その彼がもう・・(相談者)

住むとこがないので。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えーっと、姉の・・ん、あの、夫婦んとこに・・姪と、彼氏が・・(相談者)

住まわしてもらってる・・(相談者)

たんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うーん、仕事も・・しないし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

学校に・・(相談者)

行くわけでもなく。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うーん、どうしたらいい・・か、わからないので・・(相談者)

僕んとこに相談に、姉が・・(相談者)

来たんです、「どうしたらいいですか?」(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

うん、それでぇ、まぁ・・ま、17歳やし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そやったら・・「警察に一旦・・相談したらどうですか?」って・・(相談者)

言ったら、まぁ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
姉も「わかりました」って言うし・・警察に行って事情したら・・え・・説明したら・・(相談者)

それは・・(相談者)

うん・・警察が介入・・(相談者)

するアレでないんでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

それでぇ、彼は・・(相談者)

彼女の、親から・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

こう、指図されるのが、面倒臭くなったのか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

え・・友だちの家に・・(相談者)

しばらくは居たんですけど、あ・・しば、うん・・(相談者)

それでぇ・・姪っ子は、なんか・・(相談者)

「もう、両親とは居たくないから」って・・(相談者)

爺ちゃんの・・家、わたしの、父親ですね。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
の、家に、転がり込んだんです。(相談者)

うん。(加藤諦三)
そしたら、えーっと、どうも・・(相談者)

彼が夜な夜な・・(相談者)

通ってるみたいな、爺ちゃんの家に。(相談者)

ああ、このぅ、17歳の彼が、このお爺ちゃんの家に・・(加藤諦三)
はい。(加藤諦三)

通ってる。(加藤諦三)
はい、そうですねぇ・・もう・・とりあえず僕・・は・・(相談者)

とりあえず「仕事見つけたらどうですか?」ん・・僕の知り合い・・(相談者)

うん「ところんでも働いたらどうですか?」っていう、その姪っ子を介して・・(相談者)

そのぅ・・話し・・たら・・(相談者)

うん、こう、い・・怒り出したっていうか・・(相談者)

姪っ子に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

こう・・なんで、そんな知らん人・・の、指図を・・(相談者)

受けないかんのや・・みたいな・・(相談者)
うん、この17歳の男性が言ったっていう事ですね。(加藤諦三)
はぁい、そうです。(相談者)
はい、はい、はい。(加藤諦三)

でぇもう・・姉も、どうしていいのかわからないし。(相談者)
うん。(加藤諦三)
僕もどうしていいのかわからない。(相談者)
うん。(加藤諦三)

んでぇ・・ご相談・・したんですけど。(相談者)

うん、ま、大変複雑・・でぇ・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
難しいですよねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
っていうのは、あなたの・・(加藤諦三)

娘じゃなくてぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
これは姪・・(加藤諦三)

姪・・ふふっ(苦笑)・・(相談者)
ぁ、もう・・も・・(加藤諦三)

姉さんの話ですよねぇ。(加藤諦三)
そうですねぇ、姉さんと・・(相談者)

わたしの父親が困ってるんです、どうしたらいいかでぇ・・(相談者)
で・・(加藤諦三)
僕が相談、ずっと受けて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

アドバイスしたら・・(相談者)

それを、聞き・・入れてくれなくてぇ。(相談者)

そりゃあ、聞き入れないですよ。(加藤諦三)

はぁ・・い。(相談者)
だって・・(加藤諦三)

いいですか。(加藤諦三)
はい。(相談者)

この17歳の男の子、考えてみるとね。(加藤諦三)

はい。(相談者)
まず自分の両親は離婚してるわけです。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
でぇ自分の、お母さんと一緒に住んでいた。(加藤諦三)

はい。(相談者)
お母さんは・・(加藤諦三)

好きな人を見つけて。(加藤諦三)
はい。(相談者)

この子を捨てて・・(加藤諦三)
そう・・(相談者)
行って・・(加藤諦三)

しまったと。(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすっとこの17歳の男性は、まぁ今・・(加藤諦三)

世の中に居場所がないんでしょうね。(相談者)
ああ、そうです、はい。(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

お爺ちゃんからすればね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
娘がこの・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

17歳の。(加藤諦三)
はい。(相談者)
女の子に責任持つべきでしょう。(加藤諦三)

はい、そうです、はい。(相談者)

・・

だけど・・(加藤諦三)
うん、はい。(相談者)
あなたのお姉さんはもう・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

責任放棄してるわけですねぇ。(加藤諦三)
そうですね、もう何言っても、もう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
「夜・・遊びに行くな1」って言っても・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
行くし。(相談者)
うん。(加藤諦三)

「学校辞めるな!」って言っても、辞めて来るし。(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう・・(相談者)

手離したみたいな・・(相談者)

見放したっていうんですかねぇ・・(相談者)
ですねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
今日はですねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
スタジオに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染のマドモアゼル愛先生がいらしてんのでぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あのぅ、あなた自身が・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
の相談というよりも、あなた自身・・と、違った人が今困ってる事の相談だ・・っていうのでぇ。(加藤諦三)

はい。(相談者)
大変あのぅ、答えにくい・・と思うんですけれども・・お話伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 深入りなさらない方が宜しい ご相談者自身が 件の少年を引き取り 手元に置き 仕事させ 衣食住の面倒を見 性根を叩き直してやるという気骨があればべつですが 民事不介入の警察などに相談されるくらいですからねぇ 手を引くべきです。

この記事にはコメントできません。