テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年10月1日(月)は、66歳男性からの相談。15年内縁関係の妻から、警察を介して突然別れ話が出る。お酒を飲んだら暴言を吐くことはあったかもしれないが、以前、彼女から結婚の申し出があったが断っている。別れてもいいが、内縁の妻がやっている果樹園を手伝ったタダ働き分はどうなるのか?
加藤諦三氏の〆の言葉『事実は一つです。しかし事実の解釈は、その人の数だけあります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:66歳男性 妻は25年位前に他界し子供(長女42歳は、5分くらいの所に居る)は独立し一人暮らし 15年続く内縁の妻62、3歳(男の子3人)

もしもし?(加藤諦三)

もしもーし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ、恐れ入ります。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

60・・6歳です。(相談者)
60・・6歳・・結婚してます?(加藤諦三)

うーんっと、20・・(相談者)

5年くらい前にあのぅ・・家内が亡くなりました。(相談者)
ああ、そうですか、そうすっと今は、お一人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)

子供は、あのぅ・・(相談者)
独立して・・(加藤諦三)
独立っていうか、あの、別に・・(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)
あの、住んでます。(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)
わたし・・一人・・(相談者)

はいわかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、そいでどんな相談ですか?(加藤諦三)

警察が来て「内妻が別れたい」

えっと、内縁のこと・・なんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
15年間、続いてるんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

・・

2ヶ月くらい前に・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

突然・・(相談者)

「別れたい」っていうことで。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

警察の方から・・来まして。(相談者)
はぁ・・い・・(加藤諦三)
本人がそういうふうに、言う・・あのぅ・・言ってますってこと・・(相談者)

話、されました。(相談者)

うん・・突然という・・(加藤諦三)
まぁ、あと・・ぉ、突(とつ)・・ん、突然っていうか・・何年・・(相談者)

か前から・・ぁ、あのぅ・・(相談者)

そうですね。(相談者)

一年に、二回ぐらいずつ・・かなぁ・・ちょっと、あの、仕事のことで・・(相談者)

あのぅ、トラぶった時とか、ぁ、ぁ・・別れたい、別れたいとかは・・何度も・・(相談者)

本人は、あの、言ってたんですよね。(相談者)
あ、そうですか・・それでその、警察が来たというのは、どういうことですか?(加藤諦三)
いや、あのぅ・・本人が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あ・・本人が、あの、警察に何か相談、行ったらしいんですよ。(相談者)
うん、でしょうねぇ、そうでなきゃあ・・来ないもんねぇ、警察は。(加藤諦三)
ええ、それでぇ、あの、「本人が、別れたいっていうことですけども・・」(相談者)
はい・・(加藤諦三)
「よろしいですか?」・・って、ただそれだけなんですよね、警察の方では。(相談者)

「よろしいですか?」ということですか?(加藤諦三)

ええ、だから、その理由も聞いたんですけども、警察も、あのぅ・・話もしなかったし。(相談者)
うん・・そうするとあなたも、まぁ、彼女が、「別れたい」「別れたい」って言ってんのは、前から言ってたけど・・なんで別れたいかは・・(加藤諦三)

ん・・(加藤諦三)

は(わ)・・なんか、言ってなかったんですね?(加藤諦三)
うん、夜になってお酒飲んで・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

話・・してる時に、あのまぁ・・(相談者)

言葉の暴言っていうのは多分、あの、わたし自身が、言ってるとおも・・う(思う)んですよね、少しは。(相談者)
うん、うん・・(加藤諦三)

まぁ、おさ、お酒飲んで言ってることだから、覚えてはいないでしょうけれども。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
例えば・・(加藤諦三)

どんなような言葉・・(加藤諦三)

うん、それがちょっと、わたし、あの、しり・・知りたいもんでぇ、ちょっと、わかんないんですね、わた・・わたし自身がわかんないんですね。(相談者)
うん、う、うん・・(加藤諦三)
うん、まぁ、別れることに対しては、わたしは・・(相談者)

かまわないんですけども。(相談者)

・・

タダ働き

あのぅ、別れることは、かまわなくって、相手が別れたいと言っていて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
それでそうすると今日の相談っていうのはどういうことですか?(加藤諦三)

うんあのぅ・・結局・・今まで15年間ってえの、タダ働き・・みたいなことやってきたわけなんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

相手の・・土地なもんでぇ。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

そんでそこであの、果樹とか、そういうの、やっ・・ずーっと、15年くらい、一生懸命やってきたわけなんですよ。(相談者)

15年間・・はぁい。(加藤諦三)
ええ。(相談者)

そんでほら突然、じゃあ、別れますよ・・(相談者)

あと、警察来ましたよ・・(相談者)

じゃあ、わたしはいったい今まで、何だったのかなぁ・・って、やっぱ、感情なんですよね。(相談者)
ああ、そういうことですか・・(加藤諦三)

うん・・(加藤諦三)

今、「別れたい」と言ってる女性と・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
結婚することの・・(加藤諦三)

障害は・・なかったわけ・・ですよねぇ?(加藤諦三)
いや一回は、あのぅ・・相手から、あのぅ・・一応、あのぅ・・申し込みは、あったんだけども。(相談者)

あっ、この女性から・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚したいというふうなことは、あった・・はぁい。(加藤諦三)

ええ、でも、やっぱりほら・・子供もまだ、小さかった・・し。(相談者)
うん、うん。(加藤諦三)

うんまぁ、「籍・・入れないで、そのまんまの方が、いいんじゃないの?」ってことでぇ・・ま、ずーっとこの頃、こういう状態・・ぁ、今まで、ずーっと続いて来たわけなんですよねぇ。(相談者)
うん・・でぇ、今・・(加藤諦三)

あなたは66歳ってことですけど、お子さんは今、何歳なの?(加藤諦三)

あの、うちの・・うーんっと、おっきいのは、40・・2歳かな・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
一番、長女。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、彼女は今、そうすると、一緒に暮らしてるわけじゃないわけですね、さっきなんか、一人で暮らしてるって言った・・(加藤諦三)
いや・・あのぅ・・(相談者)

わたし・・の、住んでる所からあのぅ・・5分ぐらいして、あのぅ・・(相談者)

近くに居るんですよ。(相談者)

・・

いや、その女性の方は、何歳ですか?(加藤諦三)

えっと・・4・・あっ、あ、60・・(相談者)

2かな?(相談者)
うん・・(加藤諦三)
2か、3・・(相談者)

あのぅ・・別れる・・には、あの、わたしは、あのぅ・・(相談者)

向こうが、あの、手を引くっていうことであれば・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ、わたしはかまわないんですけども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

やっぱり、今までタダ働きみたい、ねぇ、あのぅ・・(相談者)

・・

もう、一生懸命、一生懸命、馬鹿みたいにして、働いてんのに、1円も貰ってないと。(相談者)
うん。(加藤諦三)
だ、そういうものは、どういうふうになるのか?と。(相談者)

今まで、ただ働いてきて・・(加藤諦三)

・・

そいでぇ、「はい、さよなら」って言われるのは、あまりにも、おかしいじゃないか?・・ということですね?(加藤諦三)
はぁい、そうです。(相談者)
はいわかりました。(加藤諦三)

今日はあのぅ・・スタジオに弁護士の、塩谷崇之先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 「別れるのは構わないんだけど」ってのが嘘なんだなあ。
    じゃなきゃ何の問題もないはずだもん。
    振られた男がいつまでも未練がましいのは惨めだなあ。
    警察が介入したってことは、相談者は言ってないけど、たぶんDVかストーカー認定されたってことだろうな。
    潔くしろ!と言いたい。

この記事にはコメントできません。