テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月7日(金)は、加藤諦三&塩谷崇之。46歳女性から、1年前に夫の不倫で離婚、生活保護を申請したかったので慰謝料なし(財産分与するような財産もなし)。不倫相手に慰謝料請求したかったが収入認定されると癪に障る。20代の頃、母親が他界、親戚から母親を殺したのはお前だみたいに責めら心を病んだ。未だにスッキリしないのはなぜ?
加藤諦三氏の〆の言葉『怒りは、変装が上手い』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:46歳女性 1年前に離婚した元夫56歳 婚姻期間は7年 元夫の不倫相手46歳

もしもし?(加藤諦三)

あっ、お願い致します。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です、最初に、年齢教えて下さい。(加藤諦三)

46歳です。(相談者)
46歳・・結婚してます?(加藤諦三)

1年前に離婚しました。(相談者)

でぇ、お子さんは?(加藤諦三)

いません。(相談者)
いません・・でぇ今、お一人で暮らしてるわけですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はいわかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

あの、1年前に離婚した旦那さん・・が。(相談者)
はい。(加藤諦三)
もうちょっと言葉は悪いんですけど、ちょっと女・・作って出てってしまってぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そのことで、まだ、あのぅ・・1年経つんですけど・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
まだ、わたしの中でモヤモヤしてましてぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

どうしたらこう、スッキリするのかな?(相談者)

っていうことを、お伺いしたくて・・(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)

そのぅ、結婚生活はどのぐらい・・(加藤諦三)

えっと7年で・・(相談者)
7年ですか?(加藤諦三)
だと思います。(相談者)

はい。(相談者)

・・

んでぇ・・ま・・恋愛結婚ですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ああまぁ、恋愛結婚だと、当然、その最初は、まぁ、上手く行ってたわけですよねぇ?(加藤諦三)

はい。(相談者)

最初からゴタゴタしてたってわけ・・ではないのね?(加藤諦三)

ぁ、はい。(相談者)

んでぇ・・(加藤諦三)

どこら辺からなんか、こう・・(加藤諦三)

ギクシャクはじめたんですか?(加藤諦三)

・・

ほん・・っとに(ホントに)、そのぅ・・女ができ・・たのが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

わかったのが・・(相談者)

3年前なんですけど。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

それまではホントによくやっ・・(相談者)

仲良くやってました。(相談者)

そのぅ、女性・・が・・(加藤諦三)

出来たってのは・・ま、結婚・・してるとと・・最中ですけれども・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
どういうことであなたは、わかったわけ?(加藤諦三)

あ、なんか、ちょくちょく電話が来たり、メール来たり、態度がおかしくなったんでぇ、ちょっと携帯見さして、ま、悪い事なんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

携帯を見てぇ・・知って。(相談者)
はい。(加藤諦三)

聞いたら・・(相談者)

まぁ・・浮気してるって、認めて。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

「あたしとの生活が幸せ過ぎて飽きた」・・って言って(泣)・・(相談者)
「幸せ過ぎて飽きた」?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

えっと・・2年前・・(相談者)

の夏に・・家(うち)を・・出て行きました、多額の借金をして。(相談者)

・・

多額の借金?(加藤諦三)
マンション借りて。(相談者)
ぉ、ぉ、およ、およそ・・ど、どのくらいの・・借金ですか?(加藤諦三)

あの人、本人・・(相談者)

の、借金で多分・・150万くらい・・かなと思います、あの、その女と遊ぶためのお金とかも含めてですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしの・・カード、からも・・(相談者)

勝手に借金してましてぇ。(相談者)
うーん・・(加藤諦三)

それ・・が・・(相談者)

80万くらいでした。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

その女性というのは・・何?あの何歳ぐらいの女性ですか?(加藤諦三)

わたしと同い年だと聞いてます。(相談者)

同い年ですか?(加藤諦三)
・・
でぇ・・(加藤諦三)

ご主人、元のご主人は何歳なんですか、今?(加藤諦三)

多分56になってると思います。生きていれば、あのぅ・・(相談者)
56・・(加藤諦三)

うん・・(加藤諦三)
うちを出て行ったあとに癌がわか・・って。(相談者)
うん。(加藤諦三)
ステージ4だってことなんで、今生きてるかどうかもわからないんですけど。(相談者)

あっ・・(加藤諦三)

生きているかどうかも、今、わからない?(加藤諦三)

はい、あのぅ・・旦那さんは・・わからないです、今は。(相談者)
わか・・ああ、うですか・・女性も46歳という・・(加藤諦三)

ことですけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)
そうすっと・・(加藤諦三)

その女性とも・・(加藤諦三)

ご主人、元のご主人とも・・(加藤諦三)

今・・(加藤諦三)

事実としては何の関係もなき(い)・・わけですね?(加藤諦三)

はい、全く関係ありません。(相談者)

だけど・・(加藤諦三)

事実はもう結婚(「離婚」の言い間違い?)してんだから、社会的には、解決してんだけど、心理的に・・(加藤諦三)

あん、全く解決していなくて・・(加藤諦三)

わたしの方がなんか・・(相談者)

あのぅ、相手の・・(相談者)

女性の方にも、家庭のある人だったので。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、旦那さん・・は、まだ結婚とかはしてないと思うんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

その相手の女から慰謝料取ってやりたいと思ったんですけど、わたし今あの、生活保護受けてるのでぇ。(相談者)
うん・(加藤諦三)

収入認定されてしまうと・・その女から取ったお金で生活するっていうのも癪なので。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それも・・したくなくて。(相談者)
うん。(加藤諦三)
ただ、どうしてもなんか夢にも見ますし。(相談者)

「夢に見る」っていうのは・・ご主人の方?それとも女性の方?(加藤諦三)

あっ、両方一緒に居たり・・(相談者)
あっ、両方一緒にいる・・とき・・(加藤諦三)
旦那さん・・の、夢も見ますし。(相談者)

一緒にいるところを見る?(加藤諦三)

あの・・(相談者)

相手の顔は知りませんけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でもなんか・・(加藤諦三)

それらしい女性と一緒にいる夢とか・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
未だに見ますのでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
どういう心の持って行き様したら・・こう・・(相談者)

気持ちがスッキリするのかな・・って、もう、慰謝料取るんだったら取ってしまった方がいいのか?(相談者)
うん。(加藤諦三)
でもそうすると・・そのお金で生活してくっていうのもなんか癪なのでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

どのように・・(相談者)
あん・・(加藤諦三)
気持ちを持って行ったら、スッキリするのかな・・っていうのをお伺いしたくて。(相談者)
うーん・・でぇ・・(加藤諦三)

あなたそのぅ・・(相談者)

離婚してから1年ぐらいで、結婚生活が7年ぐらい続いているという・・ですから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
結婚したのが・・あ・・30・・(加藤諦三)

は・・8歳とか、9歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
そのぐらいですね?(加藤諦三)
そうです。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

でぇ、それ以前になんかこう・・(加藤諦三)

心理的に・・凄いこう・・(加藤諦三)

男女間でぇ・・(加藤諦三)

あのぅ、心に傷を受けたっていうよなことは、なんかないんですか?(加藤諦三)

いえ、男女間で・・傷を受けた事はありませんけども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ、ちょっと・・20代の頃に、ちょっと心病みまして。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まず始めは、こう母を亡くした時に・・(相談者)
うん・(加藤諦三)

わたしの、わんせいで(?)母が亡くなったんだとちょっと思い込んでしまっ・・ってっていうか親戚にそう責められてぇ。(相談者)

はい、それを・・は・・自分のために母亡くなったってのは、自分から思い出したわけ・・じゃなくて、周りからそう言われたってこと?(加藤諦三)

はい。(相談者)

周りから、「お前のためにお母さん死んだんだ」っていうふうに言われたっていうことですね?(加藤諦三)
はぁい、わたしが・・(相談者)

あの、母を殺したんだ・・みたいで言われてぇ・・(相談者)

ああ、はぁ、はぁ、はぁ・・(加藤諦三)

それで・・(相談者)

そこからちょっと心病み始めましてぇ。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

それが一番大きな傷です。(相談者)

でぇ・・「お前が母を殺したんだ」と言ったのは、家族ですか?(加藤諦三)

いえ、親戚です。(相談者)
親戚ですか。(加藤諦三)
親戚のオバです。(相談者)

親戚のオバ?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ああ・・で、そのオバさんは今、あなたの心の中ではどういう位置にいるわけ?(加藤諦三)

もう、関係のない他人・・ですね、あのぅ・・(相談者)

まぁ、まだ・・生きてはいますけど、オバも。(相談者)
うん。(加藤諦三)

全く連絡も取ってませんし、全く交流もありませんので。(相談者)
うん。(加藤諦三)

他人です。(相談者)

他人?(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、それで、今日あなたの・・あの、相談っていうのは、ま、こういう状態の中にいて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そのぅ・・慰謝料取るのも・・(加藤諦三)

・・

なんか・・悔しいと。(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ・・ま、どうしていいかわからないということですね?(加藤諦三)

はい、あのどうしたらこう・・気持ちが楽になるっていうか、スッキリするかな・・っていうことを・・(相談者)

はい、わかりました。今日はあのぅ・・(加藤諦三)

スタジオにですね・・(加藤諦三)

弁護士の塩谷崇之先生がいらしてんので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

お願い・・(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。