テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月2日(月)は、加藤諦三&中川潤。相談者は68歳の女性。今の自分は鬱に近い状態だと言う。60歳の時、父の介護をしようと仕事を辞め、一年間一緒に暮らすも田舎に帰ってしまい、妹の世話になっている父。父と一緒に暮らすことを生きがいとしてきたがそれも出来ず、また仕事を始めるもついてけない。生き甲斐が見つからないという相談者。支離滅裂な話に、加藤諦三からのアドバイスは・・・
加藤諦三氏の〆の言葉『自分自身であることの権利を信じれば、救われます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:68歳女性(三姉妹の長女) 夫70歳 二人暮らし 子供はいない 結婚したのは相談者30歳の時

もしもし?(加藤諦三)

あっ・・もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ、よろしくお願い致します。(相談者)
はい。(加藤諦三)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

68歳です。(相談者)
68歳ね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ご主人は何歳ですか?(加藤諦三)

70歳になります。(相談者)
70歳・・(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
今、お二人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)

はい、そうです。(相談者)

子供がいませんので・・(相談者)
ああ、そうですか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
でぇ、結婚してからどのくらい経つの?(加藤諦三)
30歳の時だったから・・(相談者)
ああ、そう・・(加藤諦三)
38年ですねぇ。(相談者)
も、もう・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
や、約、40年ぐらいですね、はい、わかりました。(相談者)
はい、そうですねぇ・・(相談者)
そいで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

うん?(相談者)

そいで、どんな相談ですか?(加藤諦三)
え・・っとですねぇ、あのぅ・・あたし・・主人がすごく・・アウトドア派でして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

わたしもまぁ、どちらかと・・いうと、山登りもしますし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

山岳部に入ってまして・・(相談者)
あっ!山岳部に入ってたの!?(加藤諦三)
はい。(相談者)

だけど球技が不得意で・・(相談者)

ゴルフ・・(相談者)

とか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

結婚した当時に・・(相談者)

ゴルフセットを、そ、そろ、揃えて・・くれて。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで一緒に回ろう・・って、いうふうに言え・・言ってくれたんですけど、あたし・・昔から球技は、えっと不得意だったんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、グリーンって、綺麗じゃないですか。(相談者)
はい。(加藤諦三)

で、回れたらいいなぁ・・と思って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、練習に励んだんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

全然上達しなくてもう、あたしは・・「これ、やーめた」っていうふうな感じで・・(相談者)

はい、それで?(加藤諦三)
それでぇ・・(相談者)

あのぅ・・山を・・(相談者)

大学の頃からやってまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、山の方に、あたしが引きずりこんじゃったっていう感じなんですね。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

でぇ、山は時々・・行きます。(相談者)
一緒に行くっていうこと?(加藤諦三)
はい、一緒に。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

主人は、すごくこう・・(相談者)

活動的っていうか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

「俺はもう70だから・・」(相談者)
はい。(加藤諦三)

「将来・・」(相談者)
はい。(加藤諦三)

「家で・・」(相談者)

「休みだったら・・ボーッとして酒飲んで・・」(相談者)
ええ。(加藤諦三)

「そういう人間にはなりたくないから・・」(相談者)

「頑張ってやってんだよ」(相談者)

って、言うんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

『頑張ってやってる』って、何を『頑張ってやってる』っていうこと?(加藤諦三)
えっとですねぇ、生涯大学行ったり・・(相談者)

ああ、そういう意味ですね、要するに・・(加藤諦三)
ええ、ええ、そうです。(相談者)
か、会社の事ばっかりで・・なくて、他にも・・(加藤諦三)

いろいろ、やってるっていうこと、はいはい。(相談者)
そうですそうです、ゴルフも・・(相談者)

しょっちゅう、週2回ぐらい行きますし・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あと、テニスもやりますし。(相談者)

競輪選手のような・・ロードバイクっていうんですか?(相談者)
はいはいはいはい。(加藤諦三)

あれもやります。(相談者)
はい。(加藤諦三)

そのようにして、すごく頑張ってますけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あたしはもう・・(相談者)

それについていけなくって、結構独りぼっちです、今日もゴルフ行ってるのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、独りぼっちです。(相談者)
ああ、ぁぁ・・(加藤諦三)

でぇ、明日も、こうなんかねぇ、明日は・・(相談者)

そのぅ・・生涯大学の、なんかの・・(相談者)

でぇ、明日は、お弁当を作ってくれって言われてるんですけども。(相談者)
はい。(加藤諦三)
まぁ、それは・・(相談者)

あのぅ・・嫌じゃないので、作りますけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、今日のあなたの相談というのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ご主人のほうは・・活動的で。(加藤諦三)

テニスもやれば。(加藤諦三)

はい。(相談者)

ロードバイクもやれば。(加藤諦三)

はい。(相談者)

ゴルフもやれば。(加藤諦三)

はい。(相談者)
だけど、自分は・・(加藤諦三)

今・・(加藤諦三)

そういうように・・アウトドア派ではないと。(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ、それがなんとなく寂しいと。(加藤諦三)

ぁ、それはありますね。(加藤諦三)

ということですね。(加藤諦三)
それと・・(相談者)

自分自身の・・(相談者)

ちょっと仕事を・・(相談者)

ある程度の、年齢までしてまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それで辞めたんですね、父の・・あたし、三姉妹の長女として。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、父を、ちょっと面倒看なくちゃ、妹にばっかり・・(相談者)

アレしてちゃあ、いけないと思って。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

父をこっちに引き取って、一年間ぐらい暮らしたんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)
その間に・・(相談者)

うちの主人が、ちょっと軽い脳梗塞になりましたので。(相談者)
はい。(加藤諦三)
「僕はやっぱり・・」(相談者)

「田舎に帰るよ」っていうことになって。(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ、帰っちゃったんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

「お願いだから一緒にいてよ、一緒に、ずーっと行こうと思ってあたし、仕事辞めたんだから」って、言っただけれども。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

今日・・(加藤諦三)
それでぇ、まぁ、あたしは・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

今・・それから・・まったく仕事もしないで・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)
山も、ポツンポツンと行くだけなので。(相談者)
はい。(加藤諦三)
また、仕事を始めました。(相談者)

それが・・(相談者)

とても、ついてけないんです。(相談者)

・・

その仕事に。(相談者)

・・

でぇ・・今・・試用期間中で、三月(みつき)なんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)
68なんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、今日のあな・・はい?(加藤諦三)
それでぇ・・それを辞めようか。(相談者)

辞めないでいようか。(相談者)

を・・(相談者)
その仕事がキツイっていうのも、ど・・(加藤諦三)
悩みもあるんです。(相談者)

それでぇ・・(相談者)

どうしたものか?と思って。(相談者)
そうすっと、今日・・(加藤諦三)
あたし、お料理作ったり、そういうことは、すごく好きなんですけれども。(相談者)

え・・(加藤諦三)
明日もお弁当作るんですけれども。(相談者)
ええ・・(加藤諦三)

あの、今日のあなたの相談っていうのは・・(加藤諦三)
それを・・(相談者)
どういうことですか?(加藤諦三)
自分で、もう家に居た方がいいのか。(相談者)

というのが・・(加藤諦三)
それがあまりにも、こう・・(相談者)

今、こう・・鬱状態なんですね、あたし今、こうやって、おしゃべりしてるんですけれども。(相談者)

はい、はい、要するに・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
今、鬱状態にある・・(加藤諦三)
夜になると、明日、頑張って行くぞ!と思うんですけれども。(相談者)

朝になると・・なんかすごい気持ちが、ふさぎこんでしまって。(相談者)
はい。(加藤諦三)

行く、行く気がなくなっちゃうんですよ。(相談者)

はい。(相談者)
要するに・・なに・・を、相談したいのかが・・(加藤諦三)
なんかその・・(相談者)

仕事の中で・・(相談者)

生き甲斐を求められないんですよ。(相談者)

という・・(加藤諦三)
今までの、ずーっとやってきた仕事っていうのは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
患者さんに対して・・(相談者)

すごくこう・・(相談者)

生き甲斐が求められたんですけれども。(相談者)
それで・・(加藤諦三)
今やってる・・(相談者)
その仕事は、いつ辞めたんですか?(加藤諦三)

60歳です。(相談者)

8年前ぐらいに辞めた?(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、わたしは・・(加藤諦三)

鬱ではないけど、鬱に近い、鬱状態だと。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
どうしますか?っていう・・(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)

そういうことですか?(加藤諦三)
はい、そうなんです。(相談者)

法律・・を超えてですねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
人生のいろんなことに対して・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
いつも素晴らしい回答をしていただいてる・・(加藤諦三)

弁護士の中川潤先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、よろしくお願いいたします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  この年代女性に良くありがちな 「ところで 貴女 今日のご相談は(・・?」 と パーソナリティに 言わせる 典型的なパターンですね!

     やっぱり 加藤先生のお言葉 支離滅裂 が ピッタリです。
     身近にこのような 愚痴を 漏らす家族が居たら こちらが参るでしょうね。
     ご主人が一家の財産管理をなさっていて 奥様は全く何もご存じない 今からお稼ぎになり蓄財! はっきり言ってご無理です もっと早くにご自身で家計管理をなさり へそ食っておくべきでしたね 後悔先に立たず。

  2. いつもいつもいつも思うのですが、この弁護士、早く加藤先生に代わってください!自分がその人の人生の役に立つことを言えるという自信はどこからくるのでしょう。傲慢さを感じていつも嫌になります。
    自分は弁護士以上ではないので、心の問題は加藤先生に早く代ります、となぜ思えないのでしょうか。
    この相談者はもっと加藤先生と話すべきでした。

  3. 管理人さんのご指摘と同じ、ダンベルおばさんを思い出しました。似てます。
    加藤先生が相談者に対して少々きつい言葉を発した時に、相談者が「加藤先生ですよね?」と聞いた時に、もしや‥と思いましたが、まさかダンベル・・まさか。
    それを抜きにしても前にも相談しているんじゃ?と思ってしまいましたが気のせいかな。
    悩みは人それぞれですが、相談者は自分の話を誰かに聞いて欲しいというのもあるのかな。

  4. ダンベルおばさんに確かに似ていますが
    ご両人ともやらせにしては、内容がリアルです。
    似た性質の人は口調や声色までもが似てくるのでしょうか・・・
    ちなみに私は最近第一声で、やばい人かそうでないかが
    わかるようになってきました。

この記事にはコメントできません。