テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年10月16日(火)は、今井通子&塩谷崇之。50歳男性から、妻と子が家を出て行って帰って来ない。警察に連絡すると安全な場所、シェルターに居るとのこと。以前にもあった。2、3度叩いたことはあるが、暴力はふるってない。離婚調停は不成立、親権は嫁側、面会交流なく、子供の成長記録のみと裁判官にも言われた。離婚してもいいが子供にだけは会いたい。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:50歳男性 妻40歳 長男5歳 婚姻期間は同棲も含めて10年

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

よろしくお願いします。(相談者)

はい・・(今井通子)

はい。(相談者)
今日はどういったご相談ですか?(今井通子)
ちょっと、妻との・・(相談者)

ま、離婚調停・・(相談者)

が、してる・・(相談者)
あっ、離婚・・調停・・(今井通子)

はい。(今井通子)
終わったんですけど。(相談者)
あっ・・(今井通子)

終わったんですか?(今井通子)

はいそうです、はい。(相談者)
はい。(今井通子)

でぇ・・これから・・(相談者)

離婚訴訟にはなるんですけど。(相談者)

離婚になったとしても・・(相談者)

子供とちゃんと会えるのかなっていう・・それがちょっと、一つの・・(相談者)

希望なんですけど(半泣)。(相談者)

はい。(今井通子)

はい。(相談者)

まずぅ・・あなたおいくつ?(今井通子)

50になりました、はい。(相談者)
50歳・・奥様は?(今井通子)

は(わ)、40です、はい。(相談者)
40歳・・(今井通子)

でぇ・・結婚歴は何年?(今井通子)

同棲・・を含めたら、約10年です。(相談者)

でぇ、お子さんは?(今井通子)

一人です、長男一人です、男の子・・(相談者)
ご長男が、お一人?(今井通子)

はい。(相談者)
何歳?(今井通子)

今、5歳なんですけど。(相談者)
ん、5歳・・(今井通子)

まず奥様と・・離婚話が出たのは何ヶ月くらい前?(今井通子)

半年前ですね、はい。(相談者)

半年前・・(今井通子)

まぁ・・突然・・(相談者)

息子と・・(相談者)

出掛けて帰って来なかったんですよね。(相談者)
あら?(今井通子)

はい。(今井通子)
ええ・・(相談者)

いつも帰ってくる時間になっても・・帰って来ないので。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

えーっと、警察の方へ連絡をしたんですよね。(相談者)
・・
はい。(今井通子)

そしたらあのぅ、安全な場所に居るっていうふうに言われて・・ズッ・・ええ。(相談者)

警察の方から・・(今井通子)

安全な場所に居るという、連絡があったんですか?(今井通子)

それとも・・(今井通子)
そうです。(相談者)

前にも一度、こういうことあったんですよね。(相談者)

昔・・(相談者)
なるほど、なるほど。(今井通子)
ええ・・(相談者)

3・・4年前かな・・(相談者)

3、4年前?(今井通子)

ええ。(相談者)
その・・安全なところっていうのは・・ご実家じゃあないわけねぇ、じゃあ。(今井通子)

そうですね、あのぅ・・(相談者)

前回もなんか・・要は、シェルターみたいな・・(相談者)

うん・・(今井通子)
シェルターって言うか、そう言う・・ズッ・・なんか・・(相談者)

とこに行って来たんだ・・って、前に・・帰って来て、言っていたんですよね。(相談者)

はい。(今井通子)

ええ・・(相談者)

でぇ、「なんでそういうとこ行くんだ?」って・・(相談者)
うん・・(今井通子)
いうふうに言ったんですよ。(相談者)

でぇ・・(相談者)
でぇ・・あ、ちょっと待って、その、「なんで行くんだ?」じゃなくて・・(今井通子)

そのシェルターに・・(今井通子)
ええ・・(相談者)
行っていたっていうことはよ。(今井通子)

ええ。(相談者)

あなたに・・何かされたから、危険があってシェルター行ったんでしょ?(今井通子)

・・

いや・・自分自身、そういう暴力とか、ふるってはいないんですよね。(相談者)
うん。(今井通子)

あのぅ・・自分の嫁さんっていうのは・・(相談者)

「わたしは何も、悪くない、悪くない」みたいなことしか言わなくて・・(相談者)
はぁい。(今井通子)
自分・・のことを、責めるだけなんですけど。(相談者)

だから、ギャア、ギャア、ギャア、ギャアしか言われなくて、自分も逆上して・・(相談者)

うん。(今井通子)
そういう感じで、夫婦喧嘩になったんですよねぇ。(相談者)

なるほど・・(今井通子)
でぇ・・(相談者)

まぁ、ひっぱたいたことは・・2、3度ありました、自分も。(相談者)

なるほど・・(今井通子)
ええ。(相談者)
これはなに?同棲中に?(今井通子)

同棲中・・とか、え・・要するに、まぁ・・あの、口喧嘩で、なにかこう・・ちゃぶ台、ひっくり返したみたいな感じで。(相談者)
ふぅーん・・(今井通子)
とか(笑)・・そしたら、向こうは向こうで・・その鍋を・・ひっくり返したやつを・・投げ返して来たような感じだとか・・シィィ・・あと・・(相談者)

うーん、取っ組み合いとか・・(相談者)

あらら?(今井通子)
したり・・け、け、自分自身も、蹴り・・入れられたりとか・・(相談者)

お嫁さんの方が、蹴りを入れた?(今井通子)

そうそう、そうそう、嫁さんに、けら、蹴られたりとか・・(相談者)
うん・・(今井通子)
なんかしたりとか・・自分も、まぁ・・そういう・・(相談者)

故意じゃなかったんですけど・・一度、パァンって、ほっぺたを引っ叩いてしまったんですねぇ・・(相談者)
うん・・(今井通子)

10年間のうちに、2、3度ありました、それは、ええ。(相談者)

ただ、怪我させてしまうことは、一切、したことないんですよねぇ。(今井通子)

・・

ああ、そう・・(今井通子)

今度の家出っていうか・・どういう喧嘩だったの?(今井通子)

ズッ・・それは・・そのぅ・・(相談者)

支払いのことで、いろいろ・・そういうことで喧嘩したんですよね。(相談者)

支払い?(今井通子)
あの・・うん、ええ。(相談者)

いや、住んでるとこが・・光熱費が・・すごいかかるんですよね。(相談者)

ああ・・寒いとこなのね。(今井通子)
ええ。(相談者)

普通に言えば、まぁ・・(相談者)

ガス代だけでぇ・・3万か、4万ぐらい、かかりますすよねぇ。(相談者)

はい。(今井通子)

ええ、それでぇ・・(相談者)

まぁ、自分は給料も・・そんなに・・(相談者)

いい給料じゃないんですけど。(相談者)

ええ・・そういうことで、ちょっとしたことで、喧嘩したんですよね。(相談者)

う、うーん・・(今井通子)
でぇ、自分も・・あのぅ・・夏場とか、寒くなる前は・・ズズッ・・(相談者)

まだ、あったかいからって言って、水でシャワー浴びてるんですよね。(相談者)

はぁい。(今井通子)
でぇ今、嫁さん、子供は・・まぁ、お風呂、毎日お風呂沸かして・・(相談者)
うん。(今井通子)

ええ、ですから・・(相談者)
っていうことは・・(今井通子)
ええ。(相談者)
え・・もともと・・お嫁さんの方が・・(今井通子)

はい。(相談者)
そのぅ・・調停を申し込んだり。(今井通子)

え・・離婚・・の、裁判に・・持ち込んだりしてんでしょう?(今井通子)

そうです、はい。(相談者)
でも、今・・あなたは・・あなたがお嫁さんの・・(今井通子)

に、対する愚痴、言ってますよね?(今井通子)

あ、そうですねぇ。(相談者)
うん。(今井通子)
はい、愚痴・・そうですねぇ。(相談者)
うん・・(今井通子)
はい。(相談者)

結局・・アレなの?(今井通子)
はい。(相談者)
別れたいの?別れたくないの?どっちなの?(今井通子)

自分は・・(相談者)

離婚はしたくないな・・って、思ってるんですよね。(相談者)

でぇ・・(今井通子)

お子さんに対しては?(今井通子)

やっぱり・・離婚したら・・(相談者)

不自由な思いするだろうなぁとか、そう思うから・・(相談者)

うん。(今井通子)

離婚しない方が・・(相談者)

子供のためにかなぁ・・っちゅうふうには考えてるんですよね。(相談者)

はい・・(相談者)

子供の為に、わか・・うん、かなぁ・・は、わかるんだけど・・(今井通子)

ええ。(相談者)
そのぅ、あなたの方が、引き取りたいの?(今井通子)

本音・・を言えば、引き取りたいですけど、ただ・・(相談者)
うん。(今井通子)

向こうの・・(相談者)

弁護士の方から・・(相談者)

「親権は、嫁さんの方になってしまいますよ」としか、言われなくて。(相談者)

ああ・・(今井通子)

子供にちゃんと、会えればそれでいいかな・・っていうような、考えなんですよね。(相談者)

っていうことはだから・・あなたも・・(相談者)

はい。(相談者)
え・・離婚は容認してるわけね?(今井通子)

まぁ、そうですね、あのぅ・・(相談者)

一応・・子供と会えないっつうのは、辛いですけど。(相談者)

毎月・・とか、まぁ・・ね、1年に、何回かでも・・子供と・・会って、子供の成長を見れれば・・(相談者)

・・

・・

最終的には、それでもいいのかな・・って、そんな気持ちで・・いて・・(相談者)
ふんふんうん。(今井通子)
ただ・・(相談者)

わかりました・・今日はですね、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてますので・・(今井通子)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(今井通子)

はい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)




目次に戻る

塩谷崇之アドバイス

はぁい、こんにちは。(塩谷崇之)

あ、こんにちは、はい、よろしくお願いします。(相談者)
はい・・えーっと、いくつかちょっと、ぉ・・確認させてくださいねぇ・・(塩谷崇之)
はぁい。(相談者)
えっと、調停はもう、終了してるんですね?(塩谷崇之)

調停はもう・・(相談者)

ぉ、終わりました、はい。(相談者)
不成立になったわけですよねぇ?(塩谷崇之)

そうですはい。(相談者)
それで訴訟は、もう始まってるんですか?それとも、これから・・訴訟になるということなんですか?(塩谷崇之)

自分はただ、待ってればいい・・しか言われなかったんですよね。(相談者)
ああ・・じゃあまだ・・えーっと、訴状とかっていうのは、受け取ってないわけですね?(塩谷崇之)

まだ・・受け取ってないです、はい。(相談者)
受け取ってないですね・・えーっと、その調停の中で・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
奥さんのほうは・・(塩谷崇之)

どういう理由で離婚をしたいというふうに、主張してたんですか?(塩谷崇之)

暴力とか特にあると。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)
あと・・(相談者)

DVだとか、あと・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)
家庭を顧みない・・ところに丸がついて・・(相談者)
うん。(塩谷崇之)

何もしてないのに・・(相談者)

何で、性格を書かなきゃならないのかなぁ・・って、一応、書面送ったんですよね。(相談者)
ああ・・(塩谷崇之)

えーっと、そのぅ・・調停の中で・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
子供との面会については何か・・ぁ・・話・・が、出たんですか?(塩谷崇之)

裁判官から、あのぅ・・(相談者)

簡易的(?「関節的」では)・・(相談者)

面会交流っていうの、言われたんですよね。(相談者)

月に、1・・度か、何ヶ月に1度・・あのぅ、子供の成長・・の、記録だけを、自分の方に、写真とかなんか送る・・みたいな・・のは、出来ませんよ・・ちゅうふうだったんですよね。(相談者)

うん・・(塩谷崇之)

そうするとねぇ・・(塩谷崇之)

ええ。(相談者)
あなたの今の状態っていうのは・・奥さんがその調停の理由の中で暴力・・があったとかね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
そういうことを主張したんで・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
でぇ、あなたがそれを、まぁ、「そんなことはしてない」と・・(塩谷崇之)

ええ。(相談者)
いう反論をしたんで・・(塩谷崇之)

お互いの言ってる事実関係が・・まったく食い違うわけですよね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
え・・あとは訴訟の中で、判断をしなければ・・もうどうしようないですねと。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
いう状態になったと思うんですよね。(塩谷崇之)

あっ、それは、はい、***。(相談者)
そうですよね?(塩谷崇之)

はい。(相談者)
うん・・でも、今お話うかがってると・・(塩谷崇之)

あ・・あなた暴力ふるってたでしょう?(塩谷崇之)

はい。(相談者)
まぁ、おそらくはほとんどは口喧嘩だったんでしょうけれども・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
でも、ぉ・・ひっぱたいたことは、2、3回あったと。(塩谷崇之)

はい、ありました。(相談者)
うん、でぇ、ちゃぶ台、ちゃぶ台をひっくり返したこともあったし・・取っ組み合いになったこともあったし・・(塩谷崇之)

そういうのってねぇ、殴った側は、あまり覚えてないかもしれないけれど。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
殴られた側って、すごいそれがもう・・記憶に残るんですよね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
子供と会わせるには多分・・今、一緒に住んでる奥さんの協力が必要ですから・・(塩谷崇之)

でも奥さんとすれば・・ぁ・・これで顔を合わせると、いったい何を・・されるかわかんないと。(塩谷崇之)

ええ。(相談者)
いうのがあるし・・(塩谷崇之)

ましてやそのあなたが・・離婚を拒んでると、自分は暴力なんかふるってないんだ・・って、離婚を拒んでる・・(塩谷崇之)

そういう状況で・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
面会をすれば何をされるかわかんない。(塩谷崇之)

え・・しかも、居場所を教えれば・・(塩谷崇之)

いつ尋ねてくるかわかんない。(塩谷崇之)

尋ねてきてそこで・・また口喧嘩になれば、口喧嘩のすえ・・(塩谷崇之)

え・・また、殴られたりするかもしれないと。(塩谷崇之)

そういう状態だから奥さん、シェルターに入ってるんでしょう。(塩谷崇之)

はぁ・・(相談者)

いや・・(相談者)

要するに、いなくなった理由っていうのは・・(相談者)

子供が来年、1年生になるから・・そのぅ・・今のところ、引っ越したいっていうのがあるんですよね、ズズッ・・(相談者)

うん・・(塩谷崇之)
でぇ・・(相談者)
あのねぇ、口喧嘩っていうのは、どの夫婦にもあるんですよ。(塩谷崇之)

ぁ、はぁい・・(相談者)
うん、そのうちこう、解決するって言うんだったら・・(塩谷崇之)

いいんですけど、そうじゃない・・状態なんでしょう?結局まぁ、奥さんの方は、それで・・(塩谷崇之)

え・・どっかの時点で・・(塩谷崇之)

え・・まぁ・・(塩谷崇之)

黙って、我慢をするようになって・・まぁ、あなたも我慢をしてるのかもしれないけどね。(塩谷崇之)

ぁ、はぁい。(相談者)
多分、そう・・なってくるとねぇ、もう・・話にらちがあかなくなるんでぇ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
もう、この人とは、話しても無駄だと・・いうことで・・ぇ、調停になったん・・だと思うんですよね。(塩谷崇之)

ぁ、はぁい・・(相談者)
はい、でぇ・・あなたの最大の失敗は・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
子供との関係を・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
きちんと作っておきたいと。(塩谷崇之)

あ、そうです、はい。(相談者)
そういう気持ちがあるんだったらねぇ、調停で、そういうふうな主張をすれば良かったんですよ。(塩谷崇之)

あなたは・・(塩谷崇之)
いや、したんですよ。(相談者)
いやぁ・・(塩谷崇之)
したんですよ。(相談者)

だって離婚、拒んでたんでしょう、あなたは?(塩谷崇之)

子供のこと、考えたんで・・(相談者)

したくない・・って気持ちもありました。(相談者)

うん・・(塩谷崇之)
でぇ・・(相談者)

最終的にはあのぅ・・(相談者)

裁判官と一緒に・・交えて話して・・(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

「子供とちゃんと会えるんですか?」ってこと、言ったんですよ、それは。(相談者)

そうしたら・・(相談者)
「会わせてくれるなら、離婚に応じてもいいよ」って、言ったんですか?(塩谷崇之)

う、うん、「そういう気持ちもありますよ」って、言ったんですよね。(相談者)
うん・・(塩谷崇之)

そしたら・・裁判官の方から・・ズズッ・・「今は・・成長の記録の写真しか送れませんよ」としか言われなかったんですよね。(相談者)
うん、だから今ちょっと、直接会わせることはなかなか難しい・・っていう判断なんですよね。(塩谷崇之)

ま、もう、調停は、不成立で終わっちゃってるわけですから・・(塩谷崇之)

訴訟手続きの中で解決していくしかないんですよね。(塩谷崇之)

ただね、あのぅ・・訴訟になったからと言って、必ずしも判決で・・終わるとは限らないんですよ。(塩谷崇之)

折に触れて裁判官からね。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
あのぅ・・「話し合いで解決するつもりはありませんか?」と。(塩谷崇之)

いうことを・・聞かれると思います。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
あるいはあなたの方から、それを云ってもいい。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
うん、改めて、まぁ子供の為に何が1番いいかとかいうことも考えて・・(塩谷崇之)

ぁ、はい。(相談者)
え・・「やっぱり話し合いで解決したいと思ってる」と。(塩谷崇之)

はい。(相談者)
ついては、まぁ・・ぁ・・子供との面会を・・(塩谷崇之)

正常化・・(塩谷崇之)

に向けてね。(塩谷崇之)
はい。(相談者)
踏み出せるんであれば・・(塩谷崇之)

離婚に・・(塩谷崇之)

応じることも考えてもいいと。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

そういうふうな態度をね・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
きちんと、あのぅ・・あなたの意見として出せば・・(塩谷崇之)

もう一回ね、あの、そういう、和解・・のチャンスっていうのは、与えてくれる・・可能性っていうのは、あると思いますんで。(塩谷崇之)

ちょっとそうですか、はい。(相談者)
うん、そういう中でねぇ・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
やってみるといいと思います。(塩谷崇之)
あ、そうですか、どうも**・・(相談者)




目次に戻る

今井通子まとめ

おわかりいただけました?(今井通子)

はい、なんとか・・ええ。(相談者)

あなたさぁ・・(今井通子)
結局・・(相談者)

はい?(相談者)
何か隠してなぁい?(今井通子)

何をですか?(相談者)

だって・・裁判官が・・今は面会させられませんなんて・・(今井通子)

いうような調停が、あり得ないじゃない。(今井通子)

子供に対しても何か暴力ふるったとかってあるんじゃないの?(今井通子)

いやないですそれはそれは・・ホントにないです。(相談者)

ただ・・(相談者)
でぇ、奥様の、居場所が・・(今井通子)
はい。(相談者)
わかんないように・・(今井通子)

ええ・・(相談者)
シェルター入って・・っていうのは・・(今井通子)
ええ・・(相談者)
奥様の訴えが、相当強いものじゃなきゃ、そうはならないと思うけど。(今井通子)

だからあのぅ・・ズッ・・(相談者)

自分もなんで・・(相談者)

そういう事してないのに・・(相談者)

そこまで、うん、やっぱり・・(相談者)

ちょっと納得いかない部分も、ちょっとあります。(相談者)

ええ・・はい。(相談者)
なんかお兄さんとか・・なんかで・・手伝ってもらえる人いないの?今のお話うかがってると・・(今井通子)

ええ・・(相談者)
あなたの話と・・(今井通子)
はい。(相談者)
それか、奥様・・から・・(今井通子)

言われてるか、警察が言ってる話と、あまりにも違いすぎるのでぇ・・(今井通子)

そうです。(相談者)
もうちょっと平等に物が見れる人?(今井通子)

いないです。(相談者)
冷静に話せる人が・・(今井通子)

いないんですよ。(相談者)
必要・・いないの?(今井通子)

でもねぇ・・(今井通子)

ええ・・(相談者)
調停の人もプロだから・・(今井通子)

そんなこのぅ・・奥様の口車で・・(今井通子)

翻弄されるとかいうことないだろうし・・(今井通子)

いや、それが・・(相談者)

自分自身も・・(相談者)

難しい事は・・(相談者)

わかんないから・・調停員の人に言われるままに、「あ、そうなんですか」「そうなんですか」って言いながら・・「でも、自分の言い分は、こうなんですよ」って言っても・・結局・・(相談者)

誰にも相談できないもんだから、自分一人で行って、こう・・自分で考えてしか話すことできなくて・・(相談者)

こういう場合って、先生、アレですかねぇ?弁護士さんとかつけた方がいいんですか?(今井通子)
うーん、その方がいいかもしれないですねぇ・・(塩谷崇之)
ねえ。(今井通子)
うん・・(塩谷崇之)

って言うのはねぇ、言っちゃ悪いけれども、あなた自分のね。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
自分の考えを・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
きちんと、筋道立てて、相手に・・(塩谷崇之)

しかもあの、冷静に伝えるっていうこと・・については・・あまり得意じゃないんじゃないかなと、思うんですよね。(塩谷崇之)

そうです、人に説明するとか、そういう・・ところとか、下手糞です、はい。(相談者)
うん、だから・・(塩谷崇之)
はい。(相談者)
そこを補ってくれる・・(塩谷崇之)

はい。(相談者)
代理人の先生に、きちんと頼んで・・それで、やってかないと。(塩谷崇之)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
訴訟になっても、そのまま、ぁ・・裁判・・が、進むことになってしまうんで。(塩谷崇之)

早めに弁護士に相談した方が、いいと思います。(塩谷崇之)

はい。(相談者)

じゃあ、そういうことで。(今井通子)

はい、それ、いろいろありがとうございます。(相談者)
はい、じゃあ、失礼します。(今井通子)

はい、失礼します。(相談者)





放送された相談と回答は、限られた時間内で録音された内容を、カット・編集されたものです。
相談者の背景や現況がカット・編集されることも多く、どちらかと言えば、回答・アドバイス寄りにカット・編集されている事もあるようです。
読み手、聞き手の立場や状況により、捉え方は多様になります。

管理人のちょっとひと言

『調停の人もプロだから・・そんなこのぅ・・奥様の口車で・・翻弄されるとかいうことないだろうし・・』

えっと・・

テレフォン人生相談2018年10月17日(水)予告

「大事な人を、殴らないで!」と題した特別企画。
夫の暴力で別居している奥さまからのご相談。

パーソナリティがドリアン助川さん、作家で翻訳家の三石由起子さんが回答者です。

スポンサーリンク

コメント一覧

  1. DVする人って、みんな「自分は暴力なんかふるってない」って言うんですよね。あんなのは暴力のうちに入らないとでも思いこんでるんでしょう。
    自分を客観視する能力に欠けてるんだな。
    死ななきゃ治らない部類なんでしょうね。
    一生「俺は何にも悪くないのに!」と言い続けるんでしょうねえ。救いが無いな。

この記事にはコメントできません。