テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月6日(火)は、今井通子&高橋龍太郎。9歳の時に養女として迎え入れた孫娘が、置き手紙と鍵を置いて何も言わず黙って出て行ってしまった。行き先は、たぶん娘の所。専門学校を卒業し資格取得するはずだったが失敗。もう一年、頑張ったらという言うも、資格がなくても募集していた先の都会に、行ってしまったようだ。電話も通じない状況。どうして黙って出て行ったのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:68歳女性 夫は40年前に他界 一人暮らし 両親の元で一人娘を育てる 娘40歳(離婚し孫娘が9歳の時まで一緒に居る) 孫娘21歳(9歳の時に養子縁組し娘として育てる)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井通子)

あっ、よろしくお願い致します。(相談者)
はい。(今井通子)

今日は、どういったご相談ですか?(今井通子)

えっと・・今、わたし一人なんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

娘と孫が・・いたんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)
あのぅ・・(相談者)

娘も、孫も、家を出て行く形・・なんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)
ちょっと・・(相談者)

わたし・・としては、そのぅ・・(相談者)

別に、仲違いがあったわけではないと・・思ってるんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)
とちらも・・(相談者)

行き先を告げず・・(相談者)

「行きます」ということもなく・・(相談者)

出てしまった形なんです。(相談者)

はい。(今井通子)

・・

スゥ・・(相談者)

それでぇ・・(相談者)

まぁ、何ヶ月前かにあのぅ・・(相談者)

孫の・・母親の方に、荷物を送ってたみたいなので・・(相談者)

それから・・住所は・・(相談者)

わかったんですけれども。(相談者)

そのぅ・・(相談者)

出てからは、あのぅ・・音信もないわけなんです。(相談者)

・・

・・

はい。(今井通子)

・・

スゥ・・(相談者)

この先は、まぁ、自分一人で・・(相談者)

過ごして・・(相談者)

いこうとは思ってるんですけれども・・(相談者)

時々こう・・なんか、落ち込んでしまって・・(相談者)

・・

ああ、なるほどねぇ。(今井通子)
ちょっと・・悩んだんですけれども。(相談者)

はい。(今井通子)

まず・・あなたは、おいくつですか?(今井通子)

68です。(相談者)
68歳・・(今井通子)
はい。(相談者)

お嬢様、おいくつ?(今井通子)

40歳。(相談者)
40歳・・お孫さんは?(今井通子)

・・

・・

21歳。(相談者)
21歳・・(今井通子)

・・

でぇ・・(今井通子)

今、お一人って言ったから、ご主人はもう・・亡くなっちゃったの?(今井通子)

そうなんです。(相談者)

もう・・(相談者)
何年前ぐらい?(今井通子)
はい、40年前です。(相談者)

ああぁぁぁ・・(今井通子)

・・

・・

・・

それは、じゃあ・・(今井通子)
だから、わたしの中では・・(相談者)
あなたは、じゃあ、ずーっと、お嬢さん、お一人で育てられた?(今井通子)

ええ、あのぅ・・ありがたいことに、両親がおりましたものですから・・(相談者)
ああ、ああ・・なるほどねぇ・・(今井通子)
うん・・ええ・・(相談者)
あなたのね?(今井通子)
ええ。(相談者)
はい。(今井通子)
そこで・・ずっと・・来ました。(相談者)
ああ・・そうだったんですか。(今井通子)
はい。(相談者)

・・

・・

でぇ・・(今井通子)

お孫さんが居るっていうことは、お嬢さん、結婚されたんでしょう?(今井通子)
はい、そうです。(今井通子)

でぇ、あのぅ・・(今井通子)

結婚されたけど・・(今井通子)
ええ。(相談者)

離婚されちゃった?(今井通子)
はぁい、9年ぐらい・・いたんですけれども・・(相談者)

っていうことは・・(今井通子)

お嬢さんも・・(今井通子)

娘さんを・・(今井通子)

一人で、育てたってこと?(今井通子)
いえ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

むす・・めは、最初、相手方の方に・・(相談者)

育ててもらうという形を、とってたんですけれども・・(相談者)
ああ・・(今井通子)

ええ、でも・・わたしも・・すごくそれは・・(相談者)

あのぅ・・相手方を見てて・・(相談者)

ちょっと、不安・・だったもんですから・・(相談者)
はぁい。(今井通子)
わたしが、あのぅ・・(相談者)

養子として・・(相談者)

孫を・・(相談者)

ええ・・(相談者)
あっ・・(今井通子)
迎えたんです。(相談者)
そういう・・ことなの?(今井通子)
はぁい。(相談者)

っていうことは・・(今井通子)

お孫さんは、あなたの・・(今井通子)

ぁ、お子さんになってるわけね?(今井通子)
はい、そうです。(相談者)

ぇ・・そうすると・・あなたと・・(今井通子)
はい。(相談者)

お嬢さんと・・(今井通子)
はい。(相談者)

ご養子のお嬢さんと・・(今井通子)
はい。(相談者)

三人で暮らしていたのは・・(今井通子)
ええ・・(相談者)

ずっと?(今井通子)
・・
いえ。(相談者)

娘は・・(相談者)
うん。(今井通子)
あのぅ・・一人で、暮らしてました。(相談者)

別で・・ばい・・別に・・(相談者)
ああ、そうなの?(今井通子)
はぁい。(相談者)

じゃ、お孫さんが一緒に居たっていうこと?(今井通子)
ええ・・わたしと孫と・・(相談者)

母と三人で暮らしてました。(相談者)

そして娘は・・別に、生活してました。(相談者)

じゃあ、お嬢さん、もう全然、外へ出ちゃってて・・(今井通子)
ええ。(相談者)

でぇ、お孫さんを、育ててないんですか?(今井通子)
ないんです。(相談者)

あの、9歳からは・・(相談者)

ふぅーーーん・・(今井通子)
ええ。(相談者)

まぁ、わたし・・ま、隠れてではないんでしょうけども・・(相談者)
うん。(今井通子)
あのぅ・・(相談者)

ちょっと、孫の・・(相談者)

机を整理してましたら・・(相談者)

結構・・(相談者)

手紙のやり取りは、してたみたいです。(相談者)
うん・・(今井通子)
それから、途中からは・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

年末に帰ってきたりとか・・(相談者)

はい。(今井通子)
主人の・・法事の時には・・(相談者)

来たり・・(相談者)

とか、そういうことは・・ありました。(相談者)
ふふふふん。(今井通子)

・・

・・

・・

でぇ・・(今井通子)

その・・お孫さんの方は・・(今井通子)
はぁい。(相談者)

もう、21歳だと、大人にはなっているけど・・(今井通子)

ええ。(相談者)

まぁ、中学、高校卒業して・・(相談者)
ええ・・あの、専門学校・・行きまして・・(相談者)
専・・(今井通子)

ええ・・(今井通子)

そしてぇ・・(相談者)

ちょっとあのぅ・・(相談者)

資格・・(相談者)

を・・(相談者)

取るんだったんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

それに、ちょっと・・失敗しまして・・(相談者)
あら?(今井通子)

それでぇ・・わたしは・・(相談者)

もう一年・・(相談者)

はい。(今井通子)

頑張って・・みたら・・という声をかけたんですけれども・・(相談者)
はい。(今井通子)

向こうは、たぶんそれが・・(相談者)

ウーーン・・(相談者)

嫌だったんでしょうか?(相談者)

本人に・・(相談者)

したらもう・・(相談者)

その時はもう、20・・2になるから・・(相談者)

もう、独立して・・(相談者)

自分の・・(相談者)

道を見つけるということで・・(相談者)

あのぅ・・いたんですよ。(相談者)

・・

スゥ・・(相談者)

それでぇ・・(相談者)

募集が、来てまして・・(相談者)

それで、資格がなくても・・そちらで・・まぁ、あの採用してくれるということで・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

そっちの方に・・(相談者)

行ったんですよ。(相談者)

・・

なるほどねぇ・・(今井通子)
ええ・・(相談者)

・・

でぇ・・(今井通子)

ただし・・(今井通子)

お嬢さんが、今、どこに住んでるのかは、わかってるんでしょう?(今井通子)

まぁ、たぶん・・そのぅ・・荷物を送った先が・・(相談者)

今、居る先だと思ってます。(相談者)

うん。(今井通子)

ええ・・ただ、電話ば・・電話は・・わかりません。(相談者)

うん・・(今井通子)

ええ・・(相談者)
でぇ・・(今井通子)

その荷物っていうのは、お孫さんの荷物って言ったんですか?(今井通子)
そうなんです。(相談者)

っていうことは逆に言うと・・お孫さんとお嬢さんは繋がってるわけですよね?(今井通子)
うん、たぶん、そうだと思います。(相談者)

・・

・・

それだって・・(今井通子)

お孫さんは、お嬢さんに、ほとんど育てられてないわけじゃないですか?(今井通子)
はぁい。(相談者)

でも・・お嬢さんとお孫さんは繋がってる?(今井通子)

ええ・・(相談者)
うん・・(今井通子)

なるほど・・(今井通子)

・・

・・

・・

それでぇ・・結局・・あなたとしては・・(今井通子)

そのぅ・・(今井通子)

お孫さんが心配なの?(今井通子)
・・
それとも・・(今井通子)

お嬢さんや、お孫さんが、居なくなって、寂しいんだけど、一人で生きていかなきゃならないってことが・・大変なの?(今井通子)

いや、出て行き方が・・(相談者)

もう、なんとも納得・・できないんですよね。(相談者)

黙って行っちゃったから?(今井通子)
ええ・・もう、置き手紙一つで・・(相談者)

鍵を置いて・・(相談者)

・・

置き手紙は・・したのね?・・でも。(今井通子)
ええ・・(相談者)

ただぁ・・「ありがとうございました」・・っていうことで・・(相談者)

うん。(今井通子)

あのぅ・・あとは・・(相談者)

「自分のことは、自分でします」っていう形で・・(相談者)

・・

書いて、行ってしまったんですよ。(相談者)

なるほど。(今井通子)

・・

・・

・・

・・

でぇ・・それ・・の、答えが欲しい?(今井通子)

そうですね。(相談者)

何故か?・・っていう?(今井通子)

ええ。(相談者)

・・

・・

なるほど・・(今井通子)

今日はですねぇ、精神科医の・・高橋龍太郎先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。(今井通子)
はい。(相談者)
先生、よろしくお願い致します。(今井通子)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  結局 お寂しいのですね、 お孫さんは あまり かまって 欲しくないのですね
    困りました。

  2. この相談者さん、自分の考えを強引に孫に押し付けようとしたんじゃないでしょうか?
    孫にしてみれば、このお祖母ちゃんに何を言っても理解しようとしてくれないから、もう言うだけ無駄ってことで「今までありがとうございました」とだけ書き残したのではないか?という気がします。
    なぜ出て行ったのか理由を知りたいとおっしゃってますけど、孫にしてみればさんざん言った挙句のことかも。

    いずれにしても子供が成長して巣立ってゆくのは世のならい。時期が来たら手放してやるのが親心でしょう。

この記事にはコメントできません。