テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月5日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。32歳女性から、30歳の彼から2年前にプロポーズをされるも、彼の両親から反対され、1ヶ月ほど前、彼から結婚できない、別れようと言われる。答えを出せないので電話した。彼の兄は引き籠りで親が彼に執着、相談者も一人っ子で自立できていない。
加藤諦三氏の〆の言葉『心のトラブルは、人間関係を通して現れます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:32歳女性 両親と一緒に住んでいる 父60歳 母56歳 婚約者30歳

もしもし?(加藤諦三)

はいもしもし?(相談者)
はいテレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あっ、よろしくお願いします。(相談者)
はぁい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい、32歳です。(相談者)
30・・2歳、結婚してます?独身ですか?(加藤諦三)

独身です。(相談者)
でぇ・・(加藤諦三)

今、お父さんお母さんと一緒に住んでるの?(加藤諦三)

はい。(相談者)

お父さん・・と、お母さん何歳ですか?(加藤諦三)

父が・・(相談者)

えーっと、60で・・(相談者)
ええ・・(加藤諦三)
は、母が・・50・・6です。(相談者)

はぁい・・(加藤諦三)

でぇ、あなた一人っ子?(加藤諦三)

はいそうです。(相談者)
はいわかりました、それでぇ・・どんな相談ですか?(加藤諦三)

婚約中・・の・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
彼がいるんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・相手のご両親の反対で・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・結婚ができなくて。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ、プロポーズしてもらってから2年経つんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・先月、彼に・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あ、もう・・親を説得する自信がなくなった・・っていうことと。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

まぁ、わたしがまぁ・・(相談者)

32なのでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
まぁ・・あのぅ・・出産とかを考えると・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もうこれ以上・・(相談者)

待たせれないから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

難しい思うっていうことを言われて。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うーん、それを・・受け入れるべきか、なんか違う・・解決方法がないかと思って・・(相談者)

はぁい・・わかりました。(加藤諦三)
はぁい・・お電話しました。(相談者)
それでその婚約中の彼が・・(加藤諦三)

もう両親が反対してるっていうのは、反対の理由っていうのはなんですか?(加藤諦三)

彼の地元が地方で、遠いんですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ彼の・・お母さんが、彼が次男なんですけれども、あのぅ、実家に帰ってきてほしくって。(相談者)

お兄さんが引きこもりっていうのもあって・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
ま、そういうのもあって次男に凄く・・すがっている・・(相談者)

っていうのと。(相談者)
うん。(加藤諦三)

わたしが一人っ子で、兄弟が居ないので、もし、結婚したら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

取られちゃうんじゃないかという・・懸念をされているんだと思います。(相談者)
あっ、取られちゃうんじゃないかっていうのは・・要するに・・(加藤諦三)

彼の方が・・あなたの・・(加藤諦三)

親族の方にどんどん傾いてきちゃって・・ということ・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

ですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)

あのご両親のこの次男に対する執着は、もの凄いん・・(加藤諦三)

ですねぇ?(加藤諦三)

そう・・ですねぇ、あのぅ・・本人も可哀想なぐらいでぇ・・(相談者)

うん・・なんかちょっと、わたしも、なんて言ってあげたらいいかわからないぐらいすごい・・です。(相談者)

凄いですよねぇ・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

だからもう・・お兄さん・・に対する、執着が、もの凄かったんでしょうね。(加藤諦三)

ああ・・(相談者)
それでそのお兄さんが、引きこもりになっちゃって、次にすべての期待が次男に来たと。(加藤諦三)

そう・・そうですね。(相談者)

らから、家の嫁に・・(加藤諦三)

来て欲しいということなんでしょうね。(加藤諦三)

そうです、わたし・・が、まぁ、そのぅ・・彼の・・(相談者)

実家に入って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そのまぁ・・(相談者)

お兄さんの面倒も看て・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ご両親の面倒も看て・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
っていうことを・・(相談者)

あのぅ、お母さんは、望んでみえるん・・だと思います。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

望んで・・(加藤諦三)
みえる・・(相談者)
その願望に、しがみついて生きてるという・・(加藤諦三)

ああ・・(相談者)

はい。(相談者)
ことでしょうねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ん、だから、この願望を捨てるわけには・・(加藤諦三)

いかないという・・(加藤諦三)

ことなんです。(加藤諦三)
うん・・(相談者)
でぇ・・(加藤諦三)

彼は何歳?今?(加藤諦三)

30です。(相談者)

彼は30・・うん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

両親は捨てて・・(加藤諦三)

わたしと・・一緒になってくれというような、説得はしなかったわけ?(加藤諦三)

だからわたしも・・それはちょっと言えなくって。(相談者)

彼が言ってくれる分にはいいんですけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
わたしが言うのは、ちょっと・・(相談者)

なんか・・(相談者)

り・・うん、違うなぁと思ったんでぇ・・(相談者)
うん、なんか・・(加藤諦三)

うーん・・(相談者)
自分がすごい、自己中心的で、利己主義者・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
のような感じがするんでしょう?(加藤諦三)

はぁい、なんか・・(相談者)
あなたは・・(加藤諦三)

本気で・・好きなの?(加藤諦三)

好きなんですけれども・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
そのぅ・・彼の両親・・に対する想いとか・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

親を捨ててまで一緒になれないっていう・・(相談者)

気持ちも、そのぅ・・(相談者)

自分も一人っ子なのでぇ・・(相談者)

昔からその親に対する責任・・責任感とか、そういうのも・・(相談者)

なんとなくそのぅ・・(相談者)

彼の思うところと・・(相談者)

気持ちがわかるところがあるんでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
もう諦めなきゃいけないのかなぁ・・っていうその、気持ちで今すごく・・葛藤してます。(相談者)

でぇ、おそらくあなたも彼も、両親を捨てるという・・(加藤諦三)

考え方なんでしょうねぇ。(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)

だけどこれ・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
両親を捨てることになるかしら?(加藤諦三)

・・

・・

うん・・(相談者)

・・

人が幸せになるっていうことは、どういうことなのかなぁっていう事を、ちょっと考えてもらいたいと思うんですよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)
今の彼の、両親の考え方生き方でぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
彼のご両親が幸せになれるだろうか?っていうこと。(加藤諦三)

・・

・・

うん、なれないと思います。(相談者)

なれな・・いですよねぇ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

そこはすごく、ずーっと、うん・・(相談者)

あの疑問でぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

うん、彼が、そのぅ・・わたしと今、別れて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
おやごさん(「親御さん」音声が切れてるけど、たぶんこう言った)の意見に従っていくのが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

それが、本当に幸せかっていうのが(半泣)・・(相談者)

自分がわからなく(半泣)・・(相談者)

うん、ダメなんじゃないかと思って・・(相談者)
ダメなんじゃないか・・っていう**・・(加藤諦三)

彼が幸せに・・(加藤諦三)

なれないと思うんですよ。(相談者)
なれないと思うでしょう?(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)
はいだから今・・(相談者)

はい、別れちゃいけないって思うんですよ。(相談者)

でぇ、彼の両親はどうです?(加藤諦三)

彼の両親、幸せなれると思います?(加藤諦三)

ええっ?(相談者)

非常にに難しい問題だと思うんですよ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
幸せとは何か?・・っていうね。(加藤諦三)

はぁい・・(相談者)
今日のあなたの相談っていうのは・・(加藤諦三)

説得・・に、自信がないと彼が、言ったのでぇ・・(加藤諦三)
・・
うん・・(相談者)

もう別れようかと思ってるけど、今ひとつ踏ん切りがつかない。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
ど、どうしたらいいんでしょう?ってことですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
はぁいわかりました。(加藤諦三)

今日はあの、心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この問題の根底には、子離れできない親、親離れできない子供といった構造がある。

    それにプラス、「家」を継ぐとか家名を存続させたいとか、仏壇やお墓の継承とかまでが絡まってくる。
    もう21世紀なのになあ、と思いますね。

    個の確立ができるかどうかでしょう。

  2. 32歳・・・まだまだ可能性がある年代なのにねぇ(苦笑)
    もっと冷静になられた方が・・・
    でもこういう人って一度失敗しないと判らないのかも。
    恋は盲目って奴ですかね。

この記事にはコメントできません。