テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月10日(木)は、柴田理恵&高橋龍太郎。妻の不倫が発覚。妻は再婚で二十年前、結婚してると知らず不倫関係だった相談者。自分の至らなさが原因で、妻を許しやり直したいと提案。しかし、自分の感情のコントロールはできず、毎日毎日が苦しくて動揺している。離婚して子供を育てるという気持ちが浮かんでは消えてという毎日。この気持ちのまま、本当にやり直していけるのだろうか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:57歳男性 妻50歳(バツイチ) 子供三人 長女(大学2年生) 長男(高校2年生) 次女(小学4年生) 20年前に不倫と知らず妻と付き合っていた

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

あっ・・(相談者)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
はい。(柴田理恵)

今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)
あっ・・(相談者)

えーっと・・家内の・・あのぅ・・不倫について・・の、ことなんですが。(相談者)
ああ・・あなた今おいくつですか?(柴田理恵)

え・・57歳です。(相談者)
57歳・・(柴田理恵)

奥さんは?(柴田理恵)

ぇ、50歳です。(相談者)
50歳・・お子さんはいらっしゃるんですか?(柴田理恵)

はい、三人おります。(相談者)

えっと、上から・・(柴田理恵)
長女が、はい・・長女が大学二年生。(相談者)
大学二年生・・はい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

ぇ、長男が、高校二年生。(相談者)
・・
はい。(柴田理恵)

次女が、ぇ・・小学校四年生です。(相談者)
ぁぁ・・はい。(柴田理恵)

不倫って、どういうことですか?(柴田理恵)

とあるサークルに家内が・・わたし、知らなかったんですが・・あのぅ、サークルに加入して、そこで知り合った・・(相談者)

おとこ・・ですね、相手は。(相談者)
はあぁぁ・・(柴田理恵)

ハイ。(相談者)

それはどうして、わかったんですか?(柴田理恵)
ええ・・(相談者)

えーっと・・わたしは、あの、自営業でやっておりまして、それとは別に、あのぅ・・(相談者)

ぇ・・深夜営業してる商店を、家内が、経営しておりまして・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

店の方で、ちょっとしたトラブルが、三ヶ月・・ほど前に、ありまして・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
でぇ・・その時間・・あの、勤務してる・・アルバイト店員から、うちに電話があってですね。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

「どこにいますか?」という・・(相談者)

電話が入ったんですが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・「店のほうに行ってるはずだ」っていう・・ことを、せ・・店の方に、行ったんですが・・やはり家内はいなくて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
連絡もその間(かん)、何回も・・携帯の方、かけたんですが・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
全然通じなくて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
でぇ、警察・・なんかも来てもらって・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
でぇ、事態が収拾しかけたころ、向こうから電話が入って・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
でぇ・・まぁ、「どこに行ってたんだ?」と・・いうこと言ったら、「遊んでた」と。(相談者)

うん・・(柴田理恵)

いう・・ことでぇ、まぁ、「とにかく来てくれ」という・・話・・をしてて、まぁ、そのぅ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

警察帰った後に、話を聞いたら、まぁ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ・・男と会ってたと。(相談者)

ふぅーん・・(柴田理恵)

でぇ、「どういう関係なのか?」と。(相談者)

うん・・(柴田理恵)
いう・・ことまで聞いたらまぁ・・「そういう関係だ」と。(相談者)
うんうん。(柴田理恵)

本人が・・言って、まぁ・・(相談者)

「離婚をしたいから」・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あの、わたしと、「離婚をしたいから」・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・「不倫してるんだ」と。(相談者)

うーーん、えっ?(柴田理恵)

離婚したいから、不倫してる?(柴田理恵)

ええ。(相談者)

どういうことですか?その・・(柴田理恵)

まぁ・・そういう関係に・・なってしまえば・・(相談者)
・・
勇気も出るし。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
背中を押してもらうような・・(相談者)

うん・・(柴田理恵)
それからなによりも、そのぅ・・(相談者)
・・
自分が・・(相談者)

経営してる店で・・(相談者)

でた利益は、家計に入れたくなかったと。(相談者)

ほう。(柴田理恵)
でぇ、自分の好きなように使いたかったと。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
でぇ、尚且つ、そのまぁ・・(相談者)

日常生活では感じ・・(相談者)

ることのない、そのぅ・・例えば・・(相談者)

家内を認め・・てくれるような発言・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
要するに、慰められたかったと。(相談者)

ふん。(柴田理恵)
うーーん・・(相談者)

そういう・・(相談者)

ことを言いました。(相談者)

向こうには、バレた・・っていうことはわかっているんですか?・・向こうは?(柴田理恵)
わかってます。(相談者)

もう、自分は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

そんな所も行ってないし・・(相談者)

家内とも会ってないと。(相談者)

うちの家内が、わたくしと離婚したいがために・・(相談者)
・・
自分と、不倫関係にあったと・・(相談者)

・・

言ってるだけで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
自分は、そんな家内と、そんなとこへも行ったことないし・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
会ってもおらんと。(相談者)

ああ、じゃあ、男は・・(柴田理恵)

ええ。(相談者)
不倫関係を、認めてないわけですか?(柴田理恵)

認めてな・・い、ようです、はい。(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)
と、わたしには言います。(相談者)

・・

奥さんだけが不倫してるって言ってるんですね?(柴田理恵)
そうです。(相談者)
だから・・奥さんはそのことに、ショックは受けてないんですね?(柴田理恵)

だってさ・・好きだから・・(柴田理恵)

自分の店放り出してでも・・(柴田理恵)

男と会ってた訳でしょう?(柴田理恵)

ええ、ええ・・(相談者)
そういう・・ことしてたわけでしょう?(柴田理恵)
ええ、ええ・・(相談者)

っていうこと、わたしが・・言う・・家内に、言ったところ、「好きにもなってない」と。(相談者)

・・

あれ?(柴田理恵)

好きでもない?(柴田理恵)
まぁ、わたくしに言う・・あの、説明ですが・・好きになったわけじゃない・・と。(相談者)

はぁい。(柴田理恵)
ただ・・そいう相手が欲しかっただけだと。(相談者)

・・

セックスする相手ですか?(柴田理恵)

そういうことでしょうねぇ。(相談者)

わたくしから、そのぅ・・今回のことっていうのは・・わたくしの今まで、この二十年間、至らなかった部分・・に対して、神様が、ば・・わたくしに罰を与えたんだろうと。(相談者)

そう・・わたしは考えて・・(相談者)

きっぱり縁を切ってくれるなら・・そのぅ・・わたしも・・あのぅ・・(相談者)

日常的に、いろんなことを・・やって、その、努力するから、やり直していこう・・という提案を、致しました。(相談者)

その提案・・(相談者)

に、まぁ、一応、家内は乗ってる・・ような状況でぇ・・(相談者)
えっ?(柴田理恵)
そのぅ・・(相談者)
ま、ちょっと待ってくださいね、あなたは今・・(柴田理恵)
ええ。(相談者)
全部、許して・・(柴田理恵)

ええ。(相談者)

それで、このまんま・・に、いよう・・っていうふうに・・(柴田理恵)

・・

・・

提案したんですか?(柴田理恵)

はぁい。(相談者)

神様みたいな・・(柴田理恵)

・・

いや・・(相談者)
人ですねぇ。(柴田理恵)

ことが発覚してからわたくしに対する非難を・・ものすごく、あのぅ・・(相談者)

なんて言うんですかねぇ・・言いました家内は。(相談者)
ふん。(柴田理恵)

あれも気に入らない、これも気に入らない。(相談者)
うん。(柴田理恵)

ただ、その中には誤解もあるし、そのぅ・・そんな事実じゃないことも、思い込みで言ってることもあったんですが・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そういうことなんかも非常にショックだったんですが。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

それも何もかも全て・・そのぅ・・そ・・のようにさせてしまってたのは、自分かな?なぜこんな風に考えたかといいますと・・(相談者)

実は、わたくしと家内との結婚っていうのは、家内にとって、は・・あのぅ・・初めてではなくって・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

二度目の結婚になったわけなんです。(相談者)

でぇ・・(相談者)
奥さんはニ度目の結婚なんですか?(柴田理恵)

わたくしとが・・はい。(相談者)
はあ・・(柴田理恵)
わたくしと知り合ったときには・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
実は婚姻関係に家内はまだあったんです。(相談者)

でぇ、それをわたくしは知らずに・・(相談者)

付き合って、しまっていて・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

それでぇ、そのぅ・・わたくしが・・そのことを知ったのは、もう、ホントに・・(相談者)

あのぅ・・離婚届を出す、直前・・に、知ったんです。(相談者)

はあぁぁぁ・・(柴田理恵)

だから、家内は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
今回の・・不倫っていうのは・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
実は、同じことを、二十年前と同じことを、また・・(相談者)

やってることになるわけなんですねぇ。(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)

果たして家内は、わたし・・と、同じような・・気持ちで、やり直していこうと思っているのか・・(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)
そこら辺もわかりませんし・・毎日、毎日が・・(相談者)

自分の感情っていうのを、コントロールできなくって・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そのご立派・・な、提案をした・・くせに・・(相談者)

そのぅ・・毎日、毎日・・が・・(相談者)

地獄なんですね。(相談者)
うん。(柴田理恵)

今日、ご相談したかったのは・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そのぅ、自分をどうコントロールしたらいいのか?(相談者)
うんうん、うんうん・・(柴田理恵)
もう、どんなふうに考えたら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ホントに、やり直して・・(相談者)

いけるのか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

そこら辺・・アドバイスしていただきたくて、お電話しました。(相談者)

あなたの気持ちとしては・・やり直したいっていう気持ちは大きいわけですか?(柴田理恵)

・・

はい。(相談者)

うん・・(柴田理恵)

別れたいとか、もう、こう・・(柴田理恵)

もう、こんな女、もういいから・・(柴田理恵)

自分で子供を育てていくっていう手もありますよねぇ?(柴田理恵)

そうですねぇ。(相談者)
そうではなく・・(柴田理恵)
そう・・(相談者)

いや・・(柴田理恵)
その気持ちも・・(相談者)

あのぅ・・毎日・・あの、浮かんでは・・(相談者)

消えて・・(相談者)
消えるわけですか?(柴田理恵)

ええ。(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)

わかりました。(柴田理恵)

じゃあ、ちょっと今のそのお気持ちそのままに・・あのぅ・・先生に、相談してみましょう。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
えっと、今日の回答者の先生は・・精神科医の高橋龍太郎先生です。(柴田理恵)
あっ・・はぁい。(相談者)
先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. どうして決断できないんだろうねえ?
    もう少し頑張ってみるって?そんなの見込み無いよ。
    無駄に苦しみを伸ばすだけ。
    歯がゆいなあ。

  2. 子供にもバレてるし、何でここまで・・・
    長男の行動にかなり問題が有るのもこのせいじゃないですか
    ちょっと気楽過ぎませんかねぇ?
    相当前から夫婦関係が冷え切ってると推察されますが、一番下は
    まだ小四って何だかね

  3. 妻の心を取り戻すのは到底無理! 妻は 24時間営業のコンビニでも経営してるのかな? 非常連絡先を自宅の電話にしたのが大間違い なのか それとも わざとばれるように していたのか(・・?

     いずれにせよ 今後この妻とは 上手く家庭が回ってゆきませんねぇ(・・?
     子供たちが最大の犠牲者ですが ご相談者が親権を おとりになれることを切望します。

  4. この相談は本当にこのまま受け取ってよいものなのでしょうか…。
    離婚したくない割りには出てくる言葉は奥さん悪口(!?)ばかり。子供たちもお父さんの味方でお母さんを軽蔑。
    でも離婚したくなくて苦しい…。それだけ聞くと旦那さんがすごくいい人で可哀相なんだけど、なんか腑に落ちないのは穿った見方なのでしょうかねぇ。しっくり行かなくてはじめてコメントしてしまいました!

    • のぼこん さんへ
      ここの相談ってそもそも編集されてるそうですし、相談者の主観で語れるから幾らでも自分に都合よく脚色出来ますから(苦笑)
      中々判断が難しいです。

  5. 不安なのでしょうね・・・奥さんと離れるのが。
    こういった方だから、そういった女性と一緒になったのでしょう。
    引きずられる感じで。

    柴田さんが途中で口挟んだのも納得。
    なんかね~もっと潔くなりましょうよ、きれいごと言ってないでさ。

    なるようにしかならない。
    奥さんは変わらない。

    子供さんについてゆけばいいのでしょうね。
    子供さんの決断に。

  6. 子供達にもバレているのなら、妻は子供達から嫌悪感や軽蔑の視線を感じていないのでしょうか?自分が不倫したことを棚に上げて何でもかんでも、人のせいにして自己中の典型的な例ですね…。そういう妻は排除して家族4人で穏やかな生活を送って頂きたいですね…。

この記事にはコメントできません。