テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

大原敬子アドバイス

こんにちは。(大原敬子)
あ、こんにちは、よろしくお願いします。(相談者)
いや、あのね・・(大原敬子)

はい?(相談者)
これ・・(大原敬子)

コミュニケーション

あなた、お父さんと、お母さん、いい人ですよ。(大原敬子)

はあ?(相談者)
まずこれ、頭に入れておいて欲しいの。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
で、あなたは、終始一貫して・・(大原敬子)

お父さんと、お母さんに・・(大原敬子)

関心を持って欲しかったの。(大原敬子)

そうです。(相談者)
それが、この歳まで、来ちゃったの。(大原敬子)
はい。(相談者)

で、お父さん、お母さんが、いい人っていうか、一般的な、親ですよ・・ってこと、言いますね。(大原敬子)
はい。(相談者)

まず、お母さんが、あなたに言った事だけを、事実を・・取り上げて・・(大原敬子)
はい。(相談者)
あの、話しますとね。(大原敬子)
はい。(相談者)

お母さんは、まず・・お尻を叩くと。(大原敬子)

お尻を叩く、親っていうのは・・(大原敬子)

子供に対して・・(大原敬子)

必死の時に、やるんですよ。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

お尻は・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

だけど、幼児期ですと・・思うんですね、お尻を叩くっていうのは。(大原敬子)
はい。(相談者)
その時は・・あなたがどうしても・・ひ、非常に、いい意味での・・(大原敬子)

なんて言うんでしょうかねぇ・・?(大原敬子)

扱いにくい子に、産まれたんだと思うんです。(大原敬子)
・・
そうです。(相談者)

そうでしょう?(大原敬子)
はい・・あのぅ・・(相談者)
で・・(大原敬子)

感情の起伏、激しいとか・・(相談者)
だと、思います。(大原敬子)
頑固って、言われてますから・・(相談者)
・・
そうでしょう?(大原敬子)
はい。(相談者)
・・
で、それなぜか?・・っていうと・・どっかで・・(相談者)

年子ですから・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
あのぅ・・お姉ちゃんばっかり、僕にも見て欲しいっていう・・ある意味で、繊細さが、あるんですねぇ。(大原敬子)
うん、繊細さがある・・(相談者)
・・
ところが、お母さんにとっては・・(大原敬子)
・・
もう、ほんとに、扱いにくい・・それ、一番いい例が・・(大原敬子)
はい。(相談者)

あなたが非常に・・(大原敬子)

自分勝手な・・(大原敬子)

行動すること、二つあるんです。(大原敬子)

はい。(相談者)

一つはね・・(大原敬子)

お母さんが、夜中に出しちゃったと。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

・・・

その時に・・(大原敬子)

君は、どうしたの?・・って言われたら・・(大原敬子)

車の中に入ったって言いましたね?(大原敬子)
はい。(相談者)

親にとっては、これは、どうにもなんないんですよ。(大原敬子)

ドア叩いてね・・「お母さん、ごめんなさい」とかね。(大原敬子)

コミュニケーションあれば、親はなんとかできるんですけども・・(大原敬子)
はい。(相談者)

あなた、「あっ、そうか・・」「怒ってんなぁ」「まぁ、いいわ、いいわ」と、思いながら・・(大原敬子)

ふらぁ~っと、庭に出て・・(大原敬子)

車、行ったら、車、開いてた。(大原敬子)

じゃあ、これで、寝ちゃえって・・形なんです。(大原敬子)

はい。(相談者)
だから・・(大原敬子)

コミ・・コミュニケーションが、できないんです、あなたとは。(大原敬子)

うん、そうだと思います。(相談者)
その、もう一つの例がですねぇ・・(大原敬子)
・・
特徴が・・(大原敬子)

お姉ちゃんが、怒ると・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

そうすると、お姉さんは、お母さんに行って、食ってかかるって。(大原敬子)

はい。(相談者)
これは・・人間関係で・・(大原敬子)
はい。(相談者)

怒った時に、感情、そのまま、返ってくるってことは・・(大原敬子)

コミュニケーションは、出来てるんです。(大原敬子)

・・

ただ、あなたの場合は・・(大原敬子)

僕は、怒ったら・・(大原敬子)

黙ってしまう。(大原敬子)

・・・

黙ってしまったら、相手は、何も言わないですよね?(大原敬子)

そうです・・ね。(相談者)

こういうタイプの人っていうのは、どういう心理かというと・・(大原敬子)

黙ってると・・(大原敬子)

相手が、イライラしてきますねぇ?(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

「何か、言ったらどうなの?」とも、言わないんですから。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

それを見て、小気味いいってことは・・(大原敬子)

相手にからむ・・(大原敬子)

・・・

わかりますか?(大原敬子)

はい。(相談者)
すねるっていう・・(大原敬子)

感情が、あるってことです。(大原敬子)
はい。(相談者)
でぇ・・(大原敬子)

からむと、すねるの感情の・・(大原敬子)

その、もっと行きつく先は・・(大原敬子)

もっと、僕を見て・・(大原敬子)

僕をもっと、承認してっていう、気持ちが、強いってことなんです。(大原敬子)

強いですね。(相談者)

からむっていうのは、コミュニケーションできない人の時に・・(大原敬子)

からむとか、すねるってことで・・(大原敬子)

自分に注目を浴びたいって時に・・(大原敬子)
・・
それしかなかったってことです。(大原敬子)

うん、確かに。(相談者)
わかります?(大原敬子)

わかる?(大原敬子)
からむし、すねますよ、すごく。(相談者)
うん?(大原敬子)
・・
からむし・・すねます。(相談者)

不器用な感情のズレ

ねえ。(大原敬子)
凄く・・凄く、からむし、凄い、すねます、はい。(相談者)
そうです、そう・・(大原敬子)
はい。(相談者)
そのぐらいに・・お父さん、お母さん、僕は、寂しかったんだ・・と、言いたかったんです。(大原敬子)
・・
そうです、寂しいです。(相談者)

ところがね・・お父さん、お母さんは、それ、理解できないんです。(大原敬子)

うん。(相談者)
どうしてこの子は?・・って思ってるんです。(大原敬子)
そうです。(相談者)

・・・

わかりますか?(大原敬子)
はい。(相談者)

だから、あなたが幼児期の・・両親のこれ、虐待ではないです。(大原敬子)

それからね・・(大原敬子)

車の中に、入れたら・・もう、あの子の場合は、あなた、平気なんですよ。(大原敬子)
車・・外に出しても。(大原敬子)

ああ・・(相談者)
どっかで・・うふっ・・とにかく・・(大原敬子)

もう、悪さはする・・っていうかね、なんて言うのかしらね?(大原敬子)
・・
もう、勝手の世界で、たくましく生きてるんですけど・・(大原敬子)
・・
それ、たくましく生きてるんではなく・・って。(大原敬子)

自分の感情は、出せないってことなんです。(相談者)

うーん、ま、確かにそうです。(大原敬子)
ね、だから、謝まらせなんて、絶対に言うもんかと、思うんですねぇ。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

そうでしょう。(大原敬子)

でも、自分の中に、孤独感があって・・車を探したら、車のドアが、開いてたんですよ。(大原敬子)

で、寝ちゃえ・・って、寝てしまったんです。(大原敬子)

たぶん、ご両親、お母様は・・どっか、探したと思いますよ。(大原敬子)
・・
と、「あら?この子、寝てるわ」・・(大原敬子)

・・

どうしてこの子、一言・・(大原敬子)

「お母さん、ごめんなさい」とか・・言ってくれないのかしら?・・って、お母さん、求めてるわけですよ。(大原敬子)
ま、確かに、勝手口が開いてたから、そこから入ったら、良かったのに・・とは、言われましたね。(相談者)

うん。(大原敬子)

でしょうね。(大原敬子)
はい。(相談者)
でも、お母さんも・・(大原敬子)

・・・

「そっから、入ればよかったね」・・って、頑固なんですね。(大原敬子)

はい、そうです、確かに、そうです。(相談者)

だから、あなた、お母さんの血を・・わかりませんけども・・(大原敬子)

勝手口が、開けてあった・・(大原敬子)

もし、開けてあったってことが、何回もあったり・・(大原敬子)
・・
あなたが・・(大原敬子)

・・

あれ?このお母さん、すごく怒ってるけれども・・(大原敬子)

なんか、ご飯、食べるな・・っても・・例えばですよ。(大原敬子)
はい。(相談者)
食べちゃいけない・・って言われても。(大原敬子)

夜中に、こっそりと・・(大原敬子)

おにぎりが、置いてあったりした・・お母さんを、知ってれば・・(大原敬子)
・・
あなたは、勝手口から、入ったんです。(大原敬子)

ああ、そうかもしれないです、そういうことが、ないです。(相談者)
そういうことが、なかったから・・お母さんとすると、精一杯の、勝手口なんですよ。(大原敬子)
はい。(相談者)
・・
でもあなたは、ああ、もう、きっと出したんだ、あのお母さん。(大原敬子)

わかったよ・・ってことで、あなたは、車の中に、入ったんです。(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
このぐらいに、感情のズレが、あったってことです。(大原敬子)

まぁ、ま、そうでしょうね。(相談者)
ね、で、お母さんも・・不器用。(大原敬子)

うん、確かにそうです。(相談者)
あなたも、不器用だった。(大原敬子)
はい。(相談者)

わかる?(大原敬子)

はい。(相談者)

だから、それは、虐待ではないです。(大原敬子)
・・
ああ・・なるほど、確かにそうですね・・はい。(相談者)

で、今日の、お話の、最後なんですけども・・(大原敬子)

じゃあ、これから、どうしたらいいか?ってこと、あなた、言ってましたねぇ?(大原敬子)
はぁい。(相談者)
まず・・お父さんと、お母さんと・・(大原敬子)

コミュニケーションを、心掛けること。(大原敬子)
ああ・・(相談者)

自分の家は、まんざらじゃなかったと気付けば・・(大原敬子)
はぁい。(相談者)
人間は、前に行けるんですよねぇ。(大原敬子)
・・
ああ・・(相談者)
だから・・ほんとに幸せになって欲しいので・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)

自分の今まで・・自分も、やりたいことをやった。(大原敬子)

でも、これが、僕の・・(大原敬子)

親に対する、愛情の・・(大原敬子)

伝え方だった・・って。(大原敬子)

はい。(相談者)
でも・・親も、人間であるから・・(大原敬子)
・・
はい。(相談者)
たぶん、気付かなかったんだろうと。(大原敬子)

うん・・そ・・(相談者)
一つ、あなたが大人になって・・(大原敬子)

コミュニケーションをして欲しいと、思いますけども・・(大原敬子)

・・

はい。(相談者)

いいですか?(大原敬子)

はい・・はい。(相談者)
ねえ・・じゃあ、今井先生に、替わりますね。(大原敬子)
はい。(相談者)
先生・・(大原敬子)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. いやいや。これはやはり虐待です。
    たまたま車の中で過ごすことができたけど、行き場を失って彷徨った可能性だってあったと思いますよ。
    暗い夜道で事件や事故に遭うことだって考えられます。
    まともな親なら外の様子を窺っていて、適当なタイミングで家の中へ呼び戻すはずです。
    朝になるまで平気で放置できたなんて、母親としての神経がどうかしてます。
    この相談者さんが無事に成人できたのは、自分が置かれた現実を直視して、自分自身を誤魔化すことなく生きてきたからだと思いますよ。

    そろそろ過去の思いをこの母親にぶつけて修羅場を演じなければいけない時期に来てるんじゃないでしょうか。そうしなければ、いつまでも心の清算ができないでしょう。

  2. うーん、これは(笑)
    全部、自分から悪い事して怒られてるじゃん・・・叩くのが虐待ですか?
    外に出されたのだって、ちゃんと逃げ道が作って有る。本気なら締め出してるよ。
    多分、こうなるまで相当やらかしての結果ではないのか?自分の意思をうまく伝えられない、黙ってしまうって言うのはアスペルゲンガーに多い症状だけど・・・
    親御さんはキチンと治療させるべきだったのではないか。
    親に認められたいから悪さを繰り返す。これじゃ逆効果だよね。
    これじゃ対人関係も駄目だと思うし、話には出て無いけど恐らく無職でしょう。
    色々遅過ぎる気もするけど、まだ間に合う可能性も無い訳では無い。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA