テレフォン人生相談
今井通子・大迫恵美子

目次

スポンサーリンク

大迫恵美子アドバイス

はい、こんにちは。(大迫恵美子)
あ、こんにちは、お願いします。(相談者)
はい・・(大迫恵美子)

離婚原因にはあてはまらないが

えーっとですね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
まぁ、あのぅ、ちょっと突然の事なので・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

まあ、驚かれてるんだと思いますけれども・・(大迫恵美子)
ええ、はい・・はい。(相談者)

離婚の原因なんですけどね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

これはその、要するに、12年間騙されていたと・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
いうことなんですかね?(大迫恵美子)
そういうことですね、もう、間違いないですね。(相談者)
うん・・(大迫恵美子)

あのぅ、まぁ、それは・・うん・・あの、離婚・・が、できる・・かもしれないですよね、そのぅ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

まあ・・(大迫恵美子)

んん、なんて言ったら、いいんでしょう・・あの・・ま、奥さんが、ど・・どういう、ふうに出るのか?ということもありますけどね。(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

あの、奥さんが、例えば、まあ、もう、それならしょうがないわ、ということに、なれば、話し合いで、離婚になるでしょうし・・(大迫恵美子)
ええ、ええ。(相談者)

えー、まあ、嫌だと言った時に・・どういう方法で、離婚す・・に、持ち込むのかと・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)

という時にその・・12年前の話しがね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
要するに、結婚する前の、だん・・男性関係ですからね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

これはあのぅ・・必ずしも・・(大迫恵美子)

離婚原因じゃないので・・(大迫恵美子)

うん・・(相談者)

まあ、ただ、その子供の事を、黙っていたということが、どうなのか?という、問題ですよね。(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

で、それって結構、大事なアレですよね、離婚原因としては・・(相談者)

えっとね・・あのぅ、法律上の離婚原因にね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
ま、これにピッタリ、条文上、あてはまるものっていうのは・・まあ、ないのかもしれないですけど・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)

えー、まあ、その他、婚姻を継続し難い事情っていう・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)
条文があるのでね。(大迫恵美子)
ええ。(相談者)

それに、入るのかどうなのか・・という問題でしょうね。(大迫恵美子)
ああ・・そうなんですか、へぇ・・(相談者)
はい・・(大迫恵美子)

妻の裏切りと親権の話しは別

もう・・離婚する方向へ、どうしても、考えてるんですけど・・(相談者)
はい。(大迫恵美子)
親権が、どうしても・・一番心配なとこで・・(相談者)

あのね・・(大迫恵美子)
どう・・はい。(相談者)
あの、親権については・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)

えー、まあ、そのぅ、もっと、あの、いろいろ聞かないと、わからないんですけど・・(大迫恵美子)

うん。(相談者)
えっと、親権を・・ね、誰に渡すかっていうのは・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)

やはり、これからの、その、子供の生活が、どうなるかと・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
っていうことで、決めるんです。(大迫恵美子)

ああ、なるほど、はい。(相談者)
ええ。(大迫恵美子)

たとえばまあ、あなたにしてみればね・・その奥さんは、非常にその、重大な部分で、裏切ってきたんだから・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)

ま、そういう・・者にその、子供を育てる資格はない・・とかってね。(大迫恵美子)
はい、はい。(相談者)

ま、そういう発想が、あるのかもしれませんけど・・(大迫恵美子)
ええ、ええ、はい。(相談者)
あのぅ、それは、まったく関係ないんですね。(大迫恵美子)

ああ、そうですか、はい。(相談者)
ええ。(大迫恵美子)

たとえば、あの、奥さんが、今現在、誰かと、不貞関係を持ったことが・・って理由で、離婚になったとしますよね?(大迫恵美子)
ええ、はい。(相談者)

それでも、親権は、まったく違う判断ですから・・(大迫恵美子)

ああ・・そうなんですか?はい。(相談者)
ええ。(大迫恵美子)

あの、不貞をしていても・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)
その人が、親権者になるということは・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
まぁ、珍しくないことですよね。(相談者)
うん・・(相談者)

うーん、あのぅ、ほとんどの場合ね・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
ま、多くの場合、というべきでしょうけど・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)

やはり、どうしてもその、5歳、ぐらいだと、学齢、前だとですねぇ。(大迫恵美子)
はい。(相談者)

母親の方が、面倒をみる必要があるのではないか?という、判断をされることが、多いですよ。(大迫恵美子)
ああ、そうなんですか?(相談者)

杜撰な子育て計画

はい、あの、先ほどね、そのぅ・・お子さんを、みることは、問題ないって、おっしゃったんですけど・・(大迫恵美子)
うん、はい。(相談者)

それは、あの、ま、夜のお仕事、されてるってことですか?(大迫恵美子)
夜や、早朝ですね、はい。(相談者)

あ、早朝?(大迫恵美子)
ま、真夜中から、早朝までって感じです。(相談者)

そうするとね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
あのぅ、その夜の間は・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)

お子さん達は、お子さん達だけで、家に、ね、寝かせておくってことですか?(大迫恵美子)
寝かせておくか・・あとは、まあ、あの、友人なんかを、家・・で、その間、みてもらうっていう・・(相談者)

ことを、考えてるんですけど・・(相談者)

毎日ですか?(大迫恵美子)
ええ。(相談者)

でも、その・・(相談者)
えっと、同居するような人が、いるってことですか?(大迫恵美子)
ちょっと本人・・その方に、相談して、こういうことがあるんだけどって言ったら、じゃあ、俺が、面倒みてやるから、心・・まぁ、子供も、その人に、なついてるんで・・(相談者)
ええ。(大迫恵美子)

まあ、俺が、じゃあ、夜は面倒みるよってことで・・(相談者)

うん。(相談者)
うん、あのね・・そういうその、なんていうんですかね・・抽象的なね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

あの、困ったら、声かけてとか・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
な、なんかあったら、相談してみたいなことはね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ま、比較的いろんな・・人が、声かけてくれたりしますよね?(大迫恵美子)
ええ、はい。(相談者)

ただその・・子供育てるっていうのは、そういうね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
手が空いてる時に・・手を、だ、あのぅ、差し伸べるっていうようなことではなくて・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)

あの、毎日、毎日ね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
特にその・・いい時ばっかりじゃないのでね。(大迫恵美子)

うん、そうですね、ええ・・(相談者)
ええ、あのぅ・・子供、病気の時も、あるわけですし・・(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

たとえばそのぅ・・た、友人の方もね、何かあってね、大変な時もあるわけですけど・・(大迫恵美子)
うん、はい。(相談者)

今日は、やめとくってことが・・あるような人は、あてにならないわけですから・・(大迫恵美子)
ああ、はるほどね、はい。(相談者)

必ず、責任をもって・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
えー、みてくれる人がいないとね・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)

それ、難しいですよ?(大迫恵美子)
はあぁ・・そうなんですか?(相談者)

泣き寝入りなのか

なんか例えば、家庭裁判所でね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
誰が、親権者になるんですか?っていう時に・・(大迫恵美子)

はい。(相談者)
今、あなたが、おっしゃったようなことを、言ってね。(大迫恵美子)
うん。(相談者)

ま、夜は・・夜から早朝時は、自分は仕事出てるけど・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
その間・・その、自分の友人達がね・・あの、みてくれるんです、みたいな話しでは・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

ちょっとなかなか、その、親権を・・渡す判断としてね・・(大迫恵美子)
あ、そんなんは難しいと・・(相談者)
はぁい。(大迫恵美子)
ああ、なるほどね、う、うん・・(相談者)

要するに、その友人たちが、どう責任をとるのかね?(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

そこのところが、あのぅ・・はっきりしないですよね。(大迫恵美子)
ああ・・なるほど、そんとこねぇ、はい、はい。(相談者)

例えば、今回そういう事件があっても、子供をとられちゃった・・でも、離婚しましたっていったら、結局・・わたしはなんか、泣き寝入りみたいな感じに、なっちゃいますかね?(相談者)

うん、それも、泣き寝入りという表現が、合ってるかどうか、わかりませんけどね。(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

もちろんそれは、離婚するかしないかは、奥さんとの関係ですから・・(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

もう、耐えられないというのであればね・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)
それはもう、離婚するしか、ないですよねぇ?(大迫恵美子)
ええ、ええ。(相談者)

で、その結果、そのじゃあ、お子さん達を、今後どうするか?という、問題ですけど・・(相談者)
うん。(相談者)

それはまあ、あなたと、奥さんとの、関係の話しから、いきなりそのね・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)

なんて言うか、直接、延長線上で、親権が決まるわけじゃなくて・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)

あの、別れます、じゃあ、どっちが親権者にふさわしいでしょうか?と・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)

そこから、スタートして、考えていくわけですからね。(大迫恵美子)
ああぁ・・そうなんですか?(相談者)
ええ。(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

第三者が判断する親権

そうするとね、まあ、経済的には、基本的には、男の人の方が、まあ、お給料多い家が多いですよ。(大迫恵美子)
そうですねぇ。(相談者)
ええ。(相談者)

だけど、その経済的な面だけでね・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)
あのぅ、経済的に、力がある人に、子供を、あの、渡すっていう、基準はないので・・(大迫恵美子)

ああ・・そういう基準じゃ、ないってことね、ほう・・(相談者)
それ、お金の問題だったらね・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)

それ、養育費を払えばいいわけだし・・(大迫恵美子)
ほう・・(相談者)
それからまあ・・場合によっては、福祉だとかね・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)

そういうとこで、援助されていく、わけだけれども・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
一番、その、誰も援助できないのは・・直接的に、子供の面倒をみるっていうことですよ。(大迫恵美子)

極端な言い方すれば、5歳ぐらいのね、子供だと・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)

まあ、トイレに行った時にね・・お尻を拭いてあげるみたいなことが、まだ必要なのかもしれないですよね?(大迫恵美子)
ええ、はい。(相談者)

そういうことを、毎回、毎回、できなきゃいけないわけですよ。(大迫恵美子)
ええ、はい。(相談者)

それ、たとえば、あなたね・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)
いくら、信頼されてても・・男の友人に、させますか?(大迫恵美子)

ああ、そういうことですか・・うん・・(相談者)
はぁい。(大迫恵美子)

うーん、そうなんですか・・(相談者)

あの、やっぱり、そういうことをね、裁判所、不安に思いますよ。(大迫恵美子)
う、うん・・(相談者)

あのぅ、女の子・・とね、まあ、それはもちろん、あなたの友人で、信頼されてる方でしょうけどね・・(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

裁判所は、まあ、わからないわけですから・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)
そういう、環境、思い浮かべた時にね・・大丈夫なんだろうか?って思ってしまいますよね。(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

ですからまぁ、おそらくはですよ・・(大迫恵美子)
ええ。(相談者)
あの、まあ、こんな、あの、1回のご相談だけで、断定することはできませんけど・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

親権を、どっちにするか?っていう、話しではね・・(大迫恵美子)
うん。(相談者)
よっぽどの、あの、奥さんの方に、問題がなければ・・(大迫恵美子)
はい。(相談者)

5歳と、8歳のお子さんは・・おか、お母さんがみるってことに、なりそうな気がしますけどね。(大迫恵美子)
あ、なりそうですか?(相談者)
はぁい。(大迫恵美子)
うん・・(相談者)

いや、なんとか親権とりたいんだけど、今の話しだと・・難しそうですね。(相談者)

うーん、なんかちょっと、悔しいとこが、あるんですけど、あれですね・・もう一回、考えてみます。(相談者)

わかりました。(相談者)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 「血は水よりも濃い」とは言いますが
    この父親の言ってることを聞いていると
    血の繋がりは時として残酷だなと思いました。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA