テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

三石由起子アドバイス

はい、こんにちは。(三石)

こんにちは。(相談者)

あのまず・・言っとかなきゃいけないこと・・があって。(三石)
はい。(相談者)

後悔しない子育てとか。(三石)

はい。(相談者)

満足する子育てってないから・・世の中に。(三石)

はい。(相談者)
そういうものは、存在しないから・・(三石)

はい。(相談者)
そういうものが、ある・・っていうことを思わない方がいいと思いますよ。(三石)

甘えん坊の何が悪い

はぁい。(相談者)
うん、それとねぇ、あのぅ・・あなたは、子供とすごく仲が・・(三石)

良くて。(三石)

はぁい。(相談者)
いい事もたくさんあると、おっしゃったけど。(三石)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・仲良しで遊んでるとね。(三石)

はい。(相談者)
まぁ、あなたには・・(三石)

心地いいのかもしれないけど。(三石)

はい。(相談者)
あなた以上の子供にはならんよ。(三石)

はぁい。(相談者)
うん、それはわかっておいた方がいいと思う。(三石)

はい。(相談者)
うん・・それとねぇ・・甘えん坊だって・・(三石)

言ったけどね。(三石)

はい。(相談者)

甘えん坊って・・何が悪いの?(三石)

・・

・・

うーーーん・・(相談者)

・・

甘えん坊って、全然、悪いことじゃないよ。(三石)

はああ・・(相談者)
うん、だから甘えん坊だって非難されてる、ご主人に非難されてると思ってたら・・(三石)

あ、はぁい。(相談者)
あなたはそれ、誤解してるんだと思う、たぶん。(三石)

・・

はぁぁ・・(相談者)
甘えん坊自体は、全然、悪いことじゃないもの。(三石)

はぁい・・(相談者)
あのぅ・・例えばねぇ、自分のことを、自分でって・・(三石)

言ったけど。(三石)

はぁい。(相談者)
保育園に行ってたんだよねぇ?(三石)

はい。(相談者)
でぇ、自分のこと・・は、自分でって、例えばなんですか?(三石)

・・

・・

うん。(三石)
ええ・・っと・・(相談者)

あ、そのお風呂で体洗うとか・・(相談者)
うん、だってそれは・・出来るんでしょう、もう?(三石)
あのぅ・・あっ、はぁい・・(相談者)
うん。(三石)
でぇ、あとは・・朝、ちゃんと・・お、起きるとか・・(相談者)
朝起きるのはねぇ、高校生になっても出来ない。(三石)

あっ、そうですか?(相談者)
うん、だからそんなのは、起こしてやればいいよ。(三石)

うん・・(相談者)
うん・・(三石)
あとは、自分から勉強を、あの、宿題やろうと・・(相談者)
そんなの、そんなもん全然出来ない、大人になっても出来ない・・(三石)
あっ、そうですか(笑)・・(相談者)
自分から出来るなんて(笑)。(三石)
はぁい。(相談者)
うん。(三石)

理想の家事・子育てはない

はぁい。(相談者)
ただねぇ・・(三石)

ええっとねぇ・・(三石)

習い事とかさせたらどうですか?(三石)

あっ・・はぁい。(相談者)
例えば・・(三石)
はい。(相談者)
ええっと・・それは、勉強・・でもいいんだけど。(三石)

はい。(相談者)

あのぅ・・スポーツでもいいし。(三石)

はい。(相談者)
音楽でもいいし。(三石)

はい。(相談者)
そういうものが一つあると・・(三石)

はい。(相談者)
家事・・出来ない、言い訳にもなるよ。(三石)

あっ・・(相談者)

ああ、ああ、ああ、あはは(笑)・・(相談者)
だって、一つだってね。(三石)
はい。(相談者)
新しいことを・・(三石)

なんか遊び道具の新しいものを一つね。(三石)

はぁい。(相談者)
増やすくらいの感覚で、あなたがいなくちゃダメなのよ。(三石)

はぁい。(相談者)
なんでもね、子育てだ、家事だみたいなことを・・(三石)

はぁい。(相談者)
あなた・・が、たぶん、思ってる・・子育てとか、家事っていうのは・・(相談者)
はい。(相談者)
たぶん・・机上の空論であってぇ・・(三石)

はぁい。(相談者)
具体的なものが、何にもないんだと思う。(三石)

はぁい。(相談者)
理想の家事とか・・(三石)

はぁい。(相談者)
理想の子育てって、そういうもんないから。(三石)

自分で遊ぶ手段を増やす

はぁい。(相談者)
例えば、あなたの息子は・・電車と恐竜と、どっちが好きですか?(三石)

うん、どちらかと言えば、恐竜ですかね。(相談者)
うん、じゃあ、恐竜のものは、家(うち)に一杯あるの?(三石)

恐竜より、実はぬいぐるみが好きで、かわいいぬいぐるみが、すごく・・たくさん・・(相談者)
でぇ、ぬいぐるみは、いっぱいあるの?(三石)

いっぱいあります。(相談者)
それは動物のぬいぐるみなんですか?(三石)

あっ、そうですね。(相談者)
動物のぬいぐるみだったら・・(三石)

はぁい。(相談者)

それはねぇ、一つ一つみんな名前を付けるんだよ。(三石)

はぁい。(相談者)
名前を付けて・・(三石)

はぁい。(相談者)
どういう漢字にするか二人で考える。(三石)

はい。(相談者)
ねえ。(三石)

そのぅ・・名前を・・(三石)

名札をさぁ・・(三石)
はい。(相談者)
首からぶら下げたりして・・(三石)

はぁい。(相談者)
ねえ。(三石)

この漢字には、こんな意味がある、この漢字には、こんな意味があるみたいな・・(三石)

はぁい。(相談者)
ごっこ遊びってあるでしょう?(三石)

はぁい。(相談者)
遊びの中で、勉強させる方法っていっくらでもあるのね。(三石)

はぁい。(相談者)
うん、だから机に・・(三石)

座らせて・・(三石)

ひらがな書かせるとか、カタカナ・・書かせるって。(三石)

はい。(相談者)
その、苦痛なだけなんだから。(三石)

はぁい。(相談者)
あなたが・・(三石)

自分で、遊ぶ手段を・・(三石)

はい。(相談者)
増やしてやるような気でないと駄目なんですよ。(三石)

はい。(相談者)
小学生用の漢和辞典ってあるの知ってる?(三石)

あっ・・はい、あります。(相談者)
あるでしょう、書き順まで全部書いてある漢和辞典あるよねぇ。(三石)

はぁい。(相談者)

えーっと、1年生の漢字、2年生の漢字、3年生の漢字って、6冊に別れてる漢和辞典もあるよねぇ。(三石)

ああ・・はい。(相談者)
知ってる?(三石)

わかんないです。(相談者)
わからない?(三石)

下村式漢和辞典・・って言うんだけどねぇ。(三石)

ああ・・はぁい。(相談者)
うん、うん。(三石)

あの、いいのがあります。(三石)

はい。(相談者)
だから、そういう物を探してきて・・(三石)

はい。(相談者)
ねぇ・・「じゃあ、お名前つけましょうよ」・・って。(三石)

はい。(相談者)
それで、国語のノートを買ってきて。(三石)

はぁい。(相談者)
そのお名前を書いてみて。(三石)

はぁい。(相談者)
練習させてさ。(三石)

はぁい。(相談者)
ねえ。(三石)

書き順を間違わないように。(三石)

はい。(相談者)
うん、そういうことをしなさいよ。(三石)

家事は手抜きで当たり前・子育ては中途半端で当たり前

はぁい。(相談者)
でぇ、それでぇ・・(三石)

えーっと家事が・・(三石)

でき・・する・・時間がなくなったってこと、あるからね。(三石)

はぁい。(相談者)
家事ってさぁ・・(三石)

きちんとやることも・・大切だけど、出来ない言い訳もちゃんとないとさぁ。(三石)

ふふっ・・ああ・・(相談者)
うん、あのねぇ・・(三石)

家事が半分くらいの人って、いっぱいいると思うんだよね。(三石)

はぁい。(相談者)
でぇ、あなたが不安になってて、その人たちが、なんで不安じゃないかって言ったら・・(三石)

はい。(相談者)
家事が出来ない言い訳があるんですよ。(三石)

・・

はああ・・(相談者)
うん。(三石)
はぁい。(相談者)

あの、「子供に漢字教えてた」とかさ・・(三石)
はぁい。(相談者)
わかる?(三石)

はぁい。(相談者)
だから、別の世界を一つ作ることでぇ・・(三石)

はぁい。(相談者)
子供の世界も広がるし・・(三石)
はい。(相談者)
子供の学力もつくし、語彙力も増えるし・・(三石)

はぁい。(相談者)
語彙力が増えれば・・(三石)

子供っていうのは、パパとも話をしたくなるし・・(三石)

はぁい。(相談者)
うん、パパと話を・・出来るようになれば・・(三石)

はぁい。(相談者)
父親は・・もっと違う事を言い出しますよ。(三石)

はぁい。(相談者)
きっとね。(三石)

はぁい。(相談者)
うん。(三石)

だからあなたはね、ぼんやりと・・子育てと家事なんていうこと、言ってちゃ駄目なんだって。(三石)

はぁい。(相談者)
家事は手抜きで当たり前。(三石)

子育ては中途半端で当たり前。(三石)

はぁい。(相談者)
その当たり前・・を・・(三石)

なんて言うのかなぁ?旦那に納得させるような・・(三石)

はぁい。(相談者)

言い訳っていうのは、誰・・みんな持ってるのよ。(三石)

はああ・・(相談者)
うん・・(三石)
はい。(相談者)
それは、あなた、言い訳しちゃいけない・・みたいなこと思ってるんだけど。(三石)

は、は、はぁい・・(相談者)

うん、言い訳する努力はしてないわけですよ。(三石)

休んでいると思う

はぁい、普段・・あのわたし・・が、かなりぐうたらしてるんですよねぇ。(相談者)
だから、ぐうたらしてる・・なんて、思ってちゃ駄目よ。(三石)
ふふっ・・(相談者)
休んでると思わなくちゃ。(三石)
うん、疲れて何も出来なくてぇ・・(相談者)
だから、疲れて休んでる・・だったら・・(三石)
はい。(相談者)
疲れて休んでるって思わなきゃダメなのよ。(三石)
はぁい(笑)・・(相談者)
あなたの頭、そこがダメなんですよ。(三石)

はぁい。(相談者)
母親は家事で疲れるし・・(三石)
はい。(相談者)
子育てにも疲れるの。(三石)

はぁい。(相談者)
疲れたら休めばいいんです。(三石)

はぁい。(相談者)
それはぐうたらじゃないよ。(三石)

はぁい。(相談者)

だから、まずその・・(三石)

自分に自信を持って言っても・・無理かもしれないけれども。(三石)

はぁい。(相談者)
あの、自分を貶めるような言葉で・・(三石)

はい。(相談者)
自分を分析しちゃ駄目。(三石)

はぁい。(相談者)
うん・・(三石)

わたし、まずそれだと思うよ、あなたは。(三石)

はぁい。(相談者)
うん。(三石)

でぇ、完全な子育てとか家事とか、あると思わないほうがいいですよ。(三石)

はぁい。(相談者)
うん。(三石)

早速ね、ぬいぐるみに名前を付けるくらいのことからやってくださいよ。(三石)

はい、わかりました。(相談者)
うーーん・・(三石)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 家事は手抜きで当たり前。
    子育ては中途半端で当たり前。
    母は疲れる。疲れたら休んでいい。
    自分を貶めるような言葉で自分を分析してはいけない。

    三石先生の言葉、読んでいて涙が出てきました。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.