テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2017年12月27日(水)は、加藤諦三&塩谷崇之。高卒認定試験を受けたが落ちてしまい、親が非常に落胆してしまった。高校に通うも合わなくて中退、両親は大学へ行けと言うし、自分も行きたいので高卒認定試験を受けた。父親が特に落胆。来年もアルバイトをしながら挑戦したいと思うし、4月からの事も話し合わなければならないのに、話しが出来ない状態。どうすればいいだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉『失敗は単なる一つの体験です。その人のその時の人間関係で、その体験の意味付けがされます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:17歳女性 父45歳 母43歳 弟16歳 4人家族

もしもし?(加藤諦三)

はい、もしもし?(相談者)
はい・・はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい。(相談者)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

はい。(相談者)

17歳です。(相談者)
17歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

で、今なに?ご両親と一緒に住んでいるの?(加藤諦三)

はい、両親と、弟とがいます。(相談者)
弟・・弟、何歳?(加藤諦三)

16歳です。(相談者)
弟、16歳・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
でぇ、お父さん何歳?(加藤諦三)

45です。(相談者)
45・・お母さんは?(加藤諦三)

43です。(相談者)
43・・はい、わかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

えーっと・・高卒認定試験という・・試験を・・に、受けたんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

落ちてしまって。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、その結果・・(相談者)

両親を、がっかりさせて・・しま・・って・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、それ・・それ以来、口を・・両親ときけていなくて・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

どう・・接したらいいのか・・(相談者)

が、わからない・・(相談者)

っていうのが・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

相談です。(相談者)

そうすると、高卒の認定試験を受けるっていうことは、あのぅ・・普通に高そう・・高等学校、そつ・・(加藤諦三)

に、通って・・(加藤諦三)

卒業するということではないです・・ね?(加藤諦三)

違いますね・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

でぇ・・(加藤諦三)

だけども、認定試験を受けるって事は・・す・・ごい、立派なことですよ、やる気があるということであって。(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

・・

・・

これは・・(加藤諦三)

落ちる、落ちないに関わらず・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

よくやった!・・って褒める・・励ますべき・・ことなんだけども。(加藤諦三)

あ、そうなんですか?(相談者)
お嬢さんと・・(加藤諦三)

そりゃそうですよ!(加藤諦三)

あぁ・・(相談者)

・・

全然・・褒められなくて・・(相談者)

褒められるべきことですよ!(加藤諦三)

あ、ほんとですか?(相談者)

ほんとですか?ってほんとですよ。(加藤諦三)

ありがとうございます。(相談者)

・・

あのねぇ・・(加藤諦三)

ハイ。(相談者)
一つの新しいことに挑戦したら・・(加藤諦三)

そ、それは、し・・あのぅ・・失敗したり・・(加藤諦三)

成功したりしますよ。(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

だけど、挑戦するってことは、すごいことですよ。(加藤諦三)
・・
17歳。(加藤諦三)

ありがとうございます。(相談者)
立派なもんですよ。(加藤諦三)

ありがとうございます。(相談者)

・・

・・

んでぇ・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

17歳までは、ど、どんな生活だったの?(加藤諦三)

えーっと・・(相談者)

中学校は普通に卒業・・しまして・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、高校に・・(相談者)

は、一度は、通ったんですけども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

やっぱり・・合わずに、辞めてしまって・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

大学に行く為に、その高卒認定試験を・・(相談者)
ああ、はあ、はあ、はあ・・(加藤諦三)

受ける・・っていう形になりまして・・(相談者)
ああ、はぁぁ・・はいはい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

その、お父さんと、お母さん・・にも、まぁ・・すごく・・(相談者)

大学のことを言われたし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)
言われたって、「大学に行きなさい」・・ってこと?(加藤諦三)

そうです。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

今は・・(相談者)

アルバイトを・・しながら・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
また・・高卒認定試験を目指してるんですけども。(相談者)

すごい。(加藤諦三)

ありがとうございます。(相談者)
はい!(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

で、アルバイトをしながらやってんだよねぇ。(加藤諦三)

そうですねぇ・・はい。(相談者)
あのねぇ・・(加藤諦三)

すごいわだって・・高等学校辞めるのには、なんか理由があったわけだよね?(加藤諦三)

はい、ありました。(相談者)

んでぇ・・(加藤諦三)

これで・・引き籠る人だって・・いるわけでしょう?(加藤諦三)

はい。(相談者)

それを、アルバイトをしてるわけでしょう?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

そのアルバイトをした上に、さらに・・(加藤諦三)

高卒認定試験に挑戦したわけでしょう?(加藤諦三)

はい。(相談者)

・・

・・

これが・・なんですごくないんですか?(加藤諦三)

・・

わかんないです。(相談者)

すごいことだよ。(加藤諦三)

・・

はい(ちょっと泣きそう?)。(相談者)

・・

自分・・ま、まず自分に自信もって欲しいんだけど。(加藤諦三)

それで・・(加藤諦三)

親の立場から、どう、どういう・・ふうにがっかりされた?(加藤諦三)

例えば・・(加藤諦三)

口でもってね・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

「お前はダメだ」って言う場合もあれば・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

「はああ・・ダメかぁ・・」って・・ため息つくようにね。(加藤諦三)

ハイ。(相談者)
非言語的なメッセージで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
失望を・・伝える場合もあるから・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
ん・・どういう感じで、がっかりっていうのを、言われたわけ?(加藤諦三)

・・

大きくため息・・を、つかれたりとか・・(相談者)

こたえるねぇ。(加藤諦三)

はぁい・・ふふふ・・(相談者)
ため息・・っていうのは、こたえるんだよ。(加藤諦三)

そうなんですよ。(相談者)

あのぅ・・はっきり言われた方が、もっと・・もっといいんだよ。(加藤諦三)

そうなんですよ。(相談者)

あのぅ・・「ま、大学が落ちるんだったら、わかる」・・って言われたんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

「だけど、その、高卒認定試験で落ちるなんて・・はああ・・」って・・(相談者)

ずーっと、ため息・・つかれて・・(相談者)

うーーん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

それ、こたえるよ。(加藤諦三)

・・

はぁい・・(相談者)

・・

・・

で、それも「大学行け」でしょう。(加藤諦三)

・・

大学・・はい。(相談者)

わたしも行きたいと思っているので・・(相談者)
うん、だから、あなたが、行きたいんだったら、あなたが行きたい為に・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
高卒認定試験を、今年だけ・・じゃなくて、来年もあるんでしょう、再来年も。(加藤諦三)

もちろん、あります。(相談者)

・・

だからそれで・・(加藤諦三)

・・

・・

で、それを・・(相談者)
が、がんばった・・はい・(加藤諦三)

で、受けよう・・(相談者)

って・・あ、思ってはいるんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

4月からの・・生活・・(相談者)

とか、どうすればいいのか・・っていう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
相談も、両親にしないといけない・・けれど・・(相談者)

・・

でぇ・・(相談者)

まぁ・・(相談者)

話せてないっていう状態なので・・(相談者)
話せてないということね?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

だけど・・話せてない・・話しができないっていう状態だけれども・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

今、アルバイトしてる方・・(加藤諦三)

そのままアルバイトはできるんでしょう?(加藤諦三)

はい、それは・・できます。(相談者)

・・

・・

そうすると・・(相談者)

・・

当面のあなたの今日の相談っていうのは・・親との話しができなくなっちゃった・・(加藤諦三)

でぇ・・それを、どうしようか?・・ってこと?(加藤諦三)

はい・・そうです。(相談者)

・・

お・・父さん、お母さんは、かなり・・世間体を気にしてるってこと?(加藤諦三)

・・

・・

父は・・世間体、気にしてます。(相談者)

うん・・お母さんは?(加藤諦三)
母は・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そこまででもないです。(相談者)

ふぅーん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

・・

・・

ということは、お母さんは別に・・高卒の認定試験、落ちちゃって・・(加藤諦三)

そのまま大学に行かなくて・・(加藤諦三)

・・

ということ?・・ってもいい・・って、そういう感じ方?(加藤諦三)

・・

いや、それは・・ないですね。(相談者)

あ、それはないですか?(加藤諦三)
考えは・・(相談者)

両親共、一緒なんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

・・

・・

・・

でも・・(相談者)

父は・・(相談者)

・・

わたしがまぁ・・落ちたことで許せない・・(相談者)

・・

うん。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

母は・・(相談者)

・・

「しょうがないね」・・とは、言われたんですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

でも・・(相談者)

やっぱり、受かって欲しかったっていう気持ちは、大きかったみたいで・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ふっ・・うん、でぇ・・(相談者)

・・

・・

・・

そうですねぇ・・はい。(相談者)

・・

・・

・・

と、今日の心配は、そういうような状態の中で・・(加藤諦三)
・・
お父さん、親と話しが聞けない・・(加藤諦三)

・・

・・

・・

かい・・けど、どうしたらいいでしょう?ってことかな?(加藤諦三)

はい。(相談者)

ということですね?(加藤諦三)

はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオに弁護士の塩谷崇之先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 今回の相談、心にしみる回答でした。
    相談者さんの励みになるといいですね!

この記事にはコメントできません。