テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018月6月14日(木)は、ドリアン助川&高橋龍太郎。都会に出た娘28歳。電話でソープランドで働いている事を知らされる。ショックを受け、放心状態の母親58歳。自分の愛情不足が問題だったのかと自身を責める。娘の境界性人格障害をも疑いつつ、自身の幼少時から、親からの暴力・罵倒を繰り返さないようにしつつも、子育てでストレスを長女に向けていた自身を責める。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:58歳女性 夫は12年前に他界 長女28歳(都会に出て風俗嬢) 次女26歳 三女20歳と3人暮らし

もしもし・・(ドリアン助川)
ハイ・・(相談者)
テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

はい、あの・・よろしくお願い致します。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

ハイ・・(相談者)
今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

あの・・28歳の・・(相談者)

娘に・・ついての・・(相談者)

あの・・相談なんですけれども。(相談者)
28歳のお嬢さん?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい・・何が起きてますか?(ドリアン助川)

はい、あのぅ・・フゥゥ・・ぇ・・あのぅ・・今、家から・・離れた都心に、あのぅ・・(相談者)

暮らしております、一人暮らししておりましてぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

はい、それでぇ・・あのぅ・・(相談者)

フゥ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

・・

あのぅ・・ゥ・・ソープランドに・・(相談者)
ええ?(ドリアン助川)

で、働く・・ように・・(相談者)

スゥ・・アノゥ・・なっておりマシテ・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
ハァイ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(ドリアン助川)
・・
ハイ・・(相談者)

スゥ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

・・

奥さん今・・声、ひそめて話してらっしゃいますけども。(ドリアン助川)

ハァイ。(相談者)
え・・誰か、そばにいらっしゃるんですか?(ドリアン助川)

あの・・(相談者)

ぇ、違う部屋で・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
あの・・(相談者)

ヘッドフォンで、あの・・なんか、番組聴いてる娘がおります。(相談者)
あ、他のお嬢さんが?(ドリアン助川)
はい・・はぁい、はい。(相談者)
ぁ、わかりました。(ドリアン助川)
ハイ。(相談者)

え・・28歳の娘さん、あのぅ・・(ドリアン助川)

ぅぅぅ・・(相談者)
ご長女ですか?じ、次女さん?・・ですか?(ドリアン助川)

長女です。(相談者)
長女さん・・(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
でぇ・・まぁ・・(ドリアン助川)

ぅぅ・・(相談者)
今、あなたが、す、住んでる所は、離れて・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
ぇ、大きな街で、暮らしてらっしゃると?(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
それは何か、大学かなんか、きっかけで、そこ・・行かれたんですかねぇ?(ドリアン助川)

いえ・・あのぅ、そうではございません。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

し、仕事・・(相談者)

を・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
の、関係で・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
本人が、希望して・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
そちらの方、行きました、はい。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ぇ、おいくつぐらいの時に、その、街に出たんですか?(ドリアン助川)

2年前です。(相談者)
2年前?(ドリアン助川)
・・
はぁい。(相談者)
その時は、その風俗の仕事ではなかったんですね?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

あのぅ、お昼の仕事だったんですか?それは?(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)

でぇ・・(ドリアン助川)

あのねぇ。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・なかなか、その、風俗で働いてるということは・・(ドリアン助川)

あのぅ・・ぉ・・皆さん・・身内にも、言わないもんなんですけども。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
なんで、わかちゃったんですか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ソープランドで働いてるって、はい?(ドリアン助川)
ぁ、はぁい、あの・・最近あの・・電話をしまして・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

でぇ、あのぅ・・その時に、あのぅ・・まぁ・・(相談者)

もと、あの同窓生だとかの・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
集まり・・(相談者)

あの、同窓会ってほどじゃないですけど、ちょっとした集まり・・に・・(相談者)

シィ・・あのぅ・・「いや、もう、自分は・・穢れてる(けがれてる)から」みたいなことを、ポロっと言ったんですね。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
わたしの、娘が・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
それで、「えっ?!」・・って・・(相談者)

いうことで、聞いてみたら。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

そういうことを・・(相談者)

申しまして・・(相談者)
あっ、じゃあ・・(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)
あのぅ・・娘さんが、直接あなたに・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

はい。(相談者)
話たということですね?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それは、電話で?(ドリアン助川)
はい。(相談者)
それとも、向かい合って?(ドリアン助川)

電話です。(相談者)
電話で?(ドリアン助川)
・・
はい。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

電話で・・(ドリアン助川)

ハイ。(相談者)
あのぅ・・(ドリアン助川)

ま、ビックリされたでしょうけども。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

どうして、そういう・・ぅ・・世界に入ったのか?っていうことまでは・・(ドリアン助川)

話てくれました?(ドリアン助川)
あっ・・(相談者)

はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

分かります。(相談者)
・・
あのぅ・・えっと、生徒会(?)・・の方で・・あのぅ、生活・・するまでに・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・ネットワークビジネスですとか・・(相談者)

ネットワークゲーム?(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

ネットワークビジネス・・ですね・・(相談者)
ビジネス?・・はい、はい。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

たくさん・・あると思うんですけど・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
そういったものとか、イベント会社とか・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

派遣する会社だとか・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
を・・(相談者)

あのぅ・・同時並行で、やったりしたんですけれども。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

うちの娘が・・でぇ、あのぅ・・(相談者)

いろいろ頑張ったんです、ネットワークビジネスでも・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)
ですが、まったく・・ダメなのでぇ。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あのぅ・・もう、諦めた・・みたいなんですね、そういうものとかは。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
それで、諦めたけれども、借金っていうものが・・あのぅ、残ってたんです。(相談者)

・・

それと、贅沢・・っていうのも、あの・・(相談者)

本人曰く、あのぅ・・都会でぇ・・(相談者)

暮らして行くには・・(相談者)

あの、普通に働いていては、お金が足りない・・っていうようなことは・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

あの、申しております。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

借金、どれぐらい出来た・・か、分かりますか?(ドリアン助川)
いや・・それは言わないんです。(相談者)
言わない、うん・・(ドリアン助川)
見栄・・あの、見栄を張る子ですんで・・(相談者)

あることも、詳しくは言わないんです、わたしに。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

それでぇ・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
いつぐらいから・・そのぅ・・ソープランドで働くようになったんでしょう?(ドリアン助川)

あのぅ・・(相談者)

半年・・ぐらいの間です、ここ半年ぐらいの間、みたいなんですけども・・はい・・(相談者)
ウ、ウーン・・ぁ、そうですか・・(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
でぇ・・まぁこの仕事ね。(ドリアン助川)

まぁ、借金が・・ある・・(ドリアン助川)

ん、ん、そういうことが、原因・・理由で始める方も、まぁ・・(ドリアン助川)

多く、いらっしゃるんでしょうけども。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

そのぅ・・(相談者)

それでもやっぱり、水が合うかどうかって、あると思うんですよ。(ドリアン助川)

ぁ、はぁい。(相談者)
ええ、これで、いや、わたしやっていける・・と思うか・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
いやぁ・・もう、ホントにもう・・む、無理なんだけど、やってる・・っていうのか?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
どんな感じなんですか?(ドリアン助川)

あのぅ・・ぅぅ・・(相談者)

アノゥ・・(相談者)

あっけらかんと・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

あの、出来るタイプだということ、申しましてぇ。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

それと、あの実は、あの・・(相談者)

こう・・話す機会がなかって、今、言っていいか、わからないんですが・・(相談者)

うちの子は、あのぅ・・解離性・・二重人格って言うんですかねぇ?(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

あのぅ・・そう・・じゃないかな?と、思う点が・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

ぇ、何年も前から、気にかかってたんです。(相談者)
・・
ほ、ほう・・(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

なんて言うんですか?(相談者)
・・
あの・・すっごく、純粋で、優しい・・部分・・(相談者)

も、ありますし。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

一方で・・(相談者)

声かけても、返事しないでぇ・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

あのぅ・・本人とは思えない・・(相談者)

状況・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)
で、佇んでる(たたずんでる)事もありまして。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

それで、最近では・・あのぅ・・(相談者)

境界型・・人格障害的な・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

要素と・・符号するところがありまして。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
つまり・・ちょ・・ちょっとのことで、豹変して・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

あのぅ・・(相談者)

別人格みたいになって、怒り始めたり・・(相談者)
ウン。(ドリアン助川)
怒鳴ったり。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

っていうような・・(相談者)

ところがありまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

でぇ、その仕事・・(相談者)
それは・・昔からですか?(ドリアン助川)

あのぅ・・小学校、中学校の段階からも・・(相談者)

こう、呼んでも返事、しなかったり。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

あの、無視するところは・・(相談者)

ありました。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

わたくし・・として、思いつくのは・・(相談者)

やっぱり愛情不足で、こうなってるんだということしか・・(相談者)

思えなくて・・(相談者)
ウン・・(ドリアン助川)
わたし自身が・・幼少時あの、暴力とか・・罵倒によって、あの、育てられておりまして、その親も、結局・・苦しい幼少期を・・(相談者)

そ・・でぇ、育てられた、という、こう、連鎖みたいになってましてぇ。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
で、あたし・・(相談者)

自身、何度もあの・・(相談者)

子育てに関しては・・(相談者)

反省したり、悔いたり、やり直したり・・(相談者)

あの、人生全部何度も、やり直して・・(相談者)

あの・・いうか、頑張ってやり直そう・・(相談者)

っていうような感じで、何回もチャレンジしてまして。(相談者)

でぇ、その・・(相談者)

時に・・(相談者)

あの、娘の情報が、今、入ってきて・・(相談者)

ここでわたしはあのぅ・・(相談者)

あの子・・(相談者)

・・

・・

なんとか・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

なんとかして・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

助けてあげたい。(相談者)

はぁい。(相談者)

あの・・(ドリアン助川)

すいません。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ぁ、あなた様、おいくつですか?(ドリアン助川)

ぁ、はぁい、58歳です。(相談者)
58歳・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
旦那さんは、いらっしゃるんですか?(ドリアン助川)

ぁ、えっと、10・・(相談者)

2年前に、亡くなってます。(相談者)
あっ、そうですか・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
そうすると、今、そのぅ・・(ドリアン助川)

ぇ、次女の、方と一緒に、暮らしてらっしゃる?(ドリアン助川)

次女と三女・・あの、次女26歳と・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
三女・・20歳・・(相談者)

うーん・・(ドリアン助川)
と・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
その、三人暮らし・・一人で・・(相談者)
三人暮らしで・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

そして、え・・(ドリアン助川)

離れた街でぇ、一人暮らしをしてる・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
長女が・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
そういうことに、なってるということですねぇ。(ドリアン助川)
はぁい、はい。(相談者)

はぁい・・(相談者)
まぁ、奥さん、あんまり過去の事をね・・(ドリアン助川)
・・
はぁい。(相談者)
今、全部、わたしのせいじゃないか・・って。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
う・・まぁ、そう・・思うのは勝手ですが・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
え・・実際にもう、大人の女性の人生の話ですのでぇ・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
ここから先、そのぅ・・(ドリアン助川)

・・

彼女が・・(ドリアン助川)

・・

少し道を、変えてくれるのかどうか・・(ドリアン助川)

そこに向けての・・(ドリアン助川)

話ということになりますね。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
わかりました。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
ぇ・・それでは、今日の回答者の先生紹介いたします。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
精神科医の高橋龍太郎先生です・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
よろしくお願いします。(ドリアン助川)
ハイ、ヨロシクオネガイ・・(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 職業に貴賎なしとは言うけれど、ソープ嬢はやはり蔑視されるよね。母親がうろたえるのも無理はないよ。っていうのが現代日本の社会。
    でもね、先進諸国でも売春が合法な国は少なくない。そうした国では売春婦も国に税金納めて社会の一員として認められている。

    日本でも中世以前には遊女・巫女・白拍子など性に関する職能民は朝廷や神社仏閣に属して特権を与えられていた存在だったことが知られている。
    それがなぜ賤視されるようになったのかについては網野義彦著『中世の非人と遊女』に詳しい。

    何が言いたいかっていうとね、みんな建前の部分では綺麗事言ってるけど、本音の部分じゃあ必要悪だとわかってるはずなんだ。
    ソープ嬢は社会には必要な存在なんだよ。ソープ嬢という職業を貶めるようなことを言うのは偽善者だってことさ。

  2. 放送にはのせられないのだとは思いますが、今の時代、というか最近の数年で外国人の風俗利用が急増して、簡単に治る程度ではない病気をもらってしまう危険性が凄く高いので、その点を主張してやめさせて欲しいとは思うのですが…。借金返してやり直したいという気概とのバランス、難しいですね。

  3. じゃりんこ

    離れて暮らしていてバレようがないのに、わざわざ母親に話したところが気になります。
    そして風俗の中でもソープを選んだ点も気になりました。

  4. 母親に話したってことは、やはり知らしめたい部分があったのではないかと。
    でも、仕方ないのではないでしょうか?
    自分で選んでしているお仕事ですから。
    陰に誰がついているかはわかりませんが、明るい方へ進んで行きたいのであれば、自分でそのように生きようとするのでは。。。大変な世界でしょうから、健康でいるようにと願うしかないと思います。

    お母さんにできることは見守っているしかないと思います。
    それだけ、ああいった世界は特殊なものだと思います。

    水商売でさえ、色々な絡みを垣間見ますから。。。