テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年8月3日(金)は、加藤諦三&中川潤。夫が他界して15年。子供も独立し一人暮らしになった53歳の看護師の女性。心不全で突然死した夫。その当初から7~8年、夫の両親は、看護師の嫁をもらったのに、何の役にも立たない。見殺しにされたと攻め続けてきた。今は、そう言ったことを謝罪して、「顔を見せにおいで」と言ってくれる。しかし、トラウマとなり、足を向けることができない。
加藤諦三氏の〆の言葉『親族につけ入れられるな』デヴィッド・シーベリー

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:53歳女性(看護師) 15年前に心不全で夫が他界 独立した子供二人 長女25歳 長男23歳 夫の両親共に75歳

もしもし?(加藤諦三)
あっ、もしもし・・(相談者)
はい、テレフォン・・(加藤諦三)
よろしくお願いします。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

えー、わたしは今、53歳です。(相談者)

うん?(加藤諦三)
53歳。(相談者)
53歳?・・結婚してます?(加藤諦三)

えっと、結婚して・・たんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

主人が15年前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
亡くなりま・・した。(相談者)

ああ、そうですか。(加藤諦三)
他界しました、はい。(相談者)
はい、でぇ、そうすると、お子さんは?(加藤諦三)

ええっと、長女が、25歳でぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
長男23歳です。(相談者) 
はい。(加藤諦三)

でぇ、今・・三人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)

いや、もう・・二人とも独立しました・・(相談者)
独立した・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、じゃあ、お一人ですね。(加藤諦三)
はい、そうです。(相談者)
はい、わかりました。でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

まぁ、あたし自身が、過去のトラウマがすごくあってぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、思い出すと、涙が止まらなくなったりだとか、すごく気分が落ち込んでしまうので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしの考え方っていうのを、どう自分なりに処理していったらいいものなのか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
アドバイス、相談したくて、連絡させてもらいました。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

涙が止まらなくなる・・いろいろトラウマがあるって、お・・おっしゃいましたけど。(加藤諦三)
うん。(相談者)
例えば・・(加藤諦三)

まぁ、53年間の人生、いろんなことがあったと思いますが。(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたが言う・・トラウマって言うのは、具体的に言うと、例えばどういうもんですか?(加藤諦三)

そうですね、あの・・あたし・・看護師なんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ、あたしが、夜勤の仕事をしてた時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

子供二人と、主人の三人で、家に居たんですが。(相談者)
はい。(加藤諦三)
長女から電話があってぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
「お父さんの様子がおかしい」って・・いうことでぇ、連絡があ・・ったんですね、病院のほうに。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
勤めてる。(相談者)

でぇ、ま、すぐに、あのぅ・・(相談者)

救急車の手配・・をしたんですけれども、到着したときにはもうすでに意識がなくてぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そのまま亡くなってしまったんでぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしは主人と、最後の言葉も、何にも交わさず・・の・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

別れだったんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

ま、主人がすごい、ギャンブル・・で、借金をしたのが、その後わかってぇ・・亡くなってからわかったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、まぁ・・(相談者)
あ、そうすると、いき・・あなた・・と・・(加藤諦三)

一緒のときには、ご主人はギャンブルにのめり込んでいるという事は、あなた気がついていなかったの?(加藤諦三)
あっ、気に・・気がついてました、だから・・(相談者)
気がついてましたね、はい。(加藤諦三)
い・・っかい(一回)・・100万ぐらいを、あの、「絶対しないから」っていうことでぇ・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
「心を改めるから」ということでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・その時には、あの、100万円用立てて、返済はしました。(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
そうすると・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
新たに・・な・・亡くなった時に、もう、それ・・でぇ、ちょっとまた、そん時に、「もう絶対しない」って言・・った手前、言えなかったのかもしれないんですけれども。(相談者)
はい。(加藤諦三)

亡くなった後に、500万ぐらいの借金があったんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・まぁ・・(相談者)

そのお金は、まぁ・・あのぅ・・(相談者)

主人の両親がはら・・(相談者)

あの、立て替えてくれたっていう形ですかね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
でぇ、立て替えてくれて・・(相談者)

でぇ、主人、生命保険入ってたんでぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
そのまま500万円は、あのぅ・・支払いは・・しました。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ・・ま、亡くなった時には・・(相談者)

もう・・お姑さんもすごく、まぁ・・あたしもそうなんですけど、すごくショックだ・・(相談者)

ったのもあるのかもしれないんですけれども。(相談者)

なんかこう・・「看護師のね、嫁をもらったのに・・何のために・・何の役にも立たない・・し、主人を見殺しにされて、かわいそうだ」・・とか・・(相談者)

まぁ・・そう、あのぅ・・借金してたことも、寂しかったから・・(相談者)

あのぅ・・「かわいそうな思いをさせてぇ」・・みたいな感じで、すごく・・(相談者)

言われたんですね。(相談者)

あたしが。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

それでそのあなたは、そのトラウマになっていると言う、じゅ・・15年前の話ですけれども・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

その時に、の・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

そして、病院に運ばれたら・・亡くなっていたという・・原因は何ですか?(加藤諦三)

心不全です。(相談者)

心不全?(加藤諦三)
はい。(相談者)

ふぅーん・・(加藤諦三)

娘がおかしいなと思ったときには、もう呼吸、止まってたみたいなんですね。なんか、あのぅ、ゆり起こしても起きないし、なんか・・(相談者)

つ・・机にうつ伏せになってて・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
「なんか顔の色がおかしい」って。(相談者)

言ってたんでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)

でぇ、ぇ、要するに、突然死という風に考えていいの?(加藤諦三)
そうだと思います。特に病気がなかったんで。(相談者)

・・

うん・・(加藤諦三)

そうすると今日の・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
そのぉ・・相談というのは、その夜勤の時でぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
こういうことがあってぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

そのことが・・(加藤諦三)

あなたの・・(加藤諦三)

心の中の、棘みたいに刺さっていて。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
それが、どうしても抜けない。(加藤諦三)

・・

そうですねぇ。(相談者)
それで・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)

どうしたらいいですか?という・・(加藤諦三)
ああ、向こうの両親も、もうだいぶ精神的にも落ち着いて・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

あたし・・に、「顔見せにおいで」とか言って・・言って・・も、くれてるんですね、今は。(相談者)

だけど・・あたしがどうしてもなんかこう・・(相談者)

足が向かないっていうか・・(相談者)

うん・・(相談者)

いろんな、言われたことが・・(相談者)

すごく傷ついたんでぇ・・(相談者)

言われたことというのは、結局・・(加藤諦三)
「あなたが殺したんでしょう」って。(相談者)
あなたが・・殺したんだっていう・・(加藤諦三)
そうそう、そうです。「見殺しにして」・・(相談者)
見殺しって・・言葉ですね。(加藤諦三)
あなたが・・あなたが・・(相談者)
・・
殺したって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
いうことを、言われ・・(相談者)

て・・言われて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・まぁ・・(相談者)

お姑さん達も、75なんでぇ・・(相談者)

まぁ、あたしも・・向こうが・・向こう側から・・あのぅ・・ま、そう言われるたびにこう・・(相談者)

うん・・(相談者)

し・・うん・・心が、しんどいっていうか・・(相談者)

15年前の・・(加藤諦三)

出来事を・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
今、そいう形で・・(加藤諦三)
ずーっと、引きずってるんです、なんか。(相談者)
ずーっと、引きずって来て・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
そいでぇ、今・・(加藤諦三)

むこうの両親から、こういうのを言われていて・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
どうしたらいいでしょうか?っていう・・(加藤諦三)
あっ、そうです。(相談者)
ということですね。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はい、今日はあのぅ・・スタジオにですね、弁護士の中川潤先生がいらしてたるので・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 今日の加藤・中川両先生の回答に胸のすく思いです。
    「いくらなんでも言っていいことと悪いことがあります」「ごめんなさいの一言で済むことじゃありません」・・・まさにその通り。

    それにしてもその義理両親、頭と根性が悪すぎですね。そんな人たちとは絶縁したっていいくらいですよ。姻族関係終了届?でしたっけ?なんかそのような制度があったと思います。