テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月10日(金)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。48歳男性から、7年前に医者から適応障害と診断され休職を勧められるも妻が強硬に反対、結果的に4年前躁鬱病で入院することに。小さい頃からイジメられてきた相談者。人に怯えて生きてきた。憎んでいるのは誰か?これからの生き方、あり方の相談。
加藤諦三氏の〆の言葉『あなた自身のベストなあなたを、あなたが見つけて下さい。Find Your Best You!』

目次

スポンサーリンク

今後の生き方、あり方を教えて

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル・愛(エッセイスト)
相談者:48歳男性 妻42歳 子供1人6歳

もしもし?(加藤諦)

はい。(相談者)

はいテレフォン・・(加藤諦)
お世話になります。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦)

・・

はい。(相談者)

あの、48歳です。(相談者)
40・・8歳・・結婚してます?(加藤諦)

はい。(相談者)

・・

奥さん何歳ですか?(加藤諦)

42歳です。(相談者)
40・・2歳・・お子さんは?(加藤諦)

6歳・・で、一人・・(相談者)
6歳・・はいわかりました、それでどんな相談ですか?(加藤諦)

あの、妻とのですね・・(相談者)

うん・・(加藤諦)

今後の・・生き方というか・・(相談者)

あり方というか、そういったことで・・相談がありまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

・・

・・

えっと・・(相談者)

よ、4年前にですねぇ。(相談者)
はい。(加藤諦)

ま、実は躁鬱病で入院・・しましてぇ・・(相談者)

あの・・(加藤諦)

お、奥さんが?あなたが?どっちがですか?(加藤諦)
あ、わ、わたし、わたしです。(相談者)
ああ、あなたが躁鬱病で入院した?(加藤諦)

はい。(相談者)
はい。(加藤諦)

その後・・(相談者)

ま、1年くらい休職してぇ・・(相談者)

でぇ、入院してる間、どのぐらいですか?入院の期間は?(加藤諦)

えっと、3ヶ月くらい・・(相談者)
3ヶ月ぐらい?・・はい。(加藤諦)
はい。(相談者)

でぇ、そのあと・・(加藤諦)

・・

ふ・・(加藤諦)
ま、休職にな・・ってですね。(相談者)
きゅ・・休職になって?(加藤諦)

でぇ、現在あの、職場復帰して・・(相談者)

ま、1年くらい休職だったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

・・

職場復帰して、あのぅ・・仕事はやっておるんですがぁ・・(相談者)
はいはい。(加藤諦)

ま、そのぅ・・(相談者)

4年前の、躁鬱・・になる・・(相談者)

過程においてですねぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

つ、妻・・と、との・・なんて言うか、やりとり言うか、あのぅ・・が・・(相談者)

まずくて、あのぅ・・(相談者)

病気がどんどん、重くなっていったっちゅうのがありまして。(相談者)
・・
うん・・(加藤諦)

・・

ま、実は、よ、4年前・・からもっと前の、3年前・・ぐらいですかねぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

まぁ、わたしはちょっと、職場・・出向であのぅ・・(相談者)

別の職場にちょっと、移ってですねぇ。(相談者)
はぁい・・(加藤諦)

・・

ま、パワハラ、ちょっと受けてましてぇ・・(相談者)

それでまぁ・・(相談者)

精神的に調子が悪くな・・ったんですけども。(相談者)
うん・・(加藤諦)

・・

ま、その時に・・(相談者)

ま、自分で心療内科にかかったら・・(相談者)

うん・・(加藤諦)

そちらの先生からも、適応障害ということで・・(相談者)
う、うん・・(加藤諦)

診断が、あ、あって、仕事、休むように・・(相談者)

その時点でも、言われ・・たんですけども。(相談者)
うん・・(加藤諦)

それでぇ、妻にですね。(相談者)

・・

ま、しばらく休む・・って話を・・(相談者)

して・・いってですねぇ・・(相談者)

・・

でぇ、まぁ、妻も最初は同意してたんですけども・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

いざそのぅ・・出向してる職場に、その話、しよう・・としたときに・・(相談者)

なんか、猛反対・・しましてですねぇ。(相談者)

・・

うん?(加藤諦)
急に態度が・・(相談者)
じゃ、しゅ・・(加藤諦)
急に・・(相談者)

態度がかわ・・(相談者)
猛反対っていうのは、なにを猛反対したんですか?(加藤諦)
え・・そのぅ・・(相談者)

まぁ、仕事休むということを・・(相談者)

休まずにそのまま続ける・・べきだっちゅうことを言い出しましてぇ・・(相談者)
はああ・・はい・・だけど・・(加藤諦)

あなた心療内科に行って・・(加藤諦)

・・

それでその内科・・その先生は・・(加藤諦)

職場になじめていないと。(加藤諦)

言われてあなたもそう思った・・っていうことですよねぇ?(加藤諦)
あ、お、思ってて、ええ。(相談者)
はい。(加藤諦)
でぇ、その時は・・(相談者)

まぁ、その時は心療内科に妻も、ちょっとついて来てですねぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦)

その先生にも・・診断が、おかしい・・みたいな感じでこう・・(相談者)
ああ、ああ・・はぁい、はぁい、はぁい。(加藤諦)

かみ、噛み付くと言うか、わあ、わあ言いましてですねぇ・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦)

なぜそうなったかちゅうと、わたしも・・その時は・・わからなかったんですけども。(相談者)
はぁい。(加藤諦)

それで結局、あのぅ・・(相談者)

休むか休まないかで・・(相談者)

自分でちょっと悩んだんですけども・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
まぁ、り、離婚とかなったら、ちょっと困るんでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)

ま、休まずに・・そ、その後、3年、3年間我慢して、ずーっと、調子悪いまま・・(相談者)

やってたら・・(相談者)

その4年前に・・(相談者)

ほんとに・・その、そう・・躁鬱病・・になってしまってですねぇ。(相談者)
あっ・・(加藤諦)

そうすると・・しばらく休むと、自分で決めたと。(加藤諦)

だけれども・・(加藤諦)

奥さん・・(加藤諦)

の反対があって、休む・・ことをやめたわけですね?(加藤諦)

はい。(相談者)

あなたからするとその原因が・・(加藤諦)

奥さんっていうことですか?(加藤諦)

その・・(相談者)

ま、悪くなったのは確かなんですよ、その悪化していく過程・・でですね。(相談者)
うん・・(加藤諦)

ま、その入院した後、自宅療養とかし・・入院前に、じ、実は自宅療養に入っとったんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)

そん時に、まぁ・・(相談者)

・・

いろいろわたしもちょっと・・(相談者)

妻に対していろいろ問いただすということ、や・・(相談者)

ったりしてたら・・(相談者)
うん。(加藤諦)

ちょっと妻の友人・・関係・・友人の方がですねぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)

そのぅ・・しご・・(相談者)

と(仕事)、まぁ、病気と言われても、つづ・・けないかん(続けないかん)みたいなこと、い・・った(言った)らしいんですよ。(相談者)
うん。(加藤諦)

でぇ、妻もそのぅ・・意見にまぁ、同意、同意した・・らしくですねぇ。(相談者)

それはまぁ、その、わたしが仕事干されるからとか、言ってたんですけど。(相談者)

・・

じゃあ、友達から言われたことの方・・とって・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
わた、わたしをもう、完全にもう・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
もう、ある意味、人生破綻・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
しかかるとこまで、そん時・・(相談者)
うん、うん・・(加藤諦)
行ってるのでぇ・・(相談者)
うん、うん・・(加藤諦)
でぇ・・(相談者)

・・

・・

だけど今そうすると、最も憎んでいるのは・・(加藤諦)

・・

誰ですか?奥さんですか?(加藤諦)

・・

もっ・・(相談者)

そうですねぇ、お、お・・(相談者)

と、その友達っていう人です。(相談者)

裁判で訴えようかと思・・ってるぐらいの・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
怒りがあります。(相談者)

友人・・その、奥さんの友人と言う・・その人に対する憎しみは、もの凄いと思うんですけども・・(相談者)
もの凄いです。(相談者)
もの凄いと思うんですけど。(加藤諦)
はぁい。(相談者)

お、奥さんの方も・・(相談者)
それ以外に・・(加藤諦)

はい。(相談者)

誰か・・(加藤諦)

48歳の長い人生の中で・・(加藤諦)

ええ・・(相談者)

思い当たる人っていうのはないですか?(加藤諦)

・・

そうですね、し・・(相談者)

あまり親しい友人とかいないし、あ、まぁ・・(相談者)

・・

・・

うん、そこで・・が、大切です。友人がいなかったってことも大切ですよねぇ。(加藤諦)

はい。(相談者)

ということは、人が怖かったんでしょう?(加藤諦)

そうですね、結構イジメられて・・(相談者)

小さい頃からイジメられてましたねぇ。(相談者)
ち、小さい頃からイジメられていたねぇ。(加藤諦)

はい。(相談者)

当然それ・・(加藤諦)

憎しみ持ちますよねぇ、イジメられていれば。(相談者)

そうです。(相談者)

・・

・・

もちますね、だから今も・・(相談者)

その、なんて言うか、同窓会とかには、まったく行ってないですねぇ。(相談者)

うん。(加藤諦)

とにかくもう・・(加藤諦)

脅されて・・(加藤諦)

周囲に・・世界に、怯えて生きてきたんじゃない?(加藤諦)

ああ、そう・・はい、あのぅ・・(相談者)

それは・・あります、はい。(相談者)

あの、びくびくしながら・・(相談者)

びくびくしたねぇ。(加藤諦)
まぁ、人からまぁ・・人からも、オドオドしているって、やっぱり言われますね。(相談者)
うん・・(加藤諦)
・・
はい。(相談者)

臆病・・(加藤諦)

あ、そうです、臆病です。(相談者)
警戒心が強い。(加藤諦)

はい、はい・・(相談者)
不信感・・(加藤諦)

ですね。(加藤諦)

はい。(相談者)

どう生きていいかわかんなかったよね?(加藤諦)

・・

・・

そ・・そうですね・・(相談者)

怖いんだよ。(加藤諦)

ま、人間関係ではちょっとはぁい・・(相談者)

・・

まぁ・・(相談者)
怖い。(加藤諦)

怖い、怖いですねぇ。(相談者)

でぇ、どうしていいかわかんないんですよ。(加藤諦)

ま、そうですそうです、あのぅ、だから・・(相談者)

なるべくこう、せ・・人と接するのを、さ、避けてますねぇ、はい。(相談者)

だけど・・心の底では人を求めてるんです。(加藤諦)

はい。(相談者)

そういうことですよねぇ?(加藤諦)

あ、そういうこと・・なんですかねぇ?はい・・(相談者)

・・

それで今日のあなたの質問というのは・・(加藤諦)

・・

今後の生き方と、最初に言いましたよねぇ?(加藤諦)

ぁ、はぁい。(相談者)

それまさに・・あなた・・その・・(加藤諦)

相談内容だと思いますよ。(加藤諦)

今日は。(加藤諦)

・・

今日は大変・・素晴らしい・・(加藤諦)

先生がスタジオに来ていただいております。(加藤諦)

はあ・・(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生です。(加藤諦)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.