テレフォン人生相談

面倒を看る
テレフォン人生相談2019年3月8日(金)は、加藤諦三&坂井眞。55歳の主婦から、父が認知症になり介護が必要となる。これまで要介護5の義母と脳梗塞の独身の義兄の面倒も看てきた。父が身元引受人になっていた叔母の身元引受人まで施設から頼まれる。これ以上は無理、どうすればいいだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:55歳女性 夫57歳 子供2人 同居は25歳の息子のみ 登場人物 父88歳(認知症) 叔母(父の妹・脳梗塞で倒れ胃ろうに、施設入所中) 叔母の実の娘 伯母(父の姉) 義母(要介護5) 義兄60歳(独身・脳梗塞) 実弟(離婚)

テレフォン人生相談です。(加藤)
あっ、こんにちは、よろしくお願い致しまーす。(相談者)
はい・・年齢を教えてください。(加藤)
50・・5歳です。(相談者)
50・・5歳・・(加藤)
はい。(相談者)
結婚してます?(加藤)
はいしてます。(相談者)
え・・ご主人は何歳ですか?(加藤)
50・・7歳です。(相談者)
50・・7歳・・(加藤)
はい。(相談者)
お子さんは?(加藤)

二人おりましてぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤)
同居・・は、息子・・のみでぇ・・20・・5歳になります。(相談者)
でぇ、どんな相談ですか?(加藤)
はい・・(相談者)

わたし・・の父の、妹・・が、今、病院の方で、脳梗塞で倒れた後に、全然、食べる事ができなくなって、胃ろうですけどね。(相談者)
はぁい。(加藤)
してましてぇ・・(相談者)

身元引受人が、必要になるんですがぁ・・はい。(相談者)
あなたの叔母さんですね?(加藤)
そうです、叔母に・・(相談者)
身元引受人・・はぁい。(加藤)

そう、その父が、昨年、認知症になりまして、はぁい。(相談者)

お父様、おいくつですか?(加藤)

80・・8ぐらいです。当然・・今度自分が、入所してしまったので、面倒看れなくなりますよね。(相談者)
はぁい。(加藤)
でぇ、わたしが、長女なんですよね。(相談者)
はい。(加藤)
弟と二人・・子供がいましてぇ、わたしがまぁ、父の、身元引受人・・のような状態・・になってるのでぇ・・(相談者)
はぁい。(相談者)

「今後ですねぇ、お宅のお父さんがダメになったから・・」(相談者)
はぁい。(加藤)
「あなたに・・叔母さんの面倒を、看てください」って、施設側から今・・(相談者)

言われてきてるんですよね。(相談者)
はぁい、はぁい、はい(加藤)
でぇ・・(相談者)

ただ、父は当然・・(相談者)

面倒看ないといけないと思うんですよね(苦笑)。(相談者)
はい。(加藤)
叔母に関してはですね、そこまで・・出来ないのでぇ。(相談者)
うん・・(加藤)

同時に身元引受人である父の・・姉ですね、その伯母の・・お姉さんですよね。(相談者)
はぁい。(加藤)

うん、その方か・・実の娘さんがいらしゃるのでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤)
「そちらに、連絡を取ってもらえませんか?」って、言うんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤)

連絡が一切つかなくて・・わたしにしかつかないから(苦笑)・・って言って、来られてるんですけどね、ちょっと困ってしまってぇ・・(相談者)
・・
連絡先も知ってますし・・(相談者)
うん。(加藤)
家もわかってるんですね、伯母の家も。(相談者)

はぁい。(加藤)
でも、尋ねて行こうとしないんですね、伯母の家に関しては。(相談者)

はい・・(相談者)
でぇ、娘さんのところにも、電話掛けてるんですが、「かからない」って言って・・(相談者)
かからない・・(加藤)

うん、わたしも、ちょっと今、あのぅ・・(相談者)

義理の・・母・・(相談者)

と、あの、義兄(あに)が・・(相談者)

同じくあのぅ・・(相談者)

ちょっと、要介護状態で、面倒看てましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤)
うん、それでもうちょっと、「叔母まで面倒看れないんです」ってことを、お話したんですがぁ・・(相談者)
はぁい。(加藤)

はぁい・・(相談者)
今現在のあなたの状態でも・・もう、精一杯の感じですよねぇ・・(加藤)
そうなんですねぇ・・はぁい。(相談者)
産みの(「義理」の言い間違い?)・・お母様の・・(加藤)

はぁい・・(相談者)
世話と・・(相談者)
一応、要介護5なんですよ。(相談者)
この、お父様が、す・・(加藤)
はぁい・・(相談者)
ああ・・このお父様が・・(加藤)
はぁい。(相談者)
既に・・(加藤)

はぁい。(相談者)
まぁ、認知症に、なっていて・・(加藤)
はぁい、それとあの、義理の兄がぁ・・まだ、60になったばっかりでぇ、脳梗塞発症しましてぇ・・やっと退院できてぇ・・今、まだ・・麻痺が残ってるんですよね。(相談者)
何人の親族の・・(加藤)

世話をしてるんですか?(加藤)
あっ、三人ですね、今、はぁい、現在・・(相談者)
義理の、お母さまと、その義理のお兄さんですね?(加藤)
はぁい、それと実の父の、三人でぇ・・(相談者)
じつ・・三人ですねぇ。(加藤)
はぁい、はぁい、でぇ・・どちらも、わたし一人しか・・(相談者)

いないような状態なんですよ、面倒看れるのがぁ・・(相談者)
うん・・(加藤)
義兄(あに)は結婚してませんし・・(相談者)
うん。(加藤)
あのぅ、弟もちょっと・・(相談者)

離婚をしてぇ(苦笑)・・両家とも、わたししかいない状態なんですねぇ。(相談者)
うん・・(加藤)
面倒を看ていくのがですねぇ・・はぁい。(相談者)

弟さんのところが、身元引受人じゃなくて、あなたが、身元引受人に、な・・ってるわけですよねぇ?(加藤)
あっ・・はぁい・・あ・・そう・・そうなんです、あのぅ・・弟がやはりあのぅ・・仕事・・をしてましてぇ・・(相談者)

金銭面とかそういうのは、あの、弟にフォローしてもら・・えるんですけどね。(相談者)
うん・・(加藤)
やっぱりあの、父のところに、例えば洗濯物が・・ちょっと、ちょっと、「もう何枚か足してください」とか、いろいろ・・「何をもってきてください」とか、言われ・・て、サッと動けるのが・・やっぱり、わたし・・なんですよねぇ・・でぇ、はぁい・・(相談者)
はいわかりました、今日はあの、スタジオに弁護士の・・(加藤)
はい。(相談者)
坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤)
あっ・・(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤)
はぁい、よろしくお願い致します。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.  ご相談者 もう少し落ち着いて  お話なさるようにした方が!
     返事は 一回でいい 「ハイ ハイ ハイ」 せっかちすぎる!

  2. 相談してよかったですね。
    自分の能力を超えることを引き受けてはいけませんもの。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.