テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年3月12日(月)は、加藤諦三&大原敬子。二人目の子供を出産して一ヶ月、嫁が産後鬱で実家へ帰ってしまう。離れて暮らしていた長男夫婦。挨拶もなく、いきなり帰ってしまい、息子へパソコンで「産後疲れたので休みたい」「こちらから連絡する」というメッセージのみ。連絡しても嫁の父親が取り合ってくれない。弁護士から速達で手紙が届き、離婚に向けて調停をしたいとのこと。憤る姑。
加藤諦三氏の〆の言葉『過去の処理できない感情で、今の物事に対処しないこと』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:68歳女性 夫70歳 二人暮らし 子供は男の子三人で結婚し独立 長男43歳(別棟に暮らす・2歳男の子と1ヶ月の女の子) 次男40歳・三男38歳は結婚し独立

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

よろしくお願いしまーす。(相談者)
はい、最初に年齢をお願いします。(加藤諦三)

わたしは・・えーっと、60・・8・・で・・(相談者)
68歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

結婚してます?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

70歳です。(相談者)
70歳・・(加藤諦三)

お子さんは?(加藤諦三)

三人、男で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

43・・(相談者)

40・・(相談者)

38です。(相談者)

でぇ、今は・・(加藤諦三)

二人で暮らしてるんですか?ご主人と?(加藤諦三)

はぁい、あのぅ・・おかげさまで・・(相談者)

三人共・・あの、独立してまして・・(相談者)
ああ、そうですか。(加藤諦三)

ええ、あの、長男が・・(相談者)

別棟に・・(相談者)

暮らしております。(相談者)
あっ・・(加藤諦三)

43歳の長男ですね?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

そうです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、長男は・・(加藤諦三)

結婚してるんですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

あのぅ・・子供が二人おります。(相談者)
ああ、そうです・・(加藤諦三)

はぁい、わかりました。(加藤諦三)

それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

挨拶なく実家へ帰った嫁

はい、あの、長男のことなん・・長男夫婦のことなんですけれど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

えっ・・っと・・子供が・・(相談者)

ぇ、2歳・・ちょっとと・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
えっと・・(相談者)

1ヶ月・・(相談者)

の、女の子がおります。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、男の子は、実家で産みました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、二番目は・・あの、こちらで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
産みました。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それでぇ・・(相談者)

えっと・・(相談者)

ご両親が・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・こちらに・・(相談者)

えーっと、1ヶ月以上・・(相談者)

来ていただいて、お手伝いを・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
していただきました。(相談者)
はい。(加藤諦三)

えっ・・っと・・それでぇ・・(相談者)

・・

1ヶ月後、帰ったんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

なんか・・(相談者)

彼女が、あまり・・(相談者)

・・

調子が・・あっ、なん・・外面的にはよくわかんないんですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
なんかあのぅ・・(相談者)

・・

うん、実家に・・えーっと、お電話しまして・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
なんか・・(相談者)

そのぅ・・鬱・・鬱的なことを・・(相談者)

・・

あのぅ、話して、なんか・・うん、「タヒんじゃいたい」とか、言ったらしくて、ご両親が翌日、ビックリして・・(相談者)

来ました。(相談者)

はい。(加藤諦三)

それでぇ、あのぅ、うん彼女は、あの・・パソコンで・・(相談者)

息子宛に、産後、疲れたので・・えーっと、休みたい・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

少し、休んだら、こちらから、連絡するからという・・(相談者)

パソコンのメッセージを・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
入れまして・・(相談者)

あのぅ・・早朝ですけど・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・まぁ・・こちらにも、なんの連絡もなく・・実家へ・・(相談者)

・・

・・

帰り・・で、静養・・っていうことで・・(相談者)

なりました。(相談者)

子供を・・(加藤諦三)

置いて出て・・(加藤諦三)
子供、二人連れ・・いえ、二人連れて・・(相談者)
つ・・あっ、二人連れて?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

・・

二人連れて・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたし達も・・なんの挨拶もなく・・(相談者)

ビックリしてしまったんですけれども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

親が・・立ち入るものではないので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

夫婦が・・問題ですから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)(相談者)
夫婦、二人で・・(相談者)

「話し合いたい」っていうのは、向こうへ連絡したんですけれども・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

お父様が・・えーっと・・(相談者)

全然、取り扱ってくれないで・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)
夫婦二人で・・話し合いたいと、あなたの長男の方が・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

ぃ・・言って・・(相談者)
その奥さんの父親に連絡したっていうこと?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

どうしても、お父様は・・あのぅ・・(相談者)

俺が全部・・(相談者)

ぅ・・連絡するから・・こちらから、連絡するから・・ってことで・・(相談者)

ええ。(加藤諦三)

お話もできず、お母さまも・・(相談者)

やはり、お父様に全てお任せしてるから・・っていうので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
連絡が・・なかったんです。(相談者)

はい。(加藤諦三)

・・

離婚前提の調停

えーっと・・それでぇ・・(相談者)

やはりこれは、息子の問題ですので・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
二人で・・できれば、話し合いたい・・と思って・・あのぅ・・言ってるんですけど・・それも・・(相談者)

あの、聞き入れてくれず・・(相談者)

あのぅ・・二~三日前に、そのぅ・・(相談者)

弁護士さんから、封筒で・・(相談者)

でぇ、あのぅ・・(相談者)
弁護士さんっていうのは・・(加藤諦三)

向こうの・・弁護士さん・・(相談者)
む、向こうの・・(加藤諦三)

だ・・誰の代理人ですか?・・父親の・・(加藤諦三)

代理人として・・(加藤諦三)

の弁護士ですか?(加藤諦三)
ええ、そこの住所が、そこでしたから、そうだと思います。(相談者)

・・

あのぅ・・それで、あのぅ・・お手紙が、いろん・・まぁ、いろんなことが書いてありまして、いわゆる・・(相談者)

離婚を・・(相談者)

前提として・・(相談者)

お話を・・調停したいという・・(相談者)

お話が・・(相談者)

書いてありました。(相談者)
ということは・・(加藤諦三)

・・

・・

その奥さんの方・・の、弁護士ですね?(加藤諦三)

そうですね。(相談者)
離婚したい・・ということですね?(加藤諦三)

・・

・・

ぇ、なんかいろいろ、書いてありましたねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

いろんなことが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

それでまぁ、最後は・・まぁ、そのぅ・・離婚を・・(相談者)

前提として、話・・調停・・したいということで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ありました。(相談者)

離婚を・・前提として、調停・・というのは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

・・

あれですか・・直接・・(加藤諦三)

・・

その弁護士さんと・・あなたの、43歳の息子さんとが・・話すということですか?それとも・・(加藤諦三)

家庭裁判所の調停という意味ですか?(加藤諦三)

わたしもう、こういう弁護士・・の話しは、初めてで、よくわからないんですけれど・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・向こうで弁護士を・・頼んだら・・(相談者)

こちらからも、こちらの弁護士さんを、頼んで・・(相談者)

あの、弁護士さん同士で、その・・(相談者)

直接話すんじゃなくて・・(相談者)

一つ間隔を置いて・・弁護士さん同士で、お話するっていう・・(相談者)

お話・・だから、こちらも、弁護士さんを立てた方がいいのかな?・・って、それをちょっと、お聞きしたかったんです。(相談者)

そのぅ・・息子さんからなんか、相談されてる・・わけですか、今?(加藤諦三)

いえ、そうじゃなくて先生あの・・(相談者)

こちらでは、どういう態度を・・(相談者)

あのぅ・・態度っていうか、こちらは、こちらで弁護士さんを立てて、話した方がいいのか?・・っていうことを、お聞きしたかったんですけど。(相談者)
ぁぁ・・(加藤諦三)

なるほどねぇ。(加藤諦三)

ただ・・(加藤諦三)

あなたは・・(加藤諦三)

その、夫婦同士で話したい・・(加藤諦三)
それが不可能になったみたいなんですよ、やっぱり。(相談者)

あのぅ、こちらで、話し合いもちょっと・・話もしないで済む、そういう弁護士さんじゃなくて・・(相談者)

「話し合いをしたい」って言ったんですけれど・・向こうは、もう、弁護士さんを・・(相談者)

間(あいだ)に入れて、速達で手紙が来たので・・(相談者)

こちらは、どういう態度・・(相談者)
もう、直接は、は、は、話したく・・(加藤諦三)
どういう態度をとったらいいか?(相談者)
ぁぁ、対応の仕方ですねぇ?(加藤諦三)
はぁい、そうですね。(相談者)
こちらのねぇ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)

今日はあの、スタジオに・・幼児教育研究の、大原・・敬子先生がいら・・いらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、よろしくお願いしまーす。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この手の ご相談 に 共通することでしたね。
     ご相談者が しゃしゃり出ると ろくなことは 無い!

  2. 嫌だなあ~こういう我が強い人って。関わりになりたくないです。
    旦那も息子も逆らうととんでもないことになるから放置してるんでしょうね。
    息子もマザコンでしょう。嫁さんを庇ってやる力もない情けない男。
    嫁さんが逃げ出すのも無理ないです。
    せめてこの家を出て嫁さんと独立した家庭を築く気概があれば結婚継続もアリだったかもしれませんけど、事ここに至っては修復不能でしょう。

    暴君として君臨していながら癒しは犬だけなんて哀れな人生です。

  3. 相談しておきながら、なんでこういう反撃的な切り返し方をするのか。
    姑?にさんざんやられたと言いながら、結局は同じじゃん、嫁に対する敵意が渦巻いていたんだ。。。
    息子さんの奥さん、幸せになれますよ。
    逃げ出して大正解です。

    いやな人だった。
    不出来な人だ。
    学びがなかったのね~

この記事にはコメントできません。