テレフォン人生相談

脅迫まがいのパワハラ
テレフォン人生相談2019年2月28日(木)は、柴田理恵&大迫恵美子。48歳男性から、25年間勤めている会社に天下りで警察OBが上司として来た。勘違いによる脅迫まがいのパワハラで、適応障害に鬱病で半年間休職中。辞めるべきか、それとも復職すべきか?年齢的にも次の仕事は難しいし、裁判はリスクが高い。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:49歳男性 妻38歳 一人息子18歳(社会人) 職場の上司(警察OBの天下り)

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田)

こん・・(柴田)
あ、もしもし?(相談者)
はい・・(柴田)
よろしくお願い致します。(相談者)
こんにちは・・はい・・(柴田)
こんにちは。(相談者)
今日は・・どんな、ご相談ですか?(柴田)

・・

今現在ですね。(相談者)
はい。(柴田)

えーっと、ちょっとあの、職場・・の、環境・・が・・ちょっとあのぅ・・悪くて。(相談者)
はぁい。(柴田)

でぇ、ちょっとあの、パワハラを受けまして。(相談者)

でぇ・・(相談者)
パワハラ?(柴田)
・・
はい。(相談者)
はい。(柴田)

でぇ、ちょっと、きゅ・・休職してる所なんですよ。(相談者)
はあ・・(柴田)

はい。(柴田)
でぇ・・6ヶ月ほど今、休職してるとこなんですが。(相談者)
はぁい。(柴田)
・・
はぁい。(柴田)

この先あのぅ・・(相談者)

復職するべきなのか・・(相談者)
はい。(柴田)

まぁ、やなり辞めて、新しい道を・・(相談者)

選択するべきなのか・・っていうところで・・(相談者)

ちょっと迷ってる・・んですよ。(相談者)
あっ・・はぁい。(柴田)
はい。(相談者)
あの・・(柴田)

あなた今おいくつですか?(柴田)

40・・9歳です。(相談者)
40・・9、えっと、ご結婚なさってますか?(柴田)

はぁい。(相談者)

お、奥様は、おいくつですか?(柴田)

妻は38です。(相談者)

30・・8・・お子さんいらっしゃるんですか?(柴田)

はぁい。(相談者)
えっと・・上から教えてください。(柴田)

あっ、一人しかいないんですが・・(相談者)
あっ、はぁい。(柴田)
はい、子供はもう、あの、18歳で、あの、社会人になってます。(相談者)

ああ、そうですか?(柴田)
はい。(相談者)
女の・・お子さんですか?(柴田)
・・
男の子・・(柴田)
男の子です、はい。(相談者)
男のお子さんですか?(柴田)
はい。(相談者)
ああ、そうですか・・(柴田)
はい。(相談者)
じゃあ・・(柴田)

一応社会人になってらっしゃるってことは、お子さんが・・(柴田)
はい。(相談者)
あのぅ・・(柴田)

まずは、子育ては心配ないですよねぇ?(柴田)

そうですね、はい。(相談者)
じゃあ、今その・・休職・・なさってるのを、お・・奥さんはまず、どういうふうに・・おっしゃってるんですかねぇ?(柴田)

フゥ・・(相談者)

家内も仕事はしてますのでぇ。(相談者)
はぁい。(柴田)

あまりそのぅ・・ま、それでちょっとあの・・(相談者)

そのパワハラの内容が、ちょっと・・(相談者)

酷かったのでぇ・・(相談者)
うん。(柴田)

家内のほうも、あのぅ・・ま、無理に・・(相談者)

まぁ、仕事に、復職・・しなさいっていうことは、言わないんですがぁ・・(相談者)
ああ・・そうですか。(柴田)
やは・・ええ、やはりあのぅ・・(相談者)

あの地方なのでぇ。(相談者)
うん・・(柴田)
・・
あの、ま、家内が仕事しているとはいえ、あのぅ・・(相談者)
うん。(柴田)
やはり・・(相談者)

家内の給料だけでは、や・・やはり、せ、生活・・が、やっぱり、厳しいのでぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田)

やっぱり、内心はやっぱり仕事して・・(相談者)

欲しいっていう気持ちは・・(相談者)
うーーん・・(柴田)
あると思うんですよ。(相談者)
はぁい。(柴田)

そのぅ・・パワハラの内容・・っていうのは・・(柴田)

はぁい。(相談者)
どういったことだったんですかねぇ?(柴田)

シィ・・そうですねぇ、あのぅ・・(相談者)

スゥ・・もうとにかく・・スゥ・・一方的にですねぇ。(相談者)
はい。(柴田)

仕事の・・ま・・(相談者)

ま、ちょっと、落ち度・・(相談者)

ではないんですが。(相談者)
うん。(柴田)
あの・・まぁ、ま、相手の勘違いの(苦笑)、部分なんですけども。(相談者)
おん・・(柴田)

でぇ、まぁ、あのぅ・・もうとにかく・・(相談者)

もう、なんて言うんでしょうか?(相談者)

ぁ、あなたを・・もう・・(相談者)

・・

「晒し者にしてやる」・・(相談者)

とかですね。(相談者)

うん・・(柴田)
もう・・(相談者)

「職場に復帰できないようにしてやるぞ」みたいな・・(相談者)

内容のことを・・(相談者)

う、うん、上司から?(柴田)
あのぅ・・(相談者)
言われるってことですか?(柴田)
はぁい、上司から言われてぇ・・(相談者)

はぁい、もう・・(相談者)
一人の・・上司ですか?(柴田)

そうです、あのぅ・・(相談者)

ひと、一人の上司・・(相談者)

ほう・・(柴田)

でぇ、例えばね、あなたが・・(柴田)

小さなことであれ、何かこう・・(柴田)

仕事上ミスを・・(柴田)

したことがあったとして。(柴田)

はぁい。(相談者)
そのことについて・・必要以上に厳しく・・(柴田)

叱責したり・・(柴田)

ソウデス・・(相談者)
そういうことでしょうか?(柴田)

ぇ、あのぅ、それが、あの、まぁ・・スィィ・・(相談者)

あのぅ、相手の勘違いだったんですよ、勘違いでぇ・・(相談者)
あ、上司の勘違いで?(柴田)
あ、はぁい、でぇ・・(相談者)
はい、はい。(柴田)
でぇ、もう、結局・・スゥ・・あのその・・(相談者)

んっと、上司と言うのが・・(相談者)
うん・・(柴田)

まぁ、わたしの仕事・・自体があのぅ・・ちょっと、特殊な仕事してましてぇ。(相談者)
はぁい。(柴田)

上司っというのが・・(相談者)
うん。(柴田)

警察の・・(相談者)

OBなんですね。(相談者)
ああ・・はぁい、はぁい、はぁい・・うん。(柴田)
でぇ・・あのぅ・・まぁ、わたし・・(相談者)

自体はその職場・・に・・25年間、勤めてはいるんですがぁ。(相談者)
ああ、はぁい、はぁい。(柴田)
ま、そのぅ・・その方は、まぁ・・(相談者)

ま、2年ぐらい・・しか、一緒に仕事してない・・んですよ。(相談者)
うん・・はいはい。(柴田)
でぇ・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

ま、要は・・(相談者)

言えば、天下りで・・(相談者)

うんうんうん。(柴田)
来られた方なんですが・・(相談者)
うん・・うん。(柴田)
ま、そのぅ・・方・・が、もう・・(相談者)

もう、もう、発言されるとき・・というのは、もう、一方的に、決めつけて・・(相談者)
ああ、ああ・・(柴田)
される・・方なんで・・(相談者)
なるほど。(柴田)
すよ。(相談者)
うん・・(柴田)
でぇ・・(相談者)

で、自分が言った事・・っていうのはもう、絶対、引かない・・って言うか(苦笑)・・(相談者)
はああ・・(柴田)
もう、こう・・(相談者)
勘違いなのに?(柴田)

はぁい(苦笑)。(相談者)

でぇ・・(相談者)
それを誰か、言ってくれる・・見てくれる人っていうのはいないんですか?(柴田)

あ・・(相談者)
その、もっと上とか?(柴田)

そうですね、それがもう・・半年前に、ま、そういう事件が起こりましたてぇ。(相談者)
はぁい。(柴田)
・・
総務・・(相談者)

うん。(柴田)
関係の・・部長とかにも、お話はしたんですが。(相談者)
はぁい。(柴田)

でぇ、まぁ、わたし自体が、ちょっとあのぅ・・(相談者)

ま、病院に今、通院してましてぇ。(相談者)
うん、あっ・・(柴田)
でぇ・・(相談者)

鬱病と・・(相談者)

ちょっと適応障害・・っていうことで、ちょっとあのぅ・・(相談者)
はぁい・・(柴田)
病院の診断受けてるんですね。(相談者)
あ、はぁい、はぁい。(柴田)
んでぇ、総務の・・部長に話をしたんですがぁ。(相談者)
はぁい。(柴田)

ま、会社としては・・(相談者)

もう穏便に済ませようということでぇ・・(相談者)
うーーん・・(柴田)
まぁ、相手がもう・・(相談者)

まぁ、は、反省してるとこがみえるから、結局はもう・・(相談者)

・・

うーん・・(柴田)
これ・・これで水・・(相談者)
あの・・(相談者)

に、流さないか・・みたいな感じの話をされるんですよ。(相談者)
ウーン・・じょ・・上司の人の、せい・・でぇ・・(柴田)

そのぅ、適応障害とか、鬱・・の、症状が出たんですか?(柴田)

そうです。(相談者)

うーーーん・・(柴田)

わたしも、ここまでくるまでにあのぅ・・まぁ・・(相談者)

正直な・・(相談者)

ところ、そのぅ・・(相談者)

まぁ、労働局とか・・(相談者)
はぁい。(柴田)

まぁ、ちょっと弁護士とか・・に、軽くですね。(相談者)
はい。(柴田)
あのぅ・・ま、無料の・・(相談者)

市がやってる、弁護士相談みたいなところに・・(相談者)
あっ・・はぁい・・(柴田)
相談したんですがぁ。(相談者)
はぁい。(柴田)

どこに相談しても、もう・・(相談者)

な、内容的なこと、ぎ・・あ、わたしが、わたしが一方的な話なんですが。(相談者)
はぁい。(柴田)
ま、わたしの話を聞いてくれた上では・・(相談者)

もう・・(相談者)

「100%、あなたの方が、正しい」と。(相談者)
うん・・(柴田)
でぇ・・もう相手の方は、これはもう・・(相談者)

正直、パワハラを、の、限度を超えて、脅迫だ、みたいなことまで、やっぱ言われるん・・ですよ。(相談者)
うん・・はぁい、はぁい。(柴田)

あなたとしては・・(柴田)

はい。(相談者)
せっかくこの25年間、勤めたこの職場を・・(柴田)

はぁい。(相談者)

離れたくはないわけですか?(柴田)

そのもしも、その上司がいなくなれば。(柴田)

スゥ・・とか。(柴田)
あの・・ははは・・(相談者)
うん。(柴田)
そうです、あの・・(相談者)
うん。(柴田)
ま、わたし・・も、ま、あのぅ・・(相談者)

25年間勤めてきて年齢が・・(相談者)

49歳なのでぇ。(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田)

やはりもう・・リミットが近い・・っていう・・か、もう・・(相談者)
うん、そうですねぇ・・(柴田)
結局、次の仕事、探そうになかなか、やっぱりこう・・(相談者)
そうですねぇ・・(柴田)
難しくなってきます。(相談者)

その・・(柴田)

警察OBの・・(柴田)

はい。(相談者)
天下りの上司・・(柴田)

はい。(相談者)
その人は・・(柴田)

いなくならないんですか?(柴田)

シィ・・一応ですねぇ・・(相談者)
うん。(柴田)
来年の・・(相談者)

4月には・・(相談者)

その方・・っていうのは、一応・・(相談者)

ま、ま、あのぅ・・満了・・ってことにはなるんですよ。(相談者)

部署を異動するとか・・(柴田)

その・・(柴田)
はい。(相談者)

その期間だけでも、そういうことって、できないんですか?(柴田)

今・・(相談者)

部署を変えてもらったところでぇ・・(相談者)
うん。(柴田)

やはりその・・(相談者)

あとのことが・・ちょっとやっぱり・・(相談者)

ま、不安っていうか、怖いところも、正直な・・(相談者)

ところ、ありましてぇ。(相談者)

まぁ、考え過ぎ・・なところも、あるのかもしれないんですがぁ。(相談者)

ちょっと先生に聞いてみましょうよ。(柴田)

はぁい・・(相談者)
ねえ・・(柴田)

今日の回答者の先生は・・(柴田)
はい。(相談者)
弁護士の大迫恵美子先生です。(柴田)

はい。(相談者)
先生、おねがいします。(柴田)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 泣き寝入りしないで声をあげる人が増えてくることでしか、パワハラは減らせないでしょうね。
    被害者にとっては大変な負担ですけど。

    録音録画が簡単にできる時代ですから、裁判で使える証拠は集めやすくはなってるのが救いですね。

  2. 泣き寝入りするか、辞める覚悟で裁判しかない訳ですが・・・
    こんなウジウジした相談者に決断出来るんですかな?
    証拠握ってるのか、も怪しいんですが(話だけなら幾らでも言えるけどなあ)

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.