テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月11日(水)は、ドリアン助川&マドモアゼル愛。親が離婚し母親と暮らすも経済的理由から高校中退し働き始める。17歳の時、親と不仲になり家を出た34歳の男性からの相談。付き合っている彼女と結婚しようと思っているが、彼女は普通の家庭で両親とも兄弟とも仲が良い。その彼女の親に両親と疎遠になっている自分、学歴のない自分を受け入れてもらえるかどうか心配という相談。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:34歳男性(会社員) 結婚しようと思っている彼女31歳 付き合って2年 相談者家族 離婚した両親 母親と住むも17歳の時に高校を辞めて家を出る 姉がいる 彼女には両親と兄弟あり

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

あ、もしもし・・よろしくお願い致します。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

今日、どんなご相談ですか?(ドリアン助川)

えーっと、彼女との・・(相談者)

ま、結婚について、ちょっとご相談がありまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
どういうことでしょう?(ドリアン助川)

ま、ちょっと将来、結婚・・を、今、付き合ってる彼女と・・(相談者)

ま、したいなと思っているんですけれども。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

自分・・の方の・・(相談者)

ちょっと両親とあまり・・(相談者)

ま、仲が良くなくてぇ。(相談者)

はい・・(ドリアン助川)

現在・・ちょっと、もう何年も会ってない、連絡もとってないような・・状態なんですね。(相談者)
うん、ふん、ふん・・(ドリアン助川)

あなたが・・あなたの両親と・・ってことですか?(ドリアン助川)
そうです、はい。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

・・

それでぇ・・(相談者)

え・・ま、その向こうの両親に・・どのように説明をするべきなのか・・っていうところと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
それをクリアしていくためには・・(相談者)

何かいい方法ありますか?っていう・・とこなんですけども。(相談者)
ああ・・なるほどなるほど。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
じゃあ、もう少し詳しく教えてくださいね。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
えーっと、あなた様おいくつですか?(ドリアン助川)

30・・4です。(相談者)
34歳。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
お勤め?(ドリアン助川)

そうです、会社員です。(相談者)
会社員?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

でぇ、え・・彼女は、おいくつ?(ドリアン助川)

31です。(相談者)
31歳。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
もう付き合って長いんですか?(ドリアン助川)

えーっと・・2年・・ぐらいになります。(相談者)
2年ぐらい?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うん、でぇ・・(ドリアン助川)

結婚しようという雰囲気にはもうなってるんですか?(ドリアン助川)

そうですね、当人同士・・あくまでも当人同士ですけども。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はい、ま、したいという風に・・両方・・(相談者)

考えてます。(相談者)
思ってる?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
もうそれは、言葉で、確認し合った?(ドリアン助川)

ぅ、そうですねぇ。(相談者)
あ、そうですか。(ドリアン助川)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
ねぇ、まぁ、それを・・そのものはねぇ・・おめでたいことですけども・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
そこに来てちょっと・・(ドリアン助川)

うーん・・っていうのが・・あなたが両親と仲が悪い?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・何年ぐらい・・口利いてないんですか?(ドリアン助川)

・・

5年・・から、6年ぐらいはもう。(相談者)

連絡とってないですね。(相談者)

この両親、お母さんお父さんと・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
両方と仲が悪いの?(ドリアン助川)

そうですねぇ・・はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

これ・・具体的には何があって、こんな・・決裂しちゃったんですか?ご両親と。(ドリアン助川)

わたしが高校生ぐらいの時に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

えーっと、両親が離婚しましてぇ。(相談者)
あっ・・そう?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
ほぅ・・(ドリアン助川)

その時・・に、わたしは、母親のほうについたんですけども。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

はい・・(相談者)

でぇ、まぁ、高校生だったんですけど・・(相談者)

ま、経済的に厳しくなる・・(相談者)

なるだろうなっていうのもちろん、予想ついたので・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
学校を僕が・・(相談者)

高校をやめて・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
働きに出たんですよ。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

でぇ、そこからただ、母親は、まぁ、「高校ぐらいは、卒業しなさい」・・っていう、意見と・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ、わたしとしては、あのぅ・・(相談者)

・・

親の為に、まぁ、少しでも・・と思って働く・・っていう、選択をしたつもりだったんで、そこから・・そのぐらいからちょっと・・意見が・・(相談者)

というか、仲が悪くなったような・・形ですねぇ。(相談者)
お母さんと?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

こういうのはねぇ、あのぅ・・感情のもつれとか・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
でぇあのぅ・・ぶつかり合うことは・・(ドリアン助川)

いっぱいあると思うんですけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
しかし、基本的には・・そのぅ・・まぁ、喧嘩半分、仲直り半分というか・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
え・・そういう風にはならなかった?(ドリアン助川)

・・

そうですねぇ・・でも、わたしがもう、あの、家に居るのが嫌になってしまってぇ・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

働きに出てもうすぐ・・(相談者)

家を出ちゃったんですよ。(相談者)
あ、あなたが家を出ちゃったんだね。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

あなた・・ご兄弟は?(ドリアン助川)

は(わ)、姉がいます。(相談者)

三人・・(相談者)
お姉ちゃんはどうしてる?(ドリアン助川)

お姉さんは、えっと・・母と一緒にいる・・と思います。(相談者)

じゃぁお姉ちゃんとも話はしてない?(ドリアン助川)

してないです、はい。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

えーっと、あなたが家を飛び出してしまったのは、あなたがおいくつの時?(ドリアン助川)

17歳です。(相談者)
ぁぁ、キツイねぇ。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)

うん、でも・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
両親が離婚をしなければ、こんな苦労しなくても済んだのに・・と、思った時もあるでしょう?(ドリアン助川)
もちろんありますね・・はい。(相談者)
ねえ・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

でぇ、17歳で家を飛び出して、働きに出て・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
それからずーっと、今まで働いてきた?(ドリアン助川)

そうです、はい。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

それでぇ・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
ええっと・・お父さんは?・・お父さんとは連絡とってないんですか?(ドリアン助川)

それもホント5~6年・・前・・ですねぇ・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)
に、あのぅ・・ま、わたしから見て・・えっと、祖母・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
が、亡くな・・(相談者)

ってしまった時に・・(相談者)
お父さんのお母さん?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

に、一応、それだけ、連絡がありました。(相談者)

一方でぇ・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・あなたがお付き合いしてる彼女というのは。(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

もう、こういう言い方をしたらアレですけれども・・どんなご家庭なんですか?(ドリアン助川)

ごく一般的に両親が居て。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

兄弟が居て。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

兄弟同士も、仲良いですし。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
親と子供も、仲良いですし。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

でぇ、向こうの親御さんが、自営業されてるんですよ。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

もう両親が常に家に居る。(相談者)

ま、仕事で出ることあっても・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
基本的には、自営業で家に居る。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)

そういうご家庭で、まぁ真逆って言ったら、真逆でぇ。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

という・・たぶん環境だと思います。(相談者)

でぇ、あなたがそういうご苦労があった・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あのぅ・・育ち方だということは、彼女はわかってるんですね?(ドリアン助川)

すべてを話してないですけど・・基本的に今お話ししたような内容は・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

は(わ)、お伝え・・伝えてはあります。(相談者)
もう・・基礎的なことはわかってると。(ドリアン助川)
はぁい、はい。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

でもあなたアレだねぇ、全然こう喋ってて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
なんかこう・・過去に・・(ドリアン助川)

「俺、グレちゃってぇ」・・みたいなとこは、全然ないですねぇ。(ドリアン助川)

今ないだけで、ちょっとは・・ありましたねぇ。(相談者)
ちょっとはありました?(ドリアン助川)
ありました、はい、10代の頃は、はい。(相談者)
うーーん・・10代の頃?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

ちょっと・・グレちゃった?(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
まぁ、行き場がなかったっていうのもあるし・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
ねえ・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

それじゃあもうあのぅ・・あなたの苦労もわかってるし。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・二人、どうですか?今、二人、一緒に居て・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
なんか我慢しなきゃいけない二人じゃなくて、本当に心から居て楽しいですか?(ドリアン助川)
うん、そうなんですよね、はい。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)

でぇ・・もう、お互いにじゃあ、一緒になろうなって・・なろうね・・ってこと、言い合ってると?(ドリアン助川)

そうですね、ま、具体的に・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
こう・・(相談者)

あの、プロポーズしたとかそういうわけではないんですけども。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
それで、あなたの目下(もっか)の問題としては、なんか、そこがクリアできたらねぇ・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あんまり問題ないんじゃないか・・っていう気もするんですけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あなたとしては・・(ドリアン助川)

え・・向こうの両親に・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
自分のこれまでの、なんと言うか、生きてきたこと、日々を・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)

どう説明したらいいんだろう?と。(ドリアン助川)

という・・ところですねぇ。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
はぁい・・はい。(相談者)
それでぇ、あとは・・両親・・(ドリアン助川)

とも、どうなんですか?両親と・・もう一回、なんかこう・・(ドリアン助川)

きちんと話をしたいなーっていう気持ちはあるんですか?(ドリアン助川)

正直それは期待してないですねぇ。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
期待してないというか、まぁ、それは・・(相談者)

うーん、第一希望としては、それなしでぇ・・まぁ結婚が、円滑にできれば・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

一番は、それが第一希望です。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

じゃあ、あのぅ・・わかった!(ドリアン助川)

えーっと、二人の結婚を。(ドリアン助川)

はい?(相談者)
相手の両親に・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あのぅ・・(ドリアン助川)

歓迎してほしいと。(ドリアン助川)

ま、そうですねぇ。(相談者)
ねえ。(ドリアン助川)
もちろん、もちろん、それが一番、はい。(相談者)
ぅ、うん。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
でぇ・・その為には・・(ドリアン助川)

わたし・・は・・どうしましょう?ってことですねぇ?(ドリアン助川)

そうですね、はい。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

でもさぁ。(ドリアン助川)

はぁい?(相談者)

もしねぇ・・(ドリアン助川)

二人がこんなに愛し合ってるのに。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

向こうの親が・・許可してくれないん・・だったら。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

もう、駆け落ちっていう手があるわけですよ。(ドリアン助川)

まぁ、そう・・(相談者)

そう・・ですねぇ・・(相談者)
ねえ・・(ドリアン助川)

それ・・いや、まぁ・・(相談者)
もう、やったるって感じでぇ・・そういう方法もあるわけですよ。(ドリアン助川)
ぇ、まぁ、そうですねぇ・・(相談者)
ええ・・それぐらいの気持ちもある?(ドリアン助川)

・・

僕個人としてはありますけど・・(相談者)
ありますか?(ドリアン助川)
ぁ、はぁい・・(相談者)
じゃあ、何が一番良い方法なのか・・(ドリアン助川)

そうですねぇ。(相談者)
人生の・・先輩にそう・・相談してみましょう。(ドリアン助川)

はい、お願いします。(相談者)
はい、心についてのエッセイスト、マドモアゼル愛先生です!(ドリアン助川)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 相談者さん、うまくいかれますように。
    これまでご両親に頼らず(頼れず)、人にはわからないご苦労がたくさんあったことと思います。
    結婚という節目に際して、相手のご両親に認めてもらえるかどうか不安になる気持ちもわかるなぁと思いました。
    でも今回、愛先生に背中を押していただいて、頑張ってきた自分を認める気持ちがわいてきたのではないでしょうか。
    17歳で自立し、ご自分を打ち立ててこられたこと、これからは誇りにされ、宝として生きていけるような力強いアドバイスをいただこたのではと思います。
    これまでご苦労されたぶん、彼女とお幸せになってください。見ず知らずの者ですが、私も応援しています!

この記事にはコメントできません。