テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2019年1月26日(土)は、今井通子&塩谷崇之。66歳男性から、統合失調症の相談者、親子、兄弟関係で相談。2年前に他界した父の相続では何ももらえず、兄から内緒で毎月10万円のお小遣いをもらっている。障害年金とアルバイトだけでは生活できず、それが途切れたら、やっていけない。どうしたらいいか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:今井通子
回答者:塩谷崇之(弁護士)
相談者:66歳男性(独身・統合失調症) 一人暮らし 兄68歳(配偶者あり・養子縁組した息子1人) 母90歳 父は2年前に他界 ※相談途中で義理の息子は義理の弟と表現されている

もしもし・・テレフォン人生相談です。(今井)

はい、どうも。(相談者)

はい。(今井)

今日はどういったご相談ですか?(今井)

ぅ、ぅ・・っと、あのぅ、ちょっと・・(相談者)

親子関係というか兄弟ですけどねぇ。(相談者)

まず、あなたおいくつですか?(今井)

60・・6です。(相談者)
60・・6歳・・(今井)

はい。(相談者)

ご結婚されてますか?(今井)

いいえ。(相談者)

・・

お父様、お母様は?(今井)

ああ、父は2年ほど前にタヒにました・・他界しました。(相談者)
はい。(今井)

お母様は?(今井)
母は・・(相談者)

健在ですけども。(相談者)
はい、おいくつ?(今井)

えーっと、90・・ですね。(相談者)
90歳・・(今井)

はい。(今井)
はい。(相談者)

でぇ・・(今井)

ご兄弟が・・いらっしゃるのね?(今井)

はい、兄貴が一人、僕が弟です。(相談者)

お兄さんはおいくつ?(今井)

60・・(相談者)

えっと、8ですね。(相談者)
60・・8歳・・(今井)

はい。(相談者)
でぇ・・(今井)

ご一緒に住んでらっしゃるのは、これだけです・・あの、皆さん?(今井)

いえいえ、まぁあのぅ・・母も僕も、兄貴夫婦も別々に住んでます。(相談者)

・・

父の遺産

でぇ、さっきチラッと、親子・・や、兄弟・・関係・・云々・・(今井)
っていうかねぇ・・(相談者)
うん。(今井)
あの、家族関係でねぇ・・(相談者)

はい。(今井)

僕に対して、もう扱いちゅうのがちょっと・・(相談者)

あ、問題っていうか、アレなんで。(相談者)

人権侵害言うたら、アレなんですけども、なんか・・(相談者)
ああ・・なるほどなるほど。(今井)
はい。(相談者)

あのぅ・・(相談者)
家族関係・・的に・・(今井)

そうです・・あの・・(相談者)
あなたに対して・・(今井)
はい。(相談者)
他の・・お、例えば、お母様も・・(今井)

お兄様も・・(今井)
いや、母親は・・あんまり言わないんですけどね。(相談者)
はい・・じゃあ、お兄様?(今井)

あに・・兄貴の方がねぇ・・(相談者)
うん。(今井)

お金の・・使ってる・・(相談者)

「家計を見せ」とかねぇ・・(相談者)

はい。(今井)

「お前の家行って、ちょっと、家の様子、み・・見たい」とかいうて、言うんですけども、もう・・見せてないんですけどね。(相談者)

ふん。(今井)

うんでぇ・・お金の使い道も、こういうことで、使こうてるから・・ちゅうんでぇ・・一応、大まかには渡したんですけどねぇ。(相談者)

お金の使い方を・・(今井)

なんかお兄様がチェックされるっていう事?(今井)

・・

うん、だからねぇ、あの、兄・・が、ちょっとあんまり・・(相談者)

言われへんで、内緒で・・生活費を10万円、もらってるんですわ。(相談者)

うん?誰から?(今井)

兄貴がね。(相談者)
あっ・・お兄さん・・(今井)
あ、一応・・(相談者)
ふんふん、あっ・・(今井)
一応ね。(相談者)
うん。(今井)
兄貴と・・兄貴の息子が・・兄貴の息子は・・(相談者)

はい。(今井)
あの養子縁組で・・(相談者)

財産もらうとしたら、僕と兄貴と、兄貴の息子がもらうことになるんですけども。(相談者)

他界したのは・・(相談者)

2年前ですので、その時に・・(相談者)

ああ、お父様ね。(今井)
あの・・(相談者)

はい。(相談者)
はい。(今井)

他界しまして。(相談者)
うん。(今井)

それで・・(今井)

お父様、2年前に他界されたときに。(今井)

はい。(相談者)

え・・要するに、遺産相続としては・・(今井)

はい。(相談者)
お母様にも、行ったでしょう、まず。(今井)

はい。(相談者)
そして・・(今井)

まぁ、あのぅ・・普通に言うと・・あとの半分を・・お兄さんとあなたが・・半分ずつするっていう感じなんだけれども。(今井)

うん・・養子縁組で、息子がなってるので、3人で分けることになるんですけれども。(相談者)
でぇその・・養子縁組でなった・(今井)

息子さんっていうのは・・(今井)

はい。(相談者)

お父さんと、お母さんの息子さんってこと?(今井)

いやいや兄貴の息子です。(相談者)
お兄さんの息子さんですよねぇ?(今井)
うん。(相談者)

だからそうすると・・三分の一に・・(今井)

分けたということですね、財産は。(今井)

なるはずなんですけども・・(相談者)
はい。(今井)

お小遣いだけ

僕がちょっとあのぅ・・ちょっと、ええっと・・そういう・・ことで障害者の・・法律相談のとこで、ちょっと話して。(相談者)

そこへ一応、話したんですわ。(相談者)
ええっと、どなたが障害者なの?(今井)

一応僕・・精神の障害者なんですわ。(相談者)

ええ・・精神障害っていっぱいあるんですけど・・(今井)
うん。(相談者)
なんか病名は、病院でつきましたか?(今井)

そうです、勝手に病院でつけて、統合失調症になってますけど。(相談者)

なるほど。(今井)

これは、病院でつけたの?(今井)

そうです、それで年金も・・(相談者)
それ、精神・・(今井)
障害年金になってます。(相談者)
ああ・・なるほどね。(今井)

はい。(相談者)
はい。(今井)

それで?(今井)

そのことが・・どういうふうに関係したんでしょう?(今井)

値打ちもない・・ところの・・金額のもんばっかしやったら渡すけど・・っていう、かた・・話になったんで・・(相談者)

うん?(今井)

・・

それぇ・・法律・・(今井)
値打ちのない山林ですわ、山林。(相談者)

あなたには・・(相談者)

山林しかあげないって言ったのね?お兄さんが。(今井)

そうです、山林っちゅうか、もう、役に立たんとこばっかりね。(相談者)

うん。(今井)

いやもう兄貴はだから・・あの・・(相談者)
でぇ・・お兄さんは・・どことったの?(今井)

・・

いいとこばっかりですよ。(相談者)
いいところ・・って、どこ?(今井)

だから・・広い土地に・・家、建ってるとこです。(相談者)
広い土地と・・(今井)

うん。(相談者)
それから、え・・家・・家?(今井)

そうです。(相談者)

そのぅ・・義理の・・おと・・弟さん・・(今井)
はい。(相談者)
義理の弟さんは・・どこ取ったの?(今井)

同じようなとこ、ちょっと、小さいとこやけど、そこはもう、分割で・・(相談者)

辺鄙(へんぴ)なとこやから、なんて言うてましたけどねぇ。(相談者)

うん、でも、でも、広い土地があるのね。(今井)

そうです。(相談者)

はい。(今井)

・・

それでぇ・・結局・・あなた自身は、そうすると、山林だけだから不満なんですね?(今井)

いやだから山林ももらってないんですよ。(相談者)

うん?(今井)

山林ももらってないんで、結局ね・・(相談者)

それで書類を作るときに、もう勝手に作ってしもうて、もうこれに同意しろっていう形になってしまって・・(相談者)

「実印を押してくれ」ってなって、母親も、「ええから押しとけ」いう話になったからね。(相談者)

・・

はい。(今井)
もうしょうがなしにもう・・押したんですよ。(相談者)
はい。(今井)

うん、ほんでぇ・・(相談者)

僕は・・だから、なんもないんですよ。(相談者)

あのぅ・・兄貴からもらう・・月10万の、おこ、お小遣いだけ、生活費だけですわ。(相談者)

生活できない

一応ですね。(今井)

あなた自身は、今・・(今井)

お仕事は何かされてんですか?(今井)

・・

今はちょっとやってないですが、アルバイト程度ですね。(相談者)

アルバイトはされてる?(今井)

はい。(相談者)
はい。(今井)

これは・・普通にアルバイト・・できてるんですか?(今井)

・・

はい、一応やってますけどね。(相談者)
はい。(今井)

じゃあ、それで・・どれぐらい収入あるの?(今井)

・・

多い時で10万とか・・少なかったら・・4、5万ですね。(相談者)

ということで、そうすると・・(今井)

あなたは・・その、ええっと・・障害者・・用の・・(今井)

障害年金。(相談者)

はい。(今井)

障害年金と・・(今井)

はい。(相談者)
お兄さんの10万と・・(今井)

はい。(相談者)
アルバイトの・・(今井)

4、5万から、10万の間・・(今井)

はい。(相談者)

これで・・(今井)

日々、生活してらっしゃるわけね?(今井)

そうです。(相談者)
そうなると・・(今井)

今日のご相談は・・なんですか?(今井)

あのぅ・・だから、これからどう・・したらええか、わからなくなってねぇ・・(相談者)

それで・・兄貴が・・兄貴から10万もらってるけども、それを・・(相談者)

なくなったらもう・・生活できひんし・・(相談者)

どう・・どうしたらええかなぁ?(相談者)

うんうん。(今井)

うん、だから・・(相談者)
わかりました。(今井)
はい。(相談者)
今日はですねぇ、弁護士の塩谷崇之先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います、先生、よろしくお願い致します。(今井)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 実印押しちゃった後からグズグズ言ってもダメ。
    納得いくまで判はつくべきじゃなかった。
    自分が障碍者だってことに甘えてる。

    お兄さんから見れば、この無能な弟に財産渡したらあっという間に無駄遣いしちゃうか誰かに騙し取られちゃうだろうってことだったんじゃないの?
    だったら俺(兄)が管理して月々小出しで与えるべきだ、と考えたんでしょ。

    信託財産にでもすればもっとスッキリできたと思いますけどね。
    お兄ちゃんにすがらなきゃ生きてゆけない形には問題が多すぎます。
    自立できるようにしなさいってのが回答者さんたちからのアドバイスですね。

この記事にはコメントできません。