テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年10月5日(金)は、加藤諦三&坂井眞。52歳女性から、別居中で13年会話のない夫。夫との共有名義マンションに娘二人と暮らしているが、ローン債務者の夫の支払いが滞り差し押さえ寸前になった。残債は1千万、事情があり転居できないので、離婚後は自分がローンを払ってもいい。どのような手順で行えばいい?
加藤諦三氏の〆の言葉『愛には意思が伴って初めて真の愛になります』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:坂井眞(弁護士) 
相談者:52歳女性 夫50歳 結婚20年、別居中で13年間会話なし・相談者の実姉を介してやり取りをしている 子供二人と三人暮らし 長女19歳と次女14歳

もしもし?(加藤諦三)
あっ、もしもし?(相談者)
はい・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
はいすいません、はい、お願いします。(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

52歳です。(相談者)
52歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

えーっと、50です。(相談者)
50歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

お子さんは?(加藤諦三)

二人います。(相談者)

二人います・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
でぇ今・・(加藤諦三)

あの、じゃあ、四人で暮らしてるんですか?(加藤諦三)
いえ、三人で暮らしてます。(相談者)
三人ですか?(加藤諦三)
はい、主人は・・(相談者)
はい、わか・・はい?(加藤諦三)
いないです、一緒に暮らしてないです。(相談者)

はい・・(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)

今日の相談っていうのはどういう相談ですか?(加藤諦三)
えっとですね、えっと・・離婚を考えてまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)
え、でぇ・・それにあたって。(相談者)
はい。(加藤諦三)
その手順が・・(相談者)

え・・っと・・財産分与とかって事から・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう、あの手順が、それを優先・・順位として・・いけばちょっと、わからなくて。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
相談があるんですけど。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ、あのぅ・・(加藤諦三)

ぅ、離婚を考えているということで、お互いの・・会話の中に・・別れるとか離婚とかいということが、出てきてるわけではないんですか?(加藤諦三)
ではなくて・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
えっと、わ・・わたしとは一切あの・・(相談者)

もう、10、あの、何年も、えっと、会話はないので。(相談者)
はぁーん。(加藤諦三)
ぁ、あの、え・・一切ないんですね、ただ、あの・・えーっと、わたしの実の姉を介して、やりとりをしてるような状態ですね。(相談者)

お姉さんを通して、は、話を・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
する・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ふぅーん、何年もというのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
かなり長い・・んですか?(加藤諦三)

そうですね、15年ぐらい・・になります・・かね。(相談者)
ぅ、う、うん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
と・・(加藤諦三)

実際に会うのは・・一年にどのくらいなんですか?(加藤諦三)
あっ・・会わないです。(相談者)

・・

まったく会わないです。(相談者)
単身赴任から・・(加藤諦三)

ご主人は帰ってこない?(加藤諦三)

えっと、別に生活しているようです。(相談者)

別の方がいるようなんで。(相談者)
あ、あ・・(加藤諦三)

・・

別の方がいるようでというのは・・(加藤諦三)
は(わ)・・(相談者)
居るという・・ふうな、なんか・・(加藤諦三)

・・

あのぅ・・(相談者)

姉も、まぁ、わたし・・に、気を使って言わないこともありますけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
なんか、居るみたい・・な、感じはするよ・・っていうのは、言っているのでぇ・・(相談者)
はぁ・・ん・・(加藤諦三)

・・

そうすると・・(加藤諦三)

まぁ、も、もし、別の人が居る・・(加藤諦三)

あとでそのぅ・・弁護士の先生に伺いますけれども。(加藤諦三)

はい。(相談者)
別の方がいて、一緒に生活をしている・・か・・(加藤諦三)

それともそうでないか・・っていうのは、それなりに重要なことだと思うんですけれども。(加藤諦三)

そうです、はい。(相談者)
一応、別の人が居て・・一緒に生活をしてると。(加藤諦三)

そいでなきゃ、15年もっていう・・(加藤諦三)

会話がないっていうのはおかしいことかな?(加藤諦三)

そうですねあの、えっと他のその、他にあの、知人・・が居るんですけれども、姉ではない人からの、じょう・・(相談者)
うん・・うん。(加藤諦三)

あの、入ってきたりはするので。(相談者)
うん。(加藤諦三)
そうすると・・なんかこう・・(相談者)

あのぅ・・結婚を求められてるっていう・・話も・・その、人づてから聞い・・たりして、でぇ、その前にまぁ、あのぅ・・まだ、離婚してないので・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
もともと、そういうタイプの・・あの、男性なんですね、主人は。(相談者)

あのぅ・・(相談者)
ん?もともと・・そういうタイプっていうのは、どういうことですか?(加藤諦三)
そのぅ・・そういタイプっていうか、あのぅ・・今の生活・・も・・(相談者)

そうですね、うん、子供がいくら・・居ても・・新しい生活の方が、魅力的であれば、すぐそちらの方に移るっていうタイプです。(相談者)

はぁーん・・(加藤諦三)

その時その時で、要するに・・(加藤諦三)

まぁ、あなたと会った時は・・(加藤諦三)

ま、何十年前か知らないけど・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
情熱的になるけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)
スッと冷めて・・(加藤諦三)

なんか・・(加藤諦三)
そうですね、はい。(相談者)

ま、熱しやすくて冷めやすいと。(加藤諦三)
あっ・・そ、そうですね、はぁい。(相談者)

で・・(加藤諦三)
そういうタイプです、はい。(相談者)
ということは、あのぅ、親しくはなれないですね?(加藤諦三)

熱しや・・(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)
要するに、熱している・・ぅ・・(加藤諦三)

関係っていうのは、いつか冷めるわけですから・・(加藤諦三)
はぁい、はい。(相談者)
誰でも。(加藤諦三)

ええ。(相談者)
でぇ・・(加藤諦三)

続く関係っていうのは、そっから親しいという・・(加藤諦三)

関係になってくるわけですけれども。(加藤諦三)
はぁい・・はい。(相談者)
熱しやすくて冷めやすいっていうタイプは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その、人として親しくなるってことができないんですよねぇ。(加藤諦三)
うーーん、そう・・ですねぇ・・はぁい。(相談者)

うん。(加藤諦三)
うん・・(相談者)
それでぇ・・(加藤諦三)

戻りますけど。(加藤諦三)

はい。(相談者)
離婚・・考えている。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ・・話は、実際していない。(加藤諦三)
してない・・はい。(相談者)

それで、あなたの今日の相談っていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

ええ・・(相談者)
こういう状態の中で実際に・・(加藤諦三)

離婚の手続きを始めるの・・には・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
どういう手順があるのか?というのが・・今日のあなたの・・(加藤諦三)

ご相談ですか?(加藤諦三)
そうですね、あの、マンションの・・債務者・・(相談者)

主人ですねぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
でぇ・・マンションの権利を、二分の一ずつ持っているんです、所有しているんです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

マンションの、ローンが滞ってまして。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)
ちょっと、差し押さえになる・・(相談者)

事態になったんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ・・それがちょ・・今は、回避できたんですけれども。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ま、そういう件もあってぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そのマンションの権利を・・あの・・(相談者)

んっと・・(相談者)

あの、事情があって、ちょっと、あの、えっと・・移動が出来ない状態で。(相談者)
うん。(加藤諦三)

どうしても、ここの拠点から動かしたくないんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ただその、差し押さえになっちゃうと困るのでぇ。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
そのマンションの・・(相談者)

もうこのあとの・・支払いは、わたしに全部かか・・ってくるんですけど、一本(?)になると。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
でぇ、離婚をすると、まぁ、その財産の分与だとかって、きっちりしなければいけないのでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)
そこら辺のことを・・(加藤諦三)

ええ。(相談者)
あのぅ・・法律的に、よく・・あのぅ・・し、知りたいっていうことですね?(加藤諦三)
そうですねぇ。(相談者)
はぁい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はスタジオに、弁護士の坂井眞先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。