テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年8月27日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。56歳の男性から、四ヶ月ほど前、86歳の母親の調子が悪く入院し手術することになった。その折、親戚から「老人ホームに入れては?」と言われるも妻の前では返答せず。怒った妻と一ヶ月ほど口を利かなくなる。先週、病院から足腰の調子も良いので一人で生活できそうだと言われるも、老人ホームに入れる入れないで妻と言い争いになる。
加藤諦三氏の〆の言葉『優柔不断な人ほど、相手を「あなたの優柔不断が許せない!」と言います』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:56歳男性 妻54歳 長男26歳 長女24歳 次女16歳 長男長女は就職し家を出ており三人暮らし 別棟に住む母86歳

もしもし?(加藤諦三)
あ、もしもし、はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
ピー(ハウリング)
お世話になります。(相談者)
最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)
えーっと、56歳です。(相談者)
56歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)

奥さん何歳ですか?(加藤諦三)
え・・54です。(相談者)
54歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えーっと、26歳男・・24歳女・・え・・16歳女です。(相談者)

はい・・(加藤諦三)
ピー(ハウリング)
と、今・・(加藤諦三)
はい?(相談者)
五人で生活してるわけですね?(加藤諦三)
ええっともう・・上二人は・・あのぅ・・(相談者)
上二人・・(加藤諦三)
しゅう・・あの、就職してます。(相談者)
ぅ・・家、出てるんですね?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、わかりました、でぇ、どんな相談でしょうか?(加藤諦三)

老人ホームか一人で生活か

あ、すいません、え・・(相談者)

っと、四ヶ月ほど前から・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
母親の調子が悪くて、え・・入院して・・でぇ、その時・・に・・あの、親戚の方から・・(相談者)

もう、あの、「老人ホームに入れたら」っていう形で言われたんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

えーっと、わたしがその時に・・(相談者)

はっきりした返事を・・あの女房の前で言わなかったのと。(相談者)
はい。(加藤諦三)
えーっと、「そんな事、言えない」っていうふうに、ちょっと、面倒くさ・・くて、そういうふうに言ったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
それが・・女房、気に入らなかったらしくて。(相談者)
はい。(加藤諦三)
えーっと、一ヶ月ほど、口利かなかったんですよ、お互いに。(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)

それから、えっと入院して、手術とかして、女房の方から「どうなってるの?」って形だったもんで。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・「だいぶ良くなってきたよ、戻ってこれるかもしんない」っていう・・(相談者)

はな・・え・・しをしたら(話をしたら)・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
「そんな今まで悪かったのに、ちょっと手術したぐらいで・・治るわけないじゃん」っていう形で・・(相談者)

あのぅ・・言われて。(相談者)
はい。(加藤諦三)
「いや、治ったらどうするんだ?」「あのぅ・・一人でやっぱ治ったら、生活・・できるとこまで、いけるかもしんないって先生言ってるよ」っていう話をしたんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

え・・「そんなの絶対、無理に決まってる」っていう形で、言うもんでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
「自分の・・親だったらどう思う?」・・(相談者)

っていう話をしたら・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
「わたしの親にカコつけないで、わたしの親は、ちゃんと自分でやってますから」っていう形で・・あのぅ、言いきられて(苦笑)。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
すごいまた怒っちゃったもんでぇ・・(相談者)
うーん・・(加藤諦三)
またそれから、一ヶ月ほど、口利かなかったんですよ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

それでも、まぁ・・まぁまぁ、ちょっと口を利くようになったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
先週ぐらいに・・(相談者)

病院の方から・・(加藤諦三)

だいぶ・・手術して、足腰の調子がいいもんでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
戻って・・一人で生活できるんじゃないか・・っていう・・(相談者)

ことだったんですよ。(相談者)

はぁ・・はぁ、はぁ。(加藤諦三)
はい。(相談者)

だもんでぇ、それをまた・・えっと・・(相談者)

女房に言ったら・・(相談者)

またケンカみたいな感じで言い争いになって・・(相談者)

しまうのも面倒くさいもん・・面倒くさいって言うか・・嫌なもんですから。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・どういうふうに切り出していいのか?(相談者)

わかんないっていうのと、実際・・(相談者)

もう、なな(7)・・86だもんですから・・(相談者)

施設に預けた方のが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
いいのか?(相談者)

戻って来て・・一人で生活させて・・(相談者)

デイサービスとかに、行かした方のがいいのか・・(相談者)

ちょっと聞きたくって・・(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)
電話させてもらったんですけど。(相談者)

妻に罵られる

でぇ、そのちょっと、一ヶ月ほど前にも・・(相談者)

女房と揉めた時にも。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

「老人ホームに入れるっつったのに、なんでちゃんと言えないの?」とかっていうことと・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

「あのぅ、友達にいろいろ聞いたけど・・あんたみたいな・・」(相談者)

なに?・・あ・・「そんなこと言えないなんて、信じられない」とか・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
「あんたのこと、見損なった」とか。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
「世間知らず」とか・・ののしられちゃったもんでぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
ちょっと言い・・(相談者)

言い出せ・・し・・づらいんですよ。(相談者)
要は・・はい。(加藤諦三)
「今まで・・どれだけあんたの親に苦労したと思ってんの?」っていう(苦笑)・・(相談者)
ああ、はぁい、はぁい。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい、はい・・はぁい。(加藤諦三)
ことでぇ(苦笑)・・へへ・・「あんた、そういうこと全然わかってない」っていうふうに・・(相談者)
ええ、ええ、ええ・・(加藤諦三)
やっぱり・・言われてしまってぇ。(相談者)
はぁい、はい、はい、かなりアレですねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
長い・・(加藤諦三)

その確執の歴史はある・・(加藤諦三)
あ、はぁい。(相談者)
と、考えていいんですかねぇ?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

でぇ、それでもあのぅ・・父が亡くなってからは・・(相談者)
ああ、はぁい。(加藤諦三)
母親に・・夕方、ご飯を作った物を届けに行ったりとか・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
してくれて・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
あのぅ、多少話・・(相談者)

したりするらしいんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
そこでぇ・・母親が愚痴を言ったり、あそこが痛い、ここが痛い・・っていうことを・・(相談者)

やっぱり・・いっつも聞かされるもんでぇ、「それが嫌だ」っつって、わたしには言ってたもんでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
もう、あのぅ・・「一生、忘れない」って(苦笑)・・やっぱケンカしたりすると・・言われますねぇ(苦笑)。(相談者)
あ、「一生、忘れない」ねぇ。(加藤諦三)
はぁい・・だから、たぶん・・(相談者)

昔からのことを、いろいろ・・あるんだと思います。(相談者)
うん・・うん。(加藤諦三)
それでぇ、わたし・・に、対しても・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
「優柔不断」っていう・・「情けない」っていうふうに・・わたしが、そういうことで、逃げてしまってる・・っていうふうに、思ってると思うんですよね。(相談者)
うんうんうん・・(加藤諦三)
でぇ、母親の言いなり?(相談者)

っていうふうに、思ってるらしいです、ただ、わたしとしてはもう、今まで一緒にやってる時は、やっぱ(苦笑)・・ケンカ・・わたしと・・母親で、ケンカは・・いろいろしたりなんか、したもんですから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

もう、最後ぐらいは(苦笑)・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
まぁ・・ある程度、聞いてやって、亡くなって欲しいかな・・っていう・・(相談者)
まぁ・・それはそうでしょう。(加藤諦三)
ことがあるもんでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

ちょっと我儘も、聞いちゃってるのかな?って思うんですけど・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
それも、気に入らないみたい・・ですよねぇ。(相談者)

お母さん自身の気持ちは、わかんないわけですねぇ、今?(加藤諦三)

は、母親・・自身は、あのぅ・・やっぱだいぶ良くなってきたもんでぇ、一人で生活できる・・っていうふうに・・(相談者)

別棟でねぇ?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
だけど・・(加藤諦三)
だから、それ・・さえも・・やっぱ、女房は、嫌なのかな?・・っていう・・ふふっ(苦笑)・・(相談者)

やっぱ、戻ってこい・・はぁい・・(相談者)
そりゃあ奥様、嫌なんでしょうねぇ、はっきりねぇ。(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
今日はスタジオにですねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生がいらしてるのでぇ・・(加藤諦三)
あ・・はぁい。(相談者)
大変難しいはな・・あのぅ・・相談だと思いますが・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい、お願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. この相談者さん、自分は何もしないでいて、成り行き任せにするつもりなんでしょ。
    そうすれば奥さんが仕方なしになんとかする。今まではそうやってきたんでしょ。
    でももうそのやり方は限界ですね。
    このままいけば、奥さんは家を出てゆきますよ。年老いて体の自由が利かない母親を抱えて途方に暮れる、そんな図が目に浮かびます。
    私だったらケアマネに相談して老人施設を斡旋してもらいますね。もうそうしなければいけない時期に来ていると思いますよ。