テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月9日(木)は、柴田理恵&坂井眞。54歳男性から、18年前に母が他界。亡くなる寸前に連絡があった。義父から母の相続として4千万渡すと言われてハンコを押したが、土地を処分して1500万しかもらっていない。18年前は義父が怖くてハンコを押してしまった。納得できないのでやり直したい。

目次

スポンサーリンク

18年前の相続が納得できない

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
相談者:54歳男性 妻45歳 18年前に実母(63歳)他界 義父75歳 他に母離婚時に実父に引き取られた兄あり

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理)
あ、こんにちは・・(相談者)
こんにちは。(柴田理)
はじめまして、よろしくお願いします。(相談者)
よろしくお願いします。今日はどんなご相談ですか?(柴田理)

はい、やっぱり相続の問題で・・(相談者)
はい。(柴田理)

まだ勉強不足で・・(相談者)
はい。(柴田理)
あの心配ばっかりです。(相談者)

ああ、そうですか・・(柴田理)
はい。(相談者)
えっと、あなた今、おいくつですか?(柴田理)

はい、54歳になります。(相談者)
はい・・(柴田理)

えっと、ご結婚なさってらっしゃいますか?(柴田理)

はい。(相談者)

奥様は?(柴田理)

何歳ですか?(柴田理)

ここのつ(9つ)下ですね。(相談者)
あっ、はい、わかりました。(柴田理)
はい・・(相談者)

相続の問題ってことは、ご両親・・ですか?(柴田理)

はい。(相談者)

ちょっと時間が経ってるですけど。(相談者)
はいはい。(柴田理)
やっぱり・・納得できない気持ちがあります。(相談者)
ああ・・(柴田理)
はい。(相談者)
えっとご両親・・んは・・(柴田理)

両方とも、お亡くなりになられたんですか?(柴田理)

えっと・・まず・・(相談者)

わたしの本当の母が・・(相談者)
はい。(柴田理)

あの当時・・癌の時に亡くなったんですね。(相談者)
はい?(柴田理)

でぇあのぅ・・(相談者)
はい。(柴田理)
変な話ですけど・・(相談者)
うん・・(柴田理)

「明日タヒぬ」・・っていう時から聞かれて・・(相談者)

でぇ、家を行ってみたら・・もう身体が小っちゃくなってしまって・・(相談者)
あっ・・はい・・(柴田理)
ええ・・(相談者)

あの、病院行ったんですけどね。(相談者)
はああ・・(柴田理)
そのうち亡くなってしまったんですね。(相談者)
亡くなってしまった?(柴田理)

はい。(相談者)
お、おいくつでしたんですか?(柴田理)

60・・3歳で亡くなりました。(相談者)
63・・ああ・・何年前ですかそれ?(柴田理)

今、もう、18年前ぐらいのことなんですけど。(相談者)
ああ、ああ・・(柴田理)
はい。(相談者)

それでぇ・・お父様っていうのは・・(柴田理)

はい。(相談者)

あのぅ・・義理なんですが。(相談者)
はい。(柴田理)
わたしは、小学校4年生の時に一緒になった人で。(相談者)
ああ・・はい。(柴田理)

はい、母は当時・・離婚されて・・(相談者)
はい。(柴田理)

でぇ、まぁ、わたしと母で、2人で住んでたんですね。(相談者)
はいはい。(柴田理)
でぇ、お兄ちゃんはいたんですけど、おじいちゃんが、長男の方を引っ張ってしまったんですね。(相談者)

でぇ・・泣く泣く、あのぅ・・わたしと・・母で・・(相談者)

移動して。(相談者)

はぁぁ・・あ・・(柴田理)
でぇ、住んでたんですね。(相談者)
なるほど、えっと・・(柴田理)
はい。(相談者)

つまりあなたの本当のお母さまは・・(柴田理)

あなたの本当のお父さんと結婚なさってて。(柴田理)

ええ。(相談者)
えっと、お兄ちゃんと、あなたがいらっしゃって。(柴田理)

ええ。(相談者)
んでぇ、離婚・・された時に・・(柴田理)

はぁい。(相談者)
お兄ちゃんは・・(柴田理)
はい。(相談者)
お父様方に、行かれたってことですね?(柴田理)
そうです、はい。(相談者)
はいはいはい。(柴田理)

じゃあ、そのお父さん・・の・・(柴田理)

はい。(相談者)
相続のことでしょうか?(柴田理)

義理の父が・・(相談者)
うん。(柴田理)
「ここにハンコ押せ!」って、い、こう、怖い事言われたんですね。(相談者)
ああ・・じゃあ、その義理のお父さんっていうのは・・(柴田理)

はい。(相談者)
あの、ご健在なんですか?(柴田理)

はい。(相談者)

えっと・・75歳なんです。(相談者)
75・・今・・元気なんですね?(柴田理)

はい。(相談者)
でぇ、その・・(柴田理)

何にハンコ押せって言ったんですか?その義理のお父さんが?(柴田理)

まずあのぅ・・(相談者)

大きなお金を、まず・・(相談者)

母が亡くなった後に・・(相談者)
うん・・(柴田理)

まぁ、「お前には4千万渡す」って話から始まったんですね。(相談者)

4千万っていうのは・・(柴田理)

お母様がそれだけ持ってらっしゃったってことですか?(柴田理)

はい。(相談者)

義理の父と一緒に・・(相談者)

料理をやってたんですね。(相談者)

・・

そういう・・(相談者)
料理屋さん?・・ん?(柴田理)

あ、料理屋さん、やってたんですね。(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい、はぁい。(柴田理)

はい。(柴田理)
でぇ、わたし、跡を継いでやってたんですけどね。(相談者)
あっ、はぁい、はぁい、はぁい、はぁい。(柴田理)
ええ・・(相談者)
うん。(柴田理)

でぇ・・(相談者)

まぁ、わたしも結婚したし・・(相談者)
うん。(柴田理)

家が、もう一つ、当時・・(相談者)

いい時代・・が、あったらしくて。(相談者)
はい。(柴田理)

もう一つの家が出来た時に・・(相談者)
はい。(柴田理)
あのぅ・・義理の父と母が・・あのぅ・・引っ越したんですね。(相談者)
はい。(柴田理)

まさか、その癌で亡くなるってことなんて、知らなくて。(相談者)

うん・・(柴田理)
でぇ、「明日、タヒぬ」って、そこから始まっちゃたんですね。(相談者)

つまり・・病気のことを、ほとんど知らされずに・・(柴田理)
ええ・・(相談者)
あと、危篤になってから初めて・・(柴田理)
ええ・・はい。(相談者)
お母さんの・・(柴田理)

病気を知ったと。(柴田理)

はい。(相談者)

でぇ、その時に、遺産相続の話とかも・・(柴田理)

ろくにしないまま・・(柴田理)
はい。(相談者)
お母さんが亡くなって・・(柴田理)

はい。(相談者)
義理のち、お父さんが・・(柴田理)

はい。(相談者)
あなたに・・(柴田理)

「4千万だけ渡す」って・・言ったと。(柴田理)
はい。(相談者)

はい。(相談者)
でぇ、もっとお父さんは、もっててるって話ですか?(柴田理)

そうですね、まずあの・・(相談者)

あの、もう一つの家があのぅ・・(相談者)

料理をやってた・・場所が・・(相談者)
はい。(柴田理)

雨降ると、壊れてしまうような家になってしまってぇ。(相談者)

でぇ、どうしたらいいかと思って、その時に、電話したら・・義理の父が・・(相談者)
うん・・(柴田理)

じゃああそこ全部壊して、土地にして・・(相談者)
うん。(柴田理)
やりましょう・・って、ことになったんですね。(相談者)

うん・・(柴田理)
でぇ、3千万ぐらいの・・(相談者)

土地が出来たんですね。(相談者)

うん・・(柴田理)

それでぇ・・(相談者)

半分ずつの感じで・・1千5百万はもらったんですね。(相談者)

うん・・(柴田理)
でぇ・・それがもう相続・・っていうイメージだったんですけどね。(相談者)
うん・・(柴田理)
無理矢理ハンコ押されたってことが・・(相談者)

ずっと計算してみたら、絶対違うっていうの・・気付いてぇ・・(相談者)

4千万って言ってるのに・・1千5百万で済んじゃってるから・・(相談者)

じゃあ、あと2千5百万が・・(相談者)

ま、返して欲しいな・・とかね、そういうのも思ったんですけどね。(相談者)

その4千万っていうのは、なんですか?その・・(柴田理)
4千万は・・(相談者)
お母さんが最初に渡す4千万っていうのは、どういう・・ところから出て来たんですか?(柴田理)

まず、通帳の通帳も見せてくんないんですよね。(相談者)

・・

ウーーーン・・(柴田理)
でぇあと・・もう一つの家だって・・今思うんですけどね。(相談者)

あのぅ・・母が亡くなったお金だったら、あのぅ・・(相談者)

ウン・・(柴田理)
わたしだってもらう立場、あるんだな・・っていうのが、だんだんわかったんですね。(相談者)

うん・・えっと・・(柴田理)

はい・・(相談者)
うーーった(売った)、お金・・を・・(柴田理)

はい。(相談者)
1千5百万は・・(柴田理)

はい。(相談者)
あなたは、もらったわけですね。(柴田理)
もらった・・はい。(相談者)
うん、ふんふん・・(柴田理)
でぇ・・足りない分が、やっぱり、騙されたと思いました。(相談者)
足りない・・っていうのは、その、口約束みたいな形で・・「4千万あげるからね」って言われた、そのことでしょうか?(柴田理)

まぁ、それが主ですけどね。(相談者)

ってことは・・(柴田理)

ええ。(相談者)
今日のご相談は・・(柴田理)

相続をね。(柴田理)

ええ・・(相談者)

もう一度、やり直したいっていうことでしょうか?(柴田理)

そうです。(相談者)
ふぅーーん・・(柴田理)
絶対、納得できません。(相談者)

はい。(柴田理)

わかりました。(柴田理)

今日の回答者の先生は・・弁護士の坂井眞先生です。(柴田理)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA