テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年2月16日(土)は、加藤諦三&中川潤。71歳女性からの相談。自分と孫22歳で、夫名義の家をリフォームしようと思い、2年前から貯金する。リフォーム会社から、贈与税がかかるかもしれないと言われたのだが、どうすればいいのだろうか?
加藤諦三氏の〆の言葉なし

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:71歳女性 夫77歳 次男41歳 長男の息子22歳 4人暮らし 他の子供(長男42歳は孫を実家に置いて小5の時に再婚して付き合いなし・長女37歳)

もしもし?(加藤)

もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤)

よろしくお願いします。(相談者)
はぁい・・最初に年齢を教えてください。(加藤)

70・・1です。(相談者)
70・・1歳・・結婚してます?(加藤)

はい・・(相談者)

え・・ご主人何歳ですか?(加藤)

70・・7です。(相談者)
70・・7歳・・お子さんは?(加藤)

長男が、40・・2・・(相談者)
はい・・(加藤)

次男、40・・1・・(相談者)
はい・・(加藤)

長女・・30・・7です。(相談者)

でぇ、今は・・(加藤)
で、あと・・(相談者)

ご主人とふたりで暮らしてる・・(加藤)
いえ・・(相談者)

次男と、あと・・(相談者)
ウン・・(加藤)
孫が・・(相談者)

はい。(加藤)
えっと、長男の孫がいるんですけど、22歳。(相談者)

はいわかりました。(相談者)
4人です。(相談者)

はい。(加藤)
お願いします。(相談者)

そんでどんな相談ですか?(加藤)

家のリフォームを考えてるんですけど。(相談者)
はい。(加藤)

2年ぐらい前から。(相談者)
はい。(加藤)
わたしと、孫で・・(相談者)

貯金しだして。(相談者)

あのぅ・・(相談者)
貯金を始めた?(加藤)
お金を貯めてたんですね。(相談者)
はぁい・・(加藤)

それでぇ・・あの、この前、ちょっとリフォーム会社の方から・・(相談者)
はい。(加藤)

妻と孫だけで・・(相談者)

あのぅ・・名義は・・主人の名前になってるので、この家が。(相談者)

はぁい・・(加藤)
それでもしかしたら、税金がかかるかもしれないって言われたんですね。(相談者)

この、今住んでる家が・・(加藤)

はい。(相談者)
ご主人の名義になっている?(加藤)

はい。(相談者)
はい・・それで?(加藤)

その家を・・リフォームする時のお金というのが・・(加藤)

はぁい。(相談者)

誰のお金なの?(加藤)
えっと、だから、わたしと孫の・・お金・・なんですね。(相談者)
はぁい、はぁいはぁい。(加藤)
今まであんまり積極的じゃなかったんですね・・(相談者)
はい。(加藤)
主人が。(相談者)
はぁい・・(加藤)

それでもう・・とりあえず2人で貯金しようっていう感じで。(相談者)
はぁい。(加藤)

お金を貯めてきたんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤)

最近になってから・・(相談者)

はい。(加藤)
あの、夫が・・(相談者)

はい。(加藤)
あの・・「100万だすから」っていうことで、なんかあの・・(相談者)

リフォームの・・(相談者)
はい。(加藤)
相見積もりを取るとか・・(相談者)
はい。(加藤)
なんか積極的に・・(相談者)

なってきたんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤)

わたしの方は、ちょっと、税金がかかるのかどうかっていうのが、すごく・・気にになってきたのでぇ・・(相談者)
税金っていうのは、な・・あのぅ・・どういうことですか?要するに・・(加藤)
あの、贈与税なのか相続税なのか、よくわからないんですけど。(相談者)
家をリフォームしたので。(加藤)

そのお金が、あなたと孫のお金だから・・(加藤)

いえ、まだしてないです。(相談者)
どうす・・(加藤)

はい、だから、税金がかかるかもしれないって、あなたが心配してるのはど・・(加藤)

えっと、だから、そのリフォーム会社から言われたんですね。(相談者)

わたしがリフォームを、お願いしようと思ってる・・(相談者)

はぁい。(加藤)
会社の人から・・(相談者)
はぁい。(加藤)

要するに、妻と・・(相談者)

ハイ・・(加藤)
孫だけ・・(相談者)

で・・(相談者)

2人で、今までやったら、こう、あのぅ、しようと思ったので。(相談者)
はい。(加藤)

それでぇ・・と、思うんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤)
あのぅ・・途中から、夫が・・(相談者)

額、滅茶苦茶少ないですけど・・(相談者)
はぁい。(加藤)

100万でも、だすからって、今は、滅茶苦茶乗り気になってるんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤)

あの、そういう方でも、税金・・が、どうなるのかどうか、ちょっと・・わたしの方が、すごい気になっているので。(相談者)

税金がどうなるの・・っていうのは、ご・・(加藤)
かかってくるのかどうかです。(相談者)

・・

税金がかかってくる?家の権利は、どうかなるってことが心配ではないんですか?(加藤)

家の権利はもう・・(相談者)
も・・(加藤)
一応・・(相談者)
もう、ご主人のもの・・(加藤)
うちの主人の名前になっているので。(相談者)
はぁい。(加藤)

はぁい。(相談者)

ほんまは、わたしもちょっと・・(相談者)

あの、一部しとけばよかったのかもしれないんですけど。(相談者)
まぁ、わかりました、要するに・・あなたと孫で、2年間貯めてきた貯金でぇ・・(加藤)

はい。(相談者)

ご主人の名義の、家の・・(加藤)

はい。(相談者)
リフォームをした時に・・(加藤)

はい。(相談者)
あなた達2人の方に・・(加藤)

例えば贈与税なら贈与税という・・(加藤)

税金がかかる・・(加藤)

かもしれないと、リフォーム会社が言ってきたと。(加藤)

そうですね、言ってましたので、ちょっとその辺が気になったので・・お電話させてもらったんですけど。(相談者)
それで、で、ご主人が・・ご主人が100万円だすって言ってることが、気になって、電話してくれたわけでは・・(加藤)
いや、主人が100万だすのは気になってないです。(相談者)

ほんまは・・(相談者)

滅茶苦茶少ないと思ってるんですけど。(相談者)
あっ、じゃあ・・主人が、滅茶苦茶少ないけれども、だして・・くれることには・・(加藤)

まぁ・・問題ないし・・(加藤)

賛成というか・・(加藤)
そうですねぇ、だから・・あのぅ・・(相談者)
つまりその税金・・(加藤)
出せなかったらもっとそういう・・(相談者)

可能性が高いと思うんですけど。(相談者)
はい・・(加藤)

要するにその・・(加藤)
あのぅ・・主人が少しでも出すって・・(相談者)

い・・ってるので、その辺が・・その、税金がどうなるか・・っていうのが、すごい気になってるんですけど。(相談者)
税金がどうなるか・・っていう・・(加藤)

ことですね?(加藤)

はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤)

今日はあの、スタジオに弁護士の中川潤先生がいらしているので・・伺ってみたいと思います。(加藤)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 中川先生も得意分野ではなかったようですね(内科医に外科の相談したような・・・)。
    専門の税理士に相談しなさいというのは、間違いのない良心的な回答だと思います。
    ほかの分野での相談だったら、ストレートに主務官庁(この場合は税務署)で相談するという手もあるかもしれないのですが、税務署というところはときに理不尽なことをすることもある役所です。
    うっかり馬鹿正直に接すると、とんでもない目にあわされることがあるので税務署へ相談に行くのは考えものです。「私が知ってしまった以上見逃すわけにはいかない」などと、藪蛇になってはいけませんから。

    脱税は違法ですが節税はなんらやましい行為ではありません。

この記事にはコメントできません。