テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年10月27日(土)は、ドリアン助川&高橋龍太郎。37歳男性から、1年ほど前から認知症が進行してきた父。脳の萎縮が見られアルツハイマーと診断される。同時にパーキンソン病も併発。反応の薄い父にイライラする相談者、つい叩いてしまう事を悩む。薬を拒む母親の対応を指摘する高橋龍太郎。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
相談者:37歳男性 独身 父75歳 母60代 弟35歳(独身) 4人家族

もしもし?テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

はいもしもし?(相談者)

よろしくお願いします。(ドリアン助川)
はい、よろしお願い致します。(相談者)
えーっと今日、どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

わたしの父親がですねぇ・・(相談者)

まぁ、75なんですけど・・(相談者)

1年ぐらい前からちょっと、認知症を患いまして。(相談者)
お父様が?(ドリアン助川)

そうですね、はぁい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、なんとか・・頑張ってるんですけども・・ちょっと・・どう接して・・したらいいのかな?って、悩んでるところでしてぇ。(相談者)
こ、今後のこと?どう接していけばいいのか?(ドリアン助川)

そうですね、今後と、あと・・父親に対して・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
気を付けてはいるんですけど、やっぱり・・(相談者)

適切でない・・対応をしてしまったりするので。(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
そうやってちょっと、どうしたらいいのかなぁ・・と(苦笑)・・ちょっと、家族・・全員で、悩んでるところであってね。(相談者)
あ、はぁい、えっと、お父様、もう1回、あのぅ、先ほど年齢おっしゃいましたっけ?(ドリアン助川)

はい・・今、75です。(相談者)
75歳?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あなた様は?(ドリアン助川)

わたしは今、37です。(相談者)
30・・7歳・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・ご結婚してらっしゃるんですか?(ドリアン助川)

結婚はしてないですね(苦笑)。(相談者)
あ、してないんですね?(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
あなたは・・お1人で?(ドリアン助川)

それでぇ・・(ドリアン助川)
いやぁ・・実家・・で、住んでます、はい。(相談者)

あっ、それで、お父さんと一緒に・・同居されてるんですね?(ドリアン助川)

はいそうです。(相談者)
お母さんは?(ドリアン助川)
だいたい・・10個ぐらい年下ですね。(相談者)
じゃあ、60代?お母さんは?(ドリアン助川)
そうですね、はい。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

それ・・でぇ・・(ドリアン助川)

あなた以外に兄弟・・(ドリアン助川)

は(わ)、いらっしゃいますか?(ドリアン助川)
は(わ)・・(相談者)

はぁい、2つ下の、えーっと・・弟がいます。(相談者)

やはり同居してらっしゃる?(ドリアン助川)

はい、そうですね・・(相談者)
あ・・(ドリアン助川)
4人・・家族ですけど。(相談者)
なるほど、4人家族で・・(ドリアン助川)

それでお父さんがちょっとおかしいなぁ・・ということが、始まったのどれくらい前からですか?(ドリアン助川)

そうですねぇまぁだいたい1年か2年ほど前ですかねぇ・・(相談者)
1年前?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
具体的にはどういうことが起き始めました?(ドリアン助川)
だいたいいつも大人しいんですけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

それが・・(相談者)

ひどくなってきまして、人のちょっと話した事でも全然・・こう・・返事をしなくなったりとか・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

でぇまぁ、無視をすることが結構多くなりましてぇ。(相談者)
無視をする?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)
まぁ、一応は、面と向かってしゃべってはいるんですけど、全然こう、話もしてくれなくてですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

ただご飯とか食べるときは・・普通に・・(相談者)

もうガツガツ食べる感じなんですけど。(相談者)
そのぅ・・ガツガツ食べてる時は、普通に会話もできるんですか?(ドリアン助川)

いや・・会話・・も・・(相談者)

目に・・目もくれず食べる感じですねぇ。(相談者)

あの、元々言葉数も少ない大人しいお父さんだったのが・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
え・・さらに輪をかけたというか、こうなんか、1人まゆに入ってしまったかのような・・(ドリアン助川)

そう・・ですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
「だからちゃんと話してよ」と、強く言うてしまったりすることもありましてぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
えっと・・お勤め・・してらしたんですね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
かつては?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・定年退職なさって。(ドリアン助川)

そうですね、定年と言っても、まぁ、5、6年ほどは・・働いてはいたんですけども。(相談者)
嘱託で働かれてて。(ドリアン助川)
嘱託ですね、はい。(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

そうすると・・(ドリアン助川)

お父さん、お仕事お辞めになってから・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
まぁ、10年近く・・(ドリアン助川)

そう・・ですねぇ、はぁい。(相談者)
その間、何をしてらっしゃいました?(ドリアン助川)

その間はまぁ・・(相談者)

そうです・・いわゆるシルバー・・関係のお仕事に・・(相談者)

たまに出たりですとか・・(相談者)
はぁーん・・(ドリアン助川)

最近はもう・・散歩ですとか・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
たまにボーリングとかも・・(相談者)

し、したり・・(相談者)
ほうほう。(ドリアン助川)
しましてぇ・・ボーリングは結構、スコアーが・・(相談者)

なんか、取れる感じなんでぇ・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)

はい、得意になるんですけど、はぁい(苦笑)。(相談者)
昔ねぇ・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あの、昭和の頃に、ボーリングが流行った頃・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
結構、一生懸命、やられたんだと思うんですけども。(ドリアン助川)
そうですねぇ・・はぁい。(相談者)
うーーん・・じゃあ、そういうことに対しては、まだ意欲はあるわけですね?(ドリアン助川)

まぁ、そうです、たまに行ってますんでぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

でぇ、1年前から自分の殻に閉じ籠ってしまうようになって・・(ドリアン助川)

うん・・(ドリアン助川)
自覚はないのかもしれないんでしょうけど。(相談者)
でぇ、そ、そういう時の表情っていうのは、どういう感じですか?(ドリアン助川)

もう・・(相談者)

ずっと・・(相談者)

こう・・(相談者)

なんでしょうねぇ?(相談者)

黙ったままでぇ、でぇ、逆にですねぇ、あ・・たぶん、喋ったとしても・・(相談者)

ぁ、はっきり喋れてる感じでなくてですねぇ・・(相談者)
ええ、ええ。(ドリアン助川)

たぶん、ろれつが回らないような(苦笑)・・なんか・・(相談者)
ああ・・(ドリアン助川)
最近はもう、そんな感じなんでぇ、だからそれで、ちょっと喋りたくても・・(相談者)

喋れないのかなぁ・・と、思ったりして・・(相談者)
ろれつが回らない?(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)

それでぇ・・そのぅ・・あなたが喋ってる時に・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・まぁ、話を聞いてないって、つまり、あなたを見てないってことですね?(ドリアン助川)

見てたり、見てなかったり・・って感じも・・(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)
あるんですけど、はぁい。(相談者)
ああ、今・・うちの息子が自分に向かって喋ってるんだ・・ってことが、時々もう、わかってない感じ?(ドリアン助川)

ちょっと言われたら・・ハッて気づく感じですかね。(相談者)
はぁい・・(ドリアン助川)

病院にね・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・お父さん、お連れして診てもらったりということは・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
これまであったでしょうか?(ドリアン助川)

まぁ最近、病院にちょっと・・(相談者)

連れて行きまして、ま、母親・・が、主に・・(相談者)

行かせてるんですけど。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ま、診断はしてもらうんですけど、おく・・お薬を出してもらうというところまででなくて・・(相談者)

ええ。(ドリアン助川)
ですねぇ、あくまでも様子を見るかんじでぇ・・(相談者)
はぁ、はぁ・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

じゃあ先生からどんなアドバイスが来てるんです?(ドリアン助川)

まぁ、やっぱり・・(相談者)

・・

強く言い過ぎないように(苦笑)・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
まぁ、ちょっとあのぅ・・まぁ優しくサポートすると言いますかぁ・・(相談者)
はぁい・・(ドリアン助川)

そ・・れは言われてるんですけど、なかなかちょっと・・(相談者)

あ、しなきゃいけないのは、わかってんですが、やっぱり、本人が、そういう態度を取ってしまうと、ちょっと、カッとなってしまうところがありますんでねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

あなたが・・強い言葉、乱暴な言葉、浴びせてしまうということですか?(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・例えばどんなこと言っちゃうんですか?お父さんに?(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

・・

あの、もっと・・し・・しっかり・・(相談者)

「しっかり話てくれよ!」とか・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

・・

え・・そういう時、お父さんは、どんな顔、なさってるんですか?(ドリアン助川)

いやたぶん、わかってないん(苦笑)でぇ・・(相談者)
わかってない?(ドリアン助川)

はぁい(苦笑)。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)
なんとも・・(相談者)

ない、ちょっとそのぅ・・ちょっとショックもなんもない感じですかねぇ。(相談者)
ふぅーん・・(ドリアン助川)
はぁい・・(相談者)

うん、まぁ、それもまた、悲しいですねぇ。(ドリアン助川)
そうですねぇ・・(相談者)
ねえ。(ドリアン助川)
まぁ・・(相談者)
そこで喧嘩になるならともかく・・(ドリアン助川)

はぁい、で、でも・・(相談者)
そ、そ、そ・・うん・・(ドリアン助川)
まぁ・・(相談者)

あんまり良くないことはわかってるんですよ、手を・・出したり、まぁ、軽くちょっと、頭を叩いてしまったり(苦笑)することもあるんですよ。(相談者)
あなたが?(ドリアン助川)

そうなんですよ、はぁい。(相談者)
あららら・・(ドリアン助川)

ただ、そうなると・・(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)

あのぅ・・まぁ、わたしもあんまり強く叩かないようにしてるんですが・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)
あの、場合によっては、結構、「あああっ!!」って、声を荒げて・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
結構、掴みかかったりしてくることもありますのでぇ・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)
やっぱ、そうなると、ちょっとやっぱり・・(相談者)

うーーん、まずいことしたなぁ・・と思うんですが・・(相談者)
でも、まずいことしたなぁ・・っていう意識が、あなたにあるんですよねぇ?(ドリアン助川)
そうです、あります、はい。(相談者)
ねえ・・(ドリアン助川)

じゃあ、今日のご相談、半分はあなたがどうするか?ってことでもありますねぇ。(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
わたしも・・***ってまいります。(相談者)

うん・・(ドリアン助川)
あとはですねぇ、食事中に・・(相談者)

あの、手を振ったりとかしまて・・(相談者)
食事中に手を振る?(ドリアン助川)

あの、要は・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
あのぅ・・スプーンとか、お箸をもってる手で・・(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)
カチャン、カチャンとか、手を・・(相談者)

ふる、振らなくてもいい・・(ドリアン助川)

こう、おかずでも手を振って・・(ドリアン助川)
ああ・・(ドリアン助川)
するんです、たぶんそれ、パーキンソン病か、そんな・・アレ、アレかと思うんですけど。(相談者)
これ・・まぁ、この後、先生に替わりますけども・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)

単なる認知症かどうかっていう部分も含めてですねぇ・・(ドリアン助川)
はぁい。(相談者)
なんか話、聞いてると・・(ドリアン助川)

わたしも、まったく素人ですけども・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
何かもっと違う・・しょ・・症状が進行してるような気がしますし・・(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
ええ、ま、ただあのぅ・・お話伺ってる上では・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
お父さんの今後・・の、問題であると同時に・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
あな、あなたの意識改革というか・・(ドリアン助川)
そうですねぇ。(相談者)
そこが、まず問題ですよねぇ。(ドリアン助川)
はぁい、そうです、はぁい。(相談者)
ええ・・ただそれは・・あなた自身は、方向性は見えてるんですもんねぇ?(ドリアン助川)

そうですねぇ・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
だから、いかにこう、手をあげないかでぇ・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)
そういうところ、直さないといけないなぁ・・と、わかって、まぁ、やり方が、ちょっとわかんなくてですねぇ(苦笑)・・はぁい。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

じゃあ、その辺りも含めて・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・今日の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
精神科医の、高橋龍太郎先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
はい・・(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。