テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月27日(木)は、柴田理恵&大迫恵美子。65歳の女性から、90歳で他界した母、晩年は妹が母を看ていた。納骨を済ませると妹が遺言書とは言わず公正証書があると言う。開示を求めると妹激昂。長生きでき、最高の死に方が出来たの自分のおかげと豪語。相談者としては判断する材料が欲しいと相談。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:65歳女性 夫68歳 子供は3人 長男36歳(結婚している) 次男30歳と三男28歳は独身で同居中 妹60歳(結婚して、子供あり) 母90歳で他界(父は23年前に他界)

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

あっ、よろしくお願い致します。(相談者)
よろしくお願いします。(柴田理恵)

公正証書遺言

えっと、今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)

あっ、あのぅ、2ヶ月ほど前に・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あの、実母が亡くなりまして。(相談者)
はい。(柴田理恵)
あの、一昨日、納骨を済ませてきました。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、その際に、あのぅ・・(相談者)

わたくしには、あのぅ、妹が・・二人姉妹(きょうだい)で、妹がおるんですけれども。(相談者)
はい。(柴田理恵)

あの、彼女が、あのぅ・・(相談者)

わたしの方に、公正証書があるので・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ、もうこれで、あのぅ・・母の・・(相談者)

思いは、そちらの方に書かれているので・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

相続のことは・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ、そういうことだから・・って言われたんですけれども。(相談者)
あっ、えっと、あなたおいくつですか?(柴田理恵)
はい、わたくし・・65になります。(相談者)
はい、でぇ、妹さんおいくつですか?(柴田理恵)

60歳です。(相談者)
60歳・・あなた・・は、ご結婚なさってますか?(柴田理恵)

はい。(相談者)
えっと、ご主人はおいくつですか?(柴田理恵)

68です。(相談者)
はい、お子さんもいらっしゃいますよね?(柴田理恵)

はい、おります。(相談者)
えっと、上から・・(柴田理恵)

えっと、36歳と・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

30歳と。(相談者)
はい。(柴田理恵)

20・・5、8歳です。(相談者)
8歳・・みなさん・・は、もう、ご結婚なさってるんですか?(柴田理恵)
あの長男だけは結婚しておりますが、下二人はまだ、家の方におります。(相談者)
ああ、そうですか。(柴田理恵)
はい。(相談者)
はい。(柴田理恵)

下も・・男の子さんですか?(柴田理恵)

そうなんです、はい。(相談者)
はいはい、えっと・・じゃあその妹さんも、結婚してらっしゃいますか?(柴田理恵)
はい、結婚しております。 (相談者)

はい、んでぇ、お子さんもいらっしゃる?(柴田理恵)

はい、おります。(相談者)
はい、はい、じゃあその、公正証書っていうのには・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
遺言・・状・・が、書かれてあったということですか?(柴田理恵)

だと思うんですけれども。(相談者)
はぁぁ・・その・・(柴田理恵)
「あるから」ということだけで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

終わったので。(相談者)

亡くなるまでの15年は妹が介護

あのぅ・・実のお母さんは・・(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)
ご病気で・・お亡くなりになったんですか?(柴田理恵)
ええ。(相談者)

まぁ、あのぅ、高齢でしたので。(相談者)
おいくつですか?(柴田理恵)

90歳でした。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)
あのぅ・・ちょっと、骨が弱くなっておりまして。(相談者)
はい。(柴田理恵)

でぇ、転倒した後に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
ちょっとあの、ギブスをはめてたんですけれども。(相談者)
うん。(柴田理恵)

微熱が出るってことで・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
入院になって・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
もう・・(相談者)

意識もしっかりした中で・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
ぁ、まぁ、火が消えるように、静かに旅立って行った・・(相談者)
あ、じゃあ、認知・・が、入ってたっていうよりは、ちゃんと、意識が・・(柴田理恵)
そうですね。(相談者)
おありになったわけですか?(柴田理恵)
うん。(相談者)
しっかりなさってた?(柴田理恵)
ですね、はい・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
耳の聞こえだけちょっと、悪かったですけれども。(相談者)
あ、あん・・介護みたいなことを、全部妹さんがなさってたってことなんですか?(柴田理恵)

そうですあの、初めは、わたくしがしていたんですけれども。(相談者)
はい。(柴田理恵)

わたしが、また、勤めだしたので。(相談者)
はい。(柴田理恵)

あのぅ、妹の方が・・看てくれていました。(相談者)
何年ぐらい?(柴田理恵)

えっと・・父が亡くなってから23年になりますので。(相談者)
はい。(柴田理恵)

最初の8年間は、わたくしが看ておりまして。(相談者)

その後は妹が看ていました。(相談者)
はぁはぁはぁはぁ。(柴田理恵)

はぁぁ・・じゃあ、ずいぶん長い間妹さん・・看てらしたんですね?(柴田理恵)

そうですね。(相談者)
15年、うん・・(柴田理恵)
ただ、あのぅ・・(相談者)

まぁ、妹も勤めてたので、初めの頃は、母が、あのぅ・・(相談者)

サポートしたっていう感じでしょうか。(相談者)
ああ、はぁはぁはぁはぁ・・(柴田理恵)

遺言書を見せてで激昂

でぇ、その遺言状が、あるということで。(柴田理恵)
はい。(相談者)

あるから・・って・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
相続は、わたしが・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
するから・・っていう・・(柴田理恵)
は、はい。(相談者)
言い方・・ですか?(柴田理恵)
そうでしたねぇ、あのぅ・・ま、相続のこと、今まで・・ちょっとあのぅ・・(相談者)

触れてなかったので。(相談者)
はい。(柴田理恵)
もう、高齢になってる母が居て、あの触れないっていうのは、卑怯だったのかもしれないんですけれど。(相談者)
はい。(柴田理恵)

まぁ・・(相談者)

息子たちから・・「甘い」って、わたくし言われたんですけれどね。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

えっと・・遺言状の中身っていうのはご覧になったんですか?(柴田理恵)
いえ、で、ですから・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
それが、あの、公正証書があるから・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
もう・・いい・・(相談者)

あのぅ、終わり・・って言われる・・た、意味が・・(相談者)

あの、これは、あの、公正証書は・・でぇ、主人が、わたくしの主人が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
公正証書は、じゃあ、見せていただく・・かないと、これは困りますね・・って言ったら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
うん・・(相談者)

あのぅ、なんて言うんでしょうか、もう、ちょっと激昂して・・(相談者)

えっ?それおかしい話ですね。(柴田理恵)
そうですねぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

妹さんとあなたは仲が悪かったんですか?(柴田理恵)

ま、あのぅ・・小さい時のことから申しますと。(相談者)
うん。(柴田理恵)
あの、母は・・あの・・(相談者)

わたくしと妹を・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ、競い合わせて育てていた部分がありまして。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

あの・・(相談者)

まぁ、競い合って育てられた分、そんなあの・・(相談者)

いつも・・(相談者)

同じ気持でいられたかっていうと・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
それは・・うん、たぶん・・(相談者)
そうでもない?(柴田理恵)
違うかな・・(相談者)
ないんですか、うーん・・(柴田理恵)

遺言書を見て判断したい

あの失礼ですけど。(柴田理恵)
はい。(相談者)
そのぅ・・(柴田理恵)

そのぅ、遺言・・状のその、相続?(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

相続のその、財産・・っていうのは、どの・・どういう物が、おありなんですか?(柴田理恵)

母は、あのぅ、父の・・(相談者)

遺族年金と自分の・・年金・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
と・・ありましたし・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)
あと、あのぅ・・(相談者)

実家が、100坪・・ほどありまして。(相談者)
はい。(柴田理恵)
その、家と土地と・・(相談者)
はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・(柴田理恵)
家は、あの、うちの長男が生まれた時に、建て直しておりますので。(相談者)
はぁい、はい。(柴田理恵)

じゃあ、そういう、え・・土地とか、お家(うち)とか、それからまぁ、預金みたいなものが、結構、おありになるわけですね?(柴田理恵)

うん、ただ、妹が申しますには・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

父が亡くなって、20・・数年経ってますし。(相談者)
はい。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

まぁ・・それなりに、きちっとあのぅ・・母を・・に、楽をさせてきたので。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

その、思うほどは、ありません・・っていうことは言われましたし。(相談者)
でもお母さん、年金貰ってるじゃないですか?****、って・・(柴田理恵)
だと思うんですけれど。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
でぇ、あのぅ・・この間の・・(相談者)

納骨の後では、わたしはあのぅ・・母に対して、100点満点の、あのぅ・・(相談者)

・・

介護ができたと。(相談者)

わたしの所に来たから・・そして、わたしが面倒を看たから・・長生き出来て、最高の死に方が出来たんだ・・って、あのぅ・・まぁ・・(相談者)

・・

・・

わたし達の前で、豪語しておりましたんですよ。(相談者)
はぁ・・はぁ、はぁ・・ふぅーん・・(相談者)
で、でも、わたしのあのぅ・・気持ちの中にも・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
わたしはわたしなりに、一生懸命、やってたんだけどな・・っていうのがあ・・って・・(相談者)
うーん・・うん、うん・・(柴田理恵)

じゃあ、と、とにかくその、公正証書があるからっていう、その・・その遺言状を・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

見て、きちっと、あの・・(相談者)
そうですよねぇ、判断できるものかどうか・・っていうことを・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
聞いてみましょうね。(柴田理恵)
そして・・わたしは、どう・・この先・・(相談者)

・・

うん・・(柴田理恵)
どうしていったらいいか?(相談者)

はい。(柴田理恵)
お教えいただければ、少し気持ちが・・落ち着くかな・・って思うんですけども。(相談者)
はい。(柴田理恵)

よろしくお願いします。(相談者)
はい、わかりました。(柴田理恵)

え・・それでは、え・・今日の回答者の先生に、聞いてみましょう。(柴田理恵)

はい。(相談者)
今日の先生は弁護士の、大迫恵美子先生です。先生よろしくお願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 妹さんも 相続についての知識があまりおありで無いのでは(・・? 本当に公正証書遺言なのか(・・?  ただの走り書きを 公正証書と 思い込んでおられるのかも?
     ご相談者には 内容証明すらお書きになれる知識がおありにならないようにお聞き受けします、ぜひ 専門家にご依頼なさるのが一番ですね もしかしたら 妹さん「弁護士」という名を聞いただけで 態度を翻すかも?

  2. 大迫先生のアドバイスを実行できれば解決ですね。

    柴田さんの最後の方の言葉には「今更もうそんな段階じゃないよ」と言いたいです。
    狡い人とは闘わなくちゃいけません。

この記事にはコメントできません。