テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2019年1月23日(水)は、ドリアン助川&大原敬子。59歳女性から、14歳まで、祖母により実母と引き離され、祖母の友達のおばさん夫婦に育てられる。母の元に戻ってから、イジメや意地悪もなく何不自由なく育つも、母娘関係は薄っぺら。6年前、相続放棄の書類を強要されてから実母を責めるようになる

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:59歳女性 母83歳 弟54歳 父は20年前に他界 48歳上だった父方の祖母のおばさん

もしもし、テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

はじめまして、よろしくお願い致します。(相談者)
はい、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

え、今日どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

はい、えっと、実の母との関係について、お伺いしたいんですけども。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

実の母?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい、あなたを生み、育てたお母さんですね?(ドリアン助川)

あ、はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

何が起きてますか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

実母と引き離されて育つ

わたしは生まれて間もなく・・(相談者)

えっと、実の母ではなく・・近所のおばさんに育てられたんですね。(相談者)
あ、そういう話なんですか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・(ドリアン助川)

ん、じゃあ、実の母というのはやっぱり・・(ドリアン助川)

産んだという意味でのお母さん?(ドリアン助川)
あっ・・(相談者)

はいそうですね。(相談者)
はい、はい。(ドリアン助川)

それで・・(相談者)

実の母に・・クスッ(笑)・・産んでもらって。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あのぅ・・(相談者)

祖母・・つまり、母の・・義理の母。(相談者)

はい。(ドリアン助川)
わたしのおばあさん・・の・・友達に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
育てられたんです、わたしは。(相談者)

おばあさんの友達?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

は・・ぁい・・(ドリアン助川)

つまり、母からわたしを取り上げて・・おばあさんが、おばあさんの友達に・・(相談者)

わたしを育てさせたんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でも、それは、目の前の家なんですよ。(相談者)

はああ・・(ドリアン助川)

・・

それでぇ・・(相談者)

えっと、わたしは、あのぅ・・(相談者)

学校から帰っても、生まれて間もなく・・だったんですけども、ですので母に・・(相談者)

抱いてもらったり、甘えたりした記憶はないんですが・・この人がわたしの母だっていうことは、十分承知の上で・・(相談者)

そして育てられた・・(相談者)

おばさんは、48歳年上・・のまぁ、おばあさんの友達・・ですので、48歳の、そのおばさんたちに育てられたんですね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、幼稚園でも学校でも、帰ってきて、必要な手紙とか、ま、お金がかかる事は母に、「これを、学校からのお手紙だよ」って渡して・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、自分の家(うち)でご飯を食べて・・(相談者)

でぇ、養母の家(うち)に、もう一回、夕飯を食べに行って、養母の家(うち)で、寝てたっていうような暮らしをしてたんですよ。(相談者)

うーーーん・・うん・・あのぅ・・(ドリアン助川)

じゃあ夕飯、二回食べちゃうんですか?(ドリアン助川)

そうですね。(相談者)
ありゃあ・・(ドリアン助川)
ほんとは・・自分の家(うち)では食べたくないんだけど。(相談者)
ええ・・(ドリアン助川)
まぁ、母・・(相談者)

の・・(相談者)

手前っていうか、この人が自分の母だ・・し・・っていう感じで・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

一回ぐらいは、自分家(じぶんち)に顔を出さなきゃ・・っていう感じで。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

はい、そういう暮らしをしてたんですが。(相談者)

はい。(ドリアン助川)
そのおばさん、おじさんは、と・・(相談者)

っても可愛がってくれてぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

大事に大事に1つの布団で、おばさんと、ずっと寝て・・(相談者)

るぐらい、楽しく過ごしてたんですが、この人が、わたしの本当の親ではないっていうことは・・(相談者)

知りながら・・いたんですね。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

・・

薄い母娘関係

でぇ・・(相談者)

ま、14歳の時に、おばさんが・・(相談者)

あの、おじさんが定年退職をしまして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

遠くに・・引っ越すことになったんです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、14歳の時に、わたしをもう、自分の・・(相談者)

母のところに戻して。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

おばさんとおじさんは・・(相談者)

ま、遠い、飛行機で行かなければいけない・・ような都市に、引っ越して行ってしまったんですねぇ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でも、わたしはその時・・ま、「今日から」・・(相談者)

「ご飯が一食増えるわ」・・って、母に言われ・・(相談者)

て・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
自分の家(うち)に戻って・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

まぁ、母からは・・(相談者)

「お前と一緒に暮らしたかったんだよ」(相談者)

「今から仲良くしようね」っていう言葉は全くなく・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ、あの・・意地悪・・(相談者)

イジメ・・をうするような、酷い言葉をかけたりとか、そういう・・事は、ない・・かったし。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

わたしが14歳に、自宅に戻ったら、わたしの勉強部屋を庭に増築してくれて、部屋を作ってくれたり・・(相談者)
うん。(ドリアン助川)

短大に・・(相談者)

行かせてくれたり。(相談者)
はい。(ドリアン助川)
お小遣いは・・(相談者)

普通以上に、もらえたり・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
は(わ)、してましたが・・(相談者)

うん、わたしはまったく、なんて言うのかなぁ?・・(相談者)

たとえば学校で何があったとか、いう話・・遠足行って、誰とご飯食べた・・とか・・(相談者)

修学旅行行って、楽しかったとか、そういう話を、喉元から・・(相談者)

したいなぁ・・と、思っても・・(相談者)

聞いて・・くれた覚えは、全くなくて。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

なんて言うのかなぁ?(相談者)

・・

勉強、すっごい頑張って・・クラスで2番とか取っても、褒めてくれるわけでもないし、かと言って、成績が下がっても・・(相談者)

けなすわけでもない・・っていうような、母だったんですね。(相談者)
あなたに対する興味がないっていうことですか?(ドリアン助川)

そんな感じです・・(相談者)
うん・・(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
うん、まぁ、ないとは言い切れないにしろ、薄いってことですね。(ドリアン助川)

そうですねぇ。(相談者)
うん、でぇ・・(ドリアン助川)

あのぅ・・ごめんなさい、あなた今おいくつですか?(ドリアン助川)

あ、わたし50・・9歳です。(相談者)
50・・9歳・・(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
でぇ、お母さんは?(ドリアン助川)

80・・3です。(相談者)
80・・3歳・・(ドリアン助川)

懐いた

はい。(相談者)
でぇ・・(ドリアン助川)

母との関係ということですけども。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・あなたが産まれた・・(ドリアン助川)

ってことは、お父さん居たわけですよねぇ?(ドリアン助川)
はいはい。(相談者)
お父さんはどうなっちゃったの?(ドリアン助川)

あ、20年前に亡くなってます。(相談者)

ということは、そのお父さんは、お母さんと一緒に暮らしてたんですか?(ドリアン助川)

はい、そうです。(相談者)

お父さんとお母さんと・・(相談者)
ええ。(ドリアン助川)
その・・(相談者)

意地悪だった・・(相談者)

おばあさん・・は、わたしが18歳まで、暮らしてました。(相談者)
うーん・・(ドリアン助川)

あのぅ・・(ドリアン助川)

ご兄弟は?(ドリアン助川)

あ、弟が・・5歳下の・・弟が、50・・4歳です。(相談者)

でぇ、この弟さんはどういう育ち方をしたんですか?(ドリアン助川)
あっ、母と父と、弟と・・(相談者)

おばあさんっていうか・・(相談者)

ああ・・(ドリアン助川)
普通に暮らしてました。(相談者)

これあなたがそのぅ・・(ドリアン助川)

おばあちゃんが・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
え・・あなたが生まれてすぐ、そのおばあちゃんの友達・・つまり、養父母に渡したというのは・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
どういう理由なんですか?(ドリアン助川)

えっと・・(相談者)

それは・・(相談者)

父の・・(相談者)

お・・妹たちも、一緒に暮らしてたので。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

まぁ、なんて言うのかなぁ・・(相談者)

しっかり家事とかをやるために・・(相談者)

なのか、ちょっとよくは、わかりませんが、わたしとしては・・(相談者)

なついたんですね、その・・養父母の・・に・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)
が、可愛がってくれた。(相談者)

ええ・・(ドリアン助川)

ということは・・(ドリアン助川)

お父さんとお母さんが側にいて。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
でぇ、なんか、なついちゃった方の、お家(うち)に、ずっと居たってこと・・なんですかねぇ?(ドリアン助川)

そうですね・・はい。(相談者)
そういうことなんですかねぇ?(ドリアン助川)

はい、そうですね。(相談者)
ふんふん・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
なにかそのぅ・・(ドリアン助川)

もらわれていったとか、そういうことではないんですね?(ドリアン助川)

そういうことではないです。(相談者)
そういうことじゃあないんですねぇ。(ドリアン助川)
そう、そういうことです。(相談者)

攻撃的に

さぁ・・なんとなく、そういう関係で、今まできたという事はわかりましたけど。(ドリアン助川)
はい。(相談者)
今、なにが問題ですか?(ドリアン助川)

何が問題かといいますと・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
今から6年前に・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
あの、相続の・・話が・・出まして。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

母が・・(相談者)

「ちょっとちょっとアンタ、ハンコ持ってきてよ」・・っていうことでぇ・・(相談者)

わたしが・・実家に行きましたら・・(相談者)

家、土地・・(相談者)

もってる貯金、そうして、生命保険、全て、弟にあげる・・っていう話になったんですね。(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)

それでぇ・・(相談者)

弟・・夫婦に・・老後の面倒をみてもらうから・・(相談者)

もう・・お前は放棄・・(相談者)

しなさい・・っていう・・(相談者)

ことで、ハンコを、持って来てよ、来てよ・・(相談者)

っていう感じだったんですよ。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ、とにかく、あたしは素直にハンコを押してしまったんですね、6年前に。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

5年前・・ぐらいから・・なんて言うのかなぁ?・・(相談者)

その・・話と共に、わたしの心の中に、その幼い頃に・・(相談者)

わたしの気持ちを大事にしてくれなかった。(相談者)

っていう・・(相談者)

・・

・・

今まで臭いものに、蓋をしてた・・(相談者)

気持ちがふつふつと湧き上がってきて。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

母に・・(相談者)

あの・・(相談者)

・・

攻撃的になって。(相談者)
うん。(ドリアン助川)

幼い頃の・・恨みを・・(相談者)

こう、ぶつけ始めたんですよ、5年前から。(相談者)
ぁ、はい・・はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(相談者)

まぁ、年に、三回か・・(相談者)

四回ぐらい、電話したり、一回か、二回、会って・・(相談者)

でも、「ああ、この前は言い過ぎてごめんね」って、言う時もあるし・・(相談者)

「ちょっともうちょっと・・聞きたいことがあるんだけど」・・(相談者)

「答えてくれる?」・・(相談者)

って、言ってみたり・・(相談者)

そんな関係が5年ぐらい続いてるんですが。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

母がだーいぶ、弱ってきて。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

ですので、えっと、ご質問としては・・(相談者)

うん・・なん・・(相談者)

このまん・・(相談者)

・・

ん、ん・・(相談者)

もっともっと昔の事を聞きたい。(相談者)

っていう気持ちもあるし・・(相談者)

うーーん・・(相談者)

・・

・・

・・

・・

まぁ、わたし・・が、これから生きていくのに・・(相談者)

どうしたらいいかな?・・っていう・・(相談者)

相談なんですけど。(相談者)

はい・・(ドリアン助川)

うーーん・・(ドリアン助川)

あなたの・・(ドリアン助川)

心の・・(ドリアン助川)

止まり木と言いますか。(ドリアン助川)

はぁい。(相談者)
今・・あなたがどういう心のありようで、生きていくべきなのか。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
まさに問題はここですね。(ドリアン助川)

はいそうです。(相談者)
はい、今日の回答者の先生、紹介いたします。(ドリアン助川)

幼児教育研究の大原敬子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)
あっ・・(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ひどい話だ。
    なんでそんなことが行われたのか?不思議ですね。
    おばあちゃんってのが元凶なんでしょうかねえ。
    父親も情けない。

    いったいどんな事情があったのか?変な話。

  2. 誰にも意地悪されてないというのが辛い。悪者でもいれば憎しみをぶつけることもできたでしょうに。
    こんなことされたら、子どもは長い間ものすごく苦しむ。
    本当にひどい。

この記事にはコメントできません。