テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年11月17日(土)は、ドリアン助川&大迫恵美子。78歳男性から、44年前に姉の嫁ぎ先隣の借家に引っ越し、28年前に了解を得て借地にし家を建てる。その折、家賃1万円の設定だったが高いということで、姉と交渉し、支払わなくてもよくなるが、以降、疎遠になり行き来がなくなってしまった。

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:ドリアン助川
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:78歳男性 隣家に住む姉81歳 既婚(おそらく妻と二人暮らし)・子供は息子含め複数・兄弟は姉以外に兄あり・姉には二人の娘あり

もしもし?テレフォン人生相談です。(ドリアン助川)

あぁ・・こんにちは、お世話になります。(相談者)
どうもよろしくお願いします。(ドリアン助川)

今日どんなご相談でしょうか?(ドリアン助川)

えーっと、土地のことで、相談したいんですが。(相談者)
土地のこと?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
あなた様が持ってる土地のことですか?(ドリアン助川)

僕が・・借りてる土地です。(相談者)

借りてる土地?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

どういうことですか?(ドリアン助川)

あのぅ・・土地を借りて・・(相談者)

あのぅ・・ここに、家を建てたんですけどね。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

もう20・・ 8年ぐらいになります。(相談者)

家を建ててから?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

・・

それで地代は・・(相談者)

地代、 1万円払って・・(相談者)

いたんですけど。(相談者)

え・・土地の借りてる・・お金を・・(ドリアン助川)

地代・・地代を・・(相談者)
地代を・・はい?(ドリアン助川)

それをもう・・払わ・・なく・・の・・(相談者)

まぁ、隣近所の人が・・(相談者)

いろいろ、言うてくれて・・(相談者)

あのぅ・・ 1万円は高いっちゅうことで・・(相談者)

1万円というのは・・ 1坪ですか?(ドリアン助川)

いや・・あのぅ、50坪くらいです。(相談者)

50坪で・・(ドリアン助川)

1万円?(ドリアン助川)

はい・・(相談者)
これは・・(ドリアン助川)

月額ですか?年間ですか?(ドリアン助川)

ここ、田舎ですからねぇ・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

前・・前の古い家の時は・・(相談者)

3,600円の・・(相談者)

家賃だったんですよね。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

はい、それが・・(相談者)

地代になったら・・(相談者)

1万円に上ったんですよ。(相談者)

はい、 3,600円の家賃というのは・・(ドリアン助川)

これ毎月払うものですか?毎年の額ですか、どちらですか?(ドリアン助川)
いや・・毎月払ってます。(相談者)
毎月3,600円?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
という事は・・(ドリアン助川)

その50坪の1万円というのも・・毎月1万円ってことですか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はいわかりました、はい。(ドリアン助川)

そいでですねぇ・・(相談者)

まぁ、みんなが・・(相談者)

「そりゃ1万円では高いだろう」っちゅうこと・・言うた・・言うてくれてですねぇ。(相談者)

もう・・「もう払わなくていいから」っちゅうことでぇ・・(相談者)

今払ってないんです、地代を。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

はい・・(相談者)

それでぇ・・まぁ・・(相談者)

・・

「名義はどうなんのか?」 っちゅうって話をしたんです。(相談者)

だから、「変えてくれるのか?変えてくれんのか?」っちゅったら・・(相談者)

もう・・わたしの名義じゃないから・・(相談者)

できない・・ちゅうから・・(相談者)

まぁ、調べたら・・(相談者)

法務局に行って調べたら・・(相談者)

子供達2人の・・(相談者)

名義に・・(相談者)

変わってたんです。(相談者)

あの、これは借りてる土地ですよね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
という事は、名義が変わってるとおっしゃいましたけれども、貸主さんの名義が変わってるということですね?(ドリアン助川)

そうです。(相談者)
貸主さんの、お子さん・・ 2人に名義が変わっていたという事ですね、その土地で。(ドリアン助川)
そうです。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

もともとこれ・・借りた時というのは・・(ドリアン助川)

何年前に・・借りたんですか?土地を。(ドリアン助川)

一応・・あのぅ・・もう44年になりますわねぇ。(相談者)
44年前に土地を借りた?(ドリアン助川)

でぇ・・(ドリアン助川)
あの、いや・・家に住んだのが・・(相談者)

この50坪の土地に古いお家が建っていたわけですね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
そこに44年前に、越してきたわけですね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

そしてその時の・・(ドリアン助川)

大家さんというか、土地の持ち主とは・・(ドリアン助川)

え・・それがきっかけで知り合ったんですか?それとも、前から知り合いだった方ですか?(ドリアン助川)

実は・・(相談者)

姉なんです。(相談者)
あっ、お姉さんなんですか!(ドリアン助川)

はい。(相談者)

お姉さんの・・土地?(ドリアン助川)

はい。(相談者)

に、44年前に・・(ドリアン助川)

あのぅ・・(相談者)
え・・越して来た。(ドリアン助川)
新しい家を作ったから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

その新しい家作るのにも・・金がなくて、僕が・・(相談者)

100万円、返した(「貸した」では?)んですよね。(相談者)

ごめんなさい、あの大事なこと聞くの忘れてました。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
えっと・・あなた様、おいくつですか?失礼ですけど。(ドリアン助川)

あのぅ・・78歳です。(相談者)
70・・8歳・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
でぇ、お姉さんは、存命ですか?(ドリアン助川)

はい、元気です。(相談者)

おいくつなんですか?(ドリアン助川)

80・・2・・(相談者)

1か?(相談者)
80・・1歳・・(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

え・・そのお姉さんに対して・・(ドリアン助川)

まぁ、月々家賃3,600円を払っていたと?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

そして・・(ドリアン助川)

え・・この、この時・・ 44年前に引っ越した、家ではない家を、新たに建てたわけですね?(ドリアン助川)

この土地をですね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

あのぅ・・家を壊してですねぇ、家を建てさせてくれっちゅったら・・いいよっちゅうことだったから・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

この家を・・壊して・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ほいで、地上げして・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

ほいで、測量して・・(相談者)

それが・・ 28年前ですね?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい。(ドリアン助川)

でぇ・・(ドリアン助川)
測量して、その金もみんな僕が払ったんで、測量代も、20・・4万円ちかく・・(相談者)
はいはい。(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)

ほいでぇ・・(相談者)

地代は・・いくらにする・・したらいい・・あのぅ、いくら払やいいと・・聞いて・・聞きに行ったら・・(相談者)

「 1万円よ!」って、こう言われたから。(相談者)
お姉さんから直接?(ドリアン助川)

はぁい・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

兄貴もおったんです、兄貴は黙・・っとんたんです。(相談者)
はい・・(ドリアン助川)

今、おきていることというのは・・(ドリアン助川)

ま、途中から、あなたはあのぅ・・(ドリアン助川)

地代を払わなくなったわけですよね?(ドリアン助川)

そうですね・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)
払わなくていい・・ちゅうもんだから・・(相談者)
あっ・・(ドリアン助川)
もう・・(相談者)
それは誰が言ったんですか?(ドリアン助川)

・・

姉が言うたんです。(相談者)
あっ・・お姉さんが、もういらない・・って言ったんですか?(ドリアン助川)

地代は・・(ドリアン助川)
はい、地代はもういらんからっちゅうことで・・(相談者)
あ、そう・・ということで、土地はその段階で自分のものになったのかな・・って思ったわけですね?(ドリアン助川)

いえいえいえ・・そういう・・あれはなかったんです。(相談者)

はい。(ドリアン助川)

11年・・ほど前に・・(相談者)

義理兄が・・亡くなって・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)

亡くなる前に・・(相談者)

「ここの土地はお前に・・お前の名義に変えてやるよ」っちゅうことやったんです。(相談者)

はいはい。(ドリアン助川)

そ、それ・・が・・そのままずーっとそのまま来とったんですけど、あのぅ・・「名義を変えてくれるんか?」っちゅうたら・・(相談者)

「俺の名義じゃないのに、何でお前の名義に変えるんか?」っちゅう・・こういう・・(相談者)

だから、兄貴が死ぬ前と、死んだ後では・・話が変わっちゃったんですよね。(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)

だからまぁ・・今・・は、もう、行き来もしてないんで、裏に・・ぅ・・隣なんですけどね。(相談者)
はぁい。(ドリアン助川)

行き来もしてませんけど。(相談者)
うん・・(ドリアン助川)

はい・・(相談者)

ま、ほいでぇ、まぁ・・娘・・二人の名義に変わって・・(相談者)

はい。(ドリアン助川)

「叔父さん達が居る間は・・このままでええけど・・」(相談者)

・・

タヒんだたら・・(相談者)

あ・・二人とも、亡くなったら・・(相談者)
「更地で」(後ろで奥さんらしき声)

あのぅ・・更地にして返してくれっちゅうことだったんですけど。(相談者)

息子が・・「わたしは・・あ、俺はもう全然、親父のそれには関知しない」っちゅうことですねぇ・・(相談者)

「親父は・・自分で話をしなさい」っちゅうことやったもんだから・・(相談者)

どうしたらいいのか?っていうことなんでしょうか?それとも、諦めて・・(ドリアン助川)

いや・・(相談者)

あのぅ・・「売ってくれ」っちゅうんやけど・・(相談者)
はい。(ドリアン助川)

「他人には売っても、叔父さんには売らん」ちゅう、こう言う・・(相談者)
うーーん・・(ドリアン助川)
まぁ・・ゆくゆくは・・(相談者)

「他人に売る」っちゅうんですよねぇ。(相談者)

だいたいこれ、いくらぐらいで売れる可能性あるんですかね?(ドリアン助川)

さぁ・・わかりませんけど・・(相談者)

はぁい。(ドリアン助川)

まぁ、10万・・(相談者)

その前にですねぇ。(相談者)
ええ。(ドリアン助川)

親・・あのぅ・・親父が・・一回ここに・・家(うち)に来た時に・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

・・

「息子に、20万で分けてやってくれ」っち、頼んだみたいですね、この・・この頃、それを聞いたんですけどね。(相談者)
はぁい・・(ドリアン助川)

何かしかし・・(ドリアン助川)
はい。(相談者)
いずれにしろこう・・はっきりしないと・・もやもやがずっと続きますねぇ。(ドリアン助川)

そうなんですけど・・(相談者)
ねぇ・・どうやったらいろいろこう・・白黒はっきりつけられるのかっていうところ・・でしょうね。(ドリアン助川)

はい。(相談者)

じゃあその辺の・・ご相談ということでよろしいでしょうか?(ドリアン助川)

はい。(相談者)
はい、では今日の回答者の先生紹介いたします。(ドリアン助川)

はい。(相談者)
弁護士の、大迫恵美子先生です、よろしくお願いします。(ドリアン助川)

よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. この相談者、訊かれたことに素直に返事しない人ですね。
    質問されたことに答えず、自分が言いたいことをしゃべってる。
    しかも主語が無いから、何を言いたいのかわかりにくい。他人の話をちゃんと聞いてない人なんでしょうね。コミュニケーション能力に難あり。
    こんな人とまともな交渉するのはさぞかし困難を極めたことでしょう。

    「もう地代を払わなくていい」と姉(=地主)から言われたそうですが「そんなグズグズ言うんだったらもういいよ」ってことだったんでしょう。その結果日常の付き合いは無くなって行き来は途絶えた。仲が悪くなって、しかも代替わりした。
    なるようになって現状があるってこと。

    弁護士が言う通り、地代を払ってないってことは非常に立場が弱くなるけど、そんな知識さえ無かったバカで強欲な人。
    これ以上何をどうしたかったんでしょうね?

  2. 法律に無知な人には有り勝ちな話ですなあ。
    名義とか相続なぁなぁにしてたツケが今来たって事でしょう。
    それにしても地代払わないって凄いね、マトモじゃない(笑)
    人に言われたからどうこうじゃないでしょ・・・人のせいにしちゃイカンのですよ、こういう事は。自業自得です。

この記事にはコメントできません。