テレフォン人生相談

目次

スポンサーリンク

中川潤アドバイス

お願いします。(相談者)
こんにちは・・中川です。(中川潤)
あっ・・(相談者)

よろしくお願いします。(相談者)

あのぅ・・(中川潤)

今のお話、ちょっと、あの補足的に、伺いたいんですが・・(中川潤)

はい。(相談者)
その、60年前から・・ま、お父さんが、貸し始めて、貸しておられる・・ってことですが・・(中川潤)

はい。(相談者)
地代は・・普通に、もらっておられますよね?(中川潤)
そうです。(相談者)

はい。(相談者)

・・・

そうすると・・(中川潤)

で、30年前に、結局・・返して欲しいって言ったけれども、ま、す・・向こうも住まいなんでしょう?(中川潤)

ええ。(相談者)

でぇ・・やっぱり、住んでる・・から・・(中川潤)

あの、居住権というよりもねぇ・・(中川潤)

ええ。(相談者)
これ、借地権って言うんですよ。(中川潤)
はい。(相談者)

でぇ、借地借家法・・昔は・・借地法と、借家法って、別れてて、今、借地借家法ってなってますけども・・(中川潤)

はい。(相談者)
その、60年前からですから・・シィ・・(中川潤)
はい。(相談者)
あのぅ・・旧借地法、そのまま・・(中川潤)

引き継がれてるわけでねぇ・・(中川潤)
ええ。(相談者)
あのぅ・・終了・・に関しては・・(中川潤)

はい。(相談者)

そうするとねぇ・・(中川潤)
はい。(相談者)

あのぅ・・(中川潤)

・・

タダで貸した場合じゃなくて・・(中川潤)

お金をもらって・・賃・・地代を貰って・・(中川潤)

はい。(相談者)
借地に、出したものは・・(中川潤)
・・
はい。(相談者)

よーっぽどの事がない限り・・(中川潤)

はい。(相談者)
契約期間が、満了しても・・(中川潤)

返してもらうことは、できません。(中川潤)

はい。(相談者)
でぇ・・これ、どう・・どうして、そういうことになってるかって言うと・・(中川潤)

普通、契約っていうのは・・(中川潤)

はい。(相談者)
契約期間を決めますと・・(中川潤)

ええ。(相談者)
契約・・の、期間満了、終われば・・(中川潤)

はい。(相談者)
そこでおしまいになりますよねぇ。(中川潤)
はい。(相談者)

ところが・・(中川潤)

借地と借家・・(中川潤)

に関しては・・(中川潤)

はい。(相談者)

あの、建物が・・ある、あの・・借地だけに限定して言いましょうね。(中川潤)

はい。(相談者)
あの、建物・・の、所有目的の借地・・(中川潤)

はい。(相談者)

これに関しては・・(中川潤)

はい。(相談者)
契約期間が終わって・・(中川潤)

はい。(相談者)
更新を・・(中川潤)

拒む・・(中川潤)

はい。(相談者)
に、ついては・・(中川潤)
・・
はい。(相談者)

貸してる側に・・(中川潤)

よほどの正当事由・・(中川潤)

・・

が、ない限りは・・(中川潤)

はい。(相談者)

更新拒絶は・・(中川潤)

認めないと。(中川潤)
はぁ・・(相談者)

はぁ・・(相談者)
いう・・ぅ・・(中川潤)

法的な取扱いに・・なっています。(中川潤)

はい。(相談者)
で、その正当事由・・っていうのが・・(中川潤)

はい。(相談者)
どういう場合に、認められるかっていうと・・(中川潤)

はい。(相談者)

非常に、雑駁(ざっぱく)な言い方をしますと・・(中川潤)

はい。(相談者)

自己使用の必要性がある・・(中川潤)

ま、若しくは、それに準じたような・・(中川潤)

はい。(相談者)
事情に・・(中川潤)

貸主側がね・・(中川潤)

はい。(相談者)

あるような場合・・(中川潤)

はい。(相談者)
じゃないと、認められない。(中川潤)

はい。(相談者)

もう、一番典型的な場合はねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)

地主さんの方が・・(中川潤)

はい。(相談者)

あの、自分が・・借地・・あるいは、借家に住んでおられて・・(中川潤)

はい。(相談者)

特殊な状況で・・(中川潤)

はい。(相談者)
出て行かざるを、得なくなって・・(中川潤)

はい。(相談者)

で、自分の貸地・・(中川潤)

・・

しか・・ないと。(中川潤)

あの、資産としてはね。(中川潤)

はい。(相談者)

いうような場合・・(中川潤)

・・

であって・・(中川潤)

はい。(相談者)
かつ、借りてる方が・・(中川潤)

はい。(相談者)

そこ・・以外でなければ、どうしようもないと・・(中川潤)

いうことでも・・(中川潤)

ではないような事情があれば・・(中川潤)

はぁい。(相談者)

そこまで行けば・・(中川潤)

・・・

認め・・られることは・・あるんですけれども・・(中川潤)

はぁ・・(相談者)
ご自身が、貸してる側が・・(中川潤)

はい。(相談者)
それなりの、お住まいで、普通に住んでおられて・・(中川潤)

はい。(相談者)

特に、切迫してですよ・・(中川潤)

はい。(相談者)
そのぅ・・土地を・・(中川潤)

はい。(相談者)

あのぅ・・他に、使う必要が・・(中川潤)
・・
あのぅ・・常識的に見て、すごく切迫した必要があると・・(中川潤)

誰が考えても、無理はないと・・(中川潤)

はい。(相談者)
いうような事情でもない限り・・(中川潤)

はい。(相談者)

そのぅ・・土地を・・自宅として、そこで住まわっておられる借地人さん・・(中川潤)

・・

出て行ってもらう・・それ・・約定期間が満了したから、もう更新はしませんと・・(中川潤)

はい。(相談者)
言っても、それはまず通らないです。(中川潤)

ああ・・(相談者)

・・

つまりねぇ・・(中川潤)

住まいとして、土地を貸すっていうのは、基本的には、もう返ってこない・・(中川潤)

はあぁ・・(相談者)

というふうにまで、割り切らないと・・(中川潤)

しょうがないのが、借地、借家・・(中川潤)

代が替わっても、ダメなんですか?(中川潤)
かわ・・全然、関係ないっすよ。(中川潤)

あぁ・・(相談者)
あの、代替わりっていうのは・・(中川潤)

あのぅ・・特に相続なんか・・まぁ、あのぅ・・(中川潤)
はい。(相談者)

譲渡だって、同じなんですけどもね。(中川潤)

いやいや・・(相談者)

賃貸人が、いくら替わったって・・(中川潤)

ええ。(相談者)
借りてる方には、関係ないことなんです。(相談者)

ええ・・そっちも・・替わっとる・・(中川潤)

いや、だから、借りてる方が・・(中川潤)
うん。(相談者)

もし・・今、借りてる人が・・(相談者)
うん。(中川潤)
もし・・こんなこと言っちゃあ・・なんですけども・・(相談者)
うん。(中川潤)

亡くなって・・(相談者)
うん・・(中川潤)

そこに、息子さんが、住むということに、なったらしいんですよ・・(相談者)
いや、むす・・(中川潤)
そこは、どうなるんです?・・(相談者)
息子が住むっていうのはねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)
あのぅ・・権利の・・関係の移転っていうのは・・(中川潤)

あのぅ・・(中川潤)

・・

よう・・(中川潤)

あのぅ・・ちょ、ちょっと小難しい言葉で言うと・・(中川潤)

包括承継と、特定承継・・って、二つに分かれるんだけど、包括承継っていうのは、要するに・・相続です。(中川潤)

ええ。(相談者)
代が替わるってやつね。(中川潤)

ええ。(相談者)
この、場合と・・(中川潤)

特定承継っていうのは、売り買いするような場合ね。(中川潤)

ええ。(相談者)
他の人に、売ってしまう。(中川潤)

あっ・・(相談者)

でぇ、他の人にね・・(中川潤)
ええ。(相談者)
売ってしまうっていうことになると・・(中川潤)

あのぅ・・その、借地を・・(中川潤)

あのぅ・・借地を売るっていうのは、正確に言うと、家を売るんですけど・・(中川潤)

借地権付の家を売ろうとしたら、これは、無断で売れません。(中川潤)

ええ・・(相談者)
地主さんの承諾がない限りね。(中川潤)
ええ・・ええ・・(相談者)

売れないのね。(中川潤)
はい。(相談者)

・・

でも・・(中川潤)

この承諾・・がない限り、売れないんだけれど・・(中川潤)

あくまで、地主さんが、断れるか?・・っていうと・・承諾に代わる許可・・(中川潤)

・・・

を、裁判所が、一定の承諾料、払えと・・(中川潤)

ええ。(相談者)
いうことで、許可を出すことができる制度まであるぐらいで・・(中川潤)
はい。(相談者)
一方でね。(中川潤)

ええ。(相談者)

でぇ・・あのぅ・・翻って、元に戻って、そのぅ・・相続の場合。(中川潤)

はい。(相談者)
相続の場合は、代替わりですので・・(中川潤)

ええ。(相談者)

これは・・あのぅ・・先代が住んでたのを、後の人間が住むっていうのは、別に・・(中川潤)

他へ売る・・売り買いするのとは、訳が違うから・・(中川潤)

ええ。(相談者)

自然に、起こることですから・・(中川潤)

ええ。(相談者)

その事で、代が替わったから、権利関係が変わるってことは、全くないんです。(中川潤)

・・・

いいってことですか?(相談者)
わかります?(中川潤)
いいってことですか?(相談者)
いいんですよ・・いや違う、いいんですよ。(中川潤)

・・

うむ・・(相談者)
100%いいんです、問題がないんです、なんの問題もないの。(中川潤)

・・

で、そう・・(相談者)
だから、あなたが、勘違いしておられるようなんだけど・・(中川潤)

ええ。(相談者)
お父さんが、貸した土地で・・(中川潤)

ええ。(相談者)
自分達が、代が替わったんだから・・(中川潤)

ええ。(相談者)
ねえ。(中川潤)

あのぅ・・賃貸人が、変わったと。(中川潤)

いうふうな、お考えでいらっしゃるようだけども・・(中川潤)

ええ・・いや・・(相談者)
これは、大きな間違いですよ。(中川潤)
いや、そ・・それもあるんですけど・・(相談者)
はい。(中川潤)

今、建ってる・・建物の・・(相談者)
はい。(中川潤)

60年、経ってるもので・・(相談者)
ええ。(中川潤)
もう、ボロボロなんですよ。(相談者)
はい。(中川潤)

で、そこなんですが・・(中川潤)

ええ。(相談者)
あのぅ・・(中川潤)

借地の場合に・・(中川潤)

ええ。(相談者)
唯一ね・・(中川潤)

ええ。(相談者)
あのぅ、自然に終了する場合っていうのが、あって・・(中川潤)

それは建物が・・(中川潤)

ええ。(相談者)
朽ち果てた場合。(中川潤)
はい。(相談者)
朽廃ね。(中川潤)

はい。(相談者)

朽ち果てる場合ね。(中川潤)

はい。(相談者)
朽廃した場合には、借地契約は終了します。(中川潤)

はい。(相談者)
だけど・・(中川潤)

ええ。(相談者)

60年経とうが、70年経とうが・・(中川潤)

100年経とうが・・(相談者)
実際に人が、住ん・・いや、まぁ、ま、100年だって、あり得るんだけど・・(中川潤)
・・
ええ・・(相談者)
あのぅ・・中、手を加えればいいから。(中川潤)

多少・・(中川潤)
はっきり・・(相談者)

加えていいんですか?(相談者)

あのねぇ・・た、多少の補修は・・(中川潤)

ぁ、イヤ・・ヤ・・ぁ、あり得るし・・だから、本格的な補修をやろうと思えば・・(中川潤)

ええ。(相談者)
増改築に、なりますから・・(中川潤)

ええ。(相談者)
増改築をするについては・・(中川潤)

ええ。(相談者)
本来の、そのままだったら・・く、朽ち果てたのが、2・・20年後であるのが・・(中川潤)

ええ。(相談者)
増改築することによって・・(中川潤)

ええ。(相談者)
更に・・50年、60年、伸びるかもしれませんね。(中川潤)

ええ。(相談者)
でぇ・・(中川潤)

だからその、増改築しょうと思ったら、地主の承諾がいるわけ。(中川潤)

ええ。(相談者)

でも・・その場合も、裁判所へ・・申立てれば・・(中川潤)

ええ。(相談者)

増改築の承諾・・(中川潤)
ええ。(相談者)
に、代わる許可を・・(中川潤)

ええ。(相談者)
一定の増改築承諾料・・(中川潤)

ええ。(相談者)
を、払いなさいということで・・原則、許可します。(中川潤)

ほぅ・・(相談者)

・・・

二つのことを、ちょっと・・あのぅ・・誤解されてると思うのは、一つはねぇ・・(中川潤)

はい。(相談者)

・・

貸し・・貸してる側の代が替わっても・・(中川潤)

はい。(相談者)
賃貸人として、全く、同一ですから・・(中川潤)

ええ。(相談者)
代替わりは、なんの関係もありません。(中川潤)

ああ、そうですか?(相談者)
これは、地主側であっても・・(中川潤)

ええ。(相談者)
借りてる側であっても・・まず、同じです。(中川潤)

ウン・・(相談者)

それからもう一つ・・(中川潤)

はい。(相談者)

建物が、ボロボロ・・っていうのは・・(中川潤)

はい。(相談者)
人が住んでる限り・・(中川潤)

はい。(相談者)
朽廃なんて認定は、あり得ません。(中川潤)

えっ?(相談者)
す・・住めてるんだから。(中川潤)

ぁぁ・・(相談者)

だからねぇ・・(中川潤)

あのぅ・・ぅ・・(中川潤)

あなたが今・・(中川潤)

おっしゃってるね。(中川潤)

はい。(相談者)
お気持ち的にはね・・(中川潤)

はい。(相談者)

貸した・・(中川潤)

あ・・・土地なんだから・・(中川潤)

ええ。(相談者)
いずれ、返してもらいたい・・(中川潤)

というお気持ちは、わかるけども・・(中川潤)

はい。(相談者)

今の借地法は、そういう立て付けにはなっていません。(中川潤)

はぁ・・(相談者)

そうすると・・もう一つ聞きたいんですけど・・(相談者)
はい。(中川潤)

もし・・(相談者)

このまま、行くんであっても・・(相談者)

一か月の・・(相談者)

貸してる料金は、上げられるんですか?(相談者)
あ、それ・・あ・・それはごめんなさい、言い忘れました。(中川潤)

一方でね。(中川潤)

はい。(相談者)
法律は、こういう手当をしていましてね。(中川潤)

ええ。(相談者)
あのぅ・・そういう、あのぅ・・(中川潤)

期間の約束しても、結局、ないに等しいことになるじゃないですか。(中川潤)

うん。(相談者)
ねぇ。(中川潤)

そうすると、地代の方は・・(中川潤)

はい。(相談者)
それ相応に、ちゃんと貰わないと、適正地代を、貰えないと・・(中川潤)

はい。(相談者)
地主は、踏んだり蹴ったりなわけですよ。(中川潤)
そうです。(相談者)
うん・・(中川潤)

だもんだから・・(中川潤)

ええ。(相談者)
地代に関しては・・(中川潤)

ええ。(相談者)
あのぅ・・(中川潤)

・・

近隣相場・・からすればですよ。(中川潤)

はい。(相談者)
明らかに・・地代が低い・・(中川潤)

ねぇ。(中川潤)

ええ。(相談者)
ということになれば・・(中川潤)

はい。(相談者)
あのぅ、地主の方が・・(中川潤)

ええ。(相談者)
一方的に増額請求・・をすることは・・できると。(中川潤)

ほぅ・・(相談者)
いう、増額請求権というのは、あるんです。(中川潤)

ええ・・(相談者)
ただね・・(中川潤)

はい。(相談者)
ただ、勘違いされてはいかんのは・・(中川潤)
はい。(相談者)

増額請求権が・・一方的な、増額請求権が、あるという立て付けには、なっているのですが・・(中川潤)

はい。(相談者)
その、増額請求権・・(中川潤)

が、一方的にあって、それがそのまま・・100%・・あのぅ・・どんな額でも、認めるってやったら、また・・それはそれで、無茶苦茶な話しになるので・・(中川潤)

ええ・・(相談者)
適正な額への、増額の請求であれば・・認まるわけですねぇ。(中川潤)
ほぅ・・ぉぉ・・ぉぉ・・(相談者)

そうすると、地主さんの方が、通常あるのは・・明け渡しは無理なんで・・(中川潤)

増額・・請求権・・(中川潤)

を、行使して・・(中川潤)

ええ。(相談者)
地代、上げると。(中川潤)

ええ・・(相談者)
いうことを・・なさるのが、まぁ、往々にして、しばしばあるわけですね、当然ね。(中川潤)
ええ、ええ、ええ、ええ。(相談者)
ですから、あなたの方ではね・・(中川潤)

ええ。(相談者)
今の地代が、明らかに不当に安いんであれば・・(中川潤)

ええ。(相談者)
地代の、増額請求は、できるんです。(中川潤)

ほぅ・・(相談者)

わかりました。(相談者)
はぁい。(中川潤)

123
2 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. ずっと独身で通してきた63歳の男性。
    もう人生の先が見えてますよ。
    なのでまだ体が元気なうちに貸してる土地を売り払って、その金でパア~ッと遊びまくってみたい、という気持ちはわかりますよ。
    でもね、土地を借りてる側にとっては生活基盤を脅かされる事態ですから、法律で保護されてるのもやむを得ないでしょう。
    いくら貸主にとって不快な法律でも、法は法。守らざるを得ませんね。
    人生相談じゃなくて、取引先の銀行にでも相談すれば、また違った角度からのアイディア提案があるかもしれません。

  2. とおりすがり

    法律ってよく出来てるなぁと今日の相談で思いました。

    地主だろうが、地代を貰って土地を貸している以上、
    その貸し手がその土地の上に貸し手が建てた家に住んでいるなら、
    どけろとはいえないということ

    このじいさんの気持はよく分かるけれど、
    だったら売っぱらえばいいのにね。土地を。そうはしたくないから相談したんだろうけど。 土地の上に家があるということは、厄介なことなんだなって。
    今回は身内話だけど、土地の所有者が第三者の誰かで その上の建物はまた誰かの持ち物でっていう場合も多々あるんだろうなーって思った。

この記事にはコメントできません。