テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年1月2日(火)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。転勤族の相談者、数十年前、同僚の女性との浮気を妻に疑われる。そういう事実もなく、自身を軽いと述べる相談者。LINEで、また会いたいというメッセージ。スマホを妻に見られ、再度、疑われる。過去に「離婚するぞ」という度々の暴言が今の妻との冷た態度なのか?昔のように、仲の良い夫婦に戻りたいのだが、どうしたらいいだろう?
加藤諦三氏の〆の言葉『劣等感は、本来の感情を排除してしまいます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:58歳男性 妻58歳 子供二人 28歳と25歳 他会社の同僚女性と取引先女性の二人

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、よろしくお願い致します。(相談者)

はい、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

58歳です。(相談者)
50・・8歳・・結婚してます?(加藤諦三)
はい、してます。(相談者)
え・・奥さん、何歳ですか?(加藤諦三)
同じ歳です。(相談者)
同じ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
お子さんは?(加藤諦三)
えっと、28歳と、25歳・・(相談者)
はい・・(加藤諦三)

それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

だいぶ前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・浮気を疑われた女性と・・(相談者)

浮気を・・疑われた・・(加藤諦三)
疑われ・・はい。(相談者)
という女性ということで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
浮気はしていないわけですね?(加藤諦三)
はい・・していないです・・はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっとそういう・・軽いところが・・わたくし、あるもんですから・・(相談者)
ぁ、はい。(加藤諦三)

はい、ちょっとそういう・・ええ・・ええ、疑われたことが・・(相談者)

えーっと、数十年前にありました。(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇ・・わたし・・転勤族なもんですから・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

その女性とは、同じ会社なんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

会うこともなく。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ただ、あのぅ・・(相談者)

LINEで・・(相談者)

つなが・・ってまして・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

1年ほど前から、ちょっと・・LINEを・・(相談者)

たんぱんに(?)、やってたんですね。(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

まぁ、ただ、たまなんですが、やく・・な・・さっきも言いましたように、軽いところがあるもんで・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ちょっと、会いたいよ・・とか・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)

ああ・・そういうことを、書いてしまうんですよ。(相談者)
はい、はい、はい。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

で、た・・それとまた、別の女性なんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

取引先の女性と・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

先日、あの・・飲みに行かなきゃいけなくなりまして・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

で、そのことは、もう、ちょっと・・疑われるのも嫌だから、家内には言ってたんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、行く前は別に・・(相談者)

機嫌良く、送り出してくれたんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

ま、その日は、もう・・(相談者)

あのぅ・・遅くなるとまた・・疑われると嫌なので・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

早く帰ったら・・すごく機嫌が悪くて・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

わたし・・も、全然、軽い気持ちなんで、ロックなんか、してないんですよ・・スマホは。(相談者)
・・
はいはい。(加藤諦三)

でぇ、そのスマホを、家内が・・見まして・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)

あ、昔のこの女と・・LINE・・まだ、やってるということで・・(相談者)

怒られまして・・(相談者)

ああ・・今回・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

の女性じゃなくて・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)

その、数十年前の女性ね?(加藤諦三)

そう、今回の女性との件も、LINEを見たんですが・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あの、二人のLINEを見ました・・(相談者)
な・・なんて、書いてあったわけ?(加藤諦三)

今回、一緒に居た女性のLINEは別に・・(相談者)

写真を一枚、撮られたんで、一緒にそれは・・LINEで、やりとりしただけで・・(相談者)

そいでその写真・・の・・(加藤諦三)
もう・・(相談者)
奥さんに疑われた?(加藤諦三)

ぅ、ぅ・・ちょっと・・(相談者)

そ、その写真というよりも、その・・(相談者)

前の・・その女性との・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・LINEのやりとりの方が・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
気になったみたいです。(相談者)

はぁ・・ん・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

・・

・・

ま、奥さんからすると・・(加藤諦三)
ええ。(相談者)
数十年前の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
女性っていうのは・・(加藤諦三)

本当に・・好きな女性だったんじゃないのかなぁ・・という疑いがあるんだね?(加藤諦三)

わたしは全然、そんなことないんですけども・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

そいで・・奥さんは、そうすると、今だに・・(加藤諦三)

そ、そのぅ・・スマホを見て・・(加藤諦三)
いやそれが・・(相談者)

前の・・(加藤諦三)

・・

女性との浮気が・・あったと信じて・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そして、機嫌が悪いわけ・・今?(加藤諦三)

それがあのぅ・・機嫌がいい時と、悪い時がありまして・・(相談者)

うん、そりゃ、誰でもあると思うけど?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
・・
週末は、二人仲良く・・買い物、行ったりとか・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

バーベキューしたり・・(相談者)

するし・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

食事も行くんですが・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

朝起きた時に、あっ・・なんか冷たいな・・っていう・・(相談者)

雰囲気が・・(相談者)

あるときがあって・・(相談者)

うん。(加藤諦三)

・・

これがもう、ちょっともう数ヶ月、続いてるので、いい時と、悪い時がですね・・(相談者)

えっ?・・数ヶ月、続いてるの?(加藤諦三)
はぁい・・はい。(相談者)

ということは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
あなたの奥さん・・わりと、嫉妬深いの?(加藤諦三)

嫉妬深い・・ですね。(相談者)

それと、もう一つは・・わたしあのぅ・・(相談者)

家内に対して・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

辛い言葉も・・結婚生活で、何度か・・ぶつけちゃったもんですから・・(相談者)

脅し・・ですね、要するに。(相談者)
・・
あのぅ・・「離婚するぞ」と。(相談者)

・・

あ、だから・・そういう離婚なんていうことは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
脅し・・で、そう言うもんじゃないんですよねぇ。(加藤諦三)
そうですねぇ。(相談者)

それは、やっぱ、ちょっと、わたし・・(相談者)

反省してます。(相談者)

ぅ、うん・・だから・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あなたの場合には・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

あなたを理解するっていうのは、言葉じゃなくって・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その言葉を言った時の、あなたの・・(加藤諦三)

表情とか言い方で、全部、理解しないといけないんだよね。(加藤諦三)

それ・・やっぱ・・今・・おこ・・(相談者)
・・
あの、彼女が怒ってる時には・・(相談者)

「あなたは、こんなこと言った」ということは、な・・何度か言われます。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
彼女なんか、劣等感ないですか?(加藤諦三)

ですねぇ・・(相談者)
よく、他人と自分とを、比較するとかね。(加藤諦三)

あっ・・それは・・はぁ・・あの人は・・(相談者)

顔が綺麗だとか・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)

かわいいとか・・(相談者)

はい。(加藤諦三)

あの、優秀だ・・あの人の子供さんは、優秀だとか、なんでも出来る・・みたいなことは、言いますね。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)

あのねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

劣等感の強いことの・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

一つの・・(加藤諦三)

確かな特徴っていうのは、嫉妬深さなんですよ。(加藤諦三)

ああ・・はぁ・・(相談者)

・・

それで、わりと、そうすると、傷つきやすいんだよねぇ。(加藤諦三)
傷つきやすいと思います。(相談者)

・・

うん・・(加藤諦三)

・・

・・

それで・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

この、脅しに弱いでしょう、奥さん?(加藤諦三)

泣きます。(相談者)

うん。(加藤諦三)

で、そのたんびに、わたしも反省して謝って・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
という繰り返しが、あったと思いますね。(相談者)

・・

うん。(加藤諦三)

それで、今日の相談っていうのは、どういうことですか?(加藤諦三)

また・・数ヶ月前の・・(相談者)

家内とわたしに戻りたいと。(相談者)

・・

ま、要するに・・(相談者)
・・
二人で仲良く・・(相談者)

生きていきたい。(相談者)

うん。(加藤諦三)

それには、どうしたらいいか?ってこと?(加藤諦三)

はい・・はい。(相談者)

はい、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
今日はあの、スタジオに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
心についてのエッセイストとしてお馴染みのマドモアゼル愛先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1.   HBCラジオでは 文化放送配信駅伝が入り 人生相談は 午後にスライドしました。
     ご相談者の弁「ちょっとそういう・・軽いところが・・わたくし、あるもんですから」
     その 軽さ 無頓着さと 言っていいかな? 李下に冠を正さず で 奥様が 疑心暗鬼になられるような 行動をお控えなさった方が いいのでは(・・?
     本当に身が潔白ならば の 話ですが。

    • 年明けは、箱根駅伝を各局が放送するので、放送するところを探さなきゃいけないのが面倒です。
      時間変更か、中止かそのまま放送か(確か、昨年は滅茶苦茶早い時間に放送されたとこがありましたね)・・毎年、チェックが大変ですヽ(;´Д`)ノ

この記事にはコメントできません。