テレフォン人生相談


テレフォン人生相談 2014年4月18日(金)
パーソナリティ:今井通子
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者は34歳男性、子供の家出問題についての相談。元妻の連れ子を認知し自身の子として育てる。元妻は借金と浮気で子供を置いて離婚、中学2年生になるその息子が家出を繰り返す。シングルファザーが家出をしないように子供とどう接していけばいいか?

目次

スポンサーリンク

子供の家出の問題について

相談者は34歳男性(サラリーマン・バツイチ・付き合っている女性あり) 子供二人、長男は中学2年生(元妻の連れ子・自身の子として認知)、長女は小学6年生(元妻との間の子)。元妻42歳との婚姻期間は7年、離婚して5、6年経つ。

今井通:もしもし・・テレフォン人生相談です。

相談者:もしもし、よろしくお願いします。

今井通:今日は、どういったご相談ですか?

相談者:子供の・・家出の問題についてなんですけど。

今井通:あなた、おいくつですか?

相談者:34歳です。

今井通:お子さんのお母さんは?

相談者:5、6年前に、離婚してますんで。

今井通:ええ、元、奥さまの、お歳はおいくつ?

相談者:今、40・・2ぐらいだと思います。

今井通:ご結婚されたのは何年前?

相談者:別れたのが5、6年前なので・・結婚生活は7年間ぐらいだったと思うんですけど。

今井通:でぇ、お子さんは・・男のお子さん?女のお子さん?

相談者:上が・・男で、中学校2年生です。

今井通:はい。

相談者:でぇ下が、女の子で・・小学校6年生です。

今井通:でぇ、どういった状況なんですか・

相談者:今、子供と三人で暮らしてまして。

今井通:はい。

相談者:でっぇ、まぁ半年ぐらい前からなんですけど、上の子が、あのぅ、よく家出をするようになりまして。

今井通:はい。

相談者:まぁ、わたし・・が、子供が、ちょっと悪い事したときとか、何か問題があった時に、叱るんですよ。

今井通:ええ。

相談者:でぇ、そん時・・に、まぁ、あの、時々、手が出る時もあるもんですから・・

今井通:はい。

相談者:まぁ、怒られるのよろしくして、悪い事した後に、何も言わずに家出をしたりっていう形・・で、してるんですよ。

今井通:これぇ、あの、家出っていうのは、その日のうちに帰ってくるの?オーバーナイト?

相談者:最初のうちは、その日・・に、帰ってきたときもあったんですけど。

今井通:はい。

相談者:今は・・2、3日、帰って来なかったりとか・・っていう時もあります。

今井通:でぇ、行ってる先は・

相談者:昼間・・は、友達のところで遊んだりとか、してると思うんですけど・・

今井通:はい。

相談者:ま、ちょっと、どこに行ってるかは、わからなくてですねぇ。

今井通:ええ。

相談者:夜はさすがに、友達の家に泊まることは出来ないので・・

今井通:ええ。

相談者:近くをブラブラ歩いたりしてるらしいんですけど。

今井通:うん・・まずですねぇ・・

相談者:はい。

今井通:あなたは、サラリーマン?それとも自営?

相談者:サラリーマンです。

今井通:サラリーマン?

相談者:はい。

今井通:そうすると、お子様を、お一人で育ててるわけじゃあないですよね?

相談者:一応、わたし・・が、一人で面倒をみてます。

今井通:そうすると・・上のお子さんが・・

相談者:小学校1年生ぐらいの時ですね。

今井通:に、離婚されたの?

相談者:はぁい。

今井通:でぇ、離婚の原因はなんだったんですか?

相談者:嫁の・・浮気と・・借金問題です。

今井通:でぇ・・奥さまだけが出てらした?

相談者:そうですね。

今井通:はい・・でぇ、あなたのほうは、その頃から、お一人でお子さんを育てながら・・

相談者:えっと、その時・・

今井通:サラリーマン生活をされてるの?

相談者:それであの、子供がその時、小さ・・くてですね。

今井通:ですよねぇ。

相談者:はぁい、でぇ、その時に嫁が残した借金とかもありましたので、それも、わたし・・が、払う形・・できてて。

今井通:はい。

相談者:でぇ、その時・・に、その子供をですねぇ、養護施設に、二人、預けたんですよ。

今井通:ああ、なるほど、はい。

相談者:それで、三年・・ちょっとしてから、あの、子供を引き取りまして、三人で生活してる形です。

今井通:奥様は全く、お子さんを引き取るというような、お気持ちはなかったわけね?じゃあ。

相談者:そうですね、その時・・に、妊娠をしてて、まぁ、わたしと離婚した後に、新しい人と結婚をして、また子供を産んでるわけですから。

今井通:でぇ、このご妊娠は・・

相談者:はい。

今井通:どちらのお子さん?

相談者:向こうの、相手の、子だと思うんですけど、戸籍上、わたしの戸籍に入ってたものですから。

今井通:ああ、そうですよね、だって、別れる時もう妊娠してらしたのね。

相談者:そうですはぁい。

今井通:うん・・なるほど。

今井通:でぇ、今、じゃあ、奥さまは、その頃、浮気相手だった方と、結婚されてるわけ?

相談者:そうですねぇ。

今井通:でぇ、あなたの方は、お子様と三人で、今までずっと、生活をされてるわけですね?

相談者:そうですよ。

今井通:まず、養護施設にお預けになってて、引き取られたのが三年前ぐらいですか?

相談者:約、三年・・前ですね。

今井通:これ、引き取られた頃、どうでした?お子さん?

相談者:ホントに・・今まで・・いい子でした・・はぁい。

今井通:じゃあ、お家に帰られて、喜んでたのかなぁ?

相談者:そうですねぇ、喜んでた・・と思いますし・・

今井通:ええ。

相談者:結構、いろんな友達・・が・・まぁ、出来てですねぇ。

今井通:はぁい。

相談者:ま、悪い友達も、なん・・出来たりもしたんですけど。

今井通:ええ。

相談者:それで、夜・・遅くまで遊んだりとか・・黙って、遠出したりですとかですねぇ。

今井通:ええ。

相談者:そういうこともちょっとあの、最近・・ちょっとしばしばあってですねぇ。

今井通:ええ。

相談者:学校の先生にも、ちょっと相談したこともありましてぇ。

今井通:はい。

相談者:でぇ、学校・・の、先生と、まぁ、あのぅ、わたしと子供と三人で、いろいろその、話・・を、してですねぇ。

今井通:ええ。

相談者:でぇ、本人はもう、そういうことは二度としないっていう約束・・は、したんですけども、そういうのがもう、今度で、三回目ぐらいなんですよ。

今井通:警察沙汰を起したりっていうのは?

相談者:それ・・は・・ないんですけど。

今井通:あ、ありません?はい。

相談者:はぁい。

今井通:あなたは今・・全部、一手に引き受けて、お子さん二人、育てられているわけだけど。

相談者:はぁい。

今井通:誰か、サポートしてくださる方とか・・

相談者:はい。

今井通:精神的に、なんか愚痴が言えるようなお仲間っていらっしゃる?

相談者:そうですね、今、付き合っている女性は居るんですけれども。

今井通:あっ、なるほど。

今井通:その方とは、相談はされてるわけね?

相談者:相談はしてます、はい。

今井通:でぇあのぅ・・今、そのぅ、坊ちゃんの事が問題なんですよねぇ?

相談者:そうですねぇ、今はですね。

今井通:うん・・

相談者:上の・・子がですね、ち、血がないんですよ、その・・

今井通:あっ、そうなんですか?はい。

相談者:自分の・・戸籍には、入ってるんですけど。

今井通:はい。

相談者:以前、別れた嫁の・・わたしが結婚する前の、その連れ子だったんですよ。

今井通:えっ?ちょっと待ってください。

相談者:はい。

今井通:「以前、別れた嫁」っていうのは、さっきその、浮気して家を出て行った奥さん・・

相談者:はい。

今井通:のことですよねぇ?

相談者:そうです、はぁい。

今井通:その・・連れ子さんだったの?

相談者:もともと・・はですね。

今井通:はい。

相談者:わたしと結婚する前に。

今井通:はい。

相談者:結婚、男性と、あの、結婚をしてまして。

今井通:はい。

相談者:若い時に離婚をしたときに、また、今の子とは別に・・違う子供が居たらしくて。

今井通:はい。

相談者:でぇ、その、別れた時にそのぅ・・子供は、相手の・・方が、親権と取られたみたいで。

今井通:はい。

相談者:でぇ、その後に、わたしと出会う前に、他に付き合っていた男性の方がいたみたいで。

今井通:はい。

相談者:で、その子・・を、結婚しないで子供を産んで、認知・・がしてなかったもんですから。

今井通:はぁい。

相談者:それでわたし・・ま、前の嫁さんと出会った時に・・あのぅ・・子供を妊娠したので。

今井通:うん・・

相談者:わたしが、籍入れる時に、一緒に、認知もしてあげたんですよ。

今井通:ああ・・なるほど。

相談者:それはもう、子供・・は、全く知らないんですけど、その・・

今井通:お子さんは知らない?

相談者:それは知らないです。

今井通:知らないのね、お子さんはね?

相談者:はぁい。

今井通:でぇ、奥さまは、にもかかわらず、そのお子さんも置いてった?

相談者:そうですねぇ。

今井通:わ・・かりました、でぇ・・今日のご相談は、そうするとどういうことになります?

相談者:上の子とは話をするんですけど、頻繁にやっぱり家出をしてしまうので、家出をしない・・**には、どういうふうな、対応、子供に接していけばいいのかな?ってのが、今日の相談です。

今井通:わかりました今日はですねぇ、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてますので、伺ってみたいと思います。先生、よろしくお願い致します。

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA