テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月20日(木)は、柴田理恵&三石由起子。68歳の女性から、孫娘が両親と一緒に居るのが嫌だと言い、「ばあちゃんの所に行く」と言って10日ほど預かっているプチ家出状態。息子夫婦は不仲で離婚話も出ている状態。ただ、嫁は娘が18歳になるまでは離婚しないと言っている。あと5年、このままでいいのだろうか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者: 三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:68歳女性 夫70歳 車で15分離れた場所に住む息子夫婦 息子36歳 嫁36歳 孫娘13歳(中学2年生・一人っ子)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(柴田理恵)
はぁい、よろしくお願いします。(相談者)
はぁい、ぇ、今日はどのようなご相談ですか?(柴田理恵)

パパとママが嫌

あのですね・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
一人・・ぁ、女、孫なんですけども・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

あの、「ばあちゃん所に行く」って言うんで。(相談者)
はい。(柴田理恵)
うちに・・(相談者)

連れて来ちゃったんですよ。(相談者)
はいはいはい。(柴田理恵)

うん。(柴田理恵)
あのぅ・・「ママとかパパ、嫌だ」って(苦笑)。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

えっと、あなた、おいくつですか?(柴田理恵)
あっ、わたし・・68です。(相談者)
68歳・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
でぇ・・そのお孫さんっていうのは、おいくつですか?(柴田理恵)

え・・中学2年生で13歳です。(相談者)
13歳・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
ああ・・女・・の子ですか?(柴田理恵)
お・・はいはい、そうです。(相談者)

えっと、お父さんとお母さん、でぇ、お父さんお母さんは・・(柴田理恵)
ふふふ(苦笑)・・(相談者)
どちらの・・えっと・・(柴田理恵)
わたし・・息子の方です。(相談者)
あ、息子さんが・・(柴田理恵)
息子の親です、はい。(相談者)
おいくつですか、今?(柴田理恵)
36・・(相談者)

お嫁さんも36です。(相談者)
ああ・・そうですか?(柴田理恵)
はい。(相談者)
なんで、そんな、ご両親の所に居るのが嫌で・・(柴田理恵)
うん・・(相談者)
おばあちゃんの所がいいって・・(柴田理恵)
ふふふふふ(苦笑)・・(相談者)
おばあちゃんの家(ち)へ来ちゃったんですか?(柴田理恵)

来ちゃったって・・そうですね、まぁ・・ま、夫婦仲も、あんまり良くなくてぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ、別れるとかなんか、そういう話にな・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
ってしまってぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

それでぇ、ま、あの、なんて言うのかなぁ・・(相談者)

ま、判断を迫られたわけですよね、たぶん、親に。(相談者)

お父さんにつくか、お母さんにつくか・・(相談者)
はぁいはぁい、はぁい。(柴田理恵)
うん・・(相談者)

詳しい事は・・言わないんですけども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
孫も・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)

なんかもう、「嫌いになっちゃった」って言うわけなんですよ。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
でぇ、「一緒に居るのが嫌だ」って。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

おばあちゃんの家にプチ家出

そのぅ・・お子さん達っていうか。(柴田理恵)
はい。(相談者)
あの、お孫さん達は、どこに住んでらっしゃるんですか?近所ですか? (柴田理恵)

あ、車で・・ 15分ぐらいのとこです。(相談者)
ああ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ。(柴田理恵)

でぇ・・(柴田理恵)

今、ええ、そのお孫さんっていうのは、ずーっと・・(柴田理恵)

ぉ、おばあちゃん家にいらっしゃるの?(柴田理恵)
と・・はい、10日ぐらいになります。(相談者)
10日ぐらい?(柴田理恵)
はい。(相談者)
じゃあ、10日ぐらい、おばあちゃん家に、家出ってことですね?(柴田理恵)
そうです(笑)、あ、それでですね。(相談者)
うん、うん・・(柴田理恵)
学校がありますもんで。(相談者)
はい。(柴田理恵)

こっからだとやっぱり、あのぅ・・息子の住んでいる所と、学校、同じぐらいの距離なんですよ。(相談者)
ああ・・はい、うん。(柴田理恵)
でぇ・・(相談者)

わたしが朝、送ってって・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
帰りはそのぅ・・(相談者)

今までの家に、行くわけですよ。(相談者)

ほう、はい、はい。(柴田理恵)
そこ、そこに、あたしが、迎えに行くわけです。(相談者)
ああ・・はいはいはい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

じゃあ、お家には、ちょっと帰ったりしてるけど。(柴田理恵)
はい、会いません・・親とは、居ないんです。(相談者)
あのぅ・・つまり、ご両親共・・(柴田理恵)
仕事です、はい。(相談者)
お仕事なさってるんですね?(柴田理恵)
はい・・はい、はい。(相談者)
でぇ、その、お父さんお母さんの居ない夕方・・(柴田理恵)
うふふ(苦笑)・・(相談者)
家に居て・・(柴田理恵)
そうですね。(相談者)
・・
んでぇ・・(柴田理恵)

おばあちゃん家に・・(柴田理恵)

帰る。(柴田理恵)
はい。(相談者)

んじゃあ、おばあちゃん家で、ご飯食べたり・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
あのぅ・・(柴田理恵)

お勉強は・・宿題とかも・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
おばあちゃん家でやってるんですね?(柴田理恵)
はいはいそう・・そうですそうです。(相談者)
ふぅん、ふんふんふん・・(柴田理恵)

それはねぇ・・(柴田理恵)

そういう思春期って、そういう時も・・ありますから・・(柴田理恵)

娘に夫の悪口を吹き込む

でぇ、こ、今日のご相談はどういう?(柴田理恵)
それでね・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
あ、あのぅ、このままでいいのかなぁ・・って・・(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)
思ったり。(相談者)
あ、あん・・(柴田理恵)
あの、有名な、あの、なんて言うんですかねぇ?その孫に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

その別れ話の時に・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
今、思春期って先生、おっしゃいましたけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)

「思春期の・・子供に、そんな・・こういうこと言うのは嫌なんだよねぇ・・」って、ママが言うって言うんですよ。(相談者)

・・

ああ・・「嫌なんだよねぇ」って言いながら、言うわけでしょう?(柴田理恵)
言うんです、孫に・・あの、要するに・・(相談者)

うちの息子の悪口とか・・(相談者)

ああぁぁ・・(柴田理恵)
なんかすごい・・(相談者)

こ、こういう・・な、生活・・「理想としてたのは、こういうんじゃない」とか・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
なんか・・悪口を言うんですよねぇ。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
ま、息子も言ってるかとも思うんですけども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
ママが、な・・なんか自分の思い通りに・・ならないと、なんて言うの?(柴田理恵)

・・

うん・・(柴田理恵)
カァ・・っとしちゃって、いつママ、怒りだすか、わからないって、孫が言うんですよねぇ。(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)

つまりお嫁さんのね。(柴田理恵)
はい。(相談者)

精神状態がちょっと不安定なんですかねぇ?(柴田理恵)

うんでも前からなん・・と、思うんだけど、わたしもなんか・・あの会っても・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
なんか、怖い気がするんですよね、な・・何しゃべっていいか・・(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)
わかんないし・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
な・・なんて言うの?(相談者)

近寄らせないオーラがもう・・すごく・・(相談者)

見えるんですよねぇ(苦笑)・・(相談者)
はぁぁ・・(柴田理恵)
こんなこと・・言っちゃあ、なんなんですけどもねぇ。(相談者)

逃げ場所

あのぅ・・息子さんとかは・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
あのぅ、お孫さんがおばあちゃん家に居る事に対して・・(柴田理恵)
あっ・・すいませんだから、パパの前で。(相談者)
はい。(柴田理恵)
パパに、「ばあちゃんに・・」(相談者)
うん。(柴田理恵)
あの、き・・「行ってもいいか?」って、聞いてくれって、言った、言われたらしいです。(相談者)

って言って、「いいよ」って言ったから、わたしのとこに、来るようになったんです。(相談者)
ああ、なるほど。(柴田理恵)
うん・・(相談者)
じゃあ、パパも・・おばあちゃん家に行ってるのはもう、承知なんですね?(柴田理恵)
うん、はい、承知です。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
承知ですけど、こんなに・・(相談者)

あのぅ・・なんて、長くなると思ってないと思います。(相談者)
あぁ・・(柴田理恵)
親は。(相談者)
はいはいはい。(柴田理恵)

だからそれだけ傷ついてたのかなぁ・・とか思うし・・(相談者)
そうですね。(柴田理恵)
孫がですねぇ。(相談者)
うん・・むす・・(柴田理恵)

まご、お孫さんにしてみたら、小さな・・抵抗ですよね?(柴田理恵)
そうですよねぇ・・(相談者)
うん・・あのぅ・・あなたの・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
あの旦那さんというか・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
おじいちゃんは・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
いらっしゃるんですか?(柴田理恵)
居ます。(相談者)
ああ、おいくつですか?(柴田理恵)
70です。(相談者)
ぁぁ、おじいちゃん、なんておっしゃってます?(柴田理恵)

あ、ただ、孫が、なんか、家・・「家出してきたよ」・・っていう感じ言ったら。(相談者)
うん。(柴田理恵)
べつに何にも言いません。(相談者)

そうなん・・(柴田理恵)
喜んでるわけでもないけども・・(相談者)

そらそうですよねぇ。(柴田理恵)
うん。(相談者)

こんなこと言ったらアレですけど、お孫さんも、もう、逃げ場があって良かったですねぇ。(柴田理恵)
そう・・(相談者)

だからそれは、今までもそうなんですよ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
ホント、なんか家の中でも、け・・言い合いはしてたらしいんです。(相談者)
うんうんうん・・(柴田理恵)
息子の言う話ではねぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田理恵)

嫁の浮気

どうしてそういう・・アレですかねぇ、そのぅ・・(相談者)

息子さんと、お嫁さんは・・仲悪いんですかねぇ?(柴田理恵)
そう、自分の理想とは違う・・から・・って。(相談者)
どっちが、娘さんが、あ、じゃ、そうだ、およ、お嫁さんが言うんですか?(柴田理恵)
違う違う、お嫁さん・・が。(相談者)

あのぅ・・(柴田理恵)

息子さん達の離婚話っつうのは、進んでたりするんですか?(柴田理恵)
だから、進む・・ん、用紙まで用意したんだけども・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
なんか・・(相談者)

ま、孫がそういうことしちゃったから、このまんま行くのかなぁ・・っていう・・ぅ・・息子も、どうしようもない状態に、悩んでるんですよ。(相談者)

あ、離婚すべきか・・(柴田理恵)

うーーん・・(相談者)
せざるべきか?(柴田理恵)
でぇ、嫁さんはねぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
あのぅ・・(相談者)

じ・・なんて言うの?じ、この、孫が18歳になったら別れるって・・言って、この状態でそこまで居るっていう・・話・・してるんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
このまま口も利かないで・・(相談者)

朝は(苦笑)・・なんて言うのかなぁ?家の事もしないで・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
その状態で・・(相談者)

でぇ、5年も・・居るでは、大変ですよねぇ?(相談者)
うーーん・・あのぅ、お孫さんは、一人っ子ですか?(柴田理恵)
そうです。(相談者)
ふぅーん・・(柴田理恵)

でぇ、この離婚話になった時に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

あのぅ・・なんか、息子が、初めて、か・・言ったんですけども。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)
その、ママが浮気したらしいんですよ。(相談者)

あらぁ?(柴田理恵)

その時にねぇ・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

あのぅ・・向こうの親が出て来て。(相談者)

うん。(柴田理恵)
こう・・「そういうことをさせるのは、アンタが悪い」って言ったらしいんですよ。(相談者)

っていうふうに・・(相談者)
浮気は職場でしたんですか?(柴田理恵)
あっ・・詳しいことはわかんないです、わたしは。(相談者)

はああ・・(柴田理恵)
ただ、要するにうちの息子が悪いから、そういうふうにしたっていう・・(相談者)

言われたらしいんですよ、だからもう二度と・・親とも会いたくないって言わ・・(相談者)

あのぅ・・お嫁さんの・・方の、親御さんは・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

お孫さんが・・(柴田理恵)
うん。(相談者)
この状態が嫌でも・・(柴田理恵)

お家帰ってないってこと、知ってるんですか?(柴田理恵)
はぁぁ・・どう・・(相談者)

それもわかりません・・あたしは連絡もしないし。(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)

だって・・(柴田理恵)
孫も・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
「ママと、ばあちゃん、話ししてみようか?」って言ったら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
「それは止めてくれ」って言われたん・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
「ママすごい・・興奮したり・・」なんて言うの?「なるから」・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
って、言われてるんですよ。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そうか、じゃあ、このぅ・・(柴田理恵)

お孫さんの、この状態を・・(柴田理恵)

どうしていいかなぁ・・って、おばあちゃんとしては心配ですねぇ。(柴田理恵)
そうです・・「ここにずっと居たいな」って言うんですよ(苦笑)。(相談者)

それも・・(相談者)
そうねぇ・・(柴田理恵)
あの、どんな、どうしたもんでいいか・・わたしも悩んで、せ・・あの、お願い・・お電話してるわけなんですけど。(相談者)
はぁ・・(柴田理恵)

わかりました。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
はい、じゃあ先生に聞いてみましょうね。(柴田理恵)
はい。(相談者)
はい・・(柴田理恵)

今日の回答者の先生は・・三石メソッド主宰、作家で翻訳家の三石由紀子先生です、先生、お願いします。(柴田理恵)
はい。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 浮気した妻が開き直って逆切れってことですね。
    悪いのは浮気妻に決まってるけど、サッサとたたき出さない夫も不甲斐ない。
    そのしわ寄せが娘に来てる。

    夫の側が娘の親権とりたければ、しばらく現状を続けて養育の実績を積み上げるのも作戦としてはアリかな?

    浮気された側がウジウジ未練がましいのは、はたから見ていて歯がゆいですね。

  2.   ご相談者 の 伝聞なので 真偽のほどは良く分かりませんが 妻の親の 言葉が気になりますネ「娘が浮気したのは婿のせいだ」 このせりふを 録音してあれば 調停⇒裁判 となったとき 非常に有利な証拠になりますよ! ご相談者の息子さんに 教えてあげたい 今後 妻や その 両親と 面談するときは 録音(録画)しなさいと。

     最大の被害者は お孫さんですね 彼女の心一生傷が残ってしまいます。

この記事にはコメントできません。