テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年10月12日(金)は、加藤諦三&中川潤。57歳女性から、3年前に夫の不倫発覚、大喧嘩し家を出て行った夫とは音信不通。息子の大学進学費用の為、夫の預金をおろすとそれを機に調停、裁判を起こされる。有責配偶者の夫との離婚は認められなかったが、このままでは再度離婚裁判を起こされそう。その前に反撃してもいい?
加藤諦三氏の〆の言葉『心のトラブルは関係を通して表れます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:57歳女性 夫52歳 婚姻26年 大学生4年生の息子23歳(下宿) 3年前に夫の不倫発覚し別居 夫の不倫相手(50代・母親と同居中)

もしもし?(加藤諦三)

はい、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい、よろしくお願いします。(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

57歳です。(相談者)
50・・7歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はいしてます、20・・6年。(相談者)
え・・ご主人何歳・・ご、ご主人何歳ですか?(加藤諦三)

52歳です。(相談者)
50・・2歳・・お子さんは?(加藤諦三)

えっと、 23歳の・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
大学生が1人います、4年です。(相談者)
4年ですか・・(加藤諦三)

はいわかりました、んでぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)
はい・・(相談者)

主人が、三年前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・本気の不倫・・(相談者)

がわかって。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ・・メールで・・見てしまったんですけど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
結婚の・・支度までしてる・・証拠があって、大喧嘩になってしまって、家を出て行き、あの連(れん)・・(相談者)
家を出るって、ご主人が・・家を出て・・(加藤諦三)
はいそうです。(相談者)
ったわけ・・はいはい。(加藤諦三)

ま、主人の・・(相談者)

兄弟が、一緒に・・手伝ってもらって。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

一時的に頭を冷やして出て行く・・っていうことで、言ったんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)
その後、連絡が全然取れなくて。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

まったく・・メールも、出来なかったので。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
主人名義の、まぁ貯金を、わたしは一度におろして、子供の大学進学とか、一人暮らしの資金に・・(相談者)
はぁ・・(加藤諦三)
使ったんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)

それと同時に・・あの主人が弁護士を立ててきて、調停・・裁判と一気に、一年半の間に、起こしてきました。(相談者)

一年半っていうのは・・(加藤諦三)

三年前に不倫がわかって。(加藤諦三)

はい。(相談者)

そ、そ・・(加藤諦三)
すぐにです、もう。(相談者)
すぐにですか?(加藤諦三)
はい、わたしがお金を・・(相談者)

あの、大学費用が必要だったのでお金をおろしたらもう・・(相談者)

一年半の間に・・(相談者)

調停・・いきなり弁護士を立ててきて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
お金の・・使い道を・・(相談者)

あのまず・・(相談者)

「教えろ」ということと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あと・・(相談者)

調停・・離婚調停。(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ、離婚裁判・・っていう感じで、一気に・・(相談者)

起こしました。(相談者)
うん?そうすっと、離婚の調停がって・・(加藤諦三)
起こされました。(相談者)
うっ・・(加藤諦三)

もう裁判まで今、行ってんですか?(加藤諦三)

はいもう終わりました。(相談者)
あっ、裁判もう終わった?(加藤諦三)

はい、でぇもう判決も出て・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

あのぅ・・相手はあのぅ、お金をおろしたことと、わたしと性格が合わないという理由でぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ・・つけてきたんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)
もう、あのぅ・・(相談者)

裁判の結果はもう・・あのぅ・・一方的な別居で。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
一度も・・(相談者)

主人と会ってないし、一度も・・あの主人と話し合いをしてないで。(相談者)
ええ。(加藤諦三)

あの裁判まで起こしされたのでぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの身勝手な有責配偶者ということで離婚できないっていう判決が出ました。(相談者)

ああ・・そうですか。(加藤諦三)

それで・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
今、離婚・・出来ないっていう判決が出て、それでご主人、げ・・今現在どうしてるんですか?(加藤諦三)

あの、実家で暮らしています、あのぅ・・両親二人、三人で。(加藤諦三)
あ、実家に通ってるの・・うん、は、通ってんじゃなく、実家から・・(加藤諦三)
うん、実家に帰ってます。(相談者)

会社に・・(加藤諦三)

はいそうです。(相談者)
に、行ってるわけですね、それでこの・・(加藤諦三)
はい。(相談者)

4年生の・・この、お・・男の子?女の子?どっちですか?(加藤諦三)
男です。(相談者)
おとこ(男)・・とこの、4年生の男(だん)・・20・・3歳って言いましたっけ?(加藤諦三)
はいそうです、浪人をしてたので。(相談者)
20・・3歳・・あ、20・・3歳の・・息子さんは、あなたと一緒に、く・・ってんの(暮らしてるの)?

いえ違います、一人暮らしです・・(相談者)
あっ・・(加藤諦三)
あのぅ・・大学の近くに・・(相談者)

あっ、あのぅ・・下宿してる、あ、してるかなんかしてる・・(相談者)
そうです、アパート暮らしです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇわかりました、とにかく、とにかくもう裁(さい)、あのぅ・・裁判までやって、判決も出て・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ、あなた・・(加藤諦三)
でえ、その後、結局・・離婚はしないってことになったんですが。(相談者)
はい。(加藤諦三)
主人がもう女性と一緒になりたいっていう一心で、あのぅ・・(相談者)

まぁ、女性の方から、あのぅ・・自分と・・結婚してくれないと・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

他のところに行っちゃうから、早く・・離婚して・・っていうメールが、たくさんあったのでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

それで、あたしは・・(相談者)

そういう判決が出たけれども・・(相談者)

このまま・・で行くと、何年か・・別居が長引くと、また離婚裁判してくる・・つもりみたいなんです、たぶん主人・・主人は。(相談者)
うんうん、うん。(加藤諦三)

でも、このまま大人しく・・今までは、待っていたんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

このまま待っていても・・り、裁判までされたので。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・絶対に離婚はしたくないので。(相談者)

あなたがね、はぁい。(加藤諦三)
わたしも、もう・・はい。(相談者)

でぇ、ご(5)・・あたしの方が、年上なので・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
やはりもう・・(相談者)

歳が歳で、57歳なのでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの、これから一人で生きていくっていうことも、なかなか難しいので。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

このまま・・女性と別れないならば、女性を・・(相談者)

あの、訴えたり。(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、親戚・・に、言って・・(相談者)

あの、別れさせてもらったり、一応、社会的な制裁を受けさせた方が・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
女と・・別れて・・(相談者)

くれるのかなぁ・・と、思って・・(相談者)
あ、社会的な制裁っていうのは、ご主人の方に対して社会的制裁っていう意味ですか?(加藤諦三)

あ、両(りょう)・・二人です。(相談者)
あ、両方にね・・(加藤諦三)
はい、もう・・(相談者)
ご主人にも、この女性にもだね?(加藤諦三)

そうです、あのぅ、それをしてなかったものですから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

一気に裁判までされてもう・・向こうの思うままにされてたんです、今まで。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
大人しく、泣いて・・ばっか、いたので。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

なのでぇ・・(相談者)

それならば、また何年かしたら離婚・・裁判を、してくる・・勢いなので。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・もう、社会的に制裁を受けさせようかな・・と思って。(相談者)

うん。(加藤諦三)
あの・・(相談者)

相手の女性の方の・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
戸籍とか・・(相談者)

やっぱり会社とかにも相談したり。(相談者)
うん。(加藤諦三)

しようかなって思ってるんですけれども、そうすれば、まぁ・・(相談者)
今、まだして・・しようかなってことは、今は、あのぅ・・ぁ、相手の・・会社や、その他には・・話はしてない・・(加藤諦三)
なにも・・(相談者)

わけですね?(加藤諦三)
してないです。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

なので、これからそういう・・女の人、女・・を、反撃するっていうのは。(相談者)
うん。(加藤諦三)

また主人を・・再度、裁判、何年後かにさせる気持ちにさせてしまうのかなぁ・・って、ちょっと心配なんですよね。(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
でも、なにもしなくても・・(相談者)

また離婚裁判・・(相談者)

するつもりで・・いると思うので、なんか、やられっぱなしなのでぇ。(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい。(加藤諦三)
そのぅ・・(相談者)

反撃して・・大丈夫なのか?だ・・した方がいいのかな?このままでいるよりは・・って思ったんですけども。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

あのぅ・・絶対に離婚はしたくないってこと、先ほどおっしゃってたんですけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

でぇ、**の不倫の実態もわかったし、今、一緒に居ないこともわかるんですけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

あなたは・・(加藤諦三)

この夫の事を・・(加藤諦三)

好きか嫌いかでいうと・・(加藤諦三)
愛してます、まだ。(相談者)

あのぅ、一方的に・・出て行って、話も出来なかったのでぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
いろんな手紙を出したり・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あたしの悪いところは直すから・・っていう手紙は、何回も出してるんですけれど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まったく・・主人はもう・・(相談者)

あのぅ、応答、応対がなく・・(相談者)

それであのぅ・・向こうの・・(相談者)

あっ、実家に・・今、住んでるので主人が。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
なのでもう、女性とも自由にもう、毎日のように・・自由にあ・・会ってる状態でぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
**・・(相談者)

子供の学費とかも、払わないで、自由にしてるのでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

なんか、わ・・(相談者)

わたしだけがホント、一人不幸になって、でぇ、女性が・・(相談者)

たくさん悪口言ってるメールとかもあるのでぇ。(相談者)
・・
もう・・やっぱり、女性の影響・・(相談者)
女性側が、悪口言ってるっていうのは、女性が・・(加藤諦三)

わたしの・・(相談者)
あなたの悪口を言っているということ?(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
はい。(加藤諦三)
もう、すごい悪口を書いてあるので。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
だから・・やっぱり、女性としては・・(相談者)

女性も50代なので、もう、後がないっていうことで、結婚をもう、焦ってるんです。(相談者)

でぇ、母親も・・と、一緒に住ん・・暮らしてるんですけど、女性は。(相談者)
ぅ・・はぁい。(加藤諦三)
その、じょ・・(相談者)

母親だけには、わたし、会ったんです。(相談者)
うん。(加藤諦三)
そしたらもう、全然、「別れさせて下さい」って言ったら、まったくもう・・(相談者)

母親自体がもう、拒否して、わたし・・た、ただの友達だから、別れる必要ないから・・って言って、帰ってくれって言われて、もう・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

帰ってきたんですけど、それからもう・・話してないです。(相談者)
要するに、その母親の所に、あなたが会いに行ったわけですね?(加藤諦三)

はぁい、会いに行ったけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)
女に会わせてくれなかったです。(相談者)
うん、うん・・でぇ、そうすると、今日の相談は・・(加藤諦三)

このままにしておくと・・(加藤諦三)
うん。(相談者)

そのうちにもう一度・・(加藤諦三)
今日とは、別に・・はい。(相談者)
あの、離婚裁判の・・(加藤諦三)

はい・・いずれ・・(相談者)
起こされるかもしれないと。(加藤諦三)

そうです。(相談者)
そうすると今度は、今回と事情が変わってるので、何年間、別居してることでぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
どういう結果になるか、わかんないと。(加藤諦三)
そうなんです。(相談者)

だから・・(加藤諦三)
どうせ・・(相談者)

わからなければ・・(相談者)
はぁ・・(加藤諦三)

後悔しないように、その女性にいろいろ、反撃した・・したいな・・って思ってるんです。(相談者)

でぇ、慰謝料や、その他の反撃・・(加藤諦三)
そうです。(相談者)
は(わ)、どうしたらいいかってことですね?(加藤諦三)
はぁい、そうです。(相談者)
はいわかりました、今日はスタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。