テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年8月9日(木)は、柴田理恵&三石由起子。22歳の女性から、統合失調症で大学を3年間休学している。復学したいと思っているが、人間関係が難しいと思うので通信制にしようか、それとも、せっかく通学制で受かったので通学制にするか迷っている。両親は好きなようにしなさいと言ってくれているが、通学ともなると家から出なければいけなくなる。どちらにしたらいいだろうか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者: 三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:22歳女性(統合失調症・大学を3年休学中) 父54歳 母50歳 弟18歳

もしもし・・テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

あ、もしもし?(相談者)
はい、こんにちは。(柴田理恵)

こんにちは。(相談者)
今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)

今大学を、休学してるんですけど。(相談者)
はい。(柴田理恵)

復学を、しようと思ってるんですけど。(相談者)
はい、はい。(柴田理恵)
アノ・・(相談者)

通信制で、復学をしようか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

通学制で、復学をしようか・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

悩んでいます。(相談者)
あ・・はぁい・・(柴田理恵)

えーっと・・(柴田理恵)

あなた今、おいくつですか?(柴田理恵)

今、22歳です。(相談者)
22歳・・(柴田理恵)

あの、お父さんお母さんは、お元気ですか?(柴田理恵)
はい、元気です。(相談者)
何歳ですか、お父さんとお母さん?(柴田理恵)

父が・・(相談者)
はい。(柴田理恵)
54歳で・・(相談者)
はい。(柴田理恵)

母が、50歳です。(相談者)
5・・50歳・・はい、ご兄弟いらっしゃいますか?(柴田理恵)

下に弟がいます。(相談者)
は、弟さん、はい・・おいくつですか?(柴田理恵)

18歳です。(相談者)
18歳・・はい、わかりました、えっと・・(柴田理恵)

えっと、大学を休学なさってたっていうのは、今4年生・・何年間ぐらい休学なさってたんですか?(柴田理恵)
約3年・・ぐらいです。(相談者)

3年間、じゃあ・・大学1年生・・(柴田理恵)
そうです。(相談者)
1年間、通って・・それで、休学なさったんですか?(柴田理恵)

いや、1年生も、通えてなくて、3か月ぐらい通って、「もう・・無理」って言って・・はぁい。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

あ、そうですか?・・なにか・・あったんですか?(柴田理恵)

ぅぅ、病気がありましてぇ。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

はぁい・・(相談者)

ぅ・・それは今・・治られたんですか?(柴田理恵)

ずいぶん・・よくなりました。(相談者)
あっ、そうですか・・(柴田理恵)
うん。(相談者)
あの、どんな病気ですか?(柴田理恵)

精神的な病気です。(相談者)
ああ・・そうですか、鬱とかそういうやつですか?(柴田理恵)

統合失調症・・です。(相談者)
あ、統合失調症ですか・・はぁい、はぁい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

それで、だいぶ良くなられて・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
それで復学なさろうとしてるわけですね?(柴田理恵)

はい。(相談者)
はい、復学はじゃあ・・あのぅ・・(柴田理恵)

元・・通ってらっしゃった学校に、復学・・(柴田理恵)

ですよね?(柴田理恵)
そうです。(相談者)
うんうん。(柴田理恵)

そこは通信制も・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
その、か・・通学制も、あるってことですか?(柴田理恵)

はい。(相談者)
うん。(柴田理恵)

あの、迷われてるのはどういった点ででしょうかねぇ?(柴田理恵)

通学制だと、人間関係が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ちょっと難しいかなぁって、いうのと・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

通信制だと、せっかく通学制に入ったのに・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そのぅ・・(相談者)

通信制に代わるのは、もったいないかなぁ・・っていうのでぇ。(相談者)
あああ・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

悩んでます。(相談者)
そっか・・あのぅ・・ご自分では・・(柴田理恵)

迷ってらっしゃるけど・・(柴田理恵)

・・

はい・・(相談者)

人間関係さえ自信があれば・・(柴田理恵)

通学・・してみたいなぁとは思ってらっしゃるんですか?(柴田理恵)

うーーん、それが自分でもよくわからなくて。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

やっぱり通信の方がいいのかなぁ・・って、**思ってみたり・・(相談者)
うん・・うん・・(柴田理恵)

でも・・(相談者)
あの・・(柴田理恵)

ご両親はなんか・・おっしゃってますか?(柴田理恵)

自分の好きなように・・したらどう?・・って、言ってます。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

うん・・あの、将来の夢とか・・あるんですか?(柴田理恵)

えっと、自分が病気なのでぇ・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
そう・・(相談者)

福祉?・・の方に・・(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
行けたらいいな・・って感じ・・(相談者)
立派な夢ですねぇ。(柴田理恵)
うん・・(相談者)
・・
そっか・・(柴田理恵)

じゃあ、なんとかちゃんと、卒業したいですよねぇ。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

ふぅーーん・・(柴田理恵)

どうでしょう、福祉のほうに行くとしたら。(柴田理恵)

はい。(相談者)
そこも・・(柴田理恵)

ちょっ・・やっぱり、人間同士の・・(柴田理恵)

あのぅ・・職場ですから。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)

少しずつ人間関係に慣れてくってことも、大事なんでしょうかねぇ?(柴田理恵)

ああ・・はぁい・・(相談者)

ねぇ、いずれは、その・・(柴田理恵)

通信って言っても、まぁ・・通信って言っても・・(柴田理恵)

そういう、出なきゃいけない授業も、たまには、あったりもしますけれどもねぇ。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
うん、その程度だったら今・・(柴田理恵)

自信は、おありになるのかしら?(柴田理恵)

はぁい・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
そう、はい。(相談者)

あります。(相談者)

まぁ、この・・(柴田理恵)

ご病気の・・(柴田理恵)

徐々にな・・治ってく感じも、少し、もう、何年か経ってからって言うか、通信でやられて。(柴田理恵)

はい。(相談者)
それで・・(柴田理恵)

少しこう、時期を見ながら・・福祉の本当のお仕事のほうに入っていく方に行かれるか・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
まぁ、頑張って通学制になるか、どっちかですねぇ。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)

じゃあのぅ・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

先生に聞いてみましょうかね。(柴田理恵)

あ、お願いします。(相談者)
はい。(柴田理恵)

え・・今日の回答者の先生は、三石メソッド主宰、作家で翻訳家の、三石由紀子先生です。先生お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1. 私は社会人になってからいくつか通信制の教育を受けたことがあります。
    余程強靭な意志がないと、最後までやり通すことができないのが通信制。
    怠け心が出たときに、簡単に怠けてしまえますからね。
    通学制のほうがイザという時踏ん張れます。

    人間関係に自信が持てないようですが、人間関係というのもトレーニングで克服できるものです。
    「嫌だ」、とか「私にはできない」などと言って逃げていたら、いつまでたってもできるようにはなれません。
    困難には目をつぶってでもぶつかって行くことがどうしても必要なのです。
    そのようにして人は力をつけてゆくものなのです。
    困難から逃げると、いつもいつも逃げていなければならない人生になってしまいます。

    病気を逃げるための口実にしないことです。

  2. うーん、症状がどの程度かも分からないし、再発の可能性とか色々複合的な要素を考えると電話相談じゃ難しい内容。
    三石先生のポジティブさが相談にマッチしてないとも感じました。
    まあどちらにせよ単位を取るというのであれば通信でも通学でも大変なのは変わらないかも知れませんね。