テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月27日(月)
加藤諦三&大原敬子
53歳母親から、中学3年の2学期途中から不登校になった息子。乗り継ぎしながら通学で1時間かかる高校に通っているが朝起きられず、月に2、3回、それもお昼からしか通えていない。先生との話し合いで単位制の高校も視野に勧められる。どう向き合っていけばいい?
加藤諦三氏の〆の言葉『子供を強引に自分の箱の中に入れ込まない事』

目次

スポンサーリンク

高校1年生の息子の不登校に悩む

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育)
相談者:53歳女性 夫55歳 長男22歳(大学生) 次男(高校1年生)

もしもし?(加藤諦)

はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦)

あ、こんにちは、よろしくお願いします。(相談者)
はぁい、最初に・・年齢を教えてください。(加藤諦)

53歳です。(相談者)
53歳・・(加藤諦)

はい。(相談者)
結婚してます?(加藤諦)

はぁい。(相談者)
え・・ご主人何歳ですか?(加藤諦)

55歳です、でぇ・・(相談者)
お子さんは?(加藤諦)
えーっと、22歳の長男・・(相談者)

はい。(加藤諦)
大学生・・(相談者)
はい。(加藤諦)
えっと、次男・・(相談者)

高校・・1年生です。(相談者)
高1・・(加藤諦)

でぇ、今・・そうすると、四人で暮らしてるんですか?(加藤諦)

はぁい。(相談者)
はいわかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦)

えっと・・次男、高1の・・子供なんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦)
あの、中3の2学期途中から・・不登校になりまして、今は・・(相談者)

高校に行ってるんですけど。(相談者)
・・
月に・・(相談者)

2、3・・回、学校に行くような感じで・・(相談者)

朝が・・(相談者)

起きれないので・・(相談者)

昼からの、登校がほとんどです。(相談者)
学校まで・・(加藤諦)

どのくらいかかるんですか?(加藤諦)

1時間ぐらいです。(相談者)
1時間?結構・・(加藤諦)
はい。(相談者)

遠いところに・・(加藤諦)
そうですね。(相談者)

電車を、乗り換えてですねぇ・・(相談者)
乗り換えてですか?(加藤諦)
はぁい・・(相談者)
はぁい・・(加藤諦)

・・

でぇ、中3の時からって・・さっきおっしゃってましたけど。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
中3の時から不登校でぇ・・(加藤諦)
そのぅ・・(相談者)

2学期の途中に・・(相談者)
うん。(加藤諦)
自分で・・調べたみたいで。(相談者)
うん・・(加藤諦)
「自分は・・適応障害やから・・学校行かれへん」って言ってぇ。(相談者)
うん。(加藤諦)
そっから・・(相談者)

・・

ちょっと不登校になりだしてぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦)
でぇ、心療内科にすぐ連れて行って。(相談者)
うん・・(加藤諦)
じ、まぁ・・(相談者)

簡単なカウンセリング・・と、お薬で、ずっと様子・・見てましてぇ。(相談者)
あ、そうすっと今・・(加藤諦)
でぇ・・(相談者)
あのぅ、心療内科に通院中なんですね?(加藤諦)

通院中です。(相談者)
あ、そうですか。(加藤諦)
はぁい。(相談者)
はい・・(加藤諦)

・・

まぁ・・(相談者)

不登校になるまでは、あの・・塾に行って、頑張ってたんで。(相談者)

まぁ・・(相談者)
塾に行って、頑張ってたということは、なに?中学校の時・・に・・(加藤諦)

はぁい・・(相談者)
学校と塾と両方行ってたわけですね。不登校・・なる前?(加藤諦)
はい・・そうです。(相談者)
・・
はぁい。(相談者)

そこ・・には、長男も行ってたんで。(相談者)
うん。(加藤諦)
安心して・・通わせてたんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)
中・・3の・・(相談者)

・・

1学期ぐらいまでは、頑張ってたんですけども。その辺から、「なんかキツイ」「しんどい」っていうのを・・ちょっと愚痴るようになってきましてぇ。(相談者)

うん・・(加藤諦)
でぇ・・(相談者)

結局はまぁ・・(相談者)

途中で辞めてしまいましてぇ。(相談者)

後からわかったんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)
その、勉強も・・しんどくなったっていうのもわかるんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)

小っちゃい時から、人間関係が・・こう、上手いこと・・行かない子でぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦)
でぇ・・(相談者)

あの、お勉強は・・あの・・(相談者)

割とできる子だったんで、そっちの方・・全く心配していなか・・(相談者)

ったんです。(相談者)
うん・・(加藤諦)
でぇ、逆に・・(相談者)

に・・お友達関係のことで、あの、先生と相談させてもらうことがよくありましてぇ。(相談者)
うん・・(加藤諦)
でぇ、小学校の頃は・・まぁ・・なんとか・・あのぅ、お友達、いてたみたいなんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)

あのぅ・・中学に入って・・(相談者)

特に・・(相談者)

・・

・・

中3の時には・・(相談者)

そう、本人から聞いたんですけど・・(相談者)

「独りぼっちやった・・」っていうふうに・・(相談者)

うん・・(加藤諦)
・・
はぁい。(相談者)

ほんとに・・あの、この子自身ねぇ・・(相談者)

真面目な・・子でぇ(涙声)・・(相談者)

でぇ、あのぅ。「勉強しなさい」って言われなくても。(相談者)

例えば・・あの、塾行く前に・・トイレにプリント持って入ったりとか・・そんなん、誰も言ってないのに・・(相談者)

もう・・(相談者)

宿題から何から、言われるまでに、きちーっとした子です。(相談者)

でぇ、今日の相談っていうのは・・その・・子が今・・月に3回ぐらいと行ってるのを・・(相談者)

も・・お昼からと。(加藤諦)

はぁい。(相談者)

でぇ、こんな状態で・・もう、不登校が・・(加藤諦)

一応、高等学校には・・居るけれども・・(加藤諦)
はぁい。(相談者)
中学校の3年から続いて・・この子と、どうしたらいいでしょうか?ってことですね?(加藤諦)
どう・・どう接して、どう育てたらいいかも、ちょっとわからなくなってもきてますし・・(相談者)
はぁい。(加藤諦)

でぇ、2、3日前に、あのぅ、高校に行って、先生と・・話し合いしたんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)
授業日数が、そうなったら・・足りなくなってきて・・っていうお話から・・先生が切り出されたんですけど。(相談者)
うん・・(加藤諦)

単位制の?(相談者)

うん・・(加藤諦)
そういう高校に行かれるのも、一つ・・違いますか?っていうふうにおっしゃられたんで、そのことも教えてもらえたらと思うんです。(相談者)
はぁい、わかりました。(加藤諦)
はい。(相談者)
今日はあのスタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので、伺ってみたいと思います。(加藤諦)
はぁい・・お願いします。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 中二から不登校になり、高校は行かないので中退した娘を持っています。
    不登校の原因は色々あると言いますが、最終的に私が思ったのは、
    「母親と居る時間が欲しい」
    それだけなんじゃないかと。

    小さい頃に仕事をして愛情不足でした。
    夫婦仲も悪かったです。

    親は子育てに関して「してやった」というプラス採点が多く、
    子どもは「してくれなかった」というマイナス採点が多い事は、話し合ってその齟齬に愕然としました。

    母親は理解、受容を持つしかありません。
    でもどうかご自愛ください。
    自分を責め過ぎず、労わってください。
    自分に優しくなる事は、子どもにも優しくなる事ですから。

この記事にはコメントできません。