テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年5月21日(月)は、加藤諦三&マドモアゼル愛。寂しさを紛らわす為に男性のとの不適切な行為や自傷行為、過食を繰り返してしまう23歳女性からの相談。小さい頃から就職の為に家を出るまで、過干渉な母親(毒親)に褒めてもらいたくて、自分でない自分を演じ続けていた。このままではいけないと感じでいるが、どう生きたらいいのかわからない。
加藤諦三氏の〆の言葉『夫婦関係に問題がある時、そこから目を逸らす為に子供に関わって行く人が多いです』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:マドモアゼル愛(エッセイスト)
相談者:23歳女性 独身・一人暮らし・一年前に就職で家を出た 実家には父と母

もしもし?(加藤諦三)

もしもし?(相談者)
もしもし・・はぁい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

よろしくお願いします。(相談者)
はい。(加藤諦三)

最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)

23歳です。(相談者)
23歳・・(加藤諦三)

結婚してます?・・独身ですか?(加藤諦三)
してないです、独身です。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

でぇ、今・・お父さん、お母さんと一緒に住んでるんですか?(加藤諦三)

いえ、一人暮らしです。(相談者)
一人暮らし・・はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
それで、どんな相談ですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)

褒めて欲しくて、自分でない自分を演じる

えっと・・わたし、すごく、寂しがりやで・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

そのぅ・・寂しさを紛らわせるために・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ちょっと自傷行為だったり・・(相談者)
・・
はぁい、はい。(加藤諦三)

過食・・をしたり・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あとは、まぁ男性と・・ちょっと不適切な関係を持ったり・・っていうことを・・寂しくなる度に、してるんです。(相談者)
はぁい、はいはい。(加藤諦三)

でぇ、その方法がちょっと間違ってるな・・って、自分でずっと感じていて・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、それを・・(相談者)

ま、どういう風に、その寂しさを紛らわせばいいのか・・っていうのに・・ついて、アドバイスをいただけたらなぁと思いまして。(相談者)
あっ・・はい、はい。(加藤諦三)

お勤めはしてるんですか?(加藤諦三)

はい、してます。(相談者)
ぁ・・(加藤諦三)

そうするっと・・(加藤諦三)

寂しいっていうのは、要するにアレですねぇ・・(加藤諦三)

そのぅ・・仕事場に行ってない時・・(加藤諦三)

ウーン・・(不明・音量が突然あがった状態)

はい。(相談者)
というこ・・とですか?(加藤諦三)

えっと・・職場にいても・・(相談者)
そこへ・・(加藤諦三)
疎外感を感じる・・と言ったらいいですかねぇ?(相談者)
ああ・・職場にいても・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
要するに、しょ・・職場の人と、なんか心が触れ合えないっていうことねぇ?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
・・
うーーん・・(加藤諦三)

そのことっていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
学生時代からそう・・だった?(加藤諦三)

学生時代から、そうですねぇ割と・・(相談者)

友達も少なかったのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

・・

小学校、中学校というのはだいたいどんな・・小学生、中学生だったんですか?(加藤諦三)

親が割と厳しくて・・わたしの友達を選別するような・・(相談者)

ああ・・(加藤諦三)
感じでぇ・・(相談者)

要するに・・あの子とは・・(加藤諦三)

「付き合っちゃいけません」ということねぇ。(加藤諦三)

はい。(相談者)
選別が厳しかった。(加藤諦三)

という事は・・あなたアレ?・・高校時代を卒業する・・まで、ほとんど友達らしい・・(加藤諦三)

友達っていうのは・・形の上じゃなくてね。(加藤諦三)

自分の心の中を打ち明ける・・(加藤諦三)

・・

友達はいなかった・・と。(加藤諦三)

いなかったです。(相談者)
うーーん・・(加藤諦三)

ということはね、逆に言うと、もっと小学校の前・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

お母さんとの関係は、どうだった?(加藤諦三)

厳しい・・怖い・・という・・(相談者)
怖い?(加藤諦三)
印象が、強かったです。(相談者)

うん・・お母さんには逆らえない。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

こう・・いい子で・・いると・・すごく、機嫌・・(相談者)

が、良くて褒めてくれるので、それが嬉しくて・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
それに、沿おうという形・・(相談者)

が、どこかで生まれていて・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)

褒めてもらう・・ためにねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
自分でない自分を演じていたっていうことねぇ。(加藤諦三)

はぁい、そうです。(相談者)

んでぇ、自分でない自分を演じていれば当然、友達はできないですよねぇ?(加藤諦三)

そうです、やけに・・(相談者)
だって、自分は・・本当は、ね・・猫なのに、犬の・・ふりしてたら・・(加藤諦三)
ぁ・・あはっ・・(相談者)

はぁい。(相談者)
あのぅ・・猫の友達できないもん。(加藤諦三)

はい。(相談者)

褒めてもらえることばっかり・・こう・・演じていたら・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

もう、自分が・・自分で、なんだかわからなくならない?(加藤諦三)

わからないです(笑いながら)。(相談者)

わからないよ・・(加藤諦三)
だから自分が、今・・なんで生きているのかも、わからないです。(相談者)
わからないですよねぇ。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
だって自分でない自分で生きているんだから・・(加藤諦三)

はぁい、なので、変な話なんですけれども、誕生日プレゼントとかも・・(相談者)

うん、な・・(加藤諦三)
わたし・・が、欲しい物ではなくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
これを、頼んだらお母さんはきっと・・「えっ、すごい、勉強好きなんだね」っていう・・風に言われるのが・・(相談者)

その言葉が欲しくて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
自分の欲しいものを、言ったこともないです。(相談者)
言ったこともない・・(加藤諦三)

自分の欲しいものを、言った・・ことがない・・うちに・・(加藤諦三)

だんだんと欲しいものが・・なくなってきたでしょう?(加藤諦三)

そうなんです。(相談者)

辛かったね、さいで・・最近の、さっき、自傷行為・・って、言ったけれども、自傷行為ってあのぅ・・(加藤諦三)

カミソリで、自分の・・(加藤諦三)

手首を切ったりとか、そういう意味?(相談者)

はい、そうです。(相談者)

過干渉な母親から離れ

それでぇ・・(加藤諦三)

今、お母さんとどうなってるの?(加藤諦三)

・・

・・

っと、ちょっと距離・・が、あるの・・でぇ・・一年に一回・・(相談者)

帰るか、帰らないか・・ぐらいなのでぇ・・(相談者)

ん、お母さん・・の、家を出た・・のは・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
就職で?(加藤諦三)

就職で・・です。(相談者)
しゅ、就職のことで、出たの?(加藤諦三)

はい。(相談者)
それ何年前ですか?(加藤諦三)

去年です。(相談者)
・・
去年?(加藤諦三)

はい。(相談者)
・・
はぁぁ・・ん。(加藤諦三)

そうすると去年までお母さんと一緒にいて、ずーっと、お母さんの顔色に・・を、見ながら生きていたわけね?(加藤諦三)

はい。(相談者)

うん・・(加藤諦三)

お父さんのほうはどうだったの?(加藤諦三)

父親は仕事が忙しかったのでぇ・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
わたし・・と、居る時間が・・(相談者)

ホントに、小学生に上がるまではほとんど・・なかったです、一緒にいる時間が。(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)

あの、一緒にいる時間が長い短いっていうよりも・・(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)
お父さんはそれほど・・(加藤諦三)

わたしに関心がなかった・・っていう風に、思っていいね?(加藤諦三)

・・

・・

多分そうだと思います。(相談者)
だけどお母さんのほうは過干渉?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

・・

こりゃ辛い・・人生でしたねぇ、今まで。(加藤諦三)

でぇ・・(加藤諦三)

男性との関係も、寂しさを紛らわすために・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
自傷行為と同じように、出てくるわけですか?(加藤諦三)

はい。(相談者)

でぇ、あなたからすると・・(加藤諦三)

こういう事はもう・・(加藤諦三)

やらないではいられないっていう行為ですよね?(加藤諦三)

そうですね。(相談者)

だけどやることは、楽しいことじゃないわけですよ。(加藤諦三)

ぅ、うん、楽しくはないです。(相談者)

だから男性にしても、自傷行為にしても・・(加藤諦三)

・・

それによって、喜びは・・ないんですよ。(加藤諦三)

・・

うん、ないですねぇ。(相談者)
・・
全然ないです。(相談者)
ぅ・・ぜ・・ないんだけれども、やめ・・られないんだよね?(加藤諦三)

やめられないです。(相談者)

うん。(加藤諦三)

でぇ、今日のあなたの相談は、こういう状態の中で・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
もうわたし、どうしたらいいんでしょう?・・っていうことですねぇ?(加藤諦三)

そうです。(相談者)

今日ですねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
心ついてのエッセイストとしてお馴染みの、マドモアゼル愛先生です。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。