テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年9月28日(金)は、加藤諦三&大原敬子。46歳の母親からの相談。小学4年生の息子と毎晩、読み聞かせをしながら一緒の布団で寝ている。2ヶ月ほど前から、母親のカラダに興味を持ち、触ってくるようになった。エスカレートしてきたので、説得すると、涙を流すようになった。対処の仕方を教えて欲しい。
加藤諦三氏の〆の言葉『悩みは、昨日の出来事ではない』ベランウルフ

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:46歳女性 夫47歳 小学4年生の一人息子

もしもし?(加藤諦三)

はい、もしもし?(相談者)
はい・・(加藤諦三)
お願いします。(相談者)
はい・・はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)
はい・・はい・・(相談者)
最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
はい。(相談者)

40・・(相談者)

6歳です。(相談者)
46歳・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
えーっと、結婚しています?(加藤諦三)
はい。(相談者)

えーっと・・(加藤諦三)
主人は、47歳で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

小学校4年生の息子が一人います。(相談者)

はぁい、わかりました・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
それでどんな相談ですか?(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)

小学生の息子の性的興味

えっと・・息子の・・(相談者)

性的興味への対応方法についてのご相談なんですけれども。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

えーっと、具体的にはどう・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

ま、幼児の頃から・・(相談者)

ま、読み聞かせをする習慣で、一緒に・・お布団に入って寝る習慣があるんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

その流れでぇ、あの、ま、本人・・興味持つよりも、まぁ一緒にしゃべって寝ることが増えたんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ぅ、え・・1ヶ月半か、2ヶ月ぐらい・・(相談者)

前ぐらいから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ちょっとわたしの体に、興味を持つようになりましてぇ。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

初めはふざけ半分で、「お股、触りたい」とか。(相談者)
うん。(加藤諦三)

そういうことを言って、ま、軽く触ったり。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
するだけだったんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ま、それをふざけて、まぁ・・(相談者)

ま、笑いながらって感じだったので・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ま、こちらも軽く・・受け、受け流すっていうか、軽く、まぁ、楽しくまぁ、してたんですけれども。(相談者)
はぁい。(相談者)

ま、2週間ぐらい前から・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ちょっと、「お母さん、パンツ脱いじゃおうか」とか・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
「ナマで触らせて」とか。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

ま、具体的にちょっと・・(相談者)
まぁ、言葉・・言葉としては、「ナマで」という言葉、使ったわけ?(加藤諦三)
そうです(苦笑)、はい、はい。(相談者)
はぁい。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
そういうふうに、言ってきたので・・(相談者)
はぁい。

あのぅ・・(相談者)

ま、ちょっとエスカレートして来たから、そこで一回、戸惑ったんですけれども。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

まぁ、「お母さんは、そういうことをやってほしくないから・・」(相談者)
うん・・(加藤諦三)
「『やめて』って言うことは、やったらダメだよね」・・っていうふうに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
一応説得したんですけれども。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、そういうやりとりを何度かしているうちに。(相談者)
うん。(加藤諦三)

まぁ、子供がちょっと・・(相談者)

涙を流すようになってきて。(相談者)

はぁい、はい。(加藤諦三)

でぇあのぅ・・(相談者)

たぶんこう、拒否されたと思ってるかどうかわからないですけれども、受け入れてもらえなかったとか・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
「触っちゃいけないんだ」っていうことが・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
そもそも、「通らないんだ」・・っていうことの・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
なんとなくモヤモヤした感じの涙だと・・は、思うんですけれども。(相談者)
はい・・(加藤諦三)

戯れたい

あのぅ・・(加藤諦三)

小学校の4年生の・・お子さんは・・(加藤諦三)
はぁい・・(相談者)
あなたから見ると、そのぅ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
何を求めてるんだと思いますか?(加藤諦三)
うーーん・・(相談者)

どう・・ですかねぇ・・まぁ、か・・一緒に遊んでくれる延長の・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
戯れ(たわむれ)?(相談者)

だと思うんですけれども。(相談者)

ま、基本的には・・陽気でよく笑う、楽しい・・ことが好きな子なんですけれども。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

でぇわたしも、ま、一緒に笑ったりすることは・・(相談者)
う、う、うん。(加藤諦三)

日常的に・・してるんですが・・(相談者)
そいでそれ・・(加藤諦三)
ま、それが許されない・・っていうことが・・(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

辛かったのかな・・って思います。(相談者)

あのぅ・・そ、今戯れるってこと・・(加藤諦三)
うーーん・・(相談者)
おっしゃいましたけれども。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

このぅ・・(加藤諦三)

毎日布団に入るという・・(加藤諦三)

ことではなくて、その、夜ではなくて、昼間。(加藤諦三)
うん・・(相談者)
要するに・・あなたの言う、戯れるということは・・(加藤諦三)
はぁい・・はい。(相談者)
昼間・・(加藤諦三)

は(わ)、どうなんですか?(加藤諦三)
そうですね、昼間も・・まぁ、ハグしたりとか・・顔近づけてきたりとか。(相談者)

ひ・・(加藤諦三)
髪の毛を撫でてきたりとか。(相談者)

昼間もハグして欲しいというような・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
ことを言うんですか?・・い、昼間使う言葉っていうのは、どういう言葉?まず、ハグしてとは言わないでしょう?(加藤諦三)
普通に、駆け寄って来るから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

スキンシップの一環として。(相談者)
うん。(加藤諦三)
こちらも、受け入れているっていう感じで、まぁ・・(相談者)

ん、ん・・お帰り・・(加藤諦三)
「お帰り・・」とか、「だたいま・・」とかっていう感じで。(相談者)

それで・・(加藤諦三)

あなた・・(加藤諦三)

外での・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
関係ですけども・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
友達なんかと。(加藤諦三)
はい、ええ・・(相談者)
まぁ、いろんな、もう、小学校4年生となれば・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
先生をはじめ、いろんなか、関係が・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
外であると思うんですけれども。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

外と・・での、この子の、こういろんな人間関係はどうですか?(加藤諦三)

そうですねぇ、まぁ、わたしから見ると、子供の話だけを聞いてると・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、楽しくやってるな・・とは思うんですけども。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
ちょっと、一歩・・深く・・(相談者)

まぁ、噂で聞こえてくるのは・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、ちょっと、よその子に・・暴言を吐いたり、暴言って言うか、ちょっと意地悪なことを、言ってみて・・(相談者)

ま、そのぅ・・同じようなタイプの子では、担任の先生から見れば、許されることでも、ちょっと繊細な子にも、言ってしまって、相手を傷つけてしまう・・っていう・・ことも、まぁ・・(相談者)

ある・・みたいです。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

産後鬱の負い目

でぇこのぅ・・まぁ、あなたとの関係は・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
今の話、された通りとして・・(加藤諦三)
うん・・はぁい。(相談者)

お父さん・・と、この子の関係はどうですか?(加藤諦三)
うーーーん・・(相談者)

ま、悪くはないと思いますけれども・・(相談者)

どちらかというと・・(相談者)

お父さんよりも、お母さん大好きっていう感じ・・(相談者)
ま、まぁ、そりゃまぁ、小学校4年・・(加藤諦三)
はぁい・・はぁい・・(相談者)
ぐらい、大好きですからねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
まぁ、そういうことは・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
自然だと思うんですけれども。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
大変失礼なこと言いますけれども。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

あのぅ・・夫婦関係は・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
上手くいってるんですか?(加藤諦三)

・・(微妙な間)

はぁい・・普通に・・(相談者)
ご、ごく普通?(加藤諦三)
仲良くは、はぁい。(相談者)

してるつもりです。(相談者)
うん・・幼児期の頃。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
スキンシップは十分でした?(加藤諦三)

わたしと息子ですか?(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

わたしと息子は・・あんまり実は・・わたしがちょっと、産後鬱から・・(相談者)

はぁい。(加藤諦三)
始まって・・(相談者)
あっ・・産後鬱ということはですねぇ・・(加藤諦三)
はぁい、はい。(相談者)
今言った・・(加藤諦三)

幼児期にですねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
十分なスキンシップは、なかったと考えていい?(加藤諦三)

今に比べたらかなり少なかったですね。(相談者)

まぁ、その負い目も、ちょ・・少しあるのでぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
ある程度は・・あのぅ・・ま、他の子以上のことは、してあげてもいいのかな・・って気持ちは、あるんですけども。(相談者)
うん・・(加藤諦三)

ま、さ、基本的に・・ま、「『人がやめて』っていうことは、やめようね」っていうこと・・は・・(相談者)

伝えたら・・方がいいのかな・・っていうことがあったのでぇ。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
また・・(相談者)

ということは、人が「やめて」・・ということは・・(加藤諦三)

うん。(相談者)
「やめようね」っていうような、正しいことを、教えるっていう態度ですよねぇ・・(加藤諦三)

それも、し・・あのまぁ・・(相談者)

後ろめたさがあったから、受け入れたいって気持ちはあるけれども、そこは一本、線を引くべきことかなぁ・・って、自分で思ったので、それは伝えましたら、そうしたら、涙が出たって感じですかねぇ。(相談者)
ああ・・(加藤諦三)

・・

妻の不満

そうするとですねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
さ、さっきあなた、そのぅ・・(加藤諦三)

「ご主人との関係は?」・・って、聞いた時に・・(加藤諦三)
はぁーい、はい。(相談者)

・・

「普通です」「良くいってます」と、言ましたけれどもね。(加藤諦三)
うーーん・・はぁい・・(相談者)

ご主人に対して・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

ホントに満足していて、酷い鬱って、ちょっと考えられないんですよねぇ。(加藤諦三)

あ、わたしが鬱になった原因は、主人にあるっていうことですかね?(相談者)

え・・っていう、主人かどうかは、わかりません。(加藤諦三)
ああ、はぁい、はい。(相談者)
あなたの・・あーん、ご両親との関係かもしれないし。(加藤諦三)
うーん・・(相談者)

他の誰かかもしれないですけど・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
少なくとも、また、誰かとの関係で・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

あの・・大変な不満を持っていたことは、間違いないと思うんです。(加藤諦三)
うん・・うん・・はぁい。(相談者)

うん。(相談者)
だからそれが、誰かっていうことは・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
まぁ・・(加藤諦三)

ああ、後の話として・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
今日の相談というのは、あなたの・・(加藤諦三)
はぁい、はい。(相談者)

このぅ・・最初に言っていた。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
この、小学校4年生の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
性的興味、いや・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
今の話を・・聞いて。(加藤諦三)
はい。(相談者)
あの、小学校4年生の・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
お子さんの行動は、よく理解できます。(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ、問題は・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
その、今、そうなった段階で・・(加藤諦三)
うん・・はい。(相談者)

この子に、どう対処したらいいか・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
ということですね?(加藤諦三)
そうですね、はぁい。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

今日はあの、スタジオにですねぇ・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
幼児教育研究の、大原敬子先生がいらっしゃってますので・・(加藤諦三)
はい、はい・・はい。(相談者)
具体的な・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
あのぅ・・対応の仕方・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
を、初めとして・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
その、原因、その他・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)
はい・・はい、はい、よろしくお願いします。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 小学校4年といえば、個人差はありますがそろそろ思春期が始まるころ。
    性的関心が高まるのは当たり前のことです。
    でも母親が息子を抱きしめても、それが性的意味を持つことはないのが普通です。
    回答者が言うように、安心感を得たり、承認欲求を満たすという意味合いでしょうね。
    幼児期に満たされていない分、たくさんハグしてやればいいんですよ。そしてエスカレートしないように上手くコントロールしてやることは、母親ならできるはず。

この記事にはコメントできません。