テレフォン人生相談

督促状
テレフォン人生相談2019年4月4日(木)は、柴田理恵・三石由起子。68歳女性から、24年前に夫と死別し30歳になる一人息子、同世帯になってはいるが、どこに住んでいるかは不明。その為、様々な督促状が届く。その処理をするも、息子は上から目線。脳出血の高額医療費の返還も断られ困っているのだが。

目次

スポンサーリンク

居所不明の息子宛に督促状が届く

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:68歳女性 24年前に夫と死別 一人息子30歳

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)

息子と・・(相談者)

一緒に住んでるっつ・・のは、住民票だけで、実際、大学出てから・・別居なんですけども、住所異動してないもんですから・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)
わたしの方に全部郵便物がきまして。(相談者)

はぁい。(柴田理恵)
で、今日、あのぅ・・お伺いしたいのは。(相談者)
うん。(柴田理恵)
わたくしが・・半年前に、脳出血で倒れまして。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)
それで友達が、国民健康保険に入っているから、10日間入院しまして、30万弱かかったんですけども、「8万以上かかった分に関しては返ってくるから、あなた、だ・・大丈夫よ」って言われて。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

で、市役所にお電話しましても。(相談者)
うん。(柴田理恵)
同居人の方が・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
収入のことを、申告してないからあのぅ・・お支払い出来ないって言われまして、わたしもうビックリして。(相談者)
はああ・・(柴田理恵)
それで、息子に電話したら。(相談者)

はい。(柴田理恵)
「お母さんが、そういうものは、市役所へ持っていくし、その料金もお母さんが、払うからお願いね」って言いましたら。(相談者)
うん。(柴田理恵)
「おう!」とか言って・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
なんかそれから・・(相談者)

1週間たっても10日たっても、本人から1回も来ないもんですから、わたしもちょっとね少しきつい感じで、「もうちゃんとやってよ!」って言ったら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なんか・・それから彼、電話切っちゃって。(相談者)
うん。(柴田理恵)
それでぇ、住所も、郵便局留めにしてあって。(相談者)

本当のところ、なん、どこに住んでるか、何の仕事してるか全くもってわかんないですね。(相談者)
え?大学生の・・(柴田理恵)

時から別居してってことですか?(柴田理恵)

えーっと大学・・卒業してからです。(相談者)
じゃあ就職はどうしたんですか?(柴田理恵)

大学、はい・・(相談者)

って(入って)たちまち・・(相談者)

「奨学金借りる」と言うから、「いや、あなたね、奨学金借りたら今度ね、就職してからね、大変だから、あのぅ・・お母さんがちょっと、うーん、お小遣い出すから、絶対借りないでね」って言ったら・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

なんせ、お金を借りてまして、その返済も・・あたしの方に、督促状とか、つい、こう文面で来るんですね。(相談者)

そいで、わたしも息子に電話して、「もう1万円でもいいからね、あなた、返すものは返してね」って、それもう・・なんか・・(相談者)

「うんじゃあ、5千円ぐらいだったら返す」とか言って、「もう、返せるんなら返す、返してね」って言って・・(相談者)

あ、ちょっとお金にルーズというか、そんな感じでなにしろ電話できないんですよね。(相談者)

ふんふん・・(相談者)
電話でも彼は途中から電源切っちゃったり・・留守電になったりして、自己中というか、自分に関係ないものは、応対したくないってもうそれは、母親であっても関係ないって感じでぇ・・(相談者)
うん、あなた今、おいくつですか?(柴田理恵)
わたし68です。(相談者)
旦那さんはいらっしゃいますか?(柴田理恵)

24年前に・・(相談者)

亡くなりました、病気で。(相談者)

息子さんはお一人ですか?お子さんは?(柴田理恵)
そうです、やっとで、やっと出来て、お金で苦労しないように、もう本当に小さい頃から英才教育というか・・(相談者)
うーーん・・(柴田理恵)
もういっぱい感受性で、いっぱい本読んであげて、ほんとに・・(相談者)
あ、あの、息子さんおいくつですか?(柴田理恵)

今30歳です。(相談者)
大学卒業してからってことは、もう8年ぐらい・・(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
別居してらっしゃるってことですか?(柴田理恵)

そうなんですけど。(相談者)
うん。(柴田理恵)

頭がちょっといい子で、まぁ、高校も、ま、進学校、前期で受かったんですけども。(相談者)

高1の、1学期は学校へ行ったあと、ほとんど塾の先生やってまして、大学も、あたしお金払ってましたけど、ほとんど行かないで、塾の先生ずっとやってました。(相談者)

じゃあ、学校・・は、卒業してらっしゃらないの?(柴田理恵)
だから、じゃあ、ん、卒業したと・・(相談者)

思うんですけども、なにしろ、何も報告もないし、ただ、***と、お金を払うだけで。(相談者)
大学に在学中とかは・・(柴田理恵)
ああ・・(相談者)
いろいろお話しなさったんですか?今、な、なにしてるとか。(柴田理恵)

あ、なんか言っても無視されるというか、こうなんか態度がわたしの上に立った感じで。(相談者)

息子として。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
育て方間違えちゃったんだね。(柴田理恵)

はあ・・そうですか?(相談者)
そりゃそうでしょう。(柴田理恵)
はぁい・・(相談者)

親にだって、あんた、お金だ、大学のお金出してもらってて。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

ろくに行かないで、塾の先生やってるってどういうこと?(柴田理恵)

で、あたしが、こう、親に虐待されて、満足に教育で、出来なかった・・悔しさがあるもんですから。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
もっと彼にはあたし・・の様な苦労をさせまいと思って、一生懸命教育したんですね。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
そして気がついたらなんかあたしの上に立ったものの態度、言い方、するんですね。(相談者)

だ、今はもうあたし・・(相談者)
あなたはアレですか?ずっとお仕事なさってらしたんですか?(柴田理恵)

えっと、お・・若い時は、あのOLやってましたけども・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

もう結婚してからずーっと、専業主婦です。(相談者)
専業主婦、はい。(柴田理恵)
はぁい。(柴田理恵)

じゃあ全然最近そのぅ・・(柴田理恵)

息子さんとは、あのぅ、連絡取れない?(柴田理恵)

携帯しか、連絡方法ないんですけども、携帯も、あたしの番号、わかりますよね。(相談者)

でも自分に・・都合悪いと思ったら、電話にでなかったり、電話途中で切っちゃったりしてて。(相談者)
はあああ・・(柴田理恵)
だから・・(相談者)

ほん・・もうわたし、本当に正直言ってもう、親子の縁切ろうかと思ったりするんですけど。(相談者)

もう、ほんと悔しいというかなんか、あたしがあの子・・(相談者)

一生懸命お金かけた・・かけたのは・・なんだったのかしら・・っていうか、すごくなんか、辛いというか寂しいというか・・(相談者)

あたしが・・30万ぐらいお金払ったんですけども.、病院に。(相談者)

そのぅ、だから20何万・・(相談者)
その脳出血の時にですか?(柴田理恵)
そうですね。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
病院に・・20・・7万ぐらい・・返るはずが、息子が、収入の事を、申告してないもんですから。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
なんか、高額所得者として、返って来ないって言われまして。(相談者)
うん。(柴田理恵)
たまに・・かかってくると、「金がない」「金がない」まぁ、「貸してくれ」とは言いませんけど。(相談者)

今、あの・・(柴田理恵)

息子さんは・・(柴田理恵)

いくらぐらい稼げらっしゃるんですか?収入は?(柴田理恵)
まったくわかんないです。(相談者)

何の仕事・・してるかも、わたしが言うと、親をこう、真下に見るというか、だってもう、疲れるんですね、自分の・・子でも、態度がでかくて。(相談者)

あのぅ・・塾の先生はもうやってないんですか?(柴田理恵)
あっ、そう、それは大学・・までですね、大学の・・あのぅ・・4年間ですね。(相談者)

そいで・・ある程度の有名な一流ホテル受かったんですけども、それも、辞めちゃったもんですから。(相談者)
それでお金は・・ないと、たまにおっしゃる?(柴田理恵)
あっ、なんかの、その流れで・・ま・・(相談者)

でも、わたしお金に・・わたしに「貸してくれ」とは言わないし、わたしも、もうほんとに・・(相談者)

たくさんのお金使いましたから、もう、塾もいっぱい行かしたり、たくさんの本、だから、わたしはもう、関係ないと思って、「あっ、そう」って言うんですけど。(相談者)

大学時代に借りたお金も、ずっとほっぽといて、わたしの方に督促状、特に来るもんですから、はああ(ため息)・・わたしびっくりしちゃって。(相談者)

あなたは・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
えっと今現在、どういう・・(柴田理恵)

収入・・なんですか?(柴田理恵)
で、あたしの両親が・・一応、不動産、アパートを持ってまして。(相談者)

安い方、ちょこっと・・もらってますけど、それでなんとか・・(相談者)

じゃあ、息子さん・・ん・・に、奨学金の督促状とか。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
いろいろ来ても。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

今、お金あげられるってわけではないわけですね?(柴田理恵)
だからわたしは、貯まったら、彼に電話して・・(相談者)

あのぅ・・郵便局留めにするんですけど、それも、わたしも親切に電話して、息子・・(相談者)

都合のいい・・日にちを確認して、3回ぐらいといったことあって、返ってきちゃって、わたしも頭にきて・・(相談者)

それで今日の・・ご相談はなんでしょうかねぇ?(柴田理恵)

息子が、収入を、うちの方の市に・・申告してないので、わたしの方に、高額・・の、治療費の、返還がないんですよね。(相談者)

うん・・(柴田理恵)
だ・・聞いたら、えっと・・同居・・な、住んでる方が、まぁ・・(相談者)
ええ、ええ。(柴田理恵)
一人でも、税金払ってないと・・出来ないと言われました。(相談者)

それはお聞きしたんですけれども。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
っていうことは・・息子さん・・を、同居人にしなきゃいいんですよね?(柴田理恵)

そうですね。(相談者)

はぁい。(相談者)
そういう方法を、は(わ)・・息子さんに言えばいいんじゃないですかねぇ?住民票をそっちに・・やってくれって。(柴田理恵)

で、なにしろ電話を・・もう出ないもんですから。(相談者)

でぇ、あまり電話すると、「うるさい」と思うから、たまに電話する・・こういう・・(相談者)
わかりました。(柴田理恵)

はぁい。(相談者)
はい、回答者の先生に聞いてみましょうか。(柴田理恵)

今日の回答者の先生は、三石メソッド主宰で、作家で翻訳家の・・三石由紀子先生です。(柴田理恵)
あっ・・(相談者)
先生お願いします。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. う~んこれは・・・やさしい虐待って奴ですか?
    三石先生、バッサリですね・・・その通りなんですが(笑)
    何も正確な事判らないってなあ・・・もしかすると高校も大学も卒業出来てないんじゃないの?

    多分、相談者この通り出来ないんじゃないかな?
    出来てたらこんな相談しないと思います。

  2. 西村健次郎

    親子の仲がいい人って、大変だね。
    これからも仲良くしてねwww

  3. >「その話はもう聞きました」

    相談者は同じ話を何度も繰り返し、相手の言葉を聞こうとしない人。
    こういう人と会話するのって苦痛です。ウンザリ
    こういう相談者には三石さんの快刀(回答)がピッタリ。
    でもこの相談者には受けとめられないんだろうなあ。
    解決するためには三石さんのアドバイスを実行するしかないんだけどね。

  4. すかっとした回ではあったけど
    心に届いてはいないんだろうなぁっていうのはあってヤキモキ

    郵便局のくだりだったり、市役所での手続きだったり
    知らなかったことが多く聞けてタメになった回でもありますが
    この相談者は多分実行しないんだろうなぁ・・・。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.