テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年5月30日(木)
柴田理恵&大迫恵美子
72歳男性から、共有名義のマンションと年金の半分を妻に渡し離婚したいとの相談。結婚して20年目、単身赴任先の海外で愛人を作る。それが妻にバレ離婚騒動に。世間体も考え土下座して許しを請うて20数年贖罪の日々、出会い系で知り合った女性と結婚したいと家を出る。

目次

スポンサーリンク

マンションと年金半分を妻に渡して離婚したい

パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大迫恵美子(弁護士)
相談者:72歳男性 妻72歳 婚姻46年 年金生活 娘2人は結婚して独立 長女44歳 次女42歳

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理)

こんにちは。(柴田理)
はい、もしもし?あっ、こんにちは。(相談者)
今日はどんなご相談ですか?(柴田理)

・・

・・

あのぅ・・離婚を、どのように・・進めて・・いけばいいかを、お聞きしたいと思っています。(相談者)
はい、はい。あなた今おいくつですか?(柴田理)

72。(相談者)

奥様のほうは?(柴田理)

72。(相談者)
何年結婚なさってたんですか?(柴田理)
えーっとねぇ、40・・6年・・はい。(相談者)
お子さんはいらっしゃるんですか?(柴田理)

女の子二人、上が・・40・・4。(相談者)
はい。(柴田理)
え、下が、40・・2。(相談者)

はい。(柴田理)
二人共・・結婚して・・独立して家を出てます。(相談者)

46年、つ、連れ添った・・(柴田理)
はい。(相談者)
奥様と、離婚を・・(柴田理)

ええ。(相談者)
さなりたいと?(柴田理)

はい。(相談者)

どうしてですか?(柴田理)

20年以上・・(相談者)
はい。(柴田理)
え・・実質的には、まぁ・・え・・破綻したような・・結婚生活を、ちょうど結婚してから20年目に・・(相談者)

はい。(柴田理)
わたくしがあの、海外でも、単身赴任ってのことがありましてぇ・・(相談者)

その単身赴任先で。(相談者)
うん。(柴田理)
あのぅ・・海外の女性と。(相談者)
はい。(柴田理)
ま、仲良く・・(相談者)

なってぇ・・(相談者)
はい。(柴田理)
ま、実質的にはあの・・(相談者)

3年間ぐらい。(相談者)

ま、言ってみれば愛人のような・・(相談者)

はい。(柴田理)
感じで・・(相談者)

過ごしました。(相談者)
はい。(柴田理)
でぇ、そのことが・・その愛人・・の人が、ま、痺れを切らした、ま、結婚を望んでたかもしれませんけど、わたし・・(相談者)
はい。(柴田理)

を、が、まぁ、妻と別れて。(相談者)

自分のとこに来てくれるんじゃないかという、まぁ・・(相談者)
うん・・(柴田理)
望みをもっていたけども。(相談者)
はい。(柴田理)
実現されず。(相談者)
はい。(柴田理)
たまたま・・妻が、単身赴任先に来た時に。(相談者)
はい。(柴田理)

それを見た、あ・・愛人が・・二人で写ってる写真を・・(相談者)

妻のところに・・ばらまいたんですね。(相談者)

はいはい。(柴田理)
そのことでぇ・・(相談者)
はい。(柴田理)
あのぅ・・(相談者)

まぁ、いわゆるバレて。(相談者)
はい。(柴田理)
家庭が修羅場になって。(相談者)

はい。(柴田理)
ま、当然、まぁ、離婚を・・その時、まぁ、言いだしたんですけれども。(相談者)
はぁい。(柴田理)

まぁ、わたくしが、まだ・・(相談者)

現役の会社員でしたし。(相談者)

はい。(柴田理)
え・・まぁ会社の・・あ・・体面とか・・(相談者)
はい。(柴田理)
いわゆる世間体ですとか・・(相談者)

うん・・(柴田理)
あ・・(相談者)

あれ・・ゲスなこと言えば、慰藉料の支払いとかっていうこと、ちょっと・・ケチってですねぇ。(相談者)
はい。(柴田理)
ま、言ってみれば、卑怯にも。(相談者)

その離婚を・・(相談者)

しないでくれということを・・(相談者)

ま、土下座して・・妻に詫びて。(相談者)
はい。(柴田理)
なんとか、まぁ矛先を収めてもら・・ったっていうのが・・(相談者)
うん・・(柴田理)
ま、22年前なんです。(相談者)
はあ・・(柴田理)

ま・・**・・ええ・・(相談者)
それは・・あのぅ、海外の女性とは、もうそこで切れたんですか?(柴田理)

ええ、海外の女性も・・(相談者)
うん・・(柴田理)

その後・・(相談者)

ま、イタズラ電話、無言電話はもう・・2年か3年続きましたけども。(相談者)
はあ・・(柴田理)
結局会わず・・会うということはしませんでした。(相談者)
・・
2日前にわたし、家を出たんです。(相談者)

それなんで?うん・・(柴田理)
わたくしは、自分でぇ・・(相談者)

その、不貞を犯したという罪の意識もありましたから、罪の償いの為に。(相談者)
はい。(柴田理)
もう・・そのぅ・・何があっても妻からどんなこと言われても、何しても・・じっと耐えて。(相談者)
うん・・(柴田理)
あのぅ・・(相談者)

妻の、まぁ、生活と・・ぉ、補償と・・ん・・っと、家のローンの支払いを全部・・済ますまでは、もうとにかく頑張ろうと。(相談者)

うん・・(柴田理)
耐えようということで、ずっと来ましたが。(相談者)
はい。(柴田理)
2ヶ月前に、やっと家のローンの、毎月15万円払うローンが・・(相談者)
はい。(柴田理)
完済しましてぇ。(相談者)
はい。(柴田理)

え・・それまでは・・(相談者)

年金だけでも、かなりの年収はあったんです。(相談者)
はい。(柴田理)
働いてもいないのに。(相談者)
はい。(柴田理)
でぇ、すべて・・その、生活の贅沢な生活、海外での贅沢な生活を、日本に帰ってきても、させてあげました。(相談者)

え・・家のローンも、毎月15万円も払って。(相談者)
はい。(柴田理)
ところが一銭も残りません。(相談者)

はい。(柴田理)
わたくしは、貯金ゼロ・・(相談者)

はい。(柴田理)
それから、毎月の・・残りも、お小遣いもなし。(相談者)

自由になれないんですね。(相談者)

どこ行くにも、自分一人では・・(相談者)

はい。(柴田理)
何も出来ません。(相談者)
はい。(柴田理)
お金ないですから。(相談者)
はい。(柴田理)
それが・・(相談者)

2ヶ月前に・・やっと・・初めて、自分で・・自由になれる15万円っていうのを手にしたんです、毎月。(相談者)
はい、はい。(柴田理)
その15万円を手にして、先月・・アパートの・・(相談者)

契約の頭金を・・払って。(相談者)

はぁぁぁ・・(柴田理)
今月から、そのアパートに住めることになって、2日前に・・(相談者)

その・・家を出て、アパート借りて・・(相談者)
なるほど、じゃあ・・(柴田理)
いうことです。(相談者)
計画的だったんですね、ちゃんと。(柴田理)
計画です・・(相談者)
はぁーん・・(柴田理)
計画してました、はい。(相談者)
・・
家内はですねぇ・・(相談者)

子供の頃から、お金はもう、有り余るような・・(相談者)

あのぅ・・贅沢三昧を、させてもらってた娘だったわけです。(相談者)
あっ・・ああ・・はぁい。(柴田理)
それでぇ・・たまたま、わたしと知り合ったときも・・(相談者)
うん。(柴田理)
わたくしが・・まぁ、まぁ・・(相談者)

名の通った大学を出・・名の通った・・(相談者)
うん・・うん・・(柴田理)
会社のサラリーマンであるということ・・(相談者)

認識して。(相談者)
うん。(柴田理)
まぁ、家が貧しくても・・(相談者)
うん。(柴田理)
そのぅ、一応・・ま、生活はこれから・・(相談者)

サラリーマンとしての収入もあるだろうから・・(相談者)
うん。(柴田理)
大丈夫だろうと。(相談者)
うん・・(柴田理)
まぁ、いざとなったら、実家から・・兄から支援してもらえばいいんだから・・と言って・・(相談者)

ま、一応恋愛・・恋愛結婚したんです。(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田理)
ところが、そういう・・家庭環境の違いが、この22年間・・(相談者)

憎しみをもって・・さらに・・(相談者)

え・・わたしに対しての、まぁ、言葉の暴言ですけども。(相談者)

「お前みたいな、あなたみたいな・・そんな貧乏の小倅・・と、わたしは結婚するんじゃなかった」と、「こんな不幸な目にあって、しかも・・図々しくもそんな女遊びをして・・わたしをこんなに苦しめて・・」(相談者)
うん・・(柴田理)
みたいな、あなたと・・(相談者)

はあああ・・(相談者)
わたしはもう、あ、あの時、り、離婚すればよかったのに、あなたが、離婚したくないと言うから・・あのぅ、離婚をしないで、今日(こんにち)まで来たけども・・今にでも、すぐにでも別れたい・・だけども・・生活、その他のこと考えたら・・(相談者)

もう、あなたからは、もう、さ、むしり取るだけむしり取りたいと。(相談者)
うん・・(柴田理)
それがわたくしの復讐である・・って。(相談者)

ま、そういうこと、常日頃、なんか、パッと思いだしては・・(相談者)

言い続けるわけです。(相談者)
はい。(柴田理)
それでわたくしはまぁ、罪の償いの為に、それはもう・・覚悟して、そういうことになっても・・これは仕方ないと。(相談者)
うん・・(柴田理)

じっと我慢するのが、自分の・・宿命だと。(相談者)

うん・・(柴田理)
思ってこんにちまで来たんですけど。(相談者)
うん・・(柴田理)

また、このままの状態でタヒんでいくのは・・(相談者)

忍びないと。(相談者)
うん。(柴田理)
もう、野垂れタヒにしてもいいから・・(相談者)
うん。(柴田理)
自由になりたいなぁ・・(相談者)
うん・・(柴田理)
って、常に思ってたわけですね。(相談者)
うん。(柴田理)
だけども、やはり、その償いという面では・・あのぅ、日本に帰ってきて、マンションを買って、半分は・・あの、妻はお金ありましたから。(相談者)
うん。(柴田理)
全部キャッシュで・・出してくれたと。(相談者)
わたしは無一文ですから・・(相談者)

うん。(柴田理)
あのぅ・・半分の・・ローンを組んで。(相談者)

7年間でぇ、毎月15万円の・・ローンを支払いを、や、やっと、2ヶ月前に終わったんです。(相談者)
うん。(柴田理)
ですから、マンションの二分の一は、初めっから家内の物。(相談者)

うん・・(柴田理)
でぇ、二分の一は・・わたしがローンを組んで、わたしの名義。(相談者)

うん。(柴田理)
それがやっと終わりましたから・・もう、この際、全部・・わたしの二分の一の・・(相談者)

マンションは妻にあげて。(相談者)
うん・・(柴田理)
それから年金の半分は・・妻にあげて・・(相談者)
うん・・(柴田理)
今までと・・同じような贅沢な暮らしをさせるようにして。(相談者)

それで、わたしは残った・・微々たるもんで・・アパートに入り、妻は、もう・・わたしの復讐の為にですねぇ。(相談者)
うん・・(柴田理)
ともかく、離婚なんかさせたら・・(相談者)

旦那はまた自由に・・(相談者)

また、遊びまわって、女遊びをするに違いないと、そんなことは許さ・・許さないと。(相談者)

だから何がなんでも・・わたしの、手元に・・押さえつけて、奴隷のように・・するんだと。(相談者)

思ってますから。(相談者)

はぁぁ・・(柴田理)
それを口でも言いますから、それを・・家を出たって・・まぁ、ビックリしてますでしょうけど、2日間・・まさか・・離婚なんか・・を、申し出る・・あ・・ことは・・ないだろうし、仮に申し出ても、わたし、判を押さないよと。(相談者)

うん。(柴田理)
まぁ、そういうことに・・なると思うんです。まぁ、想像するにですね。(相談者)
うん・・(柴田理)
え・・ただ、そんなことで・・果たして、出来るのかどうかってことを・・(相談者)
うん・・(柴田理)
お聞きしたいなと思ってます。(相談者)
わかりました。今日の回答者の先生は、弁護士の大迫恵美子先生です。(柴田理)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 72歳ねえ?
    いまさら遅すぎるんじゃないかなあ?
    あまりにも不毛な明日しか見えてこないんだけど・・・
    経済的な展望も開けてこないよね。
    出会い系のその彼女だって、いざとなったら尻込みするかもよ。

    この相談者、あんまり深く物事を考えずに場当たり的に行動してしまうタイプだと思う。
    こういう人って、周りの人々は大変なんだよ。後始末やら尻拭いやらでね。
    この年齢になってからだと、周りの人たちも「もう知らない。勝手にしたら?」と突き放すかもよ。

この記事にはコメントできません。