テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年7月4日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:大迫恵美子(弁護士)
58歳女性から、次男の結婚について迷っている。息子が大学時代から付き合っている1つ年上の女性と結婚するという。次男も彼女も公務員で母親とマンションで二人暮らし、家事が出来ないので息子が同居し、母親が家事全般をするとのこと。先々の事を考えて、結婚には反対しているのですが・・

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

相談者:58歳女性 夫60歳 長女32歳(結婚して子供がいる) 長男30歳(独身) 次男28歳(公務員) 次男の彼女29歳(一人娘で母親と暮らす・公務員)

もしもし・・テレフォン人生相談です。(柴田理)

あっ・・(相談者)

こんにちは!(柴田理)
こんにちは!(相談者)

え、今日は、どんなご相談ですか?(柴田理)

今日はですね、あのぅ、息子の・・あの次男の・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
結婚について迷っているんですが。(相談者)
はぁい。(柴田理)
ご相談お願いしたいと思います。(相談者)
あっ・・はぁい、えーっと、あなた今おいくつですか?(柴田理)
わたしは58歳です。(相談者)
はぁい。(柴田理)

えっと、ご主人は?(柴田理)

主人は60歳です。(相談者)
60歳・・(柴田理)

次男さんって事は、長男の方おいくつですか?(柴田理)

はい、30歳です。(相談者)
30歳・・(柴田理)

次男さんは?(柴田理)

は(わ)、28歳です。(相談者)
28・・(柴田理)

あの・・(柴田理)

長男さんはご結婚なさってるんですか?(柴田理)
あっ・・いえ・・しておりません。(相談者)
あ、一人・・はぁい。(柴田理)
はい。(相談者)
えっと・・お子さんは二人だけですか?(柴田理)
あっ、一番上にあの、長女がおります。(相談者)
ああ・・お姉さんが、はぁい、はぁい。(柴田理)
はい。(相談者)

は(わ)・・(柴田理)

おいく・・(柴田理)
娘は32歳です。(相談者)
32・・(柴田理)

でぇ・・長女さんも独身?(柴田理)

あっ・・長女は結婚して子供もおります。(相談者)
結婚してらっしゃる・・あ、そうですか。(柴田理)
はぁい。(相談者)
はぁい。(柴田理)

でぇ・・(柴田理)

次男さんのご結婚についてってことなんですけど。(柴田理)
はぁい。(相談者)
どういうことでしょうか?(柴田理)

あっ・・(相談者)

えっとあの、相手の女性の・・方は。(相談者)
うん。(柴田理)
一つ年上の、一人娘さんなんですが。(相談者)
うん・・(柴田理)

はい、あの、大学時代に知り合ったようなんですが。(相談者)
うん。(柴田理)
はい、あの、その・・(相談者)

ご両親は、最近離婚されてるんです。(相談者)

うーーん・・(柴田理)
はぁい。(相談者)
・・
でぇ、以前から・・(相談者)
うん。(柴田理)
あのぅ・・ご主人が退職されたら・・(相談者)
うん・・(柴田理)
離婚しようと考えていらしたようで。(相談者)
うん・・(柴田理)

でぇあのぅ・・退職されたもんですから。(相談者)
うん・・(柴田理)
あの財産を分けてもらうということで、退職を待って、離婚されたっていうことで。(相談者)
はぁい。(柴田理)
まず、はぁい、その間もずっと専業主婦でぇ・・いらして、今も・・お仕事はされてないっていうことなんですが。(相談者)
あっ、そのお母さまの方が?(柴田理)
はぁい。(相談者)
はぁいはぁい(柴田理)

でぇ、あのぅ、今はその娘さんと二人で、マンションで暮らしているようなんですけれど。(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田理)

でぇ、そこへあのぅ、うちの息子が・・(相談者)
はい・・(柴田理)
結婚してぇ、同居・・(相談者)

する予定だと、あの息子は言うんですけれど。(相談者)
はぁい。(柴田理)

はぁい、でぇ、息子はまだ・・そちらのお母さん・・にはまだ会ったことはない・・と言っているんですが。(相談者)
はぁい。(柴田理)
同居を希望しているんです。(相談者)

はぁ、はぁ・・(柴田理)
はぁい・・(相談者)
会ったこともないのに?(柴田理)
はぁ・・い。(相談者)
うん。(柴田理)
その理由が・・(相談者)
うん。(柴田理)
あの娘さん・・が。(相談者)
うん・・(柴田理)
あの食事の支度・・をあまり・・しないようで。(相談者)
うん・・(柴田理)
はぁい・・(相談者)
・・
家事・・とか・・(相談者)
うん。(柴田理)
あの食事の支度を、そのお母さんに・・(相談者)

やってもらいたいということで。(相談者)
ああ・・ははっ(笑)。(柴田理)
はぁい。(相談者)
はぁい。(柴田理)
でぇ、娘さん・・は、やっぱり親一人子一人になってしまったので。(相談者)
うん・・(柴田理)
まぁ緒に住みたいっていう気持ちもある・・っと思うんですけれど。(相談者)
うん・・(柴田理)
でもぅ・・(相談者)

食事の支度が出来ないっていうことでぇ、あのお母さんに・・(相談者)

やってもらうと・・いうことで、親離れしてない娘さんだなと思うんですが。(相談者)
はぁ・・娘さんは・・(柴田理)
でぇ・・(相談者)
いくつ・・いくつですか?(柴田理)
あっ・・(相談者)

一つ年上の・・(相談者)
あっそっか・・(柴田理)
方なんです。(相談者)
年上29歳ですね、じゃあ。(柴田理)
はぁい、はぁい・・(相談者)
はぁぁぁ・・(柴田理)
でぇ、またあのぅ、家族のために自分で・・(相談者)

作れるように、食事の支度・・出来るように努力をしようっていうことではなくて。(相談者)
うん。(柴田理)
お母さん・・に、やってもらって、三人でぇ、暮らして行きたい・・って言うんです。(相談者)
ふぅーん・・(柴田理)
でぇ、あのぅ・・(相談者)

息子も・・(相談者)

女性の方も、あの・・(相談者)
うん。(柴田理)
公務員ですので。(相談者)

あ・・あ、は、は、は、は・・(柴田理)
はぁいはぁい、二人でぇ・・働いて。(相談者)
うん・・(柴田理)
一人・・お母さんに、家事をやってもらうつもりだ・・ということなんですが。(相談者)
はぁい・・はぁい。(柴田理)

でもわたしは、あのぅ、三人でないとやって行けないような生活なら、もう結婚は最初から止めなさいと言ってるんですが。(相談者)
ほう・・(柴田理)

はぁい、でもぅ・・あのぅ・・(相談者)

三人で暮らしたいみたいで。(相談者)
うーん・・(柴田理)
でもあのぅ・・(相談者)

もし・・あの娘さん・・ですね、あのちょっと身体も弱いっていうこと・・(相談者)

うん・・(柴田理)
息子から聞きまして。(相談者)
うん・・(柴田理)

もし娘さんの方が先に亡くなってしまったら。(相談者)
うん・・(柴田理)
その同居している・・お母さん?(相談者)

うん。(柴田理)
と、うちの息子が残ってしまうようなことがあると。(相談者)
うん。(柴田理)

またあのぅ・・お年召してる・・でしょうし、他に・・放って出て来るわけにもいかないですし。(相談者)
はぁい。(柴田理)
まぁ一番心配なのは、あの息子がちょっとあのぅ・・大人しい・・性格なもんですから。(相談者)
うん。(柴田理)
同居してぇ・・2対1で・・(相談者)

うん。(柴田理)
いつも我慢、我慢の生活になりゃしないかと・・(相談者)
うーん・・(柴田理)
わたしは一番心配してるんですが。(相談者)
うーん・・(柴田理)
でぇ、もし、あの嫌になっても、離婚・・しようっていう度胸もなく、それで一生終わってしまうよう・・な気がしてぇ。(相談者)

うーん・・(柴田理)
一番そこが、心配なんですが、息子がたぶん、我慢の人生になってしまいやしないかと思って。(相談者)

随分あのぅ・・(相談者)

先々のことまでご心配なんですねぇ。(柴田理)
はぁい、2対1・・ですし・・(相談者)
うん。(柴田理)
女の・・人が、2対1でぇ、うちの息子たぶん・・(相談者)

まぁ・・(相談者)
あの・・でもそんなに・・(柴田理)

あのお子さん、あっ末っ子だから心配なのかな?(柴田理)
・・
いや、あっ、この子があの性格的に・・(相談者)
うん。(柴田理)

あのぅ・・大人しくって、嫌な物は嫌だって言えない・・(相談者)

子ですのでぇ。(相談者)
ああ・・ん。(柴田理)
あ、この結婚になって初めてぇ・・なんか、困らせるようなことを・・言ったんですけれど。(相談者)
じゃあ、あんまり、反抗期もなかったんだ。(柴田理)

そうですねぇ・・(相談者)
ああ・・(柴田理)
はぁい。(相談者)
いい息子ですねぇ。(柴田理)
楽に育った子であって、三人の中では。(相談者)
ああ・・(柴田理)
・・
ああ・・(柴田理)

はぁい。(相談者)
なるほどねぇ。(柴田理)
はぁい。(相談者)

あの、お会いになったことあるんですか?そのあの娘さんと?(柴田理)
いえ・・(相談者)

いえまだぁ・・会ったことがないんです。(相談者)
あっ、会ったことないんですか?(柴田理)
はぁい。(相談者)

なんでだろう?結婚するって決めてんのに大学時代から・・付き合ってたんだったら・・(柴田理)
はぁい。(相談者)
一回ぐらい遊びに来るとか・・そういうことは・・(柴田理)
いえっ、あのぅ・・(相談者)
ない?(柴田理)

大学・・卒業してからすぐあのぅ、寮生活に入ったり、そのあとアパート暮らしになっていて。(相談者)
うん。(柴田理)
家(うち)にはまだ連れて来たことがないんですけれど。(相談者)
あぁ、そう・・(柴田理)
まっ、離婚も・・はぁい。(相談者)
だから心配なんですねぇ?(柴田理)
あ、そうでしょうかねぇ・・(相談者)
うん、お会いになってぇ・・(柴田理)
はぁい。(相談者)
あっ、きちんとした人だなぁと思ったら・・(柴田理)

はぁい。(相談者)
大丈夫って安心なさるかもしれませんよ。(柴田理)

そうでしょうか?(相談者)
うーん・・(柴田理)

スゥ・・(相談者)

じゃあちょっと・・(柴田理)
はぁい。(相談者)
先生に聞いてみましょうか?(柴田理)
はぁい、ありがとうございます。(相談者)
はぁい・・はぁい。(柴田理)
・・
今日の回答者の先生は、弁護士の大迫恵美子先生です。(柴田理)

はぁい、よろしくお願い致します。(相談者)
先生・・よろしくお願いします。(柴田理)

≪ 前へ1234
1 / 5 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 大迫先生の言葉
    >あまりにも情報が少ないところで悩んでいても、どうなのかな?と思う。
    >まずは、そちらのお母さんに会わせて欲しい、娘さんに会わせて欲しいと、そこから。
    >お母さんの言う通りになるというふうな考えだとすると、むしろそちらが気になる。

    柴田さんの言葉
    >お母さんが我慢させて。
    >お母さんが言いたいことも言わせなくて。
    >お母さんが反抗期にさせなかったんだと思う。

    私もその通りだと思います。
    この相談者が口を出してはいけない。
    息子の意思を尊重すべきです。
    その結果が上手くいかなかったとしても、それはそれで、息子の人生です。
    息子が自分自身で切り開いてゆくしかないでしょう。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.