テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年6月27日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:坂井眞(弁護士)
72歳男性から、妻の実家の相続の件。1年半前に他界した妻の兄、その葬儀に20年間失踪していた兄嫁が現れた。地続きの実家隣に兄は家を建てていて、1ヶ月前からそこに兄嫁が住み始めた。20年も行方不明だったら離婚じゃないのか?遺産狙いだと思うが、どうなるか?という相談。

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

もしもし・・(柴田理)
はぁい。(相談者)
テレフォン人生相談です。(柴田理)

あっ、もしもし?
はぁい、こんにちは。(柴田理)
こんにちは、あのぅ・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
相続のことで・・(相談者)

あのぅ・・少々、質問させていただきたいんですが。(相談者)
あっ、はぁい。(柴田理)
よろしくお願いします。(相談者)
はぁい、よろしくお願いします。(柴田理)
・・
まずあなた、おいくつですか?(柴田理)

72歳です。(相談者)
72・・奥さまいらっしゃいますか?(柴田理)

ええ。(相談者)

はい。(柴田理)
あの、68の・・(相談者)
68歳・・はぁい。(柴田理)
妻が・・います。(相談者)
はぁい。(柴田理)

えっと家族構成を・・教えていただきたいんですけど。(柴田理)

3人の・・(相談者)
うん。(柴田理)
娘・・年齢言いますか?(相談者)
はぁい。(柴田理)

長女、39。(相談者)
はぁい。(柴田理)
次女、36。(相談者)
はぁい。(柴田理)
三女、33・・で・・(相談者)
・・
います。(相談者)
はぁい。(柴田理)

3人です、ええ。

分かりました・・でぇ相続の問題ということはどういうことですか?(柴田理)

わたくしの相続というよりかは・・(相談者)
はぁい。(柴田理)

妻の・・(相談者)

母親・・の・・(相談者)
うん。(柴田理)
家のことなんです。(相談者)

あっ、はぁい、あのぅ、つまり奥さんのご実家ってことですね?(柴田理)
そうです・・1年半前に・・(相談者)
はぁい。(柴田理)

妻の兄が亡くなりまして。(相談者)
はぁい。(柴田理)

その葬儀の時にですね。(相談者)
うん。(柴田理)

20年前に失踪していなくなった。(相談者)

うん・・(柴田理)
兄嫁が・・(相談者)

うん・・(柴田理)

葬儀に突然現れましてですねぇ。(相談者)
はぁい。(柴田理)

・・

そしてぇ・・もう次、す・・(相談者)

ん、1ヶ月ぐらい前から・・(相談者)
うん。(柴田理)

ちょこちょこそのぅ家に入って来て。(相談者)

はぁい?(柴田理)

でぇ今では・・そこで・・(相談者)

生活し始めて。(相談者)

はぁい?(柴田理)
でぇ、妻の実家と、そのぅ・・(相談者)

兄の居た、家っていうのは・・(相談者)
ああっ!・・はぁいはぁいはぁい。(柴田理)
同じ土地続きでぇ。(相談者)
はぁい。(柴田理)
そしてぇ・・距離的にも、わずか4メートルか、5メートルも無いような距離でぇ。(相談者)
あっ、はぁい。(柴田理)

でぇ、同じ・・土地を。(相談者)
うん。(柴田理)
その土地の所有権っていうのはもともと持ってたのは・・妻の父親の・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
名義ですから。(相談者)
はぁい。(柴田理)

でぇ、そのままの土地です。(相談者)
・・
でぇ、母親は今現在は・・(相談者)
うん。(柴田理)
あのぅ、入院加療でぇ・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
そのぅ・・(相談者)

介護のために妻は・・(相談者)

実家にちょこちょこ帰って来てるんです。(相談者)
ああ・・えっと・・(柴田理)
・・
つまり。(柴田理)
うん。(相談者)
えっと、ご実家はもう・・お父さまは、いらっしゃらなくってぇ。(柴田理)

ええ。(相談者)
でぇ、お母さんは・・おいくつですか、今?(柴田理)

もう90・・7になろうとしてます。(相談者)
9・・ああ・・90・・(柴田理)
病院に居るんですけども。(相談者)
ああ、病院にねぇ、ああ、はぁ、はぁ、はぁ・・(柴田理)
はぁい・・はぁい、はぁい。(相談者)
ああ・・なるほど、ほんでぇ・・(柴田理)
でぇ・・母親の面倒看る、面倒っつってぇ・・世話する人は・・(相談者)

はぁい。(柴田理)
妻しかいないんですよね、実家から・・(相談者)
うん。(柴田理)
あの、近くの病院までぇ、通ってぇ。(相談者)
うん。(柴田理)
そういう世話してる時に。(相談者)

うん。(相談者)
そのぅ・・20年間、不明だった、そのぅ、兄嫁が・・(相談者)
うん。(柴田理)
帰って来て。(相談者)
はぁい。(柴田理)

ほいでぇ・・(相談者)
お兄さんは・・あのぅ、ご病気で亡くなった?・・(柴田理)
そうです。(相談者)
その1年半ほど前ですね。(柴田理)
その家の中でぇ・・(相談者)
ああ・・(柴田理)
玄関先で倒れたのを。(相談者)
はぁい。(柴田理)

妻が見つけて。(相談者)
はぁい。(柴田理)

突然亡くなったんですね?(柴田理)
そうですね・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
そうしてぇ、あのぅ・・兄の、ポケットの中にある財布から。(相談者)
うん・・(柴田理)

息子の電話番号だけ、確認して連絡したところ。(相談者)
はぁい。(柴田理)

息子は・・(相談者)
うん。(柴田理)
駆け付けて来たんですが。(相談者)
はぁい。(相談者)

その時にそのぅ・・家を飛び出して行った・・兄嫁が。(相談者)
あっ・・はぁい。(柴田理)

20年ぶりにそこに現れて。(相談者)

あっ・・ってことは息子さんが連絡したってことですか?(柴田理)
そうです。(相談者)

あっ、息子さんと・・出て行かれた。(柴田理)

奥さんっていうのは、ずっと交流があったんですか?(柴田理)

・・

らしいですね。(相談者)
あっ、じゃあ娘さんとも・・そのぅ・・交流がある、あったわけですか?(柴田理)
うん、そうです。(相談者)

ただ・・(相談者)

兄のタヒ亡・・と同時に・・(相談者)
うん。(柴田理)
兄が居なくなった家の中に、20年ぶりに兄が居なくなったら・・(相談者)
うん。(柴田理)
まるでバトンをタッチするように家の中に入ってくるって、どういうことなのか?(相談者)
ああ、うーーん・・(柴田理)
ちょっと・・(相談者)

普通・・で言えば、家を・・(相談者)

出ていっちゃったら・・(相談者)

これ離婚じゃないのかなと、まぁ、思うんですけど。(相談者)
うん。(柴田理)
まぁ、それは知らないですけどね。(相談者)
20年まったく・・(柴田理)
だ、その辺のところを・・(相談者)
音沙汰なしだったんですよね。(柴田理)
えっ・・(相談者)

ええ、一切ないです。(相談者)
一切ない?(柴田理)
まったくないです、ええ。(相談者)
えっとじゃあ、今・・(柴田理)

ええ。(相談者)
そのぅ・・(柴田理)

あ、えっと奥さんのご実家っていうのは・・(柴田理)

ええ。(相談者)
兄嫁が今・・(柴田理)

居るってことですか?(柴田理)

この家・・実家の、この家じゃなくってぇ・・(相談者)

ええ、まぁ・・(柴田理)
すぐ、同じ土地の・・すぐ・・(相談者)
同じ土地続きのところにね。(柴田理)
並びの土地の家に。(相談者)
・・
うん。(柴田理)

生活始め・・(柴田理)
あのぅ、兄が元、住んでた・・(相談者)

ところに。(柴田理)
隣りなんですよ、すぐ・・(相談者)
はぁい、ええ、ええ。(柴田理)
隣りなんですよね、ええ、そこに・・(相談者)

あのぅ、兄嫁が戻って来たんですよ、***・・(相談者)
生活なさってるわけですか?そこで?(柴田理)

今、今、してます。(相談者)

それでぇ、勝手に、そのぅ、実家の家の・・(相談者)
うん。(柴田理)

あのぅ・・植物をいろいろ植えたりしてる物を。(相談者)
はぁい。。(柴田理)

勝手に自分で持ってったり移動させたりするから。(相談者)

なんとか止めてくれというような・・(相談者)
ぁ、はぁい。(柴田理)
貼り紙したりしてるらしいんですけれども。(相談者)

えっと、お話はなさってないわけですか?(柴田理)

「直接話出来ない」って言ってますね、怖くて(笑)・・ふふっ・・(相談者)

怖い?(柴田理)
同じ歳、同じ歳なんですけども。(相談者)
はぁい。(柴田理)

なんか・・そのぅ、殺気がすごい、殺気立ってるっていうか・・(相談者)

兄の家族が崩壊したのは、この元妻によってなんでぇ。(相談者)

うん、なんの理由で出てったんですか?(柴田理)

・・

兄と別れたいっていうことだったみたいですよ。(相談者)

ああ・・なぜ別れ・・たいんですか?(柴田理)

まぁ、そん時ちょうどねぇ、あのぅ、別れる時に・・(相談者)

うん・・(柴田理)
別れるって、居なくなる時に。(相談者)
うん。(柴田理)

会社でぇ・・なんか事故があったらしいんですよ。(相談者)

そういう時のあのぅ・・(相談者)

上役・・だったみたいで、責任取ってぇ・・(相談者)
そのぅ・・(柴田理)
会社を辞める・・(相談者)

そのぅ、退職金を持って。(相談者)
うん。(柴田理)

逃げようとしたらしいですね。(相談者)

兄嫁が。(相談者)

・・

はああ・・うん・・(柴田理)

だからそれを・・止めに入って、殴りかかったりして、いわゆる今で言えばDVみたいになってぇ。(相談者)
うん。(柴田理)

ほいでぇ・・(相談者)

ん・・家を・・(相談者)

嫁が飛び出したみたいなんですけども。(相談者)

ほう、それはお兄さんから・・お聞きになったお話ですか?(柴田理)
昔・・そういう話があったんです。(相談者)

はぁい。(柴田理)
兄の家庭が崩壊してぇ。(相談者)

本当の原因は、この兄嫁にあるはずなのに。(相談者)
うん。(柴田理)

・・

それが・・(相談者)

どうして、タヒんでから入って来るんで。(相談者)

いや、気持ち悪い話ですよねぇ。(柴田理)
いや僕もちょっと・・うん、僕もちょっと・(相談者)
確かにね。(柴田理)
解しかねるのでぇ。(相談者)
うん・・(柴田理)

あのぅ・・(柴田理)
そういうのって法律で裁けるかどうか、分からないんですけど。(相談者)
はぁい、お兄さんはそのぅ・・(柴田理)
ほとんど・・(相談者)
どんな方でした?(柴田理)

もう、若い時はねぇ・・非常・・にきちんとしてましてぇ。(相談者)
うーん・・うん。(柴田理)

でもそれが・・会えば会うほど覇気のない。(相談者)

うーーん・・(柴田理)
生活していたのでぇ、そういうふうになったのは、やっぱり・・(相談者)

兄嫁が、居なくなってからなんですけどね。(相談者)

じゃあ、まぁ、突然現れた・・兄嫁の人が・・(柴田理)

ご実家の・・まぁ、別棟とはいえ、ご実家でずーっととこう、我が物のように居るというのは、ちょっと穏やかじゃないですよねぇ。(柴田理)
ああ、この人の目的は・・(相談者)
うん・・(柴田理)

だからやっぱりあのぅ、遺産っいうか・・(相談者)
うーーん・・(柴田理)

あっ!今そのぅ、お母さんが亡くなったらですか?(柴田理)

ええ・・兄嫁にそれが行くのかどうか・・行ってもらいたくないというのが・・希望ですよね。(相談者)

はぁぁ、はぁぁ、はぁ・・(柴田理)

ええ・・(相談者)
分かりました。(柴田理)

はぁい。(相談者)
今日の、回答者の先生は、弁護士の・・坂井眞先生です。(柴田理)

先生・・(柴田理)
あっ・・(相談者)
よろしくお願いします。(柴田理)
ああ、どうも。(相談者)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. なにかコト(離婚だの遺産相続だの)が起きた時、その都度キチンキチンと処理してこなかったから問題がややこしくなるのです。
    一番いけないのが亡くなった義兄ですね。やるべきことをやらずに放置してきた。
    でもいまさらそんなことを言っても仕方ありません。
    別居した理由や離婚しないで放置してきた理由もわかりません。真相は不明。
    もしかしたら兄嫁の側にも言い分はあるのかもしれないです。
    弁護士さんに依頼して妥当な解決を得るしかないですね。
    感情はひとまずおいといて、冷静に関係修復をはかるほうがお互いのためになると思いますよ。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.