テレフォン人生相談
坂井眞

目次

スポンサーリンク

「テレフォン人生相談・・・でしたっ!」相談内容を語る

※KBCでの放送後に今日の相談を語るコーナー要約
ご相談者は72歳の男性の方、奥様68歳、奥様のお兄さん、相談者にしてみれば義理のお兄さんが亡くなった。
義理のお姉さんが、お義兄さんが亡くなった後にすぐに家に入ってきた。
20年間失踪していたのに。

20年ぶりに帰ってきた義姉が、亡くなった義兄の家に住んでいるのも腹立たしいと。
あと、遺産がどうなるのか?もし97歳の義母が亡くなった時は、その土地、建物はどういう遺産の分け方になるんだろうか?

土地とか、持つんじゃないなと・・思いました。
いなくなった奥様が戻ってきて、奪い取ろうとしてるということですものね。
20年間の間に、どういう生活をされていて、旦那さんが何故離婚しなかった。誰かに入れ知恵をされて戻ってきてるような気がして。
極論を言えば、話し合いをするしかないけど。
現れ方が、20年間いなくなっていて、お葬式に現れた。
そのまま家に住んじゃったっていうね、これはちゃんと遺産の流れというか、そこらあたりを整理してからの話し合いじゃないと、解決しないのかなという気持ちになります。(マサヨシ)

1年半前に亡くなった義兄が、将来のことを考えて遺産は・・という遺言書とか残していればいいですけど、急に亡くなった感じですからね。

お家で倒れて、亡くなって、ポケットの財布にあった息子さんの連絡先に連絡した。
息子さんは20年前に失踪したお母さんと連絡を取り合っていた。
兄嫁は、息子さんに聞いてやってきた、この辺が不思議なんですけど。
そんなにやり取りしてるなら、亡くなった義兄と話し合いとか、あったのかなかったのか?

20年間離婚しない、籍を抜いていない・・これはどうとらえればいいですか?

別れられない理由があったのか?
まだ、好きだの・・って感情があったのか?

出て行き方、「別れたい」ということで、会社で事故があって、退職金をもって逃げようとした。
そういう原因があって、飛び出したわけでしょう?
それで、20年間、離婚しない、籍を抜かない・・義兄、どういう気持ちで抜かなかったのか?

子供達のためということですかね?
それしか考えられない。

まだ気持ちが残っていたのか、子供達のためなのか?

相談者の気持ちになれば、どの面下げて・・ということ。

20年、音沙汰がなければ自動的に、離婚になるのかな・・と思っていたけどそうじゃない。

帰ってきたお嫁さん、目的は遺産なのかな?・・というのはなんとなく、それしかないかも。

義兄が亡くなる前は、相談者と義兄は、普通に接していて、普通の間柄だった。
20年失踪して、突然帰ってきて、なんだ?遺産目的か?
カチンと相談者は来てるわけですよ。

そこを押さえて、人間力を大きくして、昔は普通に付き合っていたんだったら、もう一度腹を割って話してみたらどうかな?と。

相談者の奥様が感じた、怖くて話せない。
殺気がすごい・・って何なんだろうね?
近寄るなって感じ?何か変わったんですかね?20年の間にね。

何があったんでしょう?
何がなんでも遺産を取るぞ・・ってことなんですかね。

このところ遺産に関する相談があるんですけれども、聞いてましたら、ちゃんと終活してね、持ってるもの持ってらっしゃる方、きちっと書いて残しておかないと、残った方たちが大変なことになりますから。

特にもってる方!!

結局、専門家に相談して、当然弁護士さんに入ってもらって、調整してもらうという、それしかないですよね。

法律で仕切りしかないけど、そこに感情問題がある。
さっきの話、20年も放ったらかしておいて、旦那さん(義兄)が倒れた時も、知らん顔していて、亡くなって、葬式に来るのかい?

という、相談者の気持ちは、わからないではないですね。

でも、妻のお母さんということは義理のお母さん、兄嫁の。
面倒を看てないですよね?
ちょっとこれ、腹が立ちます、わたし。(後藤真弓)

今、面倒を看た方に分与するって、話がある。
まったく何もしてないわけ。
ご相談者の奥さんは、献身的にお母さんの病院に行って、実の娘ということもあり、一生懸命やっている奥さんに、個人的には、気持ちとしては、たくさんあげて欲しいなと。

法律、血が通ってないようだけど、血が通ってないようにやっていかないと収まらない。法律は難しい。

法律と感情、うまく調整して欲しいと思います。
相談者、バランスの取れた方で、最後納得していた。

【リスナーメッセージ】
●スポーツマンヒップにもっこりさん。
「なんだかなぁ~」
悔しいけど、兄嫁が優勢なんですね。
どの面下げて、帰ってこれますか?
図々しい人ですね、「なんだかなぁ~」腹立ちますわ。

●芦屋のふくちゃんさん。
今日の相談もなかなか難しい相談でしたね。
何事も話し合いが大切ですね。
決めて、文章を残しておくべきですね。(遺言のことでしょうか)

●つくもやいちさん。
今日は、相談者さんからだけの話で判断すると、亡くなった兄の嫁、怖い存在ですね。
感情論と法律論は、イコールにならないのが現状。
相談者さんたちサイドの気持ちはわかりますが、怖い兄嫁には法律上権利はありますもんね。
兄嫁に、相談者家族がかき乱されないように、気を付けつつ冷静に対応した方がいいと思います。
淡々と、粛々と、冷静にです。

感情論が先行すると揉めるでしょうから、法律をベースにして、思った事は言わないとスッキリしない部分もあるでしょう。
感情出さないと伝わらないですし、これ、相談者、収まらないでしょう。
20年ぶりにフラっと帰ってきて、お母さん、お父さんが、ちゃんと築きあげたものを、持っていくのかい?なにも世話もせずに。

相談者ご本人が納得して、「ありがとうございました」というお電話ホットしました。
本人も、反省します、頑なではいけないですね。ってことはおっしゃってました。
これが少し、救いかなと思った、今日のテレフォン人生相談・・でした。

曲紹介、ちあきなおみ「夜へ急ぐ人」

※自分も参加したい番組にモノ申したいという方は、以下からご連絡を
zuki@kbc.co.jp(@は小文字に変換)
FAX:092-722-4242

管理人

えっ?なんか兄嫁、悪者?
兄嫁が出て行って、家族崩壊
でも、息子、娘共に母親(兄嫁)と交流がある

ってことは、子供達は母親側じゃないの?

義兄が言っていた、兄嫁が家を出た理由
どこまで本当なのか
こんなのは、相手の言い分も聞かなきゃね

※訂正して追記
息子と兄嫁、一緒に出て行ったんじゃない
交流があるとか、そんな話じゃない
歳の頃は、どうでしょう?

おそらく、成人はしてそうです
少なくとも、分別つく歳で
母親を選んだわけですからね

実質、問題行動があったのは
誰ですか?って話じゃないの?

それから相談者、物分かり良くなってる感じだけど
これ、坂井先生の話を聞いて
分が悪いと思ったのよね

坂井先生が放送で例を挙げた「使用貸借」
お母さんが一人で相続したとして
この前提が、既に怪しい

まだ、父親の相続手続きが終わってないのなら
遺言書があったとしても、遺留分がある
今、この状態で整理し始めたとして

甥、姪、遺留分欲しいって言うよね
となると、使用貸借じゃなくなるよ
亡き兄に代わって、そう言うさ

亡き兄は、もう何も言えないからね
遺言書なければ、堂々と法定相続分
4分の1は、「ちょうだい」ってことね

その後の、亡き兄分の相続は
三人で、ゆっくりやればいい
家には自分の所有権はあるし、土地も同様

植物の植え替え?
自分の土地を手入れをしてるんだな

1234次へ »
4 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. なにかコト(離婚だの遺産相続だの)が起きた時、その都度キチンキチンと処理してこなかったから問題がややこしくなるのです。
    一番いけないのが亡くなった義兄ですね。やるべきことをやらずに放置してきた。
    でもいまさらそんなことを言っても仕方ありません。
    別居した理由や離婚しないで放置してきた理由もわかりません。真相は不明。
    もしかしたら兄嫁の側にも言い分はあるのかもしれないです。
    弁護士さんに依頼して妥当な解決を得るしかないですね。
    感情はひとまずおいといて、冷静に関係修復をはかるほうがお互いのためになると思いますよ。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.

CAPTCHA