テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年6月20日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:高橋龍太郎(精神科医)
60歳の母親から、30歳になる長男、私立高校の物理の教師になってまる4年、去年から転職したいと活動を始めた。大学院まで出てなった仕事、辞めて欲しくないと言っても転職活動を続けている。探してくる会社にも一貫性がなく、今の仕事を続けて欲しいのだが・・

目次

スポンサーリンク

相談者・文字起こし

相談者:60歳女性(専業主婦) 夫66歳 長男30歳独身(私立高校の物理の教師・大学院卒)

もしもし?テレフォン人生相談です。(柴田理)

今日はどういったご相談ですか?(柴田理)
今年30になる息子なんですけれども。(相談者)
はぁい。(柴田理)

私立の高校の物理の教師をやってます。(相談者)
はぁい。(柴田理)

長男なんですけれども。(相談者)
あっ・・わたくしりつ(私立)ですか?(柴田理)
あっ、はぁい、丸4年になるんですね。(相談者)
はぁい。(柴田理)
なんか、本人に合わないとか、「校長先生が嫌いだ」とか。(相談者)
うん・・(柴田理)
「転職をしたい」・・(相談者)

って・・(相談者)

うん・・(柴田理)
去年から言い始めて。(相談者)
うん。(柴田理)

受ける会社が・・もう先生とは関係ない?(相談者)
うん。(柴田理)
コピー機を売る・・20名ぐらいの会社とか。(相談者)
はぁい。(柴田理)
そういうところを受けたんですねぇ。(相談者)
はぁい。(柴田理)

ネットで見たら、うちの主人が・・(相談者)
うん。(柴田理)
「まぁお前ここはな・・」って。(相談者)
うん。(柴田理)

「あの、営業・・だぞ。棒線グラフがあって・・売れないと、もうずーーっと売れるまで営業しなきゃいけない」・・大学院を出てるんですね。(相談者)
ああ・・はぁい。(柴田理)
大学院まで出て・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
教師になったので・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
「これはステップダウンじゃないか、ここは・・」って。(相談者)

「お父さんとしてはもっとステップアップのようなとこを・・いいんじゃないか?」・・っていうように、まぁ・・(相談者)
うん、うん・・(柴田理)

そういうふうに言ったんですね。(相談者)
はぁい。(柴田理)
そしたらまぁ、本人は・・(相談者)

うん。(柴田理)
まぁ、見事に落っこったんですよ、向こうも・・(相談者)
・・
「大学院まで出て教師やってる人にはそういう営業はもう務まらない・・面接した・・時点でもう向こうはプロだからわかってたんだ」っていうことをわたしが言ったんです。(相談者)
うーん・・(柴田理)

ほでぇ、もう一つはやっぱり、なぁーんか教科書会社のとこを受けたらしいんですよ。まぁ、それも面接してやっぱりそこも落っこった。(相談者)
はぁい・・(柴田理)
やっぱり、な・・(相談者)
あの、先生やりながら、そうやっていろいろ・・(柴田理)
そうなんです。(相談者)
就職活動なさってるんですか?(柴田理)
ええ・・ええ。(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田理)
それでぇ、落っこったっていうことは、やっぱり・・今のとこにもう、居た方がいいんじゃないかって。(相談者)

今のとこだったら・・まぁ、お給料はまぁ、そこそこもらえて、もう、だいぶ慣れてる・・(相談者)

から・・もうずーっとそこに居た方・・がいいんじゃないか・・っていうことを説得したんですよ。(相談者)

あの、息子さんは結婚なさってるんですか?(柴田理)

独身です。(相談者)
独身ですか・・あなたは今おいくつですかぁ?(柴田理)
60です・・はぁい。(相談者)
旦那さまは?(柴田理)
60・・6です。(相談者)
はい。(柴田理)
それでぇ・・(相談者)

あのぅ、まぁ、説得して・・(相談者)
はぁい。(柴田理)

もう今のとこでぇ、まぁ、落ち着いて先生やるんじゃないかなぁと思ってたら・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
また転職・・の、会社を探してるんですよ。(相談者)
はぁい。(柴田理)
そいで、な・・もう、わたし達に相談しないと。(相談者)
はぁい。(柴田理)
「事後承諾・・っていう形取るから」(相談者)

はぁい。(柴田理)

っていうことを・・言うんですよ。(相談者)
うん・・(相談者)

うん。(柴田理)
うちの主人が・・「お父さんとしては今まで通り先生を続けた方がいいんじゃないかと思う」って・・(相談者)
うーん・・(柴田理)
もう・・(相談者)

まぁ、でもそのぅ・・そういうことは一切、もう・・聞く耳・・持たないみたいでぇ・・どっか転職しよう・・(相談者)

っていう・・(相談者)

感じなんですね。(相談者)
はぁい・・(柴田理)
でぇ、親としては・・もう、転職せずに・・(相談者)

ずーっとそこに居てもらいたいっていう希望はあるんです。(相談者)
あっ、でもねぇ。(柴田理)

ええ。(相談者)

30歳じゃないですか。(柴田理)
ええ。(相談者)
息子さん。(柴田理)

ええ。(相談者)

お勤めの中・・(柴田理)

での・・(柴田理)
ええ。(相談者)
いろんなことっていうのは・・(柴田理)

ええ。(相談者)
ご本人しかわからないことっていっぱいある・・と思うんですよね。(柴田理)
そうなん・・ええ。(相談者)

そ・・お母さん達がわからないことってたくさんあるんじゃないんですかねぇ。(柴田理)

最初の頃もやっぱり悩んで。(相談者)
うーん・・(柴田理)
電話かけて来てぇ・・(相談者)

聞いてあげることは聞いてあげました。でもねぇ、わたし達が言うのは・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
どこ行っても厳しいと。(相談者)

はぁい。(柴田理)

そんなにあなたが思ってるほど甘くないと。(相談者)

うん。(柴田理)
それはずっと言って来たんですよ。(相談者)
えっ?息子さんって・・子供の頃からちょっと、甘い・・(柴田理)

く、考えちゃう人なんですか?(柴田理)

手はかけました。(相談者)

中学受験をやらせてぇ。(相談者)
うん。(柴田理)
反抗期がなく・・お利口な子だったんですよ。(相談者)

親の思う通りに育ってくれたみたいな感じだったんですよ。(相談者)
はぁい。(柴田理)
今がちょっとなんか・・んまぁ・・自立して大人になったのかなぁ・・っていうことはこっちも思ってんですねぇ。(相談者)
はぁい。(柴田理)
30だし・・(相談者)

うん。(柴田理)
本人の、やりたいように?・・もう、大人なんだから・・(相談者)
はぁい。(柴田理)
もう半分はしょうがない。(相談者)

はぁい。(柴田理)
だけど将来息子のことも(笑)考えれば・・やっぱり今のとこに居てもらいたい。(相談者)

半分はだから本人の思う通りに・・(相談者)

あ、ほ・・(柴田理)
させようっていう気持ちも・・(相談者)
本人の・・(柴田理)

人生だったら、本人の思う通りが・・(柴田理)

いんじゃないのかなぁ・・っと、ちょっと話聞いてて思うんですけど。(柴田理)
そうなんですけど、でもやっぱし・・(相談者)
うん。(柴田理)

親としては・・(相談者)
はぁい。(相談者)

今のとこでずっと、続けて欲しいっていうのが希望なんですね、わたし達・・夫婦は。(相談者)

わかりました、ごそう・・(柴田理)
ただ、わたし達・・が、両親が思うのは、とにかく、考えが甘い。(相談者)

うん・・(柴田理)
あんめ、本人の考えが甘い、でぇ、自分は・・(相談者)

すごく就職活動をしてぇ・・(相談者)
うん。(柴田理)

転職しようっていう気持ちはあるんですけれども。(相談者)
うん。(柴田理)

もう、安易に、「あっ、この会社受けてみよう」「ここを受ける」そんな感じなんですよ。自分のやりたい・・こと?(相談者)

うん・・(柴田理)
っていうのがあんまり・・(相談者)
うん・・うん・・(柴田理)
見つからない?(相談者)

って・・(柴田理)

あの、ご両親は・・思ってしまうわけですね?(柴田理)
ええ・・ええ、ええ、そうなんです、それでぇ、まぁ・・(相談者)
あっ、それは・・(柴田理)

一貫してないからでしょうか?(柴田理)
そうです。(相談者)
そのぅ・・(柴田理)

そうです。(相談者)
方向性というか。(柴田理)
え、はぁい・・はぁい、ぅぅぅ・・(相談者)
でも、そのねぇ・・反抗期もなく・・あのぅ、お利口でぇ・・育った・・お子さんかもしれませんけれど。(柴田理)

例えば・・(柴田理)

運動でこんだけ頑張ってたとか、勉強こんなに頑張ってたとか、小学校の頃からこういう子供だったとか・・(柴田理)
ええ。(相談者)
そういうの見てると・・(柴田理)
ええ。(相談者)
ああ・・この子は・・(柴田理)

放っといても大丈夫な子だなとか・・信用出来るなとか・・そういうふうに・・親ってちょっと思ったりする・・もんじゃないのかなぁ・・と、思うんですけど。(柴田理)
わた・・(相談者)
信用出来るお子さんですよねぇ、だって・・立派に大学院まで出て・・(柴田理)

物理の先生・・(柴田理)

なるくらいなんだから。(柴田理)

・・

まぁ、そうですねぇ。(相談者)

信用して見ててあげるっていうのも、大事かなぁと・・思ったりするんですけどねぇ。(柴田理)
ああ・・それが・・わたしの性格上、出来ないんですよ。(相談者)

ああ、ああ・・(柴田理)
あのぅ・・(相談者)
うん。(柴田理)

割合、完璧を求めちゃう感じでぇ・・嫌なんですね、そういうのが。(相談者)
う、うーん・・(柴田理)
もう・・ほいでぇ・・主人も、もう安定した、この、企業に勤めてたんでぇ。(相談者)
はぁい。(柴田理)

そういうのが(笑)なんか・・(相談者)

考えられない・・みたいな。(相談者)
ああ、ああ・・(柴田理)
あ、ああ・・眠れないほど・・わたしは不安になっちゃってぇ。(相談者)
ああ・・そうか。(相談者)

ええ。(相談者)
お母さんの方がもう・・心配でこう、具合悪くなっちゃいそうなんですね?(柴田理)
そうなんです。(相談者)
ああ、ああ・・それ辛いねぇ。(柴田理)
それでぇ、いろいろ・・(相談者)
うーん。(柴田理)
ええ、いろいろわたしもいろんな相談の新聞とか見てると・・(相談者)
うーん・・(柴田理)
あのぅ、そんな・・もう放っとけぇと、30になる息子なんでってぇ・・(相談者)
うーん・・(柴田理)
そういうのが多いんですよ・・(相談者)
ああ・・(相談者)
お母さんはお母さんの人生を楽しみなさい。(柴田理)
ああ・・(相談者)

とにかく(笑)・・わたしも出来ないんですよ。(柴田理)

主人はですねぇ・・(相談者)
うん。(柴田理)

「もうあの子の人生だから放っとけ」っていうタイプなんですよ。(柴田理)
うん、まぁ・・それは、普通だわね。(相談者)
でへぇ(笑)・・わたしはそれが出来ない(笑)?(柴田理)
うーーーん・・(相談者)
でぇ・・(柴田理)
あなたは今・・お仕事なさってるんですか?(柴田理)
結婚した時から仕事を辞めてずーーっと専業主、主婦なんですよ。(相談者)
ああ・・なるほど。(柴田理)
それでもう・・(相談者)
うん。(柴田理)
もう、子供にかかりっきり。だからちょっと、ウザい母親だったみたい・・ですよねぇ、やっぱりねぇ。(相談者)
うーーん、うん・・(柴田理)
働いてないくらいはもう・・完璧を求める?(相談者)

なのに、なんでまた別の・・道を・・(相談者)

選ぶ?そこに・・行ったっていいことはない・・(相談者)

っていうことは・・(相談者)
でもさぁ・・(柴田理)

ええ。(相談者)
世の中は変わって来てますよ、昔はさぁ・・一つの企業に入ったらもう・・(柴田理)
ええ。(相談者)
絶対そこ勤め上げるっていう・・(柴田理)

てなもんだったけれども。(柴田理)

今、学校の先生だってどんどん辞める人多いし・・(柴田理)
そうなんです、それはわかってます。(相談者)
うーん・・(柴田理)
だけど息子のことを考えたら今のとこの方が絶対いいに決まってるっていう(笑)・・感じなんですねぇ、こう・・どこに行っても、アレの子じゃないんですよ、割合・・(相談者)

うん。(柴田理)
なんか人見しり、タイ・・(相談者)

まぁ・・(相談者)
でもアレですよ、長男っていうのは・・親に見せる顔と・・世間の顔・・とまるで違ってたりする時もあるんですよ。(柴田理)
うんうん、うんうん・・友達も多いんですよ。(相談者)

じゃあ・・違うんじゃないのかなぁ・・お母さんの・・(柴田理)
うふふ・・(相談者)

思ってる息子さんと。(柴田理)
うん、でぇ、わたしはもう・・ん、ほんっとに眠れないぐらい心配でぇ・・(相談者)

もう、あの子の将来を考えたら(笑)・・(相談者)

うふっ・・わかりました。(柴田理)
ふふふ・・それぇ・・はぁい。(相談者)
今日の、回答者の先生は・・(柴田理)
ええ。(相談者)
精神科医の高橋龍太郎先生です。(柴田理)

≪ 前へ1234
1 / 4 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.