テレフォン人生相談


テレフォン人生相談2019年8月15日(木)
パーソナリティ:柴田理恵
回答者:田中ウルヴェ京(メンタルトレーナー)
56歳女性から、22歳の息子、9歳の時に風邪のような症状から脳炎、重いてんかんに精神障害を患う。終わりのない育児に疲れや虚しさを感じてしまい、自身も今、鬱で病院に通っている。この先、どのような気持ちで生きていったらいいのか。

目次

スポンサーリンク

5分で読める今日のまとめ

相談者は56歳女性、夫61歳、障害を持った一人息子22歳。

障害を持った息子の、終わりのない育児に、疲れとか虚しさを感じてしまって、自分でこの先、どのような気持ちで生きていったらいいのか?どう前向きに生きていけるか?っていう相談。

生まれつきの障害ではない。
9歳まで、普通の元気な少年だった。
風邪のような症状があり、みるみるうちに熱があがり、脳炎という重い病気にかかってしまった。

生命も危なかったが、なんとか一命をとりとめたが、重いてんかんになって、それが今でも思い発作がある。

脳の炎症のせいで知的障害もあり、精神障害も患ってしまい、大学病院に月に一回、かかっているという感じ。

普段は一緒に家で暮らしている。

母親だったら、「この子のためなら尽くす」のが本当なのかな?自分は今いち、そういう気持ちになれなくて、正直辛くあたる時もある。

主人に、「それ良くないよ」と言われる。
意識を失って倒れるので、自分一人では外にもなかなか連れていけない。
本当はいろいろ連れて行ってあげたいが、外出することもままならない。

自分自身、もっと外に出た方がいいと思う。
この子の為に頑張ろうとか、今一つ、そういう気持ちにもなれない。

自分もお医者さんにかかっている。
「3、4日、子供を預けて」とか、言ってくれたりしてくれる。

普通の22歳だったら、独立して、自立していく。
親元を離れる、そういうのは一体、どういう気持ちなんだろうと、羨ましく思ったりとか、もう、そういうことはない。

エンドレス、終わりのないものに疲れてしまっている。

主人は前向きなので、プールに連れていったり、山歩きさせたりとか、時間のある時はしてくれる。

ーお母さんとしては、この状態がずっと続くと思うと、重苦しい気持ちになられるのですね?

もう一度、自分も何か働きたいなっていう、自分自身が何かをしたいなって気持ちになる時がすごくありますね。

具体的になに・・っていうものはないが、なにかこのままだと、息子の世話で終わってしまうのかな・・っていう虚しさと、過去の方がずっと幸せだったな・・っていう、気持ちがもたげてるっていうか・・

同じ息子なのに、こういうふうに思っちゃいけないなと思うんですけれど。




田中ウルヴェ京アドバイス

ー目的をまず決めましょうか。
ご自身の病名はわかりますか?

鬱だと思います。

ー治療、合ってる?合ってない?

眠れないので薬を処方してもらうと、すごく助かっているが、自分のお医者さんなので、自分の事をとても心配してくれて、あまり息子の事を込み入って話すことはない。

ーご主人にはご相談したことはない?

相談に乗ってくれないことはないが、愚痴っていうふうにとられることもあるので。

ーわざと愚痴を言う練習をしてみる。
客観的な根拠、ストレスコーピング
本当の自分が抱えている不安や悩みが、どんなことなのか?ということをしっかり具体化することによって、解決できること、できないこと、実は解決しなくて良かったことに分けられる、建設的な解決行動と言ったりもする。

ーあなたがこれまでイラつくことは、どんなことがありました?

こぼしてしまったりとか、食べ方が汚かったりとか、いっぱいある。
なんでこの歳にもなってと、思うことが多々あります。

ー「なんでこの歳にもなって、こんなこぼし方するなんて」という時、イラつく?ムカつく?・・ピンとくる言葉はありますか?

ムカっとする・・かもしれなし。

ー息子さんとの関係で、「ああ、あ・・」って落ち込んじゃったり、もう何もかも嫌になっちゃうみたいな、どんな時にそう感じますか?

学習的な障害もあるので、「こんな漢字も読めないの?」とか、「こんな漢字も書けないの?」とか、本人のせいではないが、並みの22歳に比べたら、劣る面とかあって、嫌になっちゃいます。
ガッカリするっていうか・・

ー「がっかりする」って言葉、いいですね。
ピンとくるお言葉ですね。

ー息子さんとの関係で、「嬉しい」とか、「イエーイ」とか、そういうちょっと興奮する、「良かった!」みたいな時は、ありますでしょうか?

あんまりないですね。

ー今度は、同じ嬉しいことでも、なんとなくホッとするとか、安心するとか、はぁ・・良かった、落ち着いてるみたいな時はありますでしょうか?

息子の状態が落ち着いていて、「なにかお手伝いする?」とか、言ってくれた時とかですね。

ー今、感情の4種類を伺いました。
今日から是非、「ちょっと疲れちゃったな」とか、「八方塞がり」だとか、「もう、どうしたらいいんだろう」という時に、イラつく、落ち込む、楽しい、落ち着く、の4種類を申しあげたのですが、その事を書き留めるということをやってみてもらえますか。

ーなぜするのか?
3番目、4番目が、良い感情。
1番目、2番目が、悪い感情。

ーコップの水こぼすなんて・・ムカっとすると言っていただいた。
ムカっとする、今日はイラつくわ、ああ、イライラするとか、微妙に表現は変わると思う。

ーその感情の表現を、常に書き留める。
同じように落ち込む方も、今日はがっかりという表現をされた。
たぶん、それ以外にも、疲れたとか、落ち込むとかっていうような表現になる時もあるかもしれません。

ーこのように悪い感情が、どうしてもたくさん出てしまうという時に、人は、こんなふうな悪い感情になってはいけないと思ったりする。

ーイラつくも、落ち込むも、あなたが一生懸命だから感じる感情です。
どうでもいいことをやっている時、この悪い感情にすらならない時があります。

ーまずは、自身を客観的に見るってことでは、この感情を出すのは大事だけれども、少し気になった、興味を持ったのは、イラつくも、落ち込むも、同じ理由だったことです。

ー食べ方が汚い、なんでこんなことなのかしら?ってムカついたり。
並みの22歳に劣るなんて、がっかりだ・・とか、両方の感情の原点が、あなたの考え方のなかに、「こうあるべき」というのが少しあるような気がする。

ー「べき思考」すごく素敵な思考でもあるが、それを直そうではなくて、今、頑張っている最中だと思うので、この「べき思考」で、あなた自身を傷つけて欲しくない。

「あるべきだ」みたいな?

ーもちろん、それはいろいろな思いがあるはず、今日、いろんなお話が伺えてなくて勝手に申しあげているが、たまにあるはず、いろんな場面で。

ー最もあるのがおそらく、わたしは母親として、もっとこんなふうに、ちゃんとすべきなのではないか?みたいなことがあると、あなたはたまにはだらしなくした方がいいし、たまにはダメな母親になった方がいいのに・・

ーきちっとしようとかで、自分の事を傷つけている面もあると思います。

ーその「べき思考」を知るためにも、わざと、嫌な感情をちゃんと、自分にだけ、他人に言う必要はない。

ーよく考えたら、そこまでイラつくのは、息子のせいだけでもなかったとか、なにかヒントが出て来ると、じゃあ、どうしたらいいのか?

ー他人に頼ろうとか、いやいや、全く違う助けが必要だとか、出て来ると思いますので、「認知行動療法」というものの、やり方の一つ。

ーこれ、「感情のオナラ」と言う。
いろんな感情の自分に気付くってことで、少し遊んでいただくと、少し見えてくるものがあると思います。

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする

コメント

※メールアドレスは公開されません。

Comments links could be nofollow free.