テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年4月7日(土)は、加藤諦三&中川潤。5年前に家を出て行った一人息子。4年前から連絡が取れなくなり、2~3ヶ月前に賃貸会社から息子の消息を尋ねる電話がかかってきた。「わからない」と答えると電話を切られ、3日前にアパートの解約清算金に対する訴訟予告通知書が届いた。息子とは連絡も取れず、行方もわからにし、保証人になってもいない。どう対応すればいいのか?
加藤諦三氏の〆の言葉『自分のするべき事をしていれば、あとは心配しない事』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:中川潤(弁護士)
相談者:59歳女性 夫67歳 二人暮らし 子供一人 長男28歳 5年前に家を出て行き、4年前から連絡がつかない

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

えっと、最初に年齢を教えてください。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
・・
50・・9です。(相談者)
59歳・・結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
えーっと、ご主人、何歳ですか?(加藤諦三)

67です。(相談者)
60・・(加藤諦三)
・・
お子さんは?(加藤諦三)

・・

一人です。(相談者)

何歳ですか?(加藤諦三)

28です。(相談者)
28歳・・今、一緒に住・・住んでんの?それとも・・(加藤諦三)

いえ・・(相談者)
外に・・(加藤諦三)
住んでません。(相談者)

そうすると今・・(加藤諦三)

ご主人と、お二人ですね?(加藤諦三)
はい、二人です。(相談者)
はい、わかりました・・それでどんな相談ですか?(加藤諦三)

はい・・あのぅ・・(相談者)

子供・・が、出て行ってですねぇ・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

アパートの・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

・・

えーっと、解約清算金?(相談者)

はい。(加藤諦三)
が、未納になってて・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

なに?かい・・(加藤諦三)
外を・・(相談者)

ぉ、ぉ、お子さんが、アパートを出て行った時に・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
そのぅ・・出て行く手続きが、まだ、済んでないという意味?(加藤諦三)

あのねぇ・・あのぅ・・(相談者)

・・

もう・・(相談者)

約・・5年ぐらい前に・・(相談者)

5年前?(加藤諦三)
あの・・(相談者)

はい・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
出て行ってまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

はぁい、今は全然あのぅ・・(相談者)

連絡が・・取れない状態なんですね。(相談者)

して、5年間の間・・そのアパート、家賃はどうなってたんですか?(加藤諦三)

それがちょっと、よくわからないんですけれども・・(相談者)

えーっと、何ヶ月か前に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

一応、その、賃貸会社の方から・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

連絡がありまして・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

「息子さん、おられますか?」っていう・・ふうに、電話かかってきたんですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

はい。(相談者)

でも、あのぅ・・もう、一緒に住んでないので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、「いないです」って、いうふうに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
言ったら・・(相談者)

切られたんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

で、そのと・・(相談者)
で、その時に・・(加藤諦三)

そのぅ・・家賃の話しも何にも、し・・出ない?(加藤諦三)

ただ・・(加藤諦三)
・・
そ・・そうです。(相談者)
息子さんに・・(加藤諦三)

「連絡取れますか?」っていう・・(相談者)

・・

感じで、電話がかかってきたんですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)

はぁい。(相談者)

でも、あのぅ・・(相談者)

・・

初めのうちは・・あのぅ・・何回か電話した時は・・(相談者)

な・・鳴ってたんで・・(相談者)
・・
うん。(加藤諦三)
電話ねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

はぁい、でも・・取らないんですね。(相談者)

要するに・・(加藤諦三)

息子さんが居る事になっている、アパートの部屋の電話が鳴っても・・む・・息子さんは出ないと。(加藤諦三)
あ、いえいえ、あの、携帯・・携帯です。(相談者)
あっ、息子さんの携帯?(加藤諦三)
息子の携帯・・(相談者)

はぁい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ、あのぅ・・(相談者)

出て行って・・ばなし(?)しは、あのぅ・・(相談者)

えっと、電話番号・・が、わかってたので・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
何回か、主人も、わたしも、電話入れて・・(相談者)
うんうん。(加藤諦三)
あのぅ・・してたんですけれども・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう、あのぅ・・(相談者)

やっぱり・・(相談者)

・・

えっと・・(相談者)

親の電話には出たくないのかしらないですけど・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
電話、出なくってですねぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ、しまいには・・(相談者)

電話番号を・・変えてしまって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そっからわたし達はもう・・わからなくなってしまったんですけれども・・(相談者)
それはどのぐらい前ですか?要するに携帯の・・(加藤諦三)

繋がんなくなり・・だしたの?(加藤諦三)
えーっとねぇ、それが・・もう・・(相談者)

えーっと、4年ぐらい前ですねぇ。(加藤諦三)

ああ・・はぁ、はぁ、はぁ・・(加藤諦三)
・・
はぁい。(相談者)

そうすると、4年前の時に・・(加藤諦三)

・・

には・・まだ・・(加藤諦三)

・・

・・

あのぅ・・(加藤諦三)

・・

・・

賃貸会社の方からの連絡とかなんか、そう・・(加藤諦三)
あ、そういうのはないです。(相談者)
ない・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
ってわけですよねぇ。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

はぁい。(加藤諦三)

それでぇ・・あのぅ・・(相談者)
はい、要するに息子さんと、連絡がつかなくなってから4年・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)
そいでぇ?(加藤諦三)

それでぇ、えーっと・・(相談者)

その何ヶ月間・・前ぐらいに・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・賃貸会社から電話かかってきたので・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
「もう、ここには居ません」っていうふうに・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

え・・(相談者)

ぁ・・言ったら、「ああ、そうですか」って言って、切られたんですね。(相談者)

・・

ああ、そう・・そうです・・(加藤諦三)
内容も、言わ・・言わなくって・・(相談者)

という・・そうですねぇ・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
「ああ、そうですか」って言って、切っちゃったってことは・・(加藤諦三)

内容、なんにも言わないってことですよねぇ。(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)
はいはい。(加藤諦三)
でぇ・・あのぅ・・(相談者)

えーっと・・(相談者)

・・

・・

それからしばらく経ってから・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

訴訟予告の通知書が・・(相談者)

・・

・・

ああ、ぁぁ・・(加藤諦三)
郵送で・・うちに・・えーっと、子供宛の・・(相談者)

名前で・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
送られてきたんですねぇ。(相談者)
はぁい・・(加藤諦三)

でぇ・・(相談者)

そのぅ・・予告通知書の・・えーっと、解約清算金・・(相談者)

を、払ってください・・っていうふうに・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

書かれて・・(相談者)

送られてきてるんですけれども・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

と・・(加藤諦三)

ああ・・そ・・何ヶ月前という・・おっしゃってますけど・・(加藤諦三)

おおよそ、どのぐらい前ですか?(加藤諦三)
通知書が送られてきたのですか?(相談者)
はいはい。(加藤諦三)

あっ、通知書、送られてきたのは・・(相談者)

えーっと、3日・・ぐらい前なんですねぇ。(相談者)
あっ・・まぁ・・なるほどねぇ、はいはい。(加藤諦三)
はぁい、でぇ、賃貸会社から電話かかってきたのは・・(相談者)

ぃ・・でも、2・・2・・ヶ月ぐらい・・前だったと・・(相談者)
2ヶ月ぐらい前ね・・(加藤諦三)
2~3ヶ月から・・(相談者)
2~3ヶ月前ね。(加藤諦三)
はぁい。(相談者)

・・

・・

でぇ、今日、あな・・あなたとしては・・要するにもう・・(加藤諦三)

・・

居場所もわからないし、連絡もつかないし・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
そいでぇ、この息子さんが・・(加藤諦三)

アパートに入る時、あなたは・・(加藤諦三)

あの、保証人か何かになってるんですか?(加藤諦三)
いえ、なってないです。(相談者)

・・

保証人になってないの?(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
そうすると・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

息子さんは・・誰・・(加藤諦三)

かの、保証人って・・(加藤諦三)

・・

・・

必要だったら・・(加藤諦三)

・・

・・

気がするんですけど・・(加藤諦三)
いやぁ・・(相談者)

親・・には、とにかく・・なんかそういう・・(加藤諦三)

ことはってなに?一切、頼んでないわけですね?(加藤諦三)

そうです、あのぅ・・家、出て行く時も・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
一切、ならないっていうふうに・・(相談者)

・・

言ってたので、それでもあのぅ・・なって欲しいって・・(相談者)

言ったんですけどねぇ。(相談者)

・・

・・

はい。(加藤諦三)
断ったんですねぇ。(相談者)

・・

・・

・・

ぁ・・な・・な・・あのぅ・・保証人に・・(加藤諦三)

なること自体を、断った?(加藤諦三)
そうです。(相談者)

はぁぁ・・ん・・(加藤諦三)

・・

・・

ということはもう・・出て行く時に・・(加藤諦三)
・・
もう・・な・・年齢も年齢だから・・(加藤諦三)

はぁい。(相談者)
俺も一人でやるという・・(加藤諦三)

そういうような形の出かたではなくって・・(加藤諦三)
そ・・(相談者)

・・

・・

いや・・本人は、そう言ってました。(相談者)
あ、そういう言い方で・・(加藤諦三)
はぁい。(相談者)
自分の年齢からか・・(加藤諦三)
もう、なんでも自分でする・・っていうふうに・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)

言ってました。(相談者)
ああ、わかりました。(加藤諦三)

はい。(相談者)
でぇ、今日のあなたの相談っていうのは・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
この3日前に来た、解約清算・・(加藤諦三)

金・・の、請求というのに・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
どう対処したらいいんでしょうか?ってことですね。(加藤諦三)
そ・・そうです、はい。(相談者)
はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はスタジオに弁護士の中川潤先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ12
1 / 2 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. そもそも ご子息が 家を出て行かれるまで ご家族の間で何らかのトラブルがあったのでしょうね? 息子を追い出した と 言った方が 良いかな アパートの保証人を拒否なさったのですから。
     

この記事にはコメントできません。