テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月26日(木)は、柴田理恵&三石由紀子。同棲していた長女が結婚。その頃から娘婿にタトゥーがあるのは気が付いていたが、最近、それが増えており、両肘の上から線状に真っ黒になっている。婿一人で実家に来た時、つい説教をしてしまった相談者。それが原因で、帰ってから娘に対して「実家に行くな」と言っている。自分は悪くないが、これからどう付き合えばいいのか?

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:柴田理恵
回答者: 三石由起子(作家・翻訳家)
相談者:62歳女性 5~6年前に離婚 長女37歳(既婚・夫39歳・子供二人 3歳と生まれたばかり) 次女27歳(独身)

もしもし、テレフォン人生相談です。(柴田理恵)

はいもしもし。(相談者)
はい、今日はどんなご相談ですか?(柴田理恵)
よろしくお願いします。(相談者)

えっと、娘婿のことなんですけども。(相談者)
娘・・婿さん、はい、あなたおいくつですか?(柴田理恵)

62歳です。(相談者)
62歳、はい、ご主人は?(柴田理恵)

あ、ちょっといないんですねぇ。(相談者)
ああ、じゃあずっとお一人ですか?(柴田理恵)
・・
離婚なさったとか ?(柴田理恵)

離婚してそうですねぇ、あのぅ・・(相談者)

5、6年でしょうかね。(相談者)
ああ・・そうですか、はい、えっと、娘さんは・・おいくつですか?(柴田理恵)

えっと、上が・・37でぇ。(相談者)
はい。(柴田理恵)

下が、27です。(相談者)

37歳と27歳の娘さんですね。(柴田理恵)

はい。(相談者)
で、お婿さんがいらっしゃる方はどちらなんですか?(柴田理恵)

上ですね。(相談者)
あ、上の、はい。(柴田理恵)

下の方はまだご結婚なさってないんですか?(柴田理恵)

はい。(相談者)
はぁ・・はい、じゃあその娘、長女の方の・・(柴田理恵)

お婿さんが・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
どうなさったんでしょうか?(柴田理恵)

あの、タトゥーを入れてるんですよねぇ。(相談者)

はぁぁ・・はぁい 。(柴田理恵)

前から入っては、いたんですけども。(相談者)
はい 。(柴田理恵)

その時、あんまり大掛かりじゃなかったんでぇ。(相談者)
ええ。(柴田理恵)

ずーっと、ま、見て見ぬふりと言うか、黙ってました。(相談者)
はぁい、はい。

ただ「入ってるな」と思うくらいで。(相談者)
うん、うん。(柴田理恵)

ところが最近ですねぇ。(相談者)
うん 。(柴田理恵)

あのそれが増えたことに・・(相談者)

気が付いてしまいまして・・(相談者)
はぁ・・(柴田理恵)
見てしまいましてぇ。(相談者)
はぁ、じゃあ娘さんと結婚した時からもう・・(柴田理恵)

タトゥーはあったんですね?(柴田理恵)

えっとねぇ、何年か同棲してて。(相談者)
うん。(柴田理恵)

籍入れたのが6年 ・・5、6年前なのでぇ。(相談者)
うん 。(柴田理恵)

多分その頃から・・(相談者)

入ってたと思うんですよね。(相談者)
はぁ、はぁ、はぁ。(柴田理恵)

お仕事、何なさってる方ですか?(柴田理恵)
あっ、普通の・・なんか工場勤務みたいな感じでぇ。(相談者)
ああ、はい、はい 。(柴田理恵)

あのぅ・・まぁ、普通に勤めてはいるんですけれどね。(相談者)
うんふんふんふん。(柴田理恵)
はい。(相談者)
娘さんは?・・お仕事は?(柴田理恵)

娘は今ちょっと今、育児の真っ只中でぇ。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

お子さん、いらっしゃるんですね。(柴田理恵)
はい 。(相談者)
おいくつの?(柴田理恵)

3歳と・・(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

まだ生まれて間もない・・(相談者)

うーーん・・(柴田理恵)
はい 。(相談者)

ああ、そうですかぁ、じゃあ・・(柴田理恵)

育児中で・・(柴田理恵)

はい。(相談者)
じゃあ、む、娘婿さん、お婿さんは・・そのぅ・・そのぅ・・(柴田理恵)

お子さん二人・・(柴田理恵)

を・・(柴田理恵)

一生懸命育てて、頑張って工場勤務なさってるんですねぇ。(柴田理恵)

そうですよねぇ・・(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
はい。(相談者)
はいはい 。(柴田理恵)

どんなタトゥーなんですか?(柴田理恵)

ファッション的なタトゥーっていうのは、ホント、少しですよね。(相談者)
う、さ、うん・・(柴田理恵)
ところがね。(相談者)
はぁい。(柴田理恵)

肘まで入ってましてぇ、両肘。(相談者)

肘?(柴田理恵)
びっしり黒いのが(笑)・・(相談者)

ああ・・(柴田理恵)
なおかつ、あとふくらはぎ。(相談者)

はい 。(柴田理恵)

要するに、前より増えた・・って言うんですかねぇ。(相談者)

かなり。(相談者)

ああ・・す、好きなんですねぇ。(柴田理恵)

好きというか、まぁわたしは理解できないんですけどねぇ。(相談者)
はぁい、はぁい、はぁい。(柴田理恵)
全くもって、ふっ(苦笑)・・(相談者)

はぁい。(柴田理恵)

そ、そういうふうにどんどん増えてっちゃってるんですね?(柴田理恵)

そうです、それがショックでぇ・・(相談者)
はぁい、はぁい。(柴田理恵)

もう、わたしに、あ、まぁ、わたしたちの世代にっていいうか、まぁ・・(相談者)

ちょっと考え方の違いかなと思うんだけども。(相談者)

やっぱし・・普通じゃないかなと思うんですよね、やっぱし、いい印象を与えないと言うか見て。(相談者)
・・
うん・・(柴田理恵)
見たくないというのか。(相談者)
うん。(柴田理恵)
そういうの多分、皆さんどなたもあると思うんですね。(相談者)
うん。(柴田理恵)

わかります。(柴田理恵)
はい。(相談者)
あたしもあんまりタトゥーは・・(柴田理恵)

もう・・ふっ(苦笑い)・・(相談者)
ちょっと怖い感じがして。(柴田理恵)
普通、一般的にはそうだと思うんですけども。(相談者)
そう思います、はぁい。(柴田理恵)
はい。(相談者)

うん。(柴田理恵)
でもそれが本人たちはあんまり、娘は気にしてないようでぇ。(相談者)
はい。(柴田理恵)

要するに・・(相談者)

「誰にも迷惑はかけてない」と。(相談者)
うんうんうん。(柴田理恵)
「税金もしっかり払ってる」と。(柴田理恵)
うんうん。(柴田理恵)

でぇ、「法には触れてない」って・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
言い張ってます。(相談者)
うんうん。(柴田理恵)
うん。(相談者)

あのぅ・・(柴田理恵)

よく・・(柴田理恵)

テレビで・・(柴田理恵)

タトゥー・・(柴田理恵)

入れちゃってぇ・・(柴田理恵)
ええ・・(相談者)
慌てて・・(柴田理恵)

お子さんが出来た後にプール行けないからって慌てて一生懸命、消す人もいるけど。(柴田理恵)

はい。(相談者)
そういうお話とか、なさいました?(柴田理恵)

全然だからそういう話しは・・(相談者)

全くもってしてなくってぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

あの普通一般的には、子供二人いて。(相談者)
うん。(柴田理恵)

あの学校のぎょう、行事、もちろんありますね。(相談者)
あの・・(相談者)
そう運動会とかね、これから・・(柴田理恵)
ねぇ、だって・・(相談者)
肘から下にある・・(柴田理恵)
そういう・・(相談者)
肘から上にあるわけですか?(柴田理恵)
肘から上にあるんです。(相談者)
あっ、上か。(柴田理恵)

要するに、二の腕ぐらいだと思うんですよねぇ。(相談者)
ああ、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ。(柴田理恵)
・・
あのぅ・・(柴田理恵)

タトゥーはタトゥーでも、倶利伽羅紋紋じゃないですよね?(柴田理恵)
あそういう・・そこまでは入ってないんですねぇ。(相談者)
あの、和柄じゃなくて、洋柄ですか?(柴田理恵)
はい。(相談者)

ふんふん。(相談者)
んっとねぇ、わたしもなん・・よくわかんないんだけど、線状に・・(柴田理恵)

線状に、真っ黒に近いって言うんかしら?(相談者)

はぁ、線状・・せ、線が入ってるの?(柴田理恵)
線、要するにあのぅ、模様・・模様じゃなくってぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

よくほら、シマウマみたいな・・居ますよねぇ・・(相談者)
シマウマ(笑)、あははははは・・(柴田理恵)
ちょっとしたのが、ああいう、模様ですかねぇ。(相談者)
はぁい、はぁい、あります、あります。(相談者)
あれのもっと細かいやつ、要するに、あのぅ・・
きめの細かい奴って言ったら・・(相談者)
きめの細かいシマウマ(笑)。(柴田理恵)
わかりやすいのかしら(笑)。(相談者)

うふふふ・・(柴田理恵)
ふふふ・・(相談者)

それでぇ・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

ショックを受けて、もう目が点になっちゃったんです。(相談者)
はぁい・・はぁい。(相談者)

でぇ、その時はちょっと、娘がいなくてぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

それでぇ・・うち(家)にある時、あの、来ることがありまして、来たんですよね、一人でね。(相談者)
あっ、お婿さんが?(柴田理恵)

はい・・(相談者)
はい・(柴田理恵)
その時に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
わたしがまぁ、コンコンと。(相談者)
うん。(柴田理恵)

まぁ、冷静に。(相談者)
うん。(柴田理恵)

なおかつ・・あの要するにあのぅ・・そんなにあのぅ・・なんだかしら、棘のあるような言い方をしないようにして。(相談者)
うん。(柴田理恵)

穏やかに・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

・・

咎めたと言うか、せっ、まぁ、説教したってことになるんでしょうねぇ。(相談者)
うん、うん、うん、うん。(柴田理恵)
そうしましたら、その時は・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
「何かわたしに、言ってること間違ってる?」って聞いたら・・(相談者)

「いやいや、ごもっともです」って言って帰って行ったんですねぇ。(相談者)
うん、うんうん。(柴田理恵)
ところがそれ、それを、後日娘に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

「こういうふうに言われた」って言われてぇ。(相談者)
うん。(柴田理恵)

あの全然、反省・・あたしからしてみれば、反省どころか・・(相談者)
うん。(柴田理恵)

逆に・・何て言うかな?(相談者)

・・

開き直ってるって言うのかしら?(相談者)
ああん。(柴田理恵)
要するに・・(相談者)

オーバーに言ってしまえば・・(相談者)

うん。(柴田理恵)
何て言うかなぁ・・(相談者)

逆ギレみたいなことですか?(柴田理恵)
そうですね、そうですね。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)
それですね、もうあのぅ、要するにわたし・・(相談者)

「わたし・・実家とは付き合いたくない」と。(相談者)

ああ・・(柴田理恵)
「わたしとは付き合いたくない」と。(相談者)
はぁ、はぁ、はぁ、はぁ・・(柴田理恵)
でぇ、娘にも「行くな」と。(相談者)
ああん・・(柴田理恵)

うん、うんうんうんうん。(柴田理恵)
そういう・・(相談者)

言ってるんだそうです、んでぇ、わたしがね、自分が悪くないと思うんだけれど、とりあえず・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
娘に・・(相談者)
うん。(柴田理恵)
「じゃちょっと・・」(相談者)

お母さんが悪かったなぁって思って、とりあえず・・「とりあえず謝っといて」って言ったんです、本当は謝ることじゃないと思ってたんですねぇ。(相談者)
うんうん。(柴田理恵)
わたし間違ってないと思ったんで。(相談者)
うん、うんうんうん。(相談者)
だけど娘は・・(相談者)

あのぅ、「ダメだ」って言ってるって言うから。(相談者)
うん。(柴田理恵)
あっ・・「ああ、わかった」って言って・・(相談者)

「まぁ、そっちがダメならしょうがないな」って。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

そうですねぇ。(柴田理恵)
・・
はい。(相談者)

うん・・(柴田理恵)

あんま聞いてない・・(相談者)
そうすると娘さんは、なんとも思ってないんでしょう?(柴田理恵)
あっ、あんまり気にしてないみたいです。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あの、「入れたいんだからしょうがないじゃない」って。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
そういうような・・(相談者)

言いっぷりでした。(相談者)

お婿さんは・・そのどんな・・性格の方ですか?(柴田理恵)

性格はまぁ・・(相談者)

仕事は一生懸命してますし。(相談者)
うん。(柴田理恵)

まぁあのぅ・・決められた中でやってるんでぇ。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

あのまぁ我慢してます、ストレスも溜まると思う・・溜まってるとは思うんだけどね、ストレスは皆さんありますからねぇ。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

その、か・・(相談者)
お婿さん、いくつでしたっけ?(柴田理恵)

30・・9です。(相談者)
39。(柴田理恵)

うん。(相談者)
はああ・・(柴田理恵)

・・

・・

うん、もう若くはないとは思うんですけどねぇ。(相談者)
うん・・(柴田理恵)

乱暴な人・・(柴田理恵)

ですか?(柴田理恵)

乱暴な人ではないです・・(相談者)
ないですよね。(柴田理恵)
結構、神経質な・・方かもしれないけど。(相談者)
おお・・(柴田理恵)

でもわたしからすれば・・(相談者)

子供のこと考えてたら・・(相談者)
うん・・(柴田理恵)
そんなこと、入れてる場合じゃないじゃないかって。(相談者)
ああ・・(柴田理恵)

そういうような言い方をしました。(相談者)
うん、ふんふんふん。(柴田理恵)

・・

じゃあこれから・・(柴田理恵)

そのぅ・・まぁ、娘さんとも・・(柴田理恵)

娘婿さんとも・・(柴田理恵)

うまくやって・・いきたいんだけれども、どうしたらいいですかねぇ?(柴田理恵)
まぁ・・行けた・・行けた・・(相談者)
っていう、ご相談でよろしいですかね?(柴田理恵)
行けたらですねぇ・・うまくねぇ。(相談者)
うーん・・(柴田理恵)
はい。(相談者)

子供達・・(相談者)
そうですよね、お孫さんとも、会いたいですもんね。(相談者)

そうですねぇ。(相談者)
うん・・(柴田理恵)
はぁい。(相談者)

じゃあ先生に聞いてみましょうかねぇ。(柴田理恵)
はぁい。(相談者)
はい。(柴田理恵)

今日の回答者の先生は・・三石メソッド主宰の・・え・・作家で翻訳家の・・え、三石・・由起子先生です。(柴田理恵)

先生、お願いします。(柴田理恵)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 今の日本の社会では、入れ墨を入れてると差別されるのが現実です。
    当人たちはただのファッション感覚で得意になってたりしますけど、単なるファッションと違って簡単には消せない欠点があります。
    なのでこの相談者が嫌悪感を抱くのも当然ですし、その一方で三石先生が言うように「やってしまったことを後からケチ付けても仕方ない」のも現実です。

    話は逸れますが、イレズミには3つの種類があります。文身、刺青、入墨で、いずれも「いれずみ」と読みますが、そのニュアンスに違いがあります。
    魏志倭人伝などにも記述があるように、日本では伝統的に文身の習俗がありました。魔よけのおまじないが起源のようです。現代でも稚児さんのオデコに赤丸を描いたりする形で残っています。
    刺青は、遠山金四郎の桜吹雪で知られるように、特定の職業人が心意気を示すために身を飾ったものです。
    なので文身、刺青に対しては元来はマイナスイメージは無かったのです。
    入墨は犯罪者に対して前科者であることを明確にする目的で刑罰的に施されたものです。
    この入墨のせいで、現代の日本社会ではイレズミ全般に対するイメージが悪くなったのです。

  2. こうならない様に、娘には日頃から「刺青入りとは絶対付き合うな」と言っています。
    婿も義母と会う時に長袖を着用するとか、配慮が必要だと思います。

    三石先生は我が娘(がいたとして)の婿がある日突然大きな墨を入れてきても許容できるのでしょうか?

    墨を露出して働ける職場があるのにも(驚きです。

  3. ご相談者さん これから お歳を召されるにつれて ご自身の頭上を飛び交う昆虫も 追い払えなくなります  まず そうならないうちに ご自身のご心配をなさい!
     二度と 婿さんの事を たとえ それが 陰であっても まわりまわって伝わりますので お口を閉じてください! ご自身のお立場を悪くするだけです。

     今回も 期待通り 三石先生の 痛快な ご回答でした。拍手!

  4. シマウマ柄って、トライバルのことかな。
    本人たち(娘家族、別世帯)が納得しているなら仕方無いんだろうねぇ。

    にしても三石先生、相変わらず素敵だなー。

この記事にはコメントできません。