テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年7月6日(金)は、加藤諦三&大原敬子。小学6年生の12歳の息子が、急に無気力になり、朝起きられず、学校へ行くのも大変になってしまった。という42歳の父親からの相談。優しくて、朝は必ず挨拶をするような息子が、急に「うん」「ふん」といういような空返事をするようになった。不登校ではないが、集団登校に間に合わず妻が送って行く事も。どう向き合っていけばいい?
加藤諦三氏の〆の言葉『親子の役割逆転。親が子供に甘える事です。ボウルビィ(ジョン・ボウルビィ)の言葉です』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:42歳男性 妻37歳 子供3人 長男12歳(小学6年生) 次男5歳 長女3歳

もしもし?(加藤諦三)

あっ、もしもし?(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

あ、どうも。(相談者)

最初に、年齢を教えてください。(加藤諦三)

42歳・・(相談者)
42歳・・(加藤諦三)
です。(相談者)

結婚してます?(加藤諦三)

はい。(相談者)
え・・奥さん何歳ですか?(加藤諦三)
え・・37です。(相談者)
37歳・・お子さんは?(加藤諦三)

え・・上から12歳・・(相談者)

男・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
え・・5歳、男・・3歳・・(相談者)

長女ですね。(相談者)

はい、あ・・下は・・女の子ですか?(加藤諦三)
ええ・・あ・・下は、女の子です、はい。(相談者)
はい、わかりました、でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

無気になった息子

長男、小学校6年生の・・息子なんですけれども。(相談者)
この、10・・12歳の子ねぇ?(加藤諦三)
はい、はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あ、まぁ・・(相談者)

急に何か無気力・・に・・なってしまったというか・・(相談者)

はい・・(加藤諦三)
そのぅ・・(相談者)

なんですかねぇ・・(相談者)

なんか言っても・・「ふん」とか・・「おん」とか・・こう・・(相談者)

ただ、空返事(からへんじ)みたいな感じでぇ・・で、あと、がっ・・(相談者)

朝、学校行くのも、なんか・・(相談者)

起きれずに・・まぁ・・(相談者)

ちょっと・・(相談者)

行きたくない・・(相談者)

ようなことを・・言い出し・・てしまってぇ。(相談者)
はい。(加藤諦三)

でぇ・・まぁ・・(相談者)

・・

だぁん・・どうやって・・(相談者)

向き合ったらいいのかなぁ・・っていう・・(相談者)

のが分からなくて。(相談者)

はい。(加藤諦三)

そのぅ・・無気力だったと、「うん」とか、「ふん」とかって、要するにあのぅ・・(加藤諦三)

反応がないということですよね?(加藤諦三)

そうですねぇ。(相談者)
反応・・普通、普通の子のように・・(加藤諦三)
反応が・・ええ。(相談者)
元気に反応はして来ないと、それでぇ・・(加藤諦三)

先ほど、突然・・無気力になったって言った気がする・・んですけども。(加藤諦三)
ええ・・(相談者)

突然・・(相談者)
いつ頃・・いつ頃・・(加藤諦三)

その・・(相談者)
それまでは、どういうふう・・(加藤諦三)

な、子だったんです?(加藤諦三)
いや、もう・・ほん・・それまでは、ホントに・・(相談者)

朝・・ねぇ、起きて、「おはよう」って、ホントに良い挨拶する・・(相談者)

感じだったんですね・・感じ良くねぇ。(相談者)
はい・・はい。(加藤諦三)

まぁ、普段も、「うん、わかった」・・って、ホントに感じの良い返事する・・(相談者)

まぁ、正直自慢の息子だったんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ええ、でぇ、急にもう、そういうふうな感じになって・・(相談者)

でぇ、学校も、今までホント、6年・・間・・休まずに行ってて。(相談者)
はい。(加藤諦三)

全くそんなことはなかったもんですからね。(相談者)

はい。(加藤諦三)

不登校ではないが学校へ行けなくなった

あのぅ・・あなたから見て、すごく良い子だったわけですよね、元気でハキハキして・・(加藤諦三)

そうですねぇ・・(相談者)
愛想の・・ぁ・・(加藤諦三)
はい・・はい。(相談者)
あのぅ・・(加藤諦三)

家庭でも、学校でも、というか・・(加藤諦三)

そうですねぇ、まぁ友達も・・(相談者)

多かったで・・多い・・多いですし。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
はい・・(相談者)

でぇまぁ、ちょっと学校なんかもね、その、行けなくなったのでまぁ・・先生とかも、やっぱ・・(相談者)

今までね、ホントに・・(相談者)

元気に行ってた子だったもんで・・っていうことで、心配してくれて・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ま、相談・・に、のってくれ・・ては・・おるんですよ、なんで、学校の様子なんかも、ちょっとマメに見るように・・あの、注意して見るようにします・・ってことで、言ってくれては・・(相談者)

いるんですけれども。(相談者)
そうすると、先生から見ても・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
なんか・・(加藤諦三)

突然変わったな・・っていうふうに、見ら・・れてるわけ?(加藤諦三)

要するに・・(加藤諦三)
うん・・そん・・(相談者)
家庭の中が変わった・・(加藤諦三)
学校に行っちゃえば・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
そのぅ・・(相談者)

・・

なんですかねぇ?そんなに・・この無気力って感じには、感じない・・(相談者)

ではないみたいなんですよねぇ。(相談者)
はぁ・・なるほどね。(加藤諦三)

うん・・(相談者)
学校は・・(加藤諦三)
でぇ・・(相談者)
今まで通り・・(加藤諦三)
うん。(相談者)
まぁ、まぁ・・(加藤諦三)

行ける・・行ければ・・っていう感じですねぇ。(相談者)

行っちゃえば・・(相談者)

アレなんですけど。(相談者)

うん、先ほど・・(加藤諦三)
結局・・(相談者)
起きれないと・・ということ、言いましたけれども。(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
要するに・・(加藤諦三)

あのぅ・・(加藤諦三)

行かれない時もあるわけですか?(加藤諦三)

結局・・集団登校で・・は・・行けないときが・・多いですね、なんでぇ、8時・・過ぎになって、まぁ・・(相談者)

うちの家内が、送っていくような感じ・・(相談者)

なのが、やっぱ・・(相談者)

続いてますねぇ。(相談者)

あっ・・そうすっと・・(加藤諦三)

お母さんが・・(加藤諦三)

一緒に行けば・・(加藤諦三)

あの・・(相談者)
登校・・(加藤諦三)

不登校には、なってないわけですよね?(加藤諦三)
不登校という感じではないん・・ですよね・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
まだね。(相談者)

うん・・(相談者)

だで、朝・・その・・(相談者)
だから、学校休んでるわけじゃないんですね?(加藤諦三)
休んでるわけじゃないんですね、なんでぇ・・行く気力も・・まず、出ない・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
って、最初に・・そのぅ・・なんて言うんですかねぇ?(相談者)

厳しく育ててきた

うん・・(相談者)
そいでぇ・・ちょっと・・あなたから見ると、それ、関係ないだろう・・っていうような気がするかもしれませんけども。(加藤諦三)

あなたと奥さんとの関係っていうのは・・(加藤諦三)

この間でなんか・・突然変わったとかっていうことは・・(加藤諦三)

あります?(加藤諦三)
あっ・・(相談者)

それは・・ないと思います。(相談者)
それはないわけですか?(加藤諦三)
うん・・でぇ、まぁ・・(相談者)
要するに・・(加藤諦三)

そうですねぇ、それもかて・・そのぅ・・夫婦関係はまぁ・・(相談者)

一応、良好だとは、自分では思ってる・・(相談者)

ですけど、まぁ良好ですね・・(相談者)
ぁ、良好ということ・・うん。(加藤諦三)
うん・・そうですねぇ・・でぇ・・(相談者)

まぁ、正直・・(相談者)

言いますと。(相談者)

わたし自身がねぇ。(相談者)
ええ。(加藤諦三)
今までこの子に・・(相談者)

あのぅ・・ちょっとおっとりしたところがあるもんですからねぇ。(相談者)

はい。(加藤諦三)
何やるにも、ちょっと・・(相談者)

・・

自分からって・・っていうのが、無い子・・だったもんですから・・(相談者)
うん、はい。(加藤諦三)

それに対して、ちょっと・・(相談者)

何ですかねぇ・・「もっとしっかりやれ」・・とか、もう・・(相談者)
あぁ・・(加藤諦三)

遅い・・「遅いぞ」・・って言って・・(相談者)
うん・・(加藤諦三)
もっと、は・・(相談者)

もっと、自分から行かなきゃダメだ・・って言って・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
もう、厳しく・・(相談者)

言い続けてきちゃったんですよねぇ・・もう、子供の頃から・・子供の頃って、まぁ・・今でも子供です・・(相談者)
ぇ、子供の頃から?(加藤諦三)
今でも子供ですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、ホント、幼稚園の頃から、やっぱ、ちょっと・・(相談者)

うん・・(相談者)

もっと・・男の子なんだから・・っていうふうに・・(相談者)

すごい厳しく・・(相談者)

育て・・(相談者)

うん・・(加藤諦三)
てきてしまったっていうのが・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

あって・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
ちょっと今、それが・・(相談者)

そういう、ま、思春期・・っていうのがあって・・(相談者)

こういう感じに、なっちゃったのかなぁ・・っていうふうな・・(相談者)

自分・・でも・・(相談者)

思うんですけども。(相談者)

ま、あなたの方から・・すれば、厳しくということが・・躾の意味で、せっきょ・・もっと、積極的な人間って・・(加藤諦三)

に、なってくれという・・励ましの・・(相談者)

つもりだった・・(相談者)

たわけですよねぇ?(加藤諦三)
あの、まぁ、**・・(相談者)

正直なところ、やっぱり・・(相談者)

「なんでできないんだバカヤロウ」っていうような言葉も・・発したこともありますし。(相談者)

はぁぁ・・(加藤諦三)
うん・・(相談者)
「バカヤロウ」という言葉・・まで、使ったことがあるわけですか。(加藤諦三)

そうですねぇ、もう・・(相談者)
ということは、まぁ、あなたの意識としてはね。(加藤諦三)

ええ。(相談者)
あの、躾であり・・(加藤諦三)

ええ・・(相談者)
男の・・子、らしく・・あのぅ・・自主性をもって、志(こころざし)のある子に育てたいというのは、意識だった・・でしょうけれども。(加藤諦三)

うん・・(相談者)
子供からすると・・(加藤諦三)

かなりのストレスには、なってた。(加藤諦三)

ああ・・なってたと思います。(相談者)
うん・・(加藤諦三)
それもまぁ・・素直に、聞いてきて・・聞いてき続け・・た子だったもんで、僕もやっぱ、結局・・(相談者)

調子に乗っちゃったんでしょうね、言っても大丈夫だ・・っていうような。(相談者)

うん・・(加藤諦三)
うーーん・・(相談者)

・・

時々ですねぇ・・(加藤諦三)

はい。(相談者)
夫婦関係を良くするために、いろんなこと、我慢しますよねぇ。(加藤諦三)

ああ・・はい。(相談者)
人間だからそれは・・夫婦でも・・(加藤諦三)

と、夫婦関係で、我慢して・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
我慢するから、夫婦関係は良いんですよ。(加藤諦三)

ああ・・(相談者)
だけど、その我慢したものが・・(加藤諦三)

はい。(相談者)

子供に対してその・・(加藤諦三)

本来は配偶者に向かっている・・怒りを・・子供に向けちゃうっていうことが・・(加藤諦三)

でぇ・・外から見ると、夫婦関係は非常に良いと。(加藤諦三)

うーん・・(相談者)

まぁ、そのぅ・・自分のストレスを・・(相談者)

子供に発した事は・・でもありますねぇ、今・・(相談者)

い・・その、なんて言うんですかねぇ?・・自分の・・(相談者)

そうですねぇ、自分の・・その、夫婦関係じゃない・・にしろ、何かこう・・(相談者)
た、例えば、か、会社のストレス・・(加藤諦三)
あった時に・・(相談者)
を・・(加藤諦三)
会社のストレスだったり・・が・・(相談者)

あった時に・・(相談者)
ええ。(加藤諦三)
まぁ、そう・・家に帰った時に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
ま、勉強もせず・・ゲームや漫画ばっかり・・やってると。(相談者)
はい。(加藤諦三)

なんで・・やってないだ・・っていうことでぇ・・(相談者)
と・・まぁ・・(加藤諦三)
そんなもん・・(相談者)

ねぇ、ゲームばっかりやってるんだ・・っていう怒りをまぁ・・(相談者)
頭に来るという・・ことですよねぇ。(加藤諦三)
そうですねぇ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
それをまぁ・・言ってしまってる・・ことは・・ありますねぇ、はい。(相談者)
自分は、こんなに外で、苦労してるのに、お前、なにやってんだ?と。(加藤諦三)

そう・・そうですねぇ・・(相談者)
まぁ、甘ったれたこと、考えるな・・っていうことでぇ・・(加藤諦三)

うん・・(相談者)
そっちに出ちゃうということでぇ・・(加藤諦三)

あ、この男の子・・優しい子・・なんでしょう?(加藤諦三)

そうですねぇ、はい。(相談者)

・・

・・

はい、わかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今日はスタジオに、幼児教育研究の、大原敬子先生がいらしてるので・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
伺ってみたいと思います。(加藤諦三)

はい。(相談者)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。
この記事にはコメントできません。