テレフォン人生相談

テレフォン人生相談2018年8月20日(月)は、加藤諦三&大原敬子。55歳の母親から、24歳の大学院生の息子が、突然、「毒親」と呼び、「お世話になりました」と家を出て行ってしまった。父親は母親の悪口を言い。母親は姑と父親の悪口を言う家庭。中学生で不登校となり、フリースクールに行き。高校に入るも、やはり不登校となり通信で卒業。希望の大学に入るも、そこで初めて反抗期になる。息子とどう関われば?
加藤諦三氏の〆の言葉『過去の体験が今の反応を決めます』

目次

スポンサーリンク

読むテレフォ人生相談

パーソナリティ:加藤諦三
回答者:大原敬子(幼児教育研究)
相談者:55歳女性(専業主婦) 夫60歳(会社員) 息子24歳(大学院生) 姑90歳

もしもし?(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい、テレフォン人生相談です。(加藤諦三)

はい。(相談者)
最初に・・年齢を教えてください。(加藤諦三)

え・・わたくし55・・(相談者)
55・・はい。(加藤諦三)
はい、専業主婦です。(相談者)

あの・・ご主人は何歳ですか?(加藤諦三)
え・・60、会社員です。(相談者)
60・・お子さんは?(加藤諦三)

24・・で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
大学院生です。(相談者)

でぇ今・・三人ですか?暮らしてるのは?(加藤諦三)
えーっと、姑が、お姑さんが居まして90です。(相談者)
・・
はいわかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
でぇ、どんな相談ですか?(加藤諦三)

鬼の形相で「毒親」と言う息子

えっと、あの三ヶ月・・前に。(相談者)
はい。(加藤諦三)

突然あの・・昼間に、学校から帰ってきまして。(相談者)

が・・突然昼間、帰ってきたっていうのはその、24歳の息子さんの話?(加藤諦三)
あっ、はい。(相談者)
はい。(加藤諦三)
で、それで・・(相談者)

あたしに、「毒親!」って、あのぅ・・言いまして。(相談者)
毒親って言った・・(加藤諦三)
もう、鬼の形相で・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
はい、言いまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)
それでぇ・・(相談者)

ぅ、荷物・・少し持って、出て行ったんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ、それでぇ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

・・

一ヶ月後・・に・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、「泊まらないけれども、少しの時間、帰る」っていう、あのぅ・・メールが来まして。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
すごく待っていたんですけれど。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
その帰るって言っていた日は、帰れずに・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

三日後に、手紙が届きまして(泣きそう)。(相談者)
はい。(加藤諦三)

父親は、母親の悪口を言うし・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
あの・・僕が帰ってきたときにですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
で、それで母親は、姑と、あのぅ、父親の悪口を・・言うのでぇ。(相談者)
うん。(加藤諦三)

僕は辛かったと。(相談者)
うん。(加藤諦三)
でぇ、やっぱり・・(相談者)

気が付けば・・(相談者)

実家で・・全然眠れない日もあって。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・友達の家の方が眠れる日が多くなっていったっていうことで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

もう、やはり、この家には・・帰れない・・っていうか・・(相談者)

はい。(加藤諦三)
もう、一人暮らしをさせて欲しいっていうか・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
もう、ホントに・・(相談者)

長い、一生懸命書いた手紙・・が、送られてきまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

一週間前にですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
荷物を片付けに、あの、帰ってきまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)

ぇ、それで、下宿先を見つけて、あのぅ・・(相談者)

もう出て行ったんです。(相談者)
はい。(加藤諦三)
でぇ、もうあのぅ・・この子の・・就活の応援を、最後にしてやりたかったんですけど・・ズズッ・・(相談者)
はい。(加藤諦三)

出来なくなってしまって(半泣き)。(相談者)
はい。(加藤諦三)

もう、この子との関係を、これからどうしたらいいかって言うのを(泣)・・(相談者)

今日ご相談したいなと思ってます(泣)。(相談者)

初めての反抗期は大学に入ってから

はぁい、わか・・(加藤諦三)
よろしくお願いします(泣)・・(相談者)
はいわかりました。(加藤諦三)
はい。(相談者)
今、先ほど、大学院生と・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
と、おっしゃいましたけれども。(加藤諦三)
はい。(相談者)

この大学院生になる前・・(加藤諦三)

中学校、高等学校・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
大学と・・まぁ、あのぅ・・(加藤諦三)

いわゆる・・(加藤諦三)

良い子・・だったんですか?あなたから見ると?(加藤諦三)
そうですね、あのぅ、いや、あのぅ・・ホントに中学、高校は・・(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、二回、不登校しました。(相談者)
・・
不登校・・はい。(加藤諦三)
はい。(相談者)

中1から中3・・まで、不登校しまして。(相談者)
ちゅ・・ちゅ、中3まで?結構、長い間・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
中学校、行ってないわけですね?(加藤諦三)
はぁい、でぇ、フリー・・(相談者)

す、すごくあのぅ、一生懸命・・探しまして。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

あの、必死に寄り添いましてぇ(泣きそう)・・(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
それでぇ・・(相談者)

いいフリースペースと巡り会って。(相談者)
はい。(加藤諦三)
そこで、すごく元気にさせていただいて。(相談者)
はい。(加藤諦三)
会員制とかそういうのではなくて。(相談者)

「あの、僕は絶対に、全日(?全日制かな)に行きたい」と言うので。(相談者)
はい。(加藤諦三)

まぁ、それを最後に応援しまして。(相談者)
はい。(加藤諦三)
合格して、高校へは行ったんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)
やっぱり、もう、いっぱいいっぱいで。(相談者)
はい。(加藤諦三)

あの、高2で・・(相談者)

燃え尽きまして。(相談者)

はい。(加藤諦三)
でぇ・・結局は通信・・(相談者)

でぇ・・(相談者)
・・
はい。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

高校・・は、出して・・いただいたんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)
そのぅ・・辞めた高校で、あのぅ・・辞める前に、夢が・・(相談者)

希望ができてたので。(相談者)

はい。(加藤諦三)
あのぅ・・そちらの方、学校へ行けなかったんですけど、予備校には、あのぅ・・行けてですね。(相談者)

はい。(加藤諦三)
あの、浪人、1年はしたんですけど。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、自分が行きたい大学には、合格できて。(相談者)

はい。(加藤諦三)

はい、でぇ、楽しいあのぅ・・大学生活・・(相談者)

でした。(相談者)

でぇ、もうちょっと勉強したいと言うので。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・大学院生に・・一旦戻ってきたんです、家に。(相談者)
・・
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、それでぇ・・(相談者)
は・・はい。(加藤諦三)

半分・・半分って言うか・・(相談者)

あの、あ、ちょっと、大学は遠いので・・(相談者)

うん。(加藤諦三)
お友達の、三人のシェアハウスに・・の、週の半分、居候させていただいてたんですね。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)

でぇ、そこでぇ・・家族の話が、あの、いろいろお友達の中から出るのを聞いて。(相談者)
はぁい。(加藤諦三)
あのぅ・・自分の家族と・・(相談者)

ものすごく違うっていう・・異常さを・・(相談者)

すごく感じたらしくて。(相談者)
はい。(加藤諦三)
わたしの・・この夫婦関係が。(相談者)
うん。(加藤諦三)

この子が生まれてからですね。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・(相談者)

うまくいってなかったので。(相談者)
はい、はい。(加藤諦三)

主人も・・どっちかって言うと、協力しないほうの、人だったので。(相談者)
うん。(加藤諦三)

本当に・・なんか・・(相談者)

あのぅ・・一人で育てたような。(相談者)

そんな感じでしたので。(相談者)
うん。(加藤諦三)

うーん、なんて言うんでしょう、この子は良い子だったので。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・ホントに・・反抗期もなかったんですね。(相談者)
はい。(加藤諦三)
あの、三歳も、小学校も、なかったですし。(相談者)
はい。(加藤諦三)
中学も高校も・・(相談者)

あのぅ・・(相談者)

反抗期は無かったですから。(相談者)
うん。(加藤諦三)

大学に入ってからものすごい反抗期がきたんですね。(相談者)

「部屋に入るな」とか。(相談者)

触らせてもらえないっていうか。(相談者)

あ、「放っといてくれ」とか、よく言ってました。(相談者)
「放っといてくれ」?(加藤諦三)
・・
はい。(相談者)

お世話になりました

うん・・ほいでぇ、「毒親」って言ったのは、あなたから見るとどういう意味ですか?(加藤諦三)

・・

・・

あのぅ・・やっぱり・・(相談者)

気がついたんだと思うんですね、中1の時に・・姑と一緒に・・(相談者)

・・

同居することになったときから。(相談者)
うん。(加藤諦三)
今まで悪かった夫婦関係がもっと悪くなりまして。(相談者)

うん。(加藤諦三)

でぇ・・一番最初・・(相談者)

三ヶ月前に、「毒親」って言ってから・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

わたしは、あのぅ・・その・・(相談者)

鬼の形相で、いろんなこと言われたんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

その時に、いつも・・あのぅ・・(相談者)

・・

大原先生が言われるように。(相談者)
うん。(加藤諦三)
あのぅ・・ホントに、共感して。(相談者)
うん。(加藤諦三)

で、次は(泣)・・(相談者)

ぅぅ・・謝って(泣)・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そして(泣)・・(相談者)

ぅぅ・・主人に・・(相談者)

「カウンセリングに一緒に行って欲しい」って。(相談者)
うん。(加藤諦三)
頼んだんです・・ズズッ・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

そのことを、息子・・(相談者)

に、恩着せがましくね、あのぅ・・言うつもりはないんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)
***として・・(相談者)
うん。(加藤諦三)
やっぱり、あの、言うべきかな、と思って、メールで。(相談者)
うん。(加藤諦三)

あのぅ・・(相談者)

「あなたのその悲しみがすごくわかるので」(相談者)

うん。(加藤諦三)
「やっと、夫婦で」・・あの、「カウンセリング行くから」っていう、メールをしたら。(相談者)

うん。(加藤諦三)

もう、返事は来ないかな・・と、思ったんですけど。(相談者)
うん。(加藤諦三)

一番最後に来た・・言葉が・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

「お世話になりました」っていう言葉だったのでぇ(泣)・・(相談者)
うん。(加藤諦三)

ズズッ・・(相談者)

もう、あたしとしては(泣)・・ああ・・(相談者)

ぁぁ・・(相談者)

ああ、もう、この子、応援・・就活、してやることが出来ないなっていうか(泣)・・(相談者)

もう・・ハァァ・・(相談者)

どうしたらいいか、ちょっと(泣)・・(相談者)

どうしたらいいかわからない・・っていうことですね。(加藤諦三)
はい。(相談者)
はい・・今日はですね・・(加藤諦三)
はい。(相談者)
先ほどあなたの話の中に・・も、出てきました、大原先生が・・(加藤諦三)

あ、そうですか(泣)・・(相談者)
いらっしゃってるので。(加藤諦三)
わかりました、お願いします(言葉になってない)・・(相談者)
幼児教育研究の、大原敬子先生です。(加藤諦三)

≪ 前へ123
1 / 3 ページ
スポンサーリンク
この記事にはコメントできません。
  1.  大学院生の就職にまで世話を焼きたい もう 子離れなさった方が いいですねぇ このまま息子べったりだと 就職試験から入社式 初出社まで 付いてゆくのでは その次は 結婚に 干渉  冗談だと思い聞いた事がありますが 息子の新婚旅行に母親が付いていったとか  もう 笑い話 ですねぇ!

  2. 加藤先生の「恐らくあなた 小さい頃から母なる者の体験がないんじゃないですか?」っていう言葉、いったいどこから導き出されてきたんでしょうか?
    とても唐突に聞こえます。
    何を根拠にこんなことを決めつけてるのかな?
    よくわかりませんね。